Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記

■甘露日記 2012年10月

1日店

快晴。布団干し。

朝飯までの時間。荒川弘さんの「銀の匙」を第一巻から再読はじめる。農業高校。普通高校とのギャップ。まずそれだけで興味津々だが、やはり荒川先生の描き方がうまい。群像劇なのでたくさん登場人物が出てくるが、キャラの立たせ方がいいからすぐに覚えてしまう。朝が早かったり、家畜の世話がタイヘンだったり。それでも出てくる飯が最高にうまかったりして。
進学校に通っていた男の子が主人公。どうやら受験がらみで親となにかあったようで、その反発から家を出られる全寮制ということだけで農業高校へ入ったみたい。まわりの同級生はほとんどが農家の子どもたち。高校を卒業したら家業を継ぐつもりのよう。推薦入学者が多くて専門知識は大学並みに持っていても数学が全く出来なかったり・・・。逆に進学校ですごく受験勉強してた主人公はまんべんなく学科は得意だけど、農業に関しては全くの素人。その彼が農業の現場を読者とともに知っていく所にこの作品の魅力がある。
どうしてこんなリアルに農業高校の話が描けるのかと思ったら、その答えは同じ荒川先生の「百姓貴族」という作品にあった・・・。なんとばりばりの農家出身。実際に農業高校にも通っていたとのこと。どーりで。おそらく「銀の匙」を連載してたらできた副産物のような感じだろうけど、こちらもかなり面白い。
どちらのコミックも娘の買ったもの。一昨日まで見当たらないな、と思ってたら「あ。友達に貸してるから」だって(^^;。紙の本は貸し借りできるから便利だね。

仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今週末は愛書会展。今日は運送屋さんがピックアップに来るので、店先に積み上げておいた。昼飯を食べていたらトラック到着。

昨日スピーカーの配置を変えたため音が格段に向上したのをいいことに、今日はラジオを聴かずにずっとクラシックを流した。いつも聴いている曲ももう一度聴く価値を帯びた気がする。おかげで仕事もはかどったと思う。

先日頼んでおいたクラフト紙とグラシン紙が昨日到着していた。置き場に困り、自宅に置くこととなり、オヤジが夕食後にクルマで運ぶことになった。ただし、腰痛の最中なのでワタシも同行。ってか、オヤジはクルマの運転だけで、紙の移動はワタシが担当。
夕食を食べてたら呼び出しの電話。クルマに載せて自宅まで。結婚するんで自宅を出た時まで使っていた部屋があいているので、そこを物置にしている。
いずれ息子の部屋にするかもしれない。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてウォーキング。
8873歩 5.31km 78分 460.9kcal 15.5g

定休日

曇空。布団干し。

先週の週末から息子は臥せっている。まだ回復しているとは言いがたい。長引くのだろうか。

仕事をしていると呼び鈴が鳴った。先日ポチっとしておいたスピーカーケーブルが到着した。真空管アンプとか、自作スピーカーとか、あれこれ調べたけど、それよりもまず、スピーカーの位置が悪すぎることを是正しないと。と思い立ってすぐにスピーカーケーブルを注文した。このケーブルもまた調べるとすごい世界だった。どんな材料を使っているのかしらないけど、ケーブルにもかかわらずスピーカーの数十倍の価格がついているものがあったりする(^^;。ナニコレ?
使っているスピーカーが店の棚の片隅にチョコンと置いてあるミニコンポ付属のものだから、10mx2本で1600円ほどのケーブルで充分。信頼の日本製。
まず、ごちゃごちゃしている棚の整理。本来は売れ先が決まって入金待ちの本を置いて置く棚なのだけど、これがいつも満杯なので、置き方に根本的な工夫をした。こういうことをホントはいつもしておかなきゃいけないのだけど(^^;。なかなか時間がとれなくてねぇ。
整理が一段落した所で、アンプからスピーカーを外してケーブルを這わせて、棚と棚を突っ張って支えている鉄棒に括りつけながら反対側へ一つ置いた。今までは向かって左側に二つとも並べていたので、身体を左に向けないとステレオ効果が得られなかった。それを両側から音が入ってくるように整えたわけ。
で、音を出して驚いた(!)。ものすごい立体感。たったこれだけのことでこんなにも劇的に音の聴こえ方が変わるとは・・・。もっと早くやればよかったなぁ。

さっそくクラシックを聴く。やっぱり最初はカルロス・クライバーかな。ベートーヴェンの5番、7番。素晴らしい響き。そのままブラームスの4番。この硬軟・強弱の使い分けがいい。ベト7なんてあんまり優雅でカルロス・クライバーが目の前で舞っているような錯覚が(^^;。
アンプは15年以上使っているONKYOのそのまま。スピーカーも(安い)ミニコンポ付属品。コンポ部分が壊れてしまったために行き場のなくなって困っていたものだから上等品でさえない。それでこの音。これなら真空管アンプとか要らないかもしれないなぁ。そのおカネで聴きたいCDを調達したほうが(今は)いいんじゃないかしら。
出費はスピーカーケーブルの1600円ほど。もっと早くやればよかった・・・。
794歩 0.47km 8分 35.7kcal 0.0g

1日店

快晴。布団干し。

先日来、息子が体調を崩している。昨日一昨日と寝込んでいた。今日もまだ回復せず、病院へ行ってきたようだ。だいぶやつれている。ちゃんとしたものを食べていないからだ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日なので切れることなく荷造り作業を続ける。途中から本の整理と平行して。

息子が病院から戻る。薬も出たようなので見てみると、抗生物質は含まれていなかった。ってことは体力勝負なので、とにかくなんとしても何か食べることだなぁ。息子は前からバナナが好きだったらしい。ワタシの母親がそのことを覚えていた。小さい頃から隣の八百屋でバナナ、バナナと嬉しがっていた、と。ワタシはそんなことすっかり忘れていた(^^;。実際、女房が調子悪くてぐったりしている息子に何か食べたいものはあるかと聞いたら「バナナとか」と即答したそうだ。すげえな。

こういう話が出た時に母親の思い出で出てくるのは今から40年以上前にワタシがはしかにかかった時のこと。高熱でうなされながらも「カッパえびせんだけは食べてたのよね、あなたは」「あのときはカッパえびせんで命をつないでたようなものよ」って話。鉄板。

娘は学校が一斉下校の日だったということでお友達と遊んでいる。そのあと塾。だんだん女房と二人だけの夕食ってパターンが増えてきた。それはそれで楽しいけどね。

オークション落札品のメール書きを終えてからウォーキング。録音しておいた文化系ラジオを聴きながら。ラジオあるある話で盛り上がっていた。
7876歩 4.72km 68分 407.1kcal 14.3g

雨の日曜日

朝から雨。出かけられず。

娘の希望で今日はエヴァンゲリオン・ディになった(^^;。とうとうTVシリーズのすべてに加えて、”夏エヴァ”まで見終えた・・・(^^;。もう何度観ただろうなぁ。それでも少し見る間隔を開けると案外見ていても飽きない。でも、やっぱり、25、26話はやむにやまれぬ理由で無理やり作ったように思えてしまうなぁ。見ていて身につまされる回であることは認めつつも、エヴァンゲリオンのラストじゃないと思う。
”夏エヴァ”は公開時に映画館まで見に行ってたことも思い出した。前半でアスカが活躍する場面まではよかったが、後半は少し引き気味になっていたことは確か。初号機は出撃したものの全く活躍することなく”憑り代”と化していた。当時はたしかにこういうラストもありかもって思いながら映画館を出たはずだが、今見るとあの世界観を”地球規模”に広げるには若干の無理があるんじゃないだろうかって思ったりする。キリスト教圏の人には受け入れやすいかもしれないが。
娘は終始面白く見続けていたようだ。まあ、まだ”スネに傷”がついていないんだろう。人によっては正視に耐えない内容も含まれているはずだから。

見終わったころ、雨が上がっていた。夜にかけてまた強く降るはずなので、このやみ間に散歩へ出ることにした。このまま1日閉じこもっているのはよくない。

とはいえ、どこへ行くか。ただの散歩でいいか。そう思いながら小杉あたりをうろうろする。別に店にはいるわけでもない。雨も時折ポツポツ落ち始めた。どうしようかなぁ、とずっと思いながら歩いていたら元住吉に居た。混雑する商店街を歩いてから来た道を帰る。雨は強くなってきた。暗くなってから店に戻り、しばし荷造り作業など。

夕食後、”新劇場版”の序を見始めたが、今見るとTV版のダイジェストにしか見えない。映像はたしかにキレイになっているが、なんていうか、それは必要絶対条件じゃないんじゃなかろうか。時折挿入されるあからさまなCG画像はちょっとうるさく感じてしまう。セルの絵で見てきた作品だけに違和感が生じるのかもしれない。
ただ、新劇場版には仕掛けがあって、冒頭のシーンですでに海が赤くなっていた。これは明らかに”夏エヴァ”のラストで海が赤くなっていた設定の続きだ。つまり、物語のうち話だけがループ構造になっている。物語の中の時間は実は戻っていないので、夏エヴァの直接の続編になっている。
これはたぶん、新劇場版を見るひとの大半はTVシリーズをすべて見ているはず、という隠れ設定で制作されているためだと思う。ストーリーをなぞりながらも実は中の人たちも見ている観客も、二度目のエヴァ体験をしている、というわけ。
だから、ミサトさんは地下にアレが居ることをすでに知っていた。

エヴァを見ると第九が聴きたくなる・・・。
8949歩 5.36km 79分 452.7kcal 14.1g

1日店

今日は出かけない予定。

朝飯を食べていたら運送屋さん。交換会の落札品を運んできてくれた。お世話様です。
一旦荷受をし終えてから朝飯の続き(^^;。

さて、仕事仕事。

荷造り作業は殆どないので、ひたすら本の整理をする。入荷したばかりの本の整理は楽しいもの。まだ入札した時の感覚が残っているから。”築地直送”ってフレーズがあるんだから”神田直送”の古本って宣伝があってもいいんじゃないかしら。ウチは神田直送品の本ばかり扱っておりますよん。

昨日読み終わった「殉死」のこと。読んでいてやはり「坂の上の雲」の事を思い出していたわけだけど、原作を読んだ時の印象と、ドラマを観た時の印象は必ずしも一致しなかった、ってこともあわせて思い出していた。ドラマ化されるってことは物語が映像化されること。動画で描かれる物語。影響力はかなり大きい。主人公を誰が演じるのか、に始まることだが、セリフをどこまで原作通りに盛り込むか、ナレーションも同様。また、ドラマ化に際して付け加えられるエピソードもあった。それで印象が違っているならまだわかりやすいが、意図的な取捨選択があると、これは原作の持つ主題力が変わってきてしまう。
たとえば「殉死」では何度も書いてあった”無能”という言葉。これは「坂の上の雲」でも何度も登場していた。ところが、ドラマでは一度も出てこなかった。セリフとして存在しなかったから、というのはイイワケに過ぎない。ナレーションでも盛り込めることだから。これは意図的に切り捨てられた文言だった。
でも、実際に読んだ感想を正直に述べれば、この”無能”という評価は決定的なものだ。この文言が削られたことでドラマから受ける印象はまるで違ってしまった。もちろん、”総合的に”考えての良し悪しはこの際考えない。原作とドラマは別物になった。

原作を読むと驚くのは戦闘シーンの詳細な描写だ。作戦行動についての意図に始まり、動いた軍隊の規模から動きまで詳細に描かれている。これがドラマではほとんど省略された。まるでイメージシーンのようだった。これは日本海海戦も同様。つまり、原作に描かれていることのかなりの部分がドラマでは再現されていない。ドラマで描かれた”絵”を手がかりに原作を読みなおすと、これは逆にイメージが膨らんでアタマの中で登場人物がいきいきと動き出す。映像にはいろいろな情報を詰め込むことができるが、詰め込んでも次々流れていく。すべては覚えていられない。だからこその”省略”だと思うが、省略する箇所が違うだろ、と原作を読んだ者なら思ってしまう箇所が多かった気がした。

ドラマを見てこれがすべてと思ってしまうともったいない。文章には作者の思いの丈が読者にうまく伝わるように工夫が施されている。繰返ししっかり読めば作者の意図は100%伝わるはずだ。ところが映像は必ずしもそういうふうには作れない。次々流れて行ってしまうからだ。受け取る側が渡されたすべてを受け取る事が難しい。だからより伝え方に工夫が要る。
そんなことが今更ながらわかったって話でした。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
1032歩 0.61km 10分 49.3kcal 1.2g

三日連続

快晴。布団干し。

今日も交換会へ向かう。車中で「殉死」を読了。日露戦後、乃木大将は学習院長に就任する。以前より明治帝に気に入られており、皇孫殿下(後の昭和天皇)が学習院に入学することに合わせて長となった。帝の御意向にあわせた措置だった。冗談のひとつも言わないおっかない校長先生だったようだ。
一度講演を東郷平八郎に頼んだ時、ストイックに忠義を教え教訓を垂れてくれることを期待していた乃木大将は見事に裏切られる。平素無口で知られた東郷平八郎が喋ったのは漫談だった。会場は笑いにわいた。やがて東郷大将が演壇を降りて控え室に消えると、入れ替わるように乃木大将がにがりきった表情で登壇した。もうそれだけで場内は沈黙した。「静粛にしなければならない」と話したあと壇上でそのまま黙った。
乃木大将には信条があった。陽明学派というもので、江戸幕府は危険思想として学ぶことを喜ばなかった。愛読書は山鹿素行の「中朝事実」。この本文を筆写することが日課のようなものになっていた。陽明学を信奉していたことが、のちに帝が崩御されたあとに殉死した事と深いつながりがある、と作者は考えているようで、乃木大将の行動を幾つか例に挙げながらニュアンスを伝えようとする。
明治帝が崩御されたあと、乃木大将は大葬の日に切腹するのだが、その少し前に皇太子殿下(後の昭和天皇)と二人のご兄弟に自ら筆写した「中朝事実」を渡している。
ご夫妻で殉死するその経緯について、心の動きも著者は事実と照らしながら推測して描写する。夫妻での殉死は世界史的ニュースとなり、これもまた驚きと感動をもって世界的に配信されることになる。

交換会で入札してから、今日もうどんの昼飯。食べ終わってから少し散歩する気になった。お茶の水駅から淡路坂を降りていき昌平橋。アキバまで歩いた。そういえばひさしぶりかも。ラジオセンターを歩いたらまたちょっと真空管熱が・・・(^^;。ハンダゴテとか上からぶら下がってるし。
Yカメラは相変わらず人がいっぱい。今日からウィンドウズ8が発売になってるのねぇ。まあワタシは様子見だけども。
カメラコーナーでDP2Mを触って満足し、オーディオコーナーへ行って真空管の部屋を覗いてみる。アンプも大事だけど、ホントはスピーカーなんだよねー。スピーカーに合わせてアンプを考えるのが本来の順番。

店にもどって荷造り作業の続き。あとは本の整理を延々と。先週回ってきた回覧板と同じものがまた回ってきた(^^;。ええと、班長はだれだっけか。内容は商店街に防犯カメラ設置の件。

仕事を終えてからウォーキング。なぜか歩いていたら道端でうずくまっている女の子に2回遭遇した。もちろんそっとして通り過ぎたけども。
15576歩 9.34km 136分 809.6kcal 24.4g

今日も交換会へ

曇空。寒い。

今日も交換会へ向かう。車中では昨日の続きで司馬遼太郎「殉死」を読む。
海軍からの要請で旅順要塞の攻略を命じられた第三軍。司令官は軍の統率が役割であり、実際の作戦は参謀が行うことになっていた。この攻略戦で第三軍は大失敗を連続することになる。コンクリートで固く鎧われた近代要塞に対し、脆弱な火砲しか用意していかなかった。そのため、砲弾をいくら打ち込んでもかすり傷ひとつ付けることができず、肉弾による総攻撃も全く無意味で、ロシア軍の機関銃によりおびただしい数の戦死者が出た。参謀は何度失敗しても作戦の変更を考慮することなく、兵と砲弾の補充を要求し続け、勝てないのは充分な砲弾と兵をあてがわれていないからだ、と主張した。
そんな戦況を見るに見かねた児玉源太郎が動く。満州の主戦場を留守にし、旅順へ赴き、乃木司令官から指揮権を引き上げて自ら命令を下した。要塞攻撃は火力の勝負だった。28サンチ榴弾砲を短期間の内に配置し、203高地戦に投入した所、またたく間に占領。そのまま旅順港に停泊する極東艦隊に砲弾を撃ち込み、一気に勝負を決めてしまった。
乃木司令官の名が世界中に知れ渡ったのは水師営に於いてステッセルとの会見の場でのエピソード。敗軍の将として世界中のメディアに報道させることを良しとしなかった乃木希典は、手続きが済んで友人として対等の立場にたってからなら写真撮影に応じると言った。その姿勢をメディアは好意的に世界中に配信した。
たしかに、戦術はまったく不得意だったかもしれないが、精神性の高さがこの話から窺い知れる。
そして、お話は後半の「殉死」へと入っていく。「坂の上の雲」は日露戦争が終わるやいなや、秋山兄弟のその後を描いてすぐに終わってしまっていたが、ちょうどこの小説が後日譚(の一端)を語っている。

入札を終えて昼飯はうどん屋さん。今日は座れた。かけうどんをそのままって頼むと若干ぬるい温度で出してくれる。これくらいがちょうどいい。

店に戻って荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。

店を閉めてから、娘が塾に、息子がバイトに出る。ワタシは今日の夜に町会の仕事で安全パトロール。ぐるっと町会を一回り。この時間にあいているお店のお客の入りを見てまわることにもなった。
5983保 3.58km 59分 282.8kcal 7.1g

交換会へ

快晴。

だいぶ棚がガラガラになってきたので、今日は思い切って交換会へ行くことにした。あ。お店は今日が定休日。

鋭意荷造り作業。いつもありがとうございます。終えてツイート、ニュースの編集してから出発。車中では先日買ったばかりの司馬遼太郎「殉死」を読む。薄い文庫本。いわゆる乃木希典伝。前半は「坂の上の雲」でも描かれた旅順攻略戦についての記述。ちょうど「坂の上の雲」のレジュメのようになっていて、日露戦争時期について大まかなあらすじを読んでいる気分。著者は乃木大将をして”無能”と書く。なぜそう思うか、についてもその理由をくどいほど繰返し書く。かなりの覚悟をもってそう書いていることはわかる。
ただし、無能なのは指揮官としての能力に限る。人間としての乃木希典は漢詩をよくする精神性の高い人物であることを、これも繰返し書いている。
旅順は最初日清戦争時には清国北洋艦隊の拠点だったが、その後ロシアが租借し、そこに強固な近代要塞を築き、ロシア極東艦隊の拠点となっていた。日露戦争の主戦場は満州平野だったが、バルチック艦隊が東征すると日本の連合艦隊はこれを防ぎきれない。そのため、バルチック艦隊が回航される前に極東艦隊を全滅させておく必要があった。旅順港から出てこない極東艦隊。日本陸軍は当初旅順を無視していたが、海軍からの要請を受けた大本営が陸軍に旅順攻略を命じた。そこで第三軍が編成され、乃木司令官がこの作戦を担当することとなっていた。
そう。日露戦争の主戦場は満州だった。でも、その後の日本海海戦に続く流れとあいまって、まるで日露戦争といえば旅順を連想するようになっている。・・・これはもちろん、「坂の上の雲」がそう書かれているのが理由なんだけど・・・。

古書会館。入札を終えて昼飯。うどん屋さんは行列だったのでそばを食べる。胃に悪いということなので、コーヒーをあきらめてぶどうジュースを飲んだりして・・・。

店に戻って録音しておいたラジオを聴きながら仕事の続き。ロケショーはバカリズムがゲストの回。「泣いた赤鬼」の件が面白かった。安住アナの日10。「武士の家計簿」の著者・磯田道史さんがゲスト。江戸城の弱点について話をしていた。たしかに地上についてはおっしゃるとおりかもしれないが、江戸城の”強さ”の秘密は地下にあるって話をする人もおりまして・・・。江戸時代が250年以上続いたのもやっぱり江戸城を破れなかったから、なはずなので。

夕食を食べながら、娘のたっての希望でエヴァの続きを見る。21,22,23話。もうこのあたりはほとんどロボットアニメであることをやめた”人の内面をえぐる”ような話。娘は「もっと見たい」と言うが時間切れ。

オークション落札品のメール書きを終えてからウォーキング。だいぶ寒くなった。いつのまにかくもり空。
10286歩 6.16km 91分 527.6kcal 17.5g

1日店

晴れ。あれ?

今日は天気が悪いって予報だったはず。寒冷前線が通過して、今頃は分厚い雲の下・・・じゃないね・・・(^^;。なんとなく蒸し暑い。たしかに前線通過前っぽいけど。晴れてる。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。いつもなら火曜日は定休なんだけど、オヤジたちが明日休みたいそうで、今日は急遽営業日に変更することになった。

いきなりドザーっと激しい雨。買い物に出ていった女房はたしか傘を持って行かなかったはず。どれ、ちょっくら傘を届けに行ってくるか・・・。
バケツひっくり返しじゃきかないくらいの大雨の中、ウチの目の前にあるスーパーへ。中ではこの雨で外に出られなくなったお客さんが空を見上げながら口をあけてた。その気持ちわかるよー。
店内をザッと歩くと、女房は鮮魚売り場で干物を選んでいるところだった。サッと渡して店に戻る。雨はもう小止みになっていた。あれ?
そして、女房が買い物から帰ってくる頃には雲間から太陽が顔を出してたりして・・・(^^;。なんなんだ今日の天気は。

荷造り作業はお昼過ぎまで。火曜日はいつものニュースのほかにメルマガの編集も追加。結構忙しい。ルーティン仕事はこんな感じで増え続けている。たとえばツイートとかは減らす時期に来ているかもしれない。別に根拠があるわけじゃないけど、どうも直感でそう思う。

愛書会展のご注文が断続的に。ありがとうございます。現在オヤジのほとんど唯一の仕事なのでどうかよろしくお願いします。

シャッターを閉めてから、今日もムラヴィンスキーのCDを聴く。昨日はショスタコーヴィチを聴いた。今日はモーツァルトとベートーヴェンの巻をスピン。んー。音の傾向はそっくり。ライブ録音なんだけど、どこにマイクをセットしてるんだろう。演奏途中に客席で咳をする音がたくさん入っていたり、おそらく録音担当の人のタメイキみたいな気配や椅子が軋むような音まで聴こえる(^^;。演奏が云々以前のレベルじゃないのこのクオリティは・・・。
このCDを聴いたあとに先日のチャイコフスキーを聴くと、トランペットは相変わらずだけど、それほど気にならず、とても良いCDに聴こえるようになっていたとサ。
960歩 0.57km 9分 45.2kcal 0.5g

1日店

快晴。布団干し。

朝飯を食べたら仕事開始。娘は土曜日の代休でウチに居る。息子も明日まで学校が学園祭関連で休みらしい。平日に4人揃う奇跡(ってそんなのあっちゃ困るがね(^^;)。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前には一段落。ツイートとニュースの編集。これもほぼ毎日なので結構タイヘン。

昼飯を食べ終えたら本の整理開始。長野からおいしそうなりんごが一箱到着。ありがとうございます。

あとは延々本の整理。その割にはかどらなかったなぁ・・・。

ムラヴィンスキーのCD12枚セットが到着。一部先日買ったチャイコフスキーの交響曲全集とだぶるのだけど、とりあえずお買い得盤。早速シャッターを閉めてからショスタコーヴィチの5番を聴いてみる。
出だしの第一楽章ですごく弦の音がハッキリ聴こえてくるからセッション録音かと思っていたら咳の音が入っていた。それもわりとハッキリと(^^;。何度も何度も(^^;;。間違いなくライブ録音。弦の音のバランスは最高。金管の低音部が分厚く響くのが気持ちいいが、途中からトランペットが入ってくる。この人のトランペットはやっぱりここでもペラーっとした音だった。好みの問題かもしれないが、ワタシにはこのトランペットが金管アンサンブルのバランスを崩しているように思えてしまう。「ペー」というか「ビー」というか、なんとも妙な周波数なんだよなぁ・・・(^^;。これが個性。特徴。そう自分に言い聞かせて繰返し聴いてみよう。
今のところワタシの中でのショスタコーヴィチ5番のベストはノイマン指揮・チェコ・フィル演奏のもの。ものの本を読むとバーンスタイン指揮の盤がいい、と書いてあるので、いずれ時期をみて聴きたいと思う。

夕食後は早速いただいたりんごをひとつ頂いた。美味しいりんごだった。
オークション落札品のメール書きを終えてウォーキング。
7661歩 4.59km 68分 389.3kcal 12.1g

駒沢散歩

快晴。

朝飯を食べてから荷造り作業をしばし。いつもお買い上げありがとうございます。

昼過ぎに出て今日は駒沢あたりを散歩することにした。自由が丘乗り換えで二子玉川から「駒沢大学駅」下車。実はこの駅に降りるのは初めて。三軒茶屋には何度か行っているが、地上に出るとドーンと首都高・246。ずっとこの風景がこの大通り沿いは続いているので、どこの駅に降りたのは正直わからなくなることがある。とりあえず昼飯を食べたいんだけど、ええとどこかいな。
女房が定食屋さんを発見したので入ることにした。前回中目黒では満員で入れなかったお店。今日は入れた。
もうあれこれ解禁してもよかったのだけど、一応用心して鱈と野菜のあんかけ定食にした。これがまたおいしかったのだけど。
やっぱりここ1週間ほど食欲を抑えるような食事ばかりだったので、何を食べても味がくっきりとしているように感じる。娘は焼き鳥を入れた親子丼を注文。おいしいから「ウチが選ぶのっていつもアタリなんだよね」って言ってたけど、よく考えたらハズレる経験ってあんまないよね(^^;。

食べ終わって外に出る。今日は安定した快晴の空。いい陽気だ。駒沢を散歩しようと思った動機のひとつに駒沢給水塔がある。まずそこへ行ってみたい。娘にガイドブックを預けたら、そこに書いてある地図の道とおりに案内をしてくれた。途中に向井潤吉アトリエ館があり、良い目印になっている。あとは延々住宅地の間の道を歩くことになる。ただ、地形的に246を頂点としてゆるやかな傾斜地になっているので、暗渠になっている川を見つけたりする楽しみはあった。
さて、娘の的確な案内で無事給水塔のある場所へ到着。高い塀に囲まれ、上には電流の流れていると思しき電線が張り巡らされている。なんだか警戒が厳重だ。敷地が広いのでぐるりを回ってみると、なんと近くには寄れないようになっていた。立ち並ぶ住宅街の隙間からようやくその姿を覗く程度。その理由はちゃんと案内板に表示してあった。つまり、この施設は大正時代に建設された近代化遺産であると同時に現役の給水塔だったのだ。そりゃ各家庭に水を供給している施設に誰でも入れるわけにはいかんわな。

いやあ、大きい。それも二つ。住宅越しにしか見えないという存在感からか、ヌっとあるように見える。手前に”現代”があって、背景に大きな”昔”がある絵って実は案外存在しない。大きな背景は大抵最新に建て直されるからだと思う。

今日の目的をひとつクリアして、あとは駒沢オリンピック公園へ向かう。ここの体育館や施設もそろそろ”近代化遺産”の仲間入りしそうなくらい年月を重ねている。もちろん現役だけど。

246を渡って住宅街をしばらく歩くとすぐに入り口が見えてきた。太い歩道と大きなケヤキの並木道。かなり雰囲気がいい。人もたくさん。いつも駒沢公園というとだだっ広いコンクリートの広場があるイメージしかなかったが、木も多くて代々木公園にも雰囲気が近い気がした。
娘の希望でレンタサイクルを借りてサイクリングコースをたっぷり3周走った。ちょうどぐるりと駒沢公園の外周を走るようになっていたので概要を見ることができた。とにかく人気の公園だと思った。

駅まで帰る道すがら、「ブ」を発見したので入ったら、娘は何冊も買いたい本があるそーで。ワタシも3冊買ったけども(^^;。

散歩も運動もできていい秋の日だった。
11209歩 6.72km 106分 541.8kcal 14.4g

1日店

快晴。

交換会へ行かないとホントに外に出ない生活になってしまう(^^;。

今日は午後から女房が中学校へ行く事になっている。文化祭の発表で合唱が披露されるので、それを聴きにいくので。ワタシも行ければ行きたいところだけど、やっぱり仕事優先だなぁ・・・。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業はほとんどなく、すぐにニュースの編集。終えて本の整理開始。今日は山ほど片付けるつもり。

少し早めの昼飯を食べて、女房は中学校へ出かけた。いってらっしゃい。んで、オヤジはクルマで古書会館へ。先週出品してボーになった荷が出たので引き取りに行くと言ってた。

午後はラジオを聴きながら延々仕事。10月から番組が変わったけど、やはり土曜日だからか、聴いていると眠くなる曲ばかりかかる・・・(^^;。土曜の午後はラジオやめてクラシックをかけたほうがいいかなぁ。

お茶の時間。ワタシはまだお茶が飲めないので白湯にぶどうパンを食べる。これがなかなかおいしい。もう胃の薬は飲んでいないが、まだ用心して似たような食事を継続してもらっている。もちろんお酒も飲んでいない。ああ、はやくひやおろしを飲みたいなぁ。もう次に飲むお酒買ってあるんだよね(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。今週は量・嵩ともに少なめだった。
653歩 0.37km 6分 29.4kcal 0.7g

ほぼ1日店

台風一過の快晴。布団干し。

今週は雨が多かったが、どうにか抜けたみたい。今週末はずっと天気がいいらしい。

朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。愛書会展の目録が到着したので、早速スキャンして目録をHPにアップした。いままでこれでご注文いただいたことは全くないのだけど、習慣になっているもので・・・。

息子は今日から学校が学園祭がらみで休み。娘は明日が合唱コンクールだそうで。行事が続くみたい。秋も本番ってことだろうね。秋はいつも過ぎていくものなので、あまり思い出せるような事もないなぁ。だいたい思い出といえば夏のことばかり。

先週はなんとなくサボってしまった反省もあり、今日はできるだけ仕事を頑張った。交換会も休んだ。その割にいまひとつ棚の本が減った感じしないなぁ。

今日の夕食から普段通りの食事に戻してもらった。ご飯はやっぱり普通に炊いたものがおいしいね。今日は鶏肉の料理にしてくれたからか、胃の負担もそれほど大きくないので全然問題なし。

仕事を終えてからウォーキング。いよいよ今日から胃の薬を飲んでいないが、痛みもない。どうやら治ったみたいだ(!)。

「孤独のグルメ」のシーズン2が始まったので、最初のシリーズを第一話から見直している。どの回もなんてことない内容なんだけど、なぜか惹かれるものがある。見ているとニンマリしてしまう自分に気がつく。この魅力をどなたか言語化してくれませんか?
7191歩 4.31km 64分 368.8kcal 10.4g

1日店

外は雨。ひさしぶりに店舗開店(^^;。別に仕事を休んでいるわけではないのだけど。

3日ぶりに出てきたオヤジたち。この2日間は有意義に過ごしてきたみたい。その話を昼飯まで聴くことになる。孫に会ってきた話は楽しそうで良かった。魚がキライになっていたなんてことも微笑ましい。好き嫌いなんていずれなんとでもなるから大丈夫。大丈夫。
2日間でもう1日の方はいろいろあったそうで、それはここには書けない話なわけで(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
終えてから本の整理。今日もあんまり仕事ははかどらず・・・(^^;。しゃべってばっかじゃダメだよ。仕事しなきゃー。

昼飯を食べながら怒り新党。「アパッチ野球軍」って見てた覚えがあるけど、放送年を見るときっと再放送だね。しかもオープニングは覚えていたものの内容はほとんど覚えてなくて、野球の話とは思えない内容だった(ような気もする)。それにしても、アニメだと実写では表現できないようなことまで自由に出せるな、って思った。ビール瓶が左手に、の場面なんて特撮になるだろうし、いきなり肌が緑色になる演出は実写で雰囲気だすには照明切り替えのわざとらしさが出ちゃうと思う。最終回のモンキーがスコアボードによじ登ってホームランを捕球する場面は言わずもがなでしょ(^^;。
脚本の花登筺さんに焦点が当たっていたけど、監督は高畑勲さんだったりして、やっぱりあの当時放送されていたアニメで印象に残るものは現在大御所になっている人たちが作っていたんだな、って思った。
でも、残っているのはあくまでも”印象”だけ。細かいところはほとんど忘れちゃってる。それっていいことなのか、実は(深層心理に植え付けられている)恐ろしいことなのか・・・。

医者に処方してもらった胃の薬が今日最後のひとつを飲んで切れた。明日からはもうない。これで治ってくれていればいいのだけど、治ってなければまた薬を処方してもらいに医者へ行かなきゃならないな・・・。
ぬるい食事にも慣れたけど、そろそろ熱いコーヒーとか飲みたいんだよね。

外は雨。
728歩 0.43km 7分 31.8kcal 0.5g

定休日2

朝から晴れ。布団干し。午後曇ってくる。

1ヶ月ぶりの歯医者。今日も特に異常なしとのこと。歯の掃除をしてもらった。店に戻る前に甲斐路を買ってから帰る。女房はぶどうを「あまいもの」に分類していて、胃に悪そうだから買わなかった、とのこと。果物が胃に悪いなんてあるのかなぁ・・・?
あれに書かれていた「あまいもの」はチョコとかあんことか砂糖由来のものだから果物の甘さはセーフなんじゃない?

店に戻って鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。午後はあまり追加なし。追いついた。

今日はなぜか録音しておいたラジオを聴く気がせず、ずっとiTunesに入れておいたクラシックを流す。最近一番のお気に入りとなったカルロス・クライバー指揮・ウィーンフィルのベートーヴェン5番・7番とシューベルト8番、ブラームの4番。そして、先日買ったCDに入っていたハイドンの94番「驚愕」とベートヴェンの7番。ライブ録音らしく、こちらの7番は4楽章でトランペットが音程をおもいっきり乱していたなぁ。

そのあとはチャールズ・マッケラス指揮・プラハ室内管弦楽団によるモーツァルトの交響曲全集から。なかなかスピーディでメリハリのある演奏。40番、41番、25番、29番、30番、38番、39番の順に。25番はかなり好き。

こういう曲ばっかり聴いていると、真空管アンプのことが気になってくる。やっぱり音は違って聴こえるんだろうか。今でも結構クリアないい音に聴こえているんだけど、これ以上?になるのかしら。

夕食を食べながら、娘のたっての希望でエヴァンゲリオンの続きを視る。17話・四人目の適格者から19話・男の戦いまで。19話はシリーズ中で最高に盛り上がる回だと思う。このあたりから最後のシ者までの流れはホントにスゴいが、スゴすぎて娘がどんな反応を示すのかちょっと不安でもある(^^;。
まあ、ウチの娘はこういう時一歩引いた視線で見て現実と創作の世界を混同しないと思うけどね。・・・ワタシみたいに。
1474歩 0.88km 13分 74.2kcal 1.4g

定休日

快晴。布団干し。

定休日なのでシャッターは閉めているものの、中では鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

火曜日は録音しておいたラジオを片っ端から聴いていく日。ロケショーを聴いてから日10。檜原村からの放送だった。前回は群馬県からだったので、今回は比較的近い。それでも実際に行くとなるとなぁ。武蔵五日市の奥・御岳山の南あたりみたい。奥多摩も陣馬も行ったことがあるけど、檜原村あたりはまだ行ったことがない。じゃがいもとこんにゃく、豆腐も美味しいみたい。おからドーナツとか食べてみたいなぁ。
安住アナはラジオで聴いていてもわかるくらいサービス満点なしゃべりっぷり。気合いが入った時のプロの仕事は強い印象を残す。

昼飯を挟んで荷造り作業は続行。今日に集中している印象。どんどんやりますよー。

日10を聴き終えて、「菊地成孔の粋な夜電波」。大西順子さんとの対談。収録らしかったけど、こういうのってやっぱり”不測の事態”を考えて生放送にしないのかなぁ・・・、なんて考えたり。収録の番組を録音で聴くっていう、なんともめんどくさい感じ(^^;。
次は不毛な議論。録音したまま聴いてなかった松井咲子さんがゲストの回。もう4回目の出演になるみたい。全部聴いてますね。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてからウォーキングに出る。丸子橋でドラマか何かの収録をしていた。雪谷の先まで往復。帰り道ではもう終わっていた。
7248歩 4.34km 64分 370.2kcal 11.3g

1日店

朝から快晴。昨日が今日だったらなぁ・・・。
とりあえず布団干し。

朝飯は今日もぬるい味噌汁とゆるい白飯。これはこれでおいしい。味がハッキリ分かる感じがする。薬が効いていて胃はまったく痛くない。それだけに油断して胃に悪い食事を摂ってしまいそう・・・。家で食事をしている限りそういうことはないけども。
胃を気遣ってコーヒーなどのカフェイン系はすべて断っている。普段はたっぷりマグカップ1杯を昼飯後に飲んで午後の仕事に臨むのだけど、それがかなわない。眠いのなんの。なんとなく身体もだるい感じ。何が作用してるのかは不明。栄養が足りてないなんてことがあるのかしらん(?)。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終えて午後から本の整理開始。ねーむい(^^;。
なんとか夕食の時間まで本の整理を続けた。オヤジは朝から病院。午後も病院。で、明日から2連休。仕事、した(^^;?

夕食後、録音しておいたロケショーを聴きながらオークション落札品のメール書き。
1167歩 0.69km 11分 56.7kcal 1.1g

東京ゲートブリッジ

くもり空。

今日はクルマでちょいと東京ゲートブリッジまでドライブに行こうと思い立ち、昼前に出発。娘は学校で特別授業があるというので、女房と二人で行く事になった。
ルートをググってみると、新丸子からは環八→15号線→平和島→城南島→海底トンネル→中央防波堤外側埋立処分場→東京ゲートブリッジ。と出た。若洲海浜公園の駐車場に停められるらしい。
随分前に若洲海浜公園へは行ったことがある。バーベキューと釣りが目的だった。その当時はもちろん陸周り。湾岸線で新木場まで行ってから降りてくるルートだった。こうしてゲートブリッジができてみると、確かに新しいルートの出現でものすごいショートカットできた気分。とはいえ、まだゲートブリッジくらいしか目的地がない状態だけど・・・(^^;。
平和島から先の道はまだ走ったことのない未知の道。埋立地らしく、やたらと車線の多いだだっ広い道と倉庫街。今日は休日なのでトラックも走っておらず、快適なドライブになった。雨がポチポチと降り始めた以外は(^^;。
城南島でぐぐっと左にカーブしたと思ったら海底トンネルへ。結構長い時間走って地上に出ると中央防波堤外側埋立処分場。いわゆるゴミの島だ。この様子を見るとちょっとその嵩に愕然とする思い。結局ゴミはこうして埋め立てるしかないんだよねぇ・・・。
そんなことを思っているうちにゲートブリッジが眼前に見えてきた。

急な勾配を一気に登ると”恐竜”と称されるトラス構造の橋に差し掛かる。この形には意味があって、羽田空港を飛び立った飛行機の航路による高さ制限と、東京港を行き来する船の航路を確保するための高さ54mの間を取ったデザインとのこと。へぇー。

若洲に上陸。ええと、海浜公園の駐車場はどこかいな・・・。それらしい場所が左手に見えたけど、道も表示も見えず。あたりをグルグルと回った末、通り過ぎることを念頭にUターンすると、側道を発見。ぐるりをまわったら駐車場が見つかった・・・。1回500円。駐車場はほぼ満車状態。混んでるなぁ。

駐車場に停めて早速ゲートブリッジの方へ。団体さんも多い。海釣り公園に昇降施設があって、27人乗りのエレベーターで8階へ。そこからゲートブリッジの歩道を歩けるようになっている。ひゃー、高いなぁ。眼下には東京港。レインボーブリッジは何度も渡っているけど、ここから東京港を見るのは初めてだ。晴れてたらもっとよかったのにねぇ・・・。スカイツリーは雲の中。時折上空を通過する飛行機はすぐに雲の上へと消えてゴオーッって音だけを響かせた。

あんまり風もなく穏やか。「雨もそれほど降ってなくていいねぇ」と女房。そだね、と言ったとたんに雨が強く降りだした(^^;。橋の真ん中あたりで引っ返した。さっきまで大勢いた海釣り公園のあたりもこの雨で人がどんどん居なくなっていた。駐車場に戻るとクルマもスカスカ。この雨じゃしょうがないか。

帰りもゲートブリッジ。埋立地の途中を右に曲がって台場へ続く海底トンネル。それにしてもこれだけの海底トンネルが無料で走れるんだからすごいよね。
あっという間に台場。せっかくだからレインボーブリッジもクルマで渡ってやろう、という魂胆。いままで何度も徒歩でレインボーブリッジを渡っているが、クルマで一般道を走ったことはなかった。雨の日曜日だからか、交通量はすくなく、あっという間に芝浦の巨大ループに到達。旧海岸通りから品川・御殿山。五反田経由で帰路。
昼飯は丸子橋際にあるファミレスで食べた。なかなか楽しいドライブだった。
7677歩 4.60km 72分 374.2kcal 10.1g

1日店

快晴の土曜日。今日が明日だったらなぁ・・・。

オヤジは朝から五反田の交換会へ出かけた。店を開ける。荷造り作業はほとんどなし。本の整理はニュースの編集をしたあと。結局午後からってことになった。

昨日もらってきた薬がよく効いて胃の調子は悪くない。女房には「食べてはいけないものリスト」を見せてあったので、今朝からぬるい飯を食べることになる。とはいえ、別に美味しくないわけじゃなくて、いつもの五穀米がゆるめの白飯になっているだけ。娘が笑いながら「おとーさんの味噌汁はぬるくしてあるからね」と。
昼飯はパン。コーヒーが飲めないので久しぶりに牛乳。オーソドックスながらおいしいねぇ。食べながらタモリ倶楽部を観る。湯島の飲み屋さん。飲み企画となるとかならずなぎらさんだなぁ。たまには新丸子にもきてくださいな。

昼飯を食べていたら、運送屋さんが交換会の荷物を運んできてくれた。ざっとカーゴ1台弱。ちょうどいい量かもしれないなぁ。毎週これくらいずつ良い本が仕入れられたらいいんだけど。

胃の薬は1日1回の処方。昨日17時ごろに飲んだので、今日も同じ時間に飲むことにした。以前医者から言われたことだけど、普通の薬局で売っている薬はたとえ第一種でも医者の処方できる薬よりずっと効き目が弱くしてあるらしい。そりゃ事故防止のためだろうね。昨日もらった薬は飲む量も少なくて回数も少ない。で、ジェネリック。性能にかなりの差がありそうだけど、どういう仕組みになってるのかはわからない(^^;。

夕食を食べながらヨシヒコを観る。このペースで小ネタを出してたらすぐにネタ切れになっちゃうんじゃないの?ってくらいニヤニヤクスクスねたが多い。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
1173歩 0.70km 12分 57.0kcal 1.4g

今日も交換会へ

ここんところ、昼間は暑いけど朝夕は涼しい。

家の者は皆ハナをすすっている(^^;。たしかに、日を追うごとに暖かくなっていくのと違い、日に日に気温が下がっていく最近の陽気だといろいろな調節が難しい。そもそもほんの10日前はTシャツ1枚着て暑い暑い言ってたわけで。

今日も交換会へ向かう。車中では宮崎駿著「出発点」の続きを再読中。結構忘れているものだ。でも、時折”ここ読んだ感”を強く感じる箇所などもあるから、あながち完全に忘れてしまうものでもないらしい。人間の記憶のメカニズムってのはすごいね。
糸井重里さんとの対談や、司馬遼太郎氏との対談の部分を読んだ。このお二人は宮崎作品に対してある部分でほぼ逆の印象を持っていることが内容からわかるのだけど、それについて宮崎さんがしゃべっていることが興味深い。・・・うまく受け流している・・・。そういうところは大人な態度じゃないですか。

入札を終えて地下の古書展会場へ。オヤジが注文していた本をお取り置きしてくださっているということだったので。ありがとうございます。オヤジはそういうことをワタシに何も言わない(^^;。どーゆーつもりなのかねぇ。

昼飯を食べてから帰路。よく晴れていたので散歩日和だったが、ちょっと行かなきゃいけない場所があったもので。

店に戻って荷造り作業の続きなど。いつもお買い上げありがとうございます。

お茶を飲んでから近所の内科へ向かう。たまに出る胃痛の治療のため。問診で胃液を抑える薬を処方してもらった。薬局で受け取る。ジェネリック医薬品だったので思ったよりもずっと安かった。
診察の時、先生に「お年もそれなりなので一度胃カメラを受けられたらいかがか」と勧められた。そーいう年齢みたいだ。「紹介状書きますよ」とまで言われたが、明確に返事をしないようにした。とりあえず薬を飲んで様子を見ますよ。
4681歩 2,80km 43分 232.0kcal 6.0g

交換会へ

晴れ。今朝は涼しかった。

涼しくなったのでよく眠れるようになった。これくらいの気温が3ヶ月くらい続けばいいんだけど、って3ヶ月経ったらもう来年になってるのね・・・。

朝飯を食べながら、録画してもらった「孤独のグルメ」を観る。第一回は新丸子。西口の三ちゃん食堂。ご近所にありながらまだ一度も入ったことのないお店。それこそ、ワタシが中学生の頃は通学路の途上だったので毎日前を歩いていた(^^;。今回の収録時、娘は中学校の帰りに通りかかったそうだ。「なんか三ちゃん食堂の前で撮影やってたよ」。9月中の話だ。なぎらさんが常連ってホントかなぁ・・・?
松重さんが美味そうに食べるなぁ。ミョウガの天ぷらを食べてみたいなぁ。
実は新丸子にはもうひとつドラマロケ地として有名な喫茶店もあり。

荷造り作業を終えて電車に乗る。今日は久しぶりに交換会。まだ棚には本が残っているけど、少し整理が進んだので。あんまり間を開けすぎるのも仕事上よろしくない。
車中では宮崎駿著「出発点」を再読中。ここには数十年前の文章まで掲載されているが、最近作「コクリコ坂」のことが1990年に書かれている(!)。ジブリ作品のほとんどは宮崎駿さん個人の中で醸成された物語ばかりだ、というある意味アタリマエの事実にあらためて気づくような本。・・・ってことは、裏返すとジブリ作品は宮崎駿さん一人の”創作力”で成り立っているようなものなので・・・(以下略。

入札を終えて昼飯。食べ終わった所で、今日はデジカメを持参してこなかったことに気づく(^^;。夏日らしい。神保町は余計暑い。

渋谷駅の現駅舎及び駅ビルがもうすぐ取り壊されることが決まったので、よくホームにすごくいいカメラを持ってくる年配の方をちょくちょく見るようになった。たしかに鉄道ファンじゃなくても毎日通勤や通学で使っていた駅が消えるというのは一大事だろう。様子を画像として記録しておきたいと思うのは自然なことだ。こういう時、デジカメで撮るのかフィルムで撮るのか悩む人は余程の人だと思うけど、もうほとんどの人は何の迷いもなくデジカメで撮るんだろうね。きっと。
さて、デジタル写真のデータって最古のものは何年撮影のものなんだろう?
11817歩 7.08km 100分 634.5kcal 22.1g

1日店

今週は交換会に行けるかな・・・?

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

仕事の合間に「赤い羽根」の集金で一回り。町会の班長のお仕事。もちろん1回では終わらない。いつものこと。

夕食時間の直前になって先日ポチっとしておいたムラヴィンスキーのチャイコフスキー交響曲4,5,6が到着。夕食後に仕事をしながら早速レビューで評判の良い4番を聴いてみた。
・・・むむむ。このトランペットの音はなんだ?ホルンから下の金管は分厚い音が響いているのに、その上にのっかってるトランペットの音がなんだか変。すごく変。ダブルリードをペーって鳴らしているような音がする。浮きまくってる。これはちょっと・・・(^^;。すくなくともワタシの好みじゃなかった。ただ、よく聴いてみると、トランペットの音だけがおかしいので、その他は重厚な響きがすごく良い。んでも、やっぱりトランペットが全部ぶち壊してるね。
そのまま5番を聴く。ん。これはまずまずバランスが良い。特に管楽器の音がくっきり聴こえて面白い。かわりにティンパニの音があまり前面に出てこない。響きだけが伝わってくる。トランペットは相変わらず音が少し変な所があるけど、なんとか許容範囲。
まあ、でも全体的にかなり個性的な演奏だと思う。音の強弱の付け方が極端だし、他の指揮者ならもっと出している所をそっと演奏していたり。実際の楽譜はどうなってんのかしら?って思う。
チャイコフスキーの5番はかなり好きな曲なのでこれからも聴くと思うけど、ムラヴィンスキー盤は音が他の盤と比べても明らかに違うので、iPodのシャッフル時にポッと出てもすぐにわかると思うな。
残念ながら6番は暗くて好きじゃないので、あんまり聴かないかもしれない。チャイコフスキーで最高の交響曲は6番っていう人もたくさん居るけど、ワタシは同意できない・・・(^^;。まだまだ経験が足りませんなぁ。
1157歩 0.69km 11分 57.3kcal 0.6g

定休日

三連休明け。モー大変。いつもお買い上げありがとうございます。

娘は今日まで秋休み。学校が2学期制になるとこの時期が境目になるらしい。うまく三連休を絡めてあるので、余計な休みは1日で済む。とはいえ、もともと週休二日制なんだから休みすぎってもの(^^;。

娘がエヴァンゲリオンにはまっていて、何はともあれ「エヴァを見ようよ」と言う(^^;。思えば、これほど刺激の強いアニメって今はどこにもないなぁ。子どもは正直だから面白いものには執着する。・・・てか、確実にエヴァは世代を超えているわけで、ドラえもん並みに古典化するんだろうか。
YouTubeにドラえもんとエヴァがコラボした作品が上がっていたけど、ありゃ出来がすごくいい。のび太がもしもボックスを使ってエヴァの世界を呼び込んでしまう展開。ドラえもん世界にエヴァの登場人物が出てくるんだけど、ドラえもん世界のタッチで描かれたミサトさんの絵とか”らしくて”ビックリした。
ただのアレンジやマネから一歩進んで”創作”分野まで片足突っ込んでいる感じ。もちろんパロディどまりではあるけれど。

で、エヴァは十話の「マグマダイバー」まで見た。「アスカ、来日」と「瞬間、心、重ねて」はTVシリーズ中屈指の傑作。本編的に進んでいくストーリーの傍らにちょろっと物語の背景をチラ見させることで、世界観を徐々に広げていくことも忘れない。「アダムってなんだ」的なことね。まあ、いまさらエヴァについて書いてもしょうがないんだけど。
って、この秋新作「Q」が公開するんだった(!)。

荷造り作業は午後も続き、どうにか発送作業まで間に合った。

その後は本の整理を鋭意。なかなか進まないながらも、どうにか今日の予定分はこなせた。

仕事を終えてから、先日借りてきたDVDでセシル・デミル監督の「十戒」を前半だけ観る。先日見たベン・キングズレーの「十戒」と主だったストーリーは(もちろん)変わらないが、装飾的な内容が多い。そもそも、ほとんどの場面がいかにもハリウッドなスタジオセットでのお芝居なので”エジプト感”をあまり感じられない。冒頭で映画の解説者が出てきて聖書のストーリーを忠実に映像化しています、的な口上を述べるのだけど、ロケで空気感を出して欲しかったなぁ。”お芝居”感が非常に強い。前半はモーセがシナイ山の聖所で神の声を聴きエジプト入城を決意するところまで。モーゼを演じるチャールトン・ヘストンの表情がエジプト王子だった頃と神の声を聴いたあとではまるで別人になっていたところが見所ね。
818歩 0.49km 8分 36.6kcal 0.9g

1日店

朝から快晴。今日が昨日だったらなぁ・・・。

世間は三連休の最終日。ラジオは祝日仕様のダラっとした内容だったので、昼過ぎからクラシックをかけることにした。iTunesに登録されている曲は全部ちゃんと聴こうと思ったらノンストップで16日かかるみたいだ。数値化するとなんだかすげえな。
一人で仕事に集中するときとかはベートーヴェンが最適なんだけど、店をあけている場合にはやっぱりモーツァルトがバッチリ。輸入盤で交響曲全集まで買ってしまったからかけるネタには事欠かない。円高が影響しているのか、クラシックのCDはとにかく安い。気をつけないとどんどん増える。実は、ついムラヴィンスキーのチャイコフスキーもアメリカのショップからぽちっとしていて、今ごろ飛行機で空を飛んでいる所だと思う(^^;。

ネットを開くとアフィリエイト広告表示には真空管アンプがずらずらと並んでいるので眺めてしまうが、今のところ買わないでおこうと思う。真空管には寿命もあるし、でかいトランスで音を増幅するので消費電力も大きめ。あくまでも音楽を集中して聴くための道具なのだ。ウチみたいにBGM的な用途ではもったいないとさえ思う。とはいえ、いつかは欲しいなぁ・・・。こういうことがゼータクで魅力的って思えるようになってきている・・・。

さて、三連休中なのでご入金の件数は少なめ。おそらく明日に集中するものと思われる。明日は店舗定休日でシャッターは閉まっているが、中ではひたすら荷造り作業ってことになりそう。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
9330歩 5.59km 76分 518.2kcal 16.4g

近所

朝から雨。ダンボール回収にも出せず。

晴れていれば出かけようかと思っていた予定が台なし。とりあえず朝飯を食べたら仕事することにした。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯の頃に一段落。何の用意もしてなかった、という女房が買ってきたコンビニ飯を食べる。ん。案外ウマイね。
娘がエヴァンゲリオンにハマっていて、第一話から見始めて第六話目。ヤシマ作戦の回まで見た。ワタシもつい釣られて見てしまったが、やっぱり面白いねぇ。いつも飛ばしてしまう第四話も5年ぶりくらいで見たけど、ちゃんと見ないとあとに続く設定の説明がさり気なく入っていたりする。これだけたくさんの伏線を丁寧にばらまいておいて、TVシリーズの結末をああいう形で終わらせたってのは、やっぱり何か事情があったんだろうなぁ・・・。

昼過ぎから晴れてきたので、せっかくだから近所を散歩することにした。丸子橋を渡る。橋の上から多摩川を覗くとキレイで底が丸見え。水位が下がっているのか、川底が上がっているのか。釣り人は見事に魚の居ない場所へルアーをぶち込んでいる(^^;。いや、もしかして雷魚狙いかな。
東京側の河川敷は川崎側よりも狭いので、グラウンドなどを取るスペースがほとんどない。丸子橋の下でダンスの練習をするグループ有。川崎側ではバーベキュー大会(^^;。ゴミ持って帰ってよ。
水門横を通れる道が整備されているのでそこを歩いて行く。取水堰は閉じていて水はカタマリになってドウドウと音を立てながら流れていく。カワウが魚を捕食するために待機していた。
取水堰より上流は流れも穏やかで、カルガモの集団がいた。大きさからいって今年生まれたコガモの群れとその親らしい。もうすぐ巣立ちだろうか。
遊歩道の切れた所から多摩川台公園へ向かう。ここはワタシが小さい頃の散歩道でよく来た場所。山全体が亀甲山古墳群になっている。桜の名所だが、松も立派なのが揃っている。
再び丸子橋を渡ってから新幹線と横須賀線の鉄橋をくぐる。少年野球場の所から多摩沿線道路の信号を渡ると日枝神社。綱島街道経由で戻ってきた。

店のシャッターを閉めてから、借りてきたDVDで「毎日かあさん」を見始める。小泉今日子さんの主演。原作者西原理恵子さんの半生が描かれている(らしい)。平たく話すと”壮絶”にしかならない話を明るいほんわかした雰囲気にしたなぁ、って思う。ワタシは途中から自分の子どもたちのどこかをフックにしながら見ていた気がする。似ているとかそういうことよりも、その”存在”について。
自分が居るから子どもたちが居るっていままでずっと思っていたけど、おそらく途中から、いや実は最初からその関係性は逆転している。子どもたちが居てくれるから自分が自分で居られるようになる。
それは別に親子の関係性に限ったことじゃないけど、親子の関係は”重さ”が伴う分だけ実感を得やすいと思う。
いずれにしろ、人は一人では生きられない。誰かの中に存在する”自分”が必要だ。
11286歩 6.76km 108分 544.8kcal 14.9g

今日も1日店

晴れているような曇っているような。

朝飯を食べて仕事開始。今日は荷造り作業がほとんどない。なんと、三連休の初日(!)。いえ、ウチとはなんの関わりもありやせん。

オヤジが交換会へ出品しにいくというので、本の積み込み作業をお手伝い。目録とネットだけで売る、となると、どうしてもそこからはみ出てしまう本が出るらしく、それを別にしておいて時期を見て出品しにいくようにしているみたいだ。それこそオークション出品の方法を覚えてやってみたらいいのに、って思うけど、絶対に覚えられないからやらないんだって・・・。そーいうところカタクナなんだよね。

できれば来週は交換会へ行きたいので、できるだけ本の整理を進めておきたいのだけど、あんまり進んだ感じがしないなぁ・・・(^^;。いつものこと、なんだけど。

ぽちっとしておいたCD・カルロス・クライバーのブラームス4番が届いた。何かの記念盤らしく、シューベルトの8番も入っている。オヤジが帰ってからラジオを消して、早速聴いてみる。・・・んー。なるほど。あんまり曲に馴染みがないので、まだいまいちのめり込めないけど、何度か聴いているうちに”この演奏が標準”としてワタシの中に残っていくのかもね・・・。
よくカルロス・クライバーのCDに関するレビューを読むと、「初めてこの曲を聴く場合、カルロス・クライバー演奏のものはあまりおすすめしない」と書く人が多い。その人は、コレを最初に入れてしまうと他の演奏を聴けなくなる、という趣旨で「あまりおすすめしない」と言っているらしい。それくらい特徴的で聴いている人の感情をクっと引っ張りこむ魅力ある演奏だ。

夕食後の仕事は久しぶりに大変でなかなか終わらない。いつもお買い上げありがとうございます。
1319歩 0.79km 13分 64.2kcal 0.9g

1日店

今週は交換会へ行かない週。

台風は通過したようで、朝から快晴。でも、気温は高め。まだ半袖。

先日来、真空管アンプとか書いていたらホントに欲しくなってきてしまい、困っている(^^;。アンプを買い換えるのと、その金額分でクラシックCDを買うのと、どっちが生産的だろう、なんて考える。
まあ、まだ普通に音が出るアンプを差し置いて新たに真空管アンプを買うのは慎重になった方がいいんだよね・・・。
そんなわけで、CDをいくつか買うことにする。少し前にあまりにレビューの評判が良くて買ったカルロス・クライバー指揮のベートーヴェン5番と7番がものすごい迫力で何度も繰り返し聴いている。ウィーンフィルの演奏だから、ってだけじゃない何かがあるみたいだ。YouTubeでカルロス・クライバーの映像がアップされていたので観てみると、華麗な指揮法で魅了された・・・。まるで舞でも舞っているかのような。楽団の演奏も指揮に導かれるかのように情熱的ですばらしい。
つい、次の一枚をぽちっと・・・。
ウィキペディアなどを読むと、カルロス・クライバーはあまり多くの録音を残さなかったらしく、たしかに検索してもCDで出ている曲はかなり少なかった。これだけの演奏を残した方なのに惜しい気がした。
一気に集めてしまうのももったいない気がするので1枚づつ。

今日は金曜日なので、夕食後の仕事はない。ついゆっくりとしてしまい、カルロス・クライバーの名演をYouTubeで拾っていたら止まらなくなってしまった(^^;。

ほぼ1日店

朝起きたら晴れていた。台風はどうなった?

今朝、ワタシが寝ている横の部屋では、朝のしたくでてんやわんやだった、と朝飯の時に女房。娘が学校の合唱の朝練があるので、「明日は7時45分には出るからね!」と寝る前に宣言していたにもかかわらず、目覚まし時計の電池が切れかかっていて「ジリリリリリリー!」と6時半にけたたましく鳴るはずのベルが「チリン、チリン、チリン」とほとんど音無しで、はっと気がついた時には7時だったらしい(^^;。
それからがさあ大変。娘をたたき起こして、朝飯の仕度。弁当はどうしようかな作れるかな。と考えながら息子を叩き起こしに行く忙しさ。ウチの子たちは二人とも基本的に起こしてもらわないと起きることができない。誰に似たのかなー・・・(^^;。
ワタシが起きたころにはすべては終わっていたらしい。子どもたちの姿はなかった。おつかれさま。

朝飯を食べてから仕事。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ニュースの編集をしていて、あれれ、昨日はニュース出すの忘れたんじゃないかしら?と気がついた。

ダンボール箱が届き、巻きダンボールも届く。以前は梱包資材屋さんまでクルマで買いに行っていたものだが、現在は梱包資材全般はネット通販で調達できる。当時は巻きダンボールを4本買ったら使い切るまで半年くらいかかったものだった。今は1ヶ月で使い切るのでとてもじゃないけどのんきにクルマで買いになんて行ってられない(^^;。
そういえば、少し前に巻きダンボールとダンボール箱の営業を受けたけど、その後まったく音沙汰がないな・・・。
おそらく価格が折り合わないという判断だったはずなんだけど、月に4本の巻きダンボールを売る機会を確実に得たい!ということよりも、1本売るごとに定価より少し価格を下げなきゃならないんじゃやってもしょうがない、って判断だったのだろうか。・・・なんていうか。余裕があっていいなぁ。うらやましいよねってかんじだ(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてからランニング。雨がザッと降ったみたいだけど、雨上がりにちょっと走ってきた。走るのにちょうどいい季節だ。

日付が変わるころ、今日からバイトだという息子が帰宅。多分飯を食べてないのに声は明るめだった。うまくいったらしい。
9189歩 5.51km 73分 523.4kcal 18.5g

1日店

くもり空。と思っているうちに雨が降りだす。

今日は出かける予定もない。そんな時のシトシト雨は特に気にならない。静かでいいや。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。大市会の計算書が届いたので、早速お支払い。こういうことは忘れないうちに済ませておく主義。お世話になりました。

仕事を終えてから借りてきたDVDで「十戒」を観た。原題は「MOSE」。旧約聖書の出エジプト記を映画化したものだった。これがなかなかすごいお話。なんていうか、物語として読んで心で受けとるのと、映画として映像付で見るのとではかなり印象が変わってくるんじゃないだろうか。
ただ、これ、映画かと思ったら、ドラマ版なのかもしれない。主演がチャールトン・ヘストンじゃなかった(^^;。
ユル・ブリンナーの演じたラムセスはちょっと見たい気がするので、また機会があれば借りて観てみたい。
史実で見ると、ラムセス2世は古代エジプトに実在し、近代になってミイラが発見されたりしているが、聖書の「出エジプト記」に登場するラムセス2世と同一人物かどうかはわからないらしい。映画では預言者モーセの「イスラエルの民を開放せよ」という言葉に背き続ける悪役として描かれている。イスラエルの民は奴隷としてエジプト王・ラムセス2世にこき使われていた。
エジプトを脱出してシナイ山を目指すモーセ率いるイスラエルの民を戦車で追撃するラムセス2世。紅海に追い詰められたモーセ。そこで海が割れる。モーセたちが渡り終えるやいなや、再び海の水が満ちてエジプト軍は海に飲み込まれて全滅する。ここまでが物語の前半。
後半は、シナイ山の麓で神と契約し、律法によって自らを治めるまで。モーセが40日間もシナイ山にこもっている間、「偶像を崇めてはならない」という戒めを破り、金の子牛を作ってしまった者たちはここで罰を与えられる。そして、モーセは神の許しを乞うために再び山に登っていく。
その時授けられた石版二枚を収めたのが金色のアークで、約束の地・カナンに入るための武器のような役割を果たしたらしい。
その伝説を元にして、オカルト好きのヒトラーが失われたアークを探しだして強力な武器として復活させようとするフィクションが、例のインディー・ジョーンズの「レイダース・失われたアーク」なわけで。
「十戒」を観ておかないと魅力半分って話なのよね。
1065歩 0.63km 10分 50.5kcal 1.1g

定休日

火曜日。

朝飯を食べて仕事開始。お店は休んでも仕事は休まない・・・。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。今日も多め。昼過ぎまで。

仕事していたら回覧板が回ってきた。それも至急。すぐにファイルしておとなりへ。内容をメモするのが面倒なのでFAXのコピー機能で複写しようとしたら途中で停まってしまった、ありゃ、紙が切れてた(^^;。スペアを探したらストックがない(!)。すぐに発注したものの、届くのは明日。それまでどうかFAXの連絡が来ませんように・・・。

昼飯を食べながら録画してもらった渋谷と秋葉の昔紹介TV。観て思ったことは、今現在もまた変化の途上でしかない、ということ。実はずっと街は変化し続けていて立ち止まったことはない。むしろ、変化することで発展を続けてきた。変化しないということは発展をやめたことになる。実際、再開発した地域はほぼ例外なく発展している。その効果がいつまで持続するのか、はソフトパワーによるのだけど。

録音しておいたラジオ。ロケショーと福山雅治さんを2本。福山さんは現在映画撮影中とか。「実におもしろい」らしい。たしかワタシと同い年のはず。よく体力がもつなぁって思う(^^;。

仕事を終えてから借りてきたDVDで「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を観た。3DCG前の実写アニメーション映画。人形が絵として動く”奇跡”を見せてもらった気がするが、見ていて眠くなったことも書き加えておく。
876歩 0.52km 9分 40.8kcal 0.9g

1日店

今日から10月。あと3ヶ月後は来年だ。第4コーナーって感じだね。

昨夜の台風はあっという間に過ぎ去って、今朝は雲ひとつないウルトラマリンの空。
朝飯を食べて仕事開始。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。多め。嵩は大きめ。ドーンと積み上がった。そのわりに取置きの棚はほとんど減った感じがしない。いつも狐に騙されているんじゃないかしら?

10月なのでラジオも番組改編らしい。いつも朝から聴いている番組も変わっていた。まあ、昼間聴くラジオはほとんど聴き流している感じなので耳障りでない限りは別に何の問題もないのだけど。
録音してまで聴きたい番組はだいたい深夜の放送か週末にまとまっている。改変知らずなので、今期も乗り越えたみたいだ。

仕事を終えてから走りに出た。録音しておいた菊地成孔さんのラジオを聴きながら走っていたら、気功の話が始まった。ふくらはぎの痛いところに右手を載せて深呼吸。すると、足の親指の付け根に穴があいて(いるイメージ)、そこから涼しい風が吹き出していく(イメージ)。夏の間に上半身に溜まっている悪い”気”をこうすることで出してしまえば楽になる、という。へー。
経絡が詰まるといろいろと溜まってしまい、良くないので、そこに手を載せて深呼吸。これで楽になります、とのこと。深呼吸は気持ちをリラックスさせるのに一番いいみたいだ。

”夏の疲れが出た”って言葉がつい口をついて出る昨今。身体の内側の巡りを良くすることで乗り越えられるならそれはそれでいいことだよねぇ。
9769歩 5.85km 78分 548.4kcal 19.7g

2012年09月 < > 2012年11月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター