Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記

■甘露日記 2011年10月

1日店

快晴の空。

朝飯はもういつもどおりのご飯に納豆。味噌汁。落ち着く。
食べながら坂本龍一さんのスコラ。ドビュッシー、ラヴェル、サティ。それとガムラン。古典派が建築とすれば彼らは雲を描いている、となるのだとか。20世紀初頭に開催されたパリ万博でインドネシアのガムランが披露され、作曲家たちはその音楽性に強い影響を受けた云々。音楽に対して人一倍センシティブな音楽家の人たちが聞いたことのない音に触れれば、そりゃもう耳から離れないだろう。強烈なインプットはやがてアウトプットへと変わる(ことがある)。彼らの作品にはそれがある。明らかに古典派とは違った文脈で音楽が造られている。「響」と言えるかもしれない。

荷造り作業は拍子抜けするほど少ない(^^;。それはそれで困るなぁ。ま。月末な感じ。

昼飯を食べながら「南極大陸」を見る。危機の演出の数々。物資が流されるまま流されていたけど、あれって大丈夫なんだろうか・・・。とかいいつつ、見終わったあとにほんとにどーしようもなければ近隣国からヘリが飛ぶのかな?と納得したりして。エンコした雪上車を見て「北の国から」を思い出した。あれも北海道の馬だったね。大友柳太朗さん。

昨日の電車の行き帰りや夜寝る前を利用して「燃えよ剣」を読んでいる。新選組・土方歳三が主人公。多摩で薬屋をやっていた頃からの話。女ったらしなエピソードと喧嘩の話に彩られている。そーとーなものだ。大河で「新選組!」は欠かさず見ていたが、多摩の人たちの武芸好きの理由や将軍家への想いについてまでは印象に残りにくかった。やはり内面については活字で詳しく描いてもらうほうが説得力が強いと思った。
ま。そりゃそーなるわなー。
一度ドラマで描かれているから、登場人物の顔は全部「新選組!」のキャストが思い浮かんでいる。そうやって見てみると豪華なキャストだったな、と改めて。

仕事を終えてから久しぶりに歩くことにした。まだ本調子じゃないので走らなかった。田園調布まで往復。
5472歩 3.28km 49分 280.1kcal 7.8g

東京都庭園美術館

快晴の空だった。

ゆっくりと朝飯を食べて、落語者を2本見て、荷造り作業を終えてから出かけたら13時だった(^^;。
目黒駅下車。駅ビルで昼飯を食べる。あまり迷うことなくスパゲティ。ワタシはいつものようにミートソース。娘はカルボナーラ。女房はからすみがトッピングされたクリームソース。
食べ終わってから娘が「文房具屋へ行きたい」というので4階へ。「あー、ここ上がるわー」と娘。美術部に所属すると書くもの・描くものに自然と興味が行くようだ。買ったのは4Bのシャーペンの芯。4Bまで行ったらもはや鉛筆じゃないの?

外に出たら雨(^^;。今日は曇りでふんばるかと思っていたが外れた。庭園美術館までは5分ほど。人がずいぶん歩いている。もしや混んでいるのかな・・・。

ハイ、正解!入場券売り場には大行列が出来ていた。この天気のなか、事実上今日が最終日の「アール・デコの館」展は大賑わいのようだ。
中に入ったらもっと混んでいた。いわゆるお屋敷だった建物だから、これだけ人で混雑していると今からパーティでも開かれるのかしら?というような雰囲気もある。現代に残る貴重なアール・デコ建物の観覧、しかも、写真撮り放題というのは貴重な機会だろう。みなさん、今流行のミラーレス一眼を肩から下げておられた。そうじゃなきゃiPhone。ワタシはいつものコンデジでパノラミックな写真などを。

何度かこういう機会をとらえて観覧しているが、徐々に徐々に観覧不可だった場所が可へと変わっている。改修整備が少しずつ進められているためだろう。今回は今まで見ることの出来なかった中庭の池が印象的だった。
アール・デコの何たるかは以前にも書いたのでもう繰り返さない。見ればわかるよ。素晴らしい。その人気のほどは今日の混雑で思い知らされた。
娘はこの混雑もあって途中から疲れた帰りたいと言い出す。まあ、いつものことだが(^^;。玄関にある吸い込まれるようなガラスレリーフを堪能してから外に出る。
庭園を一回り散歩。茶室や日本庭園もあったなんて。こうして立派な洋館と和の茶室があるってのも、湯島・岩崎邸を思い出すなぁ。やはり日本人は和の部分ものこさないと落ち着かないんだろうね。

雨はときたまポチポチと落ちてくる。駅前でアイスクリームを食べてから帰宅。
4574歩 2.74km 47分 209.5kcal 5.3g

1週間

体調不良から1週間経つ。

あっという間な気がする。週の前半は何も食べられず、ただただ睡眠時間が伸びていった。食べないと自然と眠くなるものだ。おそらく身体が消耗を防ごうとするのだろう。医者に行って薬を処方してもらってからはどうにか力も出るようになり、仕事も休まなくてよくなった。
こーいうことはあって欲しくないが、結局、原因がわからないのが怖い。再発を防げない。

朝飯を食べながら和風総本家を見る。世界で活躍する日本製品。日本といえば刃物って感じなんだねぇ。数々のノウハウとそれを活かす腕。たしかにすごい。ただ、最高級品ってのは最高級であるだけに需要とのバランスが難しいみたいだ。どーやってその腕の良さを発信するのか、という話。案外こういう番組だけが頼りだったりして・・・。とすれば貴重。
娘は豆助のかわいさに反応大。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。土曜日なのに珍しく発送荷物有り。さすが月末だ。

先週の午後はすでに寝込んでいて、その影響は今日の20時以降に出ることになる。残念だったなぁ。でも、土曜の午後だったことで日曜日にまるまる身体を休ませることができた、ということもあった。

仕事はいつもどおりこなせるようになったが、実はまだ薬を飲み続けているし、全快していない・・・。

夕食を食べながら「ぴったんこカン・カン」。川越シェフプロデュースのキムチに女房はフニオチの様子。「だってイタリアンのシェフでしょ?」とのこと。キムチ売り場にこの方のスマイルがあると違和感があるんだって(^^;!お気をつけあそばせ。
1431歩 0.85km 14分 70.7kcal 1.4g

快晴2

朝飯はコッペパン2個と玉子焼き。味噌汁。

パンは子供たちの朝飯のこり。ご飯がまだダメなわけではないので念のため。トースターでちょっとあぶるとうまい。
食べながら「深夜食堂」を見る。渋い話をやるね。冷静に見ちゃうとありえない話ながら、「めしや」での出来事にしてしまうことで「アリ」になる。あの街が、あの界隈がそういう雰囲気を作っている。
30分で終わるドラマの良さを再認識させてもらっている。一話完結。描きたいことを目一杯描いてパタリと終わる。見せられたこちらには程良い余韻が残る。それくらいでちょうどいいんだよね、ホントは。
唐揚げが美味しそうだった。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
結局今日も交換会は欠席。仕事が多すぎた。これをほっぽり出して本を買いにいけなかった。本当は分業するべきなのはわかっている。じゃ、誰にやってもらう?任せる人なんてどこにもいないのだ(^^;。そーいう単純な話だ。別にサボりたいわけじゃない。
昼飯を挟んで荷造り作業を続行。荷物は山と積み上がったが、郵便局の人はサッと伝票を打ち出してあっという間に全部持って行ってしまった。ありゃプロだねー。

立派なりんごを頂いたので、昼飯のあとと夕食のあとに一つづつ食べた。りんごを食べたらもう身体は大丈夫・・・!
449歩 0.26km 4分 19.5kcal 0.0g

快晴

朝飯は食パンと玉子焼き。味噌汁。

別にご飯がまだダメなんじゃなくて、3日前に買った食パンの残り。調子がいい時とよくないときがある。こういうのが慢性化したりしたら困るなぁ・・・。

今日から神田は青空古本まつり。交換会も休会だ。っていうか、実は先週来の体調不良で仕事がハッキリ遅れている(^^;。スッキリと片付けた状態で交換会へ行くつもりだったが、実際にはそうなっていない。なぜかオヤジが店の本を引っこ抜きはじめたこともあり、仕事をかけるべき本はますます増えてしまった。やはりまず目の前にある本の整理を済ませてから買いに出かける順番になるのではないか?という判断のある一方で、業者として交換会へ行く回数を減らしてはイケナイってこともあるわけで。
いろんなところからクイっと挟まれて・・・(^^;。

朝飯を食べながら「11人もいる!」を見た。宮藤官九郎脚本作品。面白かった。キャストも何気にかなり豪華。やはり広末涼子さんの役がおいしいだろうね。女優さんって実はニノ線から外れた時が一番イイはず。幅って意味でも。
このドラマのテーマの一つである「写真」の捉え方がなかなかステキ。たった1枚の写真がすべてを変えてしまうことって、多分あるのよね。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで一段落。

夕食までずっと本の整理。思ったほどはかどらず。
572歩 0.34km 6分 25.7kcal 0.6g

1日店

快晴の空。布団干し。

まずは歯医者へ。昨日の今頃は「歯医者なんて行ってる場合じゃないな」とか思っていたが、薬が効いて行けるようになった。めでたい。

無事に掃除をしてもらって帰還。親知らずの裏側に注意して、とお言葉。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。朝飯も食べられたので力が出た。昨日とは全く違う勢いで仕事ができた。惜しいのは、ご送金件数が少なめだったこと(^^;。

実は予定では今日から交換会へ行くつもりだった。ところがこんなことになり、今日も行けなくなってしまった。まあ、仕方ないか、と言ったところ。昼飯をどこで食べるんだって話にもなる。・・・あ、うどん屋でいいのか・・・。

で、昼飯はうどんだった。久しぶりに食べるまともな食事はお腹に染み渡った。サイコロ切りしてある豆腐とはんぺんのおいしいこと。ツユまで飲んでしまった。もちろん、食後は薬の服用を忘れずに。これがないとあとで大変なことになる。

午後は全開の勢いで仕事。なんだか楽しかった。

で、結局、今回の不調の原因だけがわからない・・・。
1432歩 0.85km 14分 69.7kcal 1.6g

医者へ

結局、経過は思わしくなく・・・。

午後から医者へ行くことになった。でも、診察してもらえると気持ちは軽くなる。今日も朝から食事はゼリー飲料のみ(^^;。こんなのいつまでも続けていられない。

薬を処方してもらい、早速夕食とともに服用する。これで症状は改善するだろうか。とにかく食べられないことから脱却したい。食べられるようになれば体力も回復して治りも早くなるに違いない。

当初ゼリー飲料のみの予定だったが、急遽食パンとカップスープを思い切って追加した。トーストしたパンを頬張ると、なんだかとても甘くておいしかった。スープは塩味がキリリと効いてひさしぶりに塩を摂ったんじゃなかろうか・・・。

まだ仕事をするには体力が足りない。今日もふらふらするので、すぐに休みたい。
1875歩 1.12km 18分 90.9kcal 2.0g

立ち直り

金・土・日と体調がよくなかった。

といっても、熱が出ているわけでもなく、咳がひどいわけでもない。とにかく食べられなくなった。食いしん坊のワタシにとってこれほどキツイ仕置はない。

結局、原因などはハッキリしないのだけど、固形物が食べられない。仕方なく、栄養入りゼリー飲料を飲んで過ごした。でも、これじゃ圧倒的に足りないわけで、まず力が出ない。土曜日には娘に本の移動(大量)を手伝ってもらってしまった。

今日になっても治っているのかわからず、朝からずっとゼリー飲料のみの食事。そりゃ体重も落ちたが、食べていないんだからアタリマエ。今後どうやって固形物の食事に戻していったらいいのか。そのペースがつかめない。

体調不良の決定的な自覚症状としては、いくらでも眠れること(^^;。横になれば眠りに落ちてしまう。こんなことは今までなかった。食事が摂れないことによる身体の防御反応なのかもしれないが、こう長引くと身体は身体で厄介に思っているんじゃなかろうか。だったらとっとと食べさせろー(^^;!

とりあえず、今日はご入金いただいた書籍をひと通り発送し終わったので一安心。
明日に備えて寝ますよ、今日も。
402歩 0.23km 4分 17.0kcal 0.0g

体調不良2

1日寝てました。

どんよりとくもり空。

天気が悪くて調子が出ない気がする。こういう日は無理しないほうがいいか・・・。

夜、雨。
535歩 0.32km 5分 24.0kcal 0.3g

1日店

くもり空。最近なかなかスッキリ晴れない。

夜が長くなった。朝も寒くなった。昨夜は布団で寝たが正解だった。よく眠れた。寝過ぎた(^^;。

朝飯を食べながら怒り新党。やっぱり30分だったころの方がよかったなぁ。もうちっと見たいと思うくらいで終わるのが絶妙だったことに気がついた。なんでもやりすぎはよくないんだね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今週はおとなしく本の整理に力を入れるので、交換会はお休みします。

昼飯の前に息子は帰宅。どうやら試験期間中らしい。それにしては勉強をしている様子がないな。どうも息子は自分の好きなこと”だけ”をやりたがるところがある。でもね、自分のやりたいことだけして生きていけるなんて思わないほうがいいゾ。

ウチのラジオはradikoなのだけど、最近聴いている人が増えたのか、特に平日は途切れることが増えた。まあ、平日昼間は仕事中なので、ほとんどBGM的にしか聴いていないからいいのだけど、やはり流れていたものが急に止まると気になってしまう。そろそろサーバー増強したらいかがですかね。

夕食を食べながら落語者を2席。柳亭左龍さん。「お菊の皿」と「粗忽長屋」。息子は最後まで見なかったが、娘は2本とも見ていた。同じように育てたつもりだけど、物語に対する感受性はかなり違う。

オークションのメール書きを終えてネットでニュースを見る。
583歩 0.35km 6分 27.4kcal 0.6g

定休日2

二日目。

朝飯を食べながら「深夜食堂」を見る。第二期らしい。第一期もなんとかして見ないとなぁ・・・。夜12時に盛り場で開店するめしやに集う人たちのお話。第一期の最初に出てきた赤いウインナーと玉子焼きの続編のようなエピソード。松重さんのシブイ演技。ひさしぶりに見た安田成美さん。「薔薇」って字は書けそうもないっす。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
ふと思い立って、ライブラリの中からサザンのベスト盤を引っ張り出してiTunesに登録する。海のYeah!ね。「勝手にシンドバット」から一気に気分が上がって作業の捗ること。午前中いっぱいで荷造り作業は一段落。

昼飯を食べながら坂本龍一さんの「スコラ」古典派の第3回はモーツァルト。クラシック音楽に精通している4人の専門家が集まって本気でモーツァルトを語り始めたらとても20分じゃ足りないでしょう。4人居る、ということと、簡単に話さなきゃならない、という制約があったりするので、「胎教にモーツァルトがいいって云われているけど、とんでもない」とか、「壊れちゃってる」とかそんな断片的な話ばかり印象に残る。それでも、全部ひっくるめてモーツァルトは「天才だ」って4人とも言いたいようだった。

午後は本の整理を始める。サザンのベスト盤を通しで3回聴いた。で、気がついた事。「KAMAKURA」までとそれ以降の曲に明確な違いがある。一番大きいのは歌詞。初期は歌詞がとても肉感的だ。「濡れたまま」「ひらく」「指でなぞる」「ゆれる」とか。音も元気で荒削りっぽく、勢いがある。初期の名曲がとても懐かしいのは、自分が若い頃に聴いていたから、というよりも、妄想全開の童貞力を駆使した歌詞に惹かれていたんだな、って気が付いた。歌詞の濃さが違う。聴いていてヌルッとした手触りさえ感じる。
活動休止を挟んで後の曲は歌詞が観念的になってくる。音は以前よりも整って洗練されておしゃれな感じ。いかにも売れそうなアレンジだった。リアルからバーチャルへ。昭和から平成へ、と時は流れたってことか・・・。

サザンのおかげで仕事もはかどったりして・・・。
8513歩 5.10km 70分 462.3kcal 21.3g

定休日

くもり空。

朝飯を食べながら「南極大陸」の続きを見る。TVでこういう感じのドラマを見るのはひさしぶりな気がした。ああ。「華麗なる一族」ってたしかこんな感じだったっけ。「宇宙戦艦ヤマト」と印象が重なる気もするが、キムタクが主演しているからだろうか・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで続行。今日も件数・嵩とも多め。

作業しながら録音しておいたラジオを片っ端から聴いていく。ロケショーを聴いてから菊地成孔さんの夜電波。今回はビートルズにたかったミュージシャンたち、というお題で曲がかかる。案外ジャズ界のミュージシャンはカバーをいとわないようで、ビートルズのヒット曲がジャズアレンジでプレイされていた。ビートルズは当時音楽業界の様々な常識をひっくり返した、と菊地さん。例えば売れる数。ケタ違いの枚数を売ったため、今までなら大ヒットと言われた数を売ってもそれが大ヒットと思われないようになってしまったらしい。ヒットチャートの第一位からズラッとビートルズが並ぶようなことも起こり、全てが塗り替えられた、と。
なるほど。

そのまま安住紳一郎の日曜天国。空想科学の話。ウルトラ怪獣最強はガマクジラとゼットンらしい。水中をマッハ2で移動するガマクジラと、一兆度(!)の火の玉を吐くゼットン。もしも一兆度の火の玉が実在した場合、その影響は地球上にとどまらないとんでもないことになるらしい。

ラジオばかり聴きながら仕事をしていると、荷造りの時はよかったが本の整理の時にはあきらかにマイナス(^^;でペースが上がらなかった。番組的な相性なのか、仕事との組み合わせの問題なのか・・・。

明日も定休日。何を聴きながら仕事をするべきか・・・。
547歩 0.32km 5分 24.6kcal 0.6g

1日店

折り返したばかりのはずなのにもう月末気分(^^;。

始まったら確実に終わる。そう思うことにしてたら時間が経つのが早くなってしまった。

昨日横浜で見た不思議で哀しい絵・石田徹也さんの作品にがーんとやられてしまったようで。朝からアタマの中をグルグル回っている。一度見れば忘れられないタッチだ。ネットで検索をかけると画像が出てきた。他にもいろいろな絵を描いていたが、出てくるモチーフが丸顔で短髪の男子。そしてかならず表情が死んでいる。彼の身体は無機物である机やら洗面台やら便器やらに取り込まれている。これって、朝起きたら毒虫になっていた、的な不条理の世界だろうか・・・。詳しいことはよくわからないが、見る絵のほとんどに感情が引っかかった。
あるお店にお客が3人座り、その目の前には無表情な店員さん。手にはガソリンスタンドの給油装置を持ち、直接お客の口に何かを流しこんでいる。この絵はいつもワタシがそのお店で食べている時に妙な違和感を感じていた感覚が結晶して絵になっていた、と思った。ここまで明確に描かれると心を見透かされたようでドキッとする。いや、実際には作者が絵を書くために深夜バイトをしていたその時の経験が元になっているらしい。

朝飯を食べて荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
ボケッとしていられない。次から次へと荷物を作ったが、一生懸命作ったが昼飯を挟んでまだ間に合わない。ドーンドーンと発送荷物は積み上がったが、思ったほど棚の本は減らなかった。

夕食を食べながら録画してもらった「南極大陸」を見た。キムタクのドラマはこれからずっとこういう路線で行くのかな。ちょっと続きが楽しみではある。
8718歩 5.22km 68分 501.8kcal 15.4g

横浜トリエンナーレ

くもり空。

今日は横浜トリエンナーレに行く予定。その前に小杉のKFCで朝飯を食べる。女房がたまごのタルトを食べたいということで。ブレイザーってサンドイッチがおいしかった。

11時過ぎに東横線に乗りみなとみらい駅へ向かう。横浜美術館はかなりひさしぶり。さすがに混雑している。チケット売り場には行列があり、10分ほど女房に並んでもらった。その間、美術館前にずらりと並んだ顔のオブジェの前で娘の記念写真など。空は快晴。向かいのビルの上で風力発電のプロペラが回っていた。

さすがにいろいろな展示あり。これがアートなのかぁ・・・とただただ見入るのみ、な作品もあったが、館所蔵のシュールレアリスム作家の作品も展示されていて、ワタシは案外そっちに目が行った。混雑していたので映像作品はほとんど見ることが出来なかった。
今回印象に残ったのは佐藤允さんのドローイング。どうやら鉛筆(!)で描かれているらしいのだが、パッと見はなんだかわからない。細かく見ていくと細かく描き込まれた人間の形をしたようなものが集合して大きな絵を形作っていることに気がつく。その描き込み方には凄みがあった。会場の白い壁面にはここで描き込まれたと思われる”新作”もあり。
今回はどうもパネル展示に見入ることが多かった。薄久保香さんの巨大パネル。写真かと思って眺めていたら説明書きには「油彩」とある。えっ!?と思って近寄ってみたらたしかに繊細なタッチで光の濃淡が描かれていた。絵といえば今や抽象画が多くなってしまったような印象があったが、思わず見入ってしまう作品の登場はうれしかった。同じ理由で石田徹也という人の作品も良かった。この作風は天才のなせる技としか言いようがない。
荒木経惟さんの「センチメンタルな旅、春の旅」から展示されていた。もうなんていうか、見ていられないだろうと思い、哀しすぎて避けていたのだけど、こうして見てみるとやはりそこは荒木さんの写真だった。昨日飯沢さんの著書で「母の死」という文章を読んだのは偶然なのだけど・・・。おかげで見ることができた。骨になってしまったチロちゃんまで。

20分くらい風の強い中で連絡バスを待つ。今思えば歩いて行けばよかったかも(^^;。日本郵船の倉庫。こちらはオブジェとインスタレーション展示が中心。やっぱりこちら方面はとっつきにくいな、ワタシ・・・。まだまだ修行が足りませんわ。

関内駅まで歩き、構内のコーヒーショップでサンドイッチの昼食。今日はパンばっかり食べてる。伊勢佐木町通りをちょっと散歩してから帰路。西の空が傾くのが確実に早くなりました。今日は暑かったけどね・・・。

夕食後、ふと思い立って「ハウルの動く城」を見た。途中で止めるつもりで動かしたら止まらなくなった。やっぱり面白かったんだと思う。
8323歩 4.99km 83分 387.8kcal 10.3g

1日店

雨。

朝飯を食べながらタモリ倶楽部。妙見島かぁ・・・。ずいぶん渋いところを・・・。

しばらく荷造り作業をしてから本の整理開始。すぐに運送屋さんが交換会の落札品を運んできてくれた。お世話様です。

ネットのニュースにフィットシャトルの坂道発進に不具合の文字。ははぁ。あれはやっぱり不具合だったのか。オヤジに言ったら早速HONDAにFAXを打っていた。すでに対策はあるようで、お持ちいただければプログラムを書き換えます、とのことだった。せっかちなオヤジは明日にも持ち込むと意気込んだ。

昼飯のあともずっと本の整理。ちょっと目算が狂ってしまい、出荷の予定がうまくいかなかった。蒸し暑かったのがイケナイ、とイイワケ(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。大量。いつもお買い上げありがとうございます。終えて日記を書いていたらこんな時間。(26時)
887歩 0.52km 9分 40.1kcal 0.8g

今日も交換会

晴れてる。夜には雨の予報。

荷造り作業を終えて今日も交換会へ向かう。大市会で買った分はあらかた整理できた。ワタシの言う「整理」はココにある本を店の棚に収めた、ってことじゃなくて、ココにある本をお客様の本棚に収める、ということ。

車中では飯沢耕太郎著「写真とことば」を読む。写真家25人が著書などで語った言葉の抜粋に対して飯沢さんがコメントを付している。当時の日記などから取ってきている文章もあれば、ガチで写真論を書いている文章から抜いている箇所もある。やはり森山大道さんの文章は鋭いなぁ・・・。森山さんにとっての写真は自分の生とは何か、という命題に対しての自己確認の手段であり、観念や言葉の要素を排して生理的、感覚的なものとして捉えている、という。ひっきりなしにシャッターを切り、構図もピントもおかまいなしとなれば、写したご本人も現像が上がってきたフィルムを見るまで何が写っているかわからない、という状態。芸術・非芸術などという問題とは別次元。主観性・客観性などナンセンス。すべてから自由に撮りたいと思い写真の可能性を追求する。と。
荒木経惟さんの文章は「母の死 あるは家庭写真術入門」からの抜粋。いろいろな評論を読んでも、荒木さんの写真には死の色が濃いと評される事が多い。生(性)を撮っているはずなのに死がそのウラに写ってしまう。その不可思議さはこの文章を読むとなんとなくつかめる気がする。・・・この文章のクライマックスは母上が亡くなられてその遺影のためにポラロイド写真に写った母上とカメラのファインダー上で再会する場面だ。「アサヒペンタックス6x7に接写リング全部つけての複写作業は、母との時空世界であった。ボケの中から現れる母は、またすぐにボケの中に消える。そしてまた現れる。」その前段には家族アルバムをめくる荒木さんが亡くなる前の父上とも再会し、母上のセレクトで貼られた写真を見ながら母上への思いをかきたてていた。やばいやばい。泣いてる場合じゃないぞ。

入札。最終台には『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』が載っていた。こんなにたくさん見たのは初めて。終えて昼飯はカレー。出来てくるのを待ちながら、食べながら、本を読み続けた。お行儀悪い・・・(^^;。

店に戻って荷造り作業の続き。いつもお買い上げありがとうございます。本の整理を進めた。

夕食後、雨が上がっていたので、ちょっと走ってきた。
14863歩 8.91km 122分 818.3kcal 26.0g

今日も交換会へ

くもり空。

朝飯を食べながら録画しておいた怒り新党を見る。10月から時間延長になったため見終えられず。メールを読むコーナーまで。今回もこのあとで女子プロのVTRを見るのかな・・・?
それにしても、視聴者からの「怒りメール」が初回からずっとソフトなままなので、「怒り」がまったくこちらに伝わってこない、そんなところがウケているんだろうね。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイート作業。あわてて東横線に乗る。

今日も大量出品。だからこそ入札は慎重に。雰囲気に飲まれて書きすぎるとあとで大抵後悔することになる(^^;。
札を書いているうちに腹が減ってきて、アタマにはしきりにカレーのイメージが浮かんだが、結果そばを食べていた(^^;。なんだったんだろう?と思いながらツユに刻みネギをドバドバと投入していた。

食後、三省堂の店頭を見てみる。なんと、入口正面には古本の棚がズラリ。まだ古本まつりじゃないよね・・・。もうそういう時代になっているんだなぁ。
店内に入ると、以前よりも本棚がスリムになって、並んでいる本の総量が減った感じだった。そのまま東京堂にも行ってみたが同じ印象。本の押し出しが減って通路が広くなり歩きやすくなっている。うーむ。

帰りの地下鉄車内。文庫本、雑誌を読んでいる人は一時よりも増えている気がしている。もちろんケータイやスマホを見つめている人は多い。今日は初めてスマホで電子書籍を読んでいる人をみかけた。字が大きめらしく一画面5か6行ほど表示されていた。あの行間って俳句とかに最適なんじゃないかしら。

夕食時、息子がiOS5にアップデートしたiPodを見せてくれた。クラウドを介してPCとiPodで音楽データをやり取りできるようになったらしい。ただ、クラウドは一時保管場所という位置づけのようだ。大量データを載っけようとおもったら月々有料になるらしい。なるほどねぇ。
ただ、大量の音楽データって、全部聴こうと思ったら大変な時間がかかるわけで・・・。ちなみにウチのiTunesには16GBも入っていないけど、全部聴くには「9日」かかるって表示されてる(^^;。
クラウドに載っけて、ヤレこれで安心、ってやってたら、二度と遭遇する機会もなくなっちゃうんじゃないかしらん(^^;?
おそらく電子書籍もそーなるよね、きっと。電子化してクラウドに載っけたらなんとなくもう読んだ気になってそこでサヨナラ。
4495歩 2.69km 42分 223.3kcal 5.7g

交換会へ

晴れ。

荷造り作業を終えて交換会へ向かう。久しぶりだ。大市会以来となる。買った本の整理におよそ2週間かかってしまった(^^;。

車中では「宮崎駿の世界」の続き。まだ読んでる(^^;。読むのが遅いのと、電車に乗った時にしか読まないため。本屋やっていると本がたくさん読めるようなイメージがあるかもしれないけど、読めないですよ・・・。ぜんぜん。
ジブリで働いていたクリエーター3人が鼎談していて内容が濃かった。内側から見たジブリって・・・。って思う。3人とも口を揃えて「学校だった」と言っている。おそらくそうだろう。押井守監督もこの本の別の記事でそれに近いことを言っていた。
内容もそうだけど、結果この3人が今ジブリから離れて仕事している、というのが現実なんだと思う。「学校」は自分がやりたいことが見つかった時点で卒業するもの、ってことだろう。もっと言えば”卒業しなきゃいけない場所”なのよね。

入札を終えて昼飯。食べたら缶コーヒーを飲んで帰路。途中、Bカメラでフィルムを現像に出す。ついでにデジカメをいくつか触ってみる。GXRにMマウントユニット付がデモってあった。フォクトレンダーのスコパー35mmが付いている。ちょっとしか触らなかったからよくわからないけど、液晶ディスプレイだとピントの山を探すのが難しいと思う。広角レンズを絞って使うならあまり問題にならないけど、ただでさえ1.5倍の焦点距離になるからそうもいってられない。扱いづらそうってのが第一印象になった。
ソニーのコンデジはもうすぐ新しい機種が出るのか、一部ものすごく値下げしている。WX7なんてワタシの持っているWX10とそれほどスペックに差がないのにたった15000円だった(!)。買っちゃおうかな、なんて思わせる値段だ。もちろん買わないけど。
NEX−5Nもいいけど、動画撮影をしないならNEX−C3でも十分じゃないのか?というのが今日の感想。これにアダプタ噛ませてMマウントレンズでスイングパノラマ写真を撮ってみたいんだけど、それが機能的にまさかのNGだったら困る(!)。
12150歩 7.28km 101分 665.9kcal 22.0g

三連休明け

定休日。お店は開けないが中では仕事の1日。

子供たちは学校。連休中は毎日顔をあわせていたが、久しぶりに女房と二人だけの朝飯。これはこれでホッとする。
食べながら児島玲子さんのルアーで海釣りTV。今回は釣り船で相模湾に出てジグを使いサバを釣る趣向。40gと60gのメタルジグを30mくらい沈ませてしゃくるとサバがヒットする。結構簡単そうだ。
実はずいぶん前に三崎から船で出てカサゴ釣りに同行させてもらうことがあった。餌はサバの切り身。100mくらいの底をトントンと叩くとカサゴが食いついてくる。この時の外道がサバだった。餌の確認をするために巻きあげている途中でヒットする。大きさも30cmくらいあるから、それなりに遊べて楽しい釣りだったが、あくまでもその時は外道扱い(^^;。しかも餌のサバにサバが食ってくるってどーなのよ、みたいな(^^;。
番組では潮目に集まる海藻についているシイラを狙って釣ってしまう実技も披露。こちらは80cmくらいある大物がかかっていた。緑色した魚体が美しかった。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで午後も続行。さすが三連休明け。

午後も遅くなってから本の整理開始。こちらはなかなかはかどらず。夕食前と夕食後にエイヤッとピッチを上げた。

見渡すとはかどっていないことだらけ(^^;。今日は走らずにHPリニューアル作業の続きを3箇所だけ。完成したころにはまたリニューアルの必要性が出てきたりしそうだ。
537歩 0.31km 5分 25.4kcal 0.0g

1日店

三連休の最終日。

よく晴れている。朝一番に地デジアンテナのブースターを設置する。説明書きに従ってやったらすぐできた。利得がアップして今まで見られなかった弱い局も入るようになった。これはよかった。

昨夜がんばって荷造り作業をしたので、今朝は全くナシ。いかにも三連休の最終日っぽい。朝から本の整理を開始。

昼飯を食べながら坂本龍一さんのスコラ第二回を見る。ハイドンの功績について。バッハの対位法からハイドンの作曲法への変化。旋律と伴奏に曲の構成が分割されるようになったのは、コンサートが開かれるようになった時代という要素が大きいという。それまでは、貴族が食事などのBGMとして音楽を消費するのがもっぱらだったのが、会場にお客を入れて演奏をする、となれば、それなりに聴きごたえする曲にしなければならない。
そこで登場したのが、第一主題と第二主題をぶつけていく曲の構成。旋律が上がる第一主題と、下げる第二主題。展開部を挟んで再現部として第一主題と第二主題が繰り返される、という構成例が示された。なるほどねぇ。音楽を学ぶってこういうことをやるんだな。

午後も本の整理。お茶の時間には昨日道の駅で買ったまるごとビワゼリーを食べる。普通においしかった。
で、夕食の時にひやしておいた「吉壽」を飲んだ。スッキリと辛口だった。実は母親の通っていた高校の同級生が久留里の造酒屋さんだったらしい。なるほど久留里線。

オークションの落札品メールを書き終えてランニング。走るのが楽になってきたのは気温がちょうどいいからだろうね。
8784歩 5.26km 67分 508.0kcal 19.4g

鴨川

早起き。

新聞屋さんの懸賞で招待券が当たった鴨川シーワールドへ行こう、ということになった(急遽)。なんと今日は息子も行くという。
出発までもたもたしてしまい、8時を過ぎた。アクアラインから圏央道の木更津東出口。あとはずっと一般道。亀山湖を通りすぎて片倉ダム前にある道の駅に駐車して休憩する。直売所になっており、朝市のような雰囲気。手作りの料理や採りたての野菜などがところ狭しと並んでいた。朝早くておなかが減った一行は草餅を買って食べる。あんこが入っていなかったがかなりおいしかった。地元で採れたもち米で作ったそうだ。

鴨川シーワールド前に到着は10時。第四駐車場に滑りこむ。入場したらすぐにシャチのパフォーマンスが始まる時間だというので先を急いだ。どうやら一番人気はシャチのショーらしい。すでに満員でしかも立ち見の列が3重(!)。残念ながら立ち見は1列目以外は見物無理だった。人の頭とどよめきだけ・・・。それでもチラチラとデカいシャチが見えた。でも、シャチたちも朝一番だから調子が上がらないらしくて、デカいオスのシャチ1頭だけがジャンプなどのアクションをこなすだけ。母子2頭は餌をねだってばかりだった。やれやれと思いながら出口へ向かうと娘の目が真っ赤。「ぜんぜん見えなかったー(涙)」。悔しかったらしい。
とにかく大混雑。じゃあ次の回を見に来ようよ。次回開始は約1時間後。それまでにイルカのショーの会場へ移動。こちらは朝からイルカアクション全開!娘の機嫌もなおってケラケラ笑っている。イルカショーがそれほど大混雑しなかった理由。たくさんの人が次回のシャチショーの為に並んでいた・・・。すげえ人気だ(!)。
イルカショーが終わってすぐに駆けつけるものの、結局次の回も見送り決定。どーしてもシャチが見られない。とりあえず食堂で昼飯。カレーにロコモコにエビマヨの丼。食べ終わってすぐにシャチショー会場の入場待ちの列へ。まだ前の回が終わっていないうちから大行列が(!)。前の回が終わってドッと出てくる人をかき分けてどうにか席に着く。ようやく一安心・・・(^^;。

13時の回。朝の回と違い、シャチのエンジンがかかったようで、動きも機敏でアクションも豊富。次から次へとッて感じ。トレーナーを口の上に乗せてジャンプしたり、背中に乗せてぐるぐる回ったり。あんな巨体(体重3トン)がジャンプして出る波しぶきは容赦なく砂かぶり席へー。
面白かった。娘も大満足した様子。

頭のいいベルーガのショーを観て、水族館を観て、記念写真を撮って帰路。すでに16時半だった。勝浦へ行こうかと思っていたが、とても無理。そのまま来た道をひっかえす。朝寄った道の駅で休憩し、いつもバス釣りの時に蔵元の建物を横目で見ていた久留里の地酒「吉壽」を買った。

広域農道から連絡道、アクアラインで川崎。夕食を食べて帰宅する。あとは仕事仕事仕事でこの時間。
6088歩 3.65km 61分 284.9kcal 7.5g

パズル、のようなもの

快晴。今日から世間は三連休。

久しぶりに10月10日が体育の日になる。ええと、いつからだっけ、月曜日を祝日にしようなんてことがはじまったのは・・・(^^;。朝飯を食べながらタモリ倶楽部。空耳オブジェづくり。奥田民生さんが真っ黒になってた。

荷造り作業は1件もなく、すぐに本の整理開始。でも、はかどった。なんでだろう。朝から全開に近い。

昼飯を食べながらサラメシのスペシャル。時間が長くなった分だけ人を入れて伸ばす作戦だろうか。やっぱり今まで通りの内容だと尺が足りないらしい。それはよくわかる。密度が違うもの。
10月からまたシリーズ再開だとうれしいのだけどな。

午後はまるまる本の整理に当てる。オヤジは途中から五反田へ落札品を引き取りに出かけた。昨日今日とほとんどなんにもやってない(^^;。

録音しておいた菊地成孔さんの粋な夜電波を聴く。日曜20時も金曜20時も、ウチは一家団欒夕食タイムなので、ラジオを聴くわけにはいかない。いつもこの番組は録音で聴く。
今回から2時間の生放送になり、今までとはやはりペースが違う。菊地さんもまだ慣れていないのが直に聴いている方に伝わってしまう。残念ながら、収録1時間だったころの方が安心して聴くことができた。やっぱり、放送枠が拡がるのはあまりいいことではない、の法則がここでも確実に適用されている。

夕食時、「ゲド戦記」の見ていなかった途中から最後まで見終えた。なんだか、ラストの戦闘シーンが劇場の時と印象が違うのだけど、気のせいだろうか。クモの表情が変わっていた気がする。
原作はもしかしてちゃんと面白いんじゃないだろうか、と、見ながら娘と意見が一致する。娘は図書館にあるのを借りてきて読む気でいるらしい。読んだら感想聞かせてよ。

オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
1544歩 0.92km 15分 73.4kcal 1.8g

1日店

快晴の空。布団干せばよかったなぁ・・・(^^;。

朝飯を食べてから仕事。鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
量・嵩とも多め。土曜日を前にありがたい。

今週は交換会へ行けないワタシ。代わりに(?)オヤジが南部へ行くという。大市の本は整理ついたの(^^;?

昼飯を挟んで仕事の続き。今日はいつもどおりな調子か。

仕事を終えてからランニング。昨日はマイルス・デイビスで今日はアート・ブレイキー。おそらくどちらもモダン・ジャズに分類されるはずだけど、共通するのはドラムが軽いこと。どーやったらあんなに軽く叩けるんだろうなぁ。一昨日見たベニー・グッドマン物語でもジーン・クルーパがものすごいドラミングを披露していた。あれはもう太鼓術のひとつの極みだったと思う。まあ、「アート・ブレイキー物語」でもあればいいけど、映像とか残ってないのかしら。

「チュニジアの夜」に圧倒されて帰ってくる。早速検索検索。あったあった。モノクロ動画で演奏している映像があったよ。いやー。映像は更に凄みが(!)。疾走していた。ジャズなのか、アフリカなのか。「モーニン」もいいけど、ワタシは「チュニジアの夜」が好き。叩き方が”ドカンドカン!”なのよ。ドラムソロなんてほとんどアフリカになっていた。衝撃!
8594歩 5.15km 68分 480.9kcal 19.2g

1日店

木曜日。って書かないと忘れそう(^^;。

大市会でどーんと買ってしまったので身動きが取れない日々が続いている。ホントは毎日継続して交換会に通うのが理想だと思っている。理想と現実はいつも仲が悪い(^^;。

朝飯を食べながら録画しておいた怒り新党。いつものメールトークコーナーが少し時間が伸びてしゃべりに余裕があった。新コーナーとして三大・北斗晶ってのをやっていて、VTRをサラっと見ておしまい、って感じだった。VTRを見てそのあとトークで盛り上がらないとあんまり意味がないような・・・。
見ながら女房が「衣裳がすごいね」と言っていた。確かに女子プロは絵に迫力があった(!)。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えて本の整理開始。

夕食を食べながら、娘が「一度観てみたい!」とリクエストしてた「ゲド戦記」を見始める。実はこれ、公開時に劇場へ観に行ったのだけど、途中で居眠りしちゃった映画(^^;。あらためて見たけど、やっぱり引っかかるところがない。主人公の男の子がどんな子なのかがよくわからない。魔法使いのおじさんがどうして放浪しているのかもよくわからない。なんで?どうして?と思っているうちにズルズルと場面は進んで戦闘シーンなども織り交ぜられるが、最初に”なんで?”と宙に浮いたままの気持ちが着地できてないから何を気にしながら観て行ったらいいのかわからなくなる。結果、誰にも感情移入できない。
冒頭で父親を刺す場面があることから、主人公の男の子は宮崎吾朗監督の分身なんだと思う。でもなんで刺したの?それについて彼は何も語らない。ひたすら暗い。その分魔法使いのおじさんは雄弁だが、中身のある話が聞けない。あんなに街が栄えているなら(悪い)魔法使いの統治でもいいんじゃない?とか思ったり(^^;。
やっぱりファンタジーならその世界観がちゃんと観ている者に伝わらないと。

仕事を終えてから夜の街を走る。マイルス・デイビスを聴きながら走ったら、雨で濡れた街がエロかった・・・。ラウンド・ミッドナイトは確かにけだるい雰囲気だったけど、Seven Steps To Heavenなんてベースとドラムが走りまくって軽快軽快。スィングやビバップみたいにそのまま爆発しちゃわない大人なテイストだったけど。いいすね、これ。
8926歩 5.35km 71分 502.4kcal 15.8g

朝から雨。予報では1日降り続く由。

だんだん寒くなっていく。とはいえ、ちょっと前までは半袖Tシャツで暑い暑い言ってたはず。短期間での気温低下はちょっとキツい。女房も娘も風邪ぎみ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼ごろまで。大市会の支払いなど済ませる。金額が金額だけにATMまで入金しに行ったり。振込はPCで。そーすると振込料は基本的にかからない。

「5.5割引だった」という冷凍食品のちゃんぽんが昼飯。おいしかった。すぐ食べちゃう分にはこれで十分。録画して半端に残っていたTVを見る。雨が降り続いている。

午後は本の整理。大市会で買ってきた本が積み上がり、実は土曜日からあまり様子が変わっていない(^^;。手早く作業を進めて行かないと来週には買取の予定があり、さらに積み増される事態に・・・。

雨の中、大きくて立派な洋梨が届く。ありがとうございます!中に丁寧に書かれた説明書き。「おいしい食べ頃サイン」緑色から黄色に変化し、甘い香りがして果皮を軽く押すと柔らかい時がよろしいそうで。もうあと2,3日くらいだろうか。うー。たのしみ!

仕事を終えてからビデオ屋さんへ。半額セール中。ふと思い立ってマイルス・デイビスのCDなど。DVDのコーナーを逍遥しているうちに「ベニー・グッドマン物語」に目が行ったので借りた。
早速DVDを鑑賞。これは50年代の映画だからこんなにあっさりと話が進んでいくのだろうか、と思うほど、スムース、というか駆け足な進行。音楽を描く映画だからかしら。もちろん、音楽はバリバリのスウィング・ジャズ。聴いていて楽しかった。
学生の頃にカーネギー・ホールでのコンサートを録音したレコード(もうその頃はCDだったかしら?)を繰り返し聴いていた。かかった曲は全部知っていた。
1674歩 1.00km 16分 82.5kcal 2.1g

定休日

昨夜はつい遅くまで起きてしまった(^^;。

朝起きたらもう朝飯を食べる時間。こりゃいかん!

児島玲子さんの海のルアー釣り入門TVを観る。第一回はルアーの扱い方のコーチということで、海には出ずに山梨県にある渓流管理釣り場へ。確かに、スピニングにプラグでニジマスは釣れるんだよねぇ。この間の丹沢でもフライで釣っているよりちょっと楽しそうだった。今度はプラグとスプーンを持って行ってみるかなぁ・・・。
やっぱり釣りって同じ場所で同じ方法をやっていると飽きてくる気がする。基本遊びなんだから別の方法があるなら試してみる方がいいような気がしてきた。たとえば亀山湖でフライを投げたり(釣れそうもないけど(^^;)、丹沢でルアーを投げてみると別の面白さが見えてくるかも。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
土曜日に届いた本はまだまだ積み上がっているので、どんどん仕事を掛けていかなきゃいけないんだけど、どうもはかどらず。

メルマガは午後ずいぶん遅くなってから入稿。毎週休まずに発行し続けてもう10年以上になるが、これほど結果をもたらしてくれなかったものもない(^^;。一時はブログにも真面目に仕事の話とか書いていたけど、今はほとんど書かないしなぁ・・・。ネタがない、というよりも、書いてもしょうがない気がしてね。書いて効果もあまり実感できていないし。

昼飯を食べながらTV、筒井道隆さんがしゃべっていた。最初に知ったのは「20歳の約束」というドラマだった気がする。でも、本格的にワタシの中でブレイクしたのはやはり「王様のレストラン」からだ。このドラマは大変な傑作で、よく実現したな、と今でも思う。三谷幸喜さんといえば「古畑任三郎」と思う人が大半かもしれないが、ワタシは王様を推す。
舞台出身の演劇人に囲まれながら、筒井さんは王様の中で独特の存在感を保っていた。
今日見たトークだけでは筒井さんの魅力はあまり伝わらない雰囲気になっていた(ように見えた)。俳優オーラがなかった(^^;。が、やっぱりスイッチが入ると彼は変わる。いざお芝居が始まると居るだけで存在感のある俳優さんって思う。案外筒井さんのような雰囲気を持っている俳優さんって少ない気がした。

午後は荷造り作業と本の整理。結局はかどらず。
727歩 0.43km 7分 33.2kcal 0.8g

1日店

朝は9時過ぎに起きた(^^;。

よく寝た。朝飯を食べながら、坂本龍一さんのスコラ第一回を観る。前回シリーズも録画してDVDに残してある。それくらい好きな番組。古典派音楽を取り上げる4回の第一回はクラシック音楽の流れについて。バッハのバロックが対位法という形で音楽を組み上げていたのに対して、ベートーベンはソナタという形式を完成させた。対位法は似たメロディーを上と下のでずらしながらつながっていく。ソナタは第一主題と第二主題を互いにぶつけあって曲を組み上げていく。これは同時代に生きていたヘーゲルの弁証法に近い、と。
バロックは曲のどこを切っても曲として成り立ち、まるで神が与えたような曲に聴こえてくる、という。これは、曲の対象が神をテーマにしていたことと関係しているのだとか。それに対して、ベートーベンの時代にはフランス革命を経ていたために、市民のための音楽を世の中が欲していた。ベートーベンとナポレオンが同時代人だったというのは扱う主題に大きな影響を与えたはず。第九は完全にそういう曲になっているし。
やはり音楽というのは、その時代その時代の鏡の役割を果たしているのかもしれない。そういう視点で昭和から平成にかけてのヒット曲を俯瞰してみるとおもしろそう。

荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。ドーンと積み上がる。

昼飯を挟んで続行。途中から本の整理。

仕事を終えて、走りながら録音しておいた菊地成孔さんの粋な夜電波を聴く。今回が日曜20時放送の最終回。次回は今週金曜20時から2時間の生放送になるという。大発展。
今までオンエアされた曲の中限定でのリクエスト大会。といっても、次々曲がかかるわけではない。1時間の枠でかけられるのは4曲と決まっているらしく、その間を菊地さんの軽快なトークが埋めていく。移動中のタクシーでとんかつ定食を食べられる、のだとか。聴いてにやにやしながら走っていたら、あっという間に1時間経ってしまった。
番組の最後を飾る曲はアントニオ・カルロス・ジョビン。これは震災後1ヶ月という時期に始まったこの番組の開始した時から、最後はこの曲を、と決めていたと菊地さん。その曲の解説と歌詞全文の日本語訳を読み終わって曲が始まった。その解説は気合が入っていた。菊地さんはこの曲と作曲したアントニオ・カルロス・ジョビンのその時置かれていた状況を現在の日本と対比しつつ語る。音楽と時代はここでも奇妙なシンクロをしていた。
9078歩 5.44km 71分 518.5kcal 21.1g

丹沢

朝は4時半起き。目覚ましの鳴る前に目が開いた。

いそいそと身支度をして出発。今日は久しぶりの丹沢釣行。夏の間は暑くて釣れないので避けた。ホントはその間亀山湖でバス釣りすればいいんだけど、ボートの予約をするのがちょっと億劫になってしまった(^^;。来年は1回くらい行きたいな。

コンビニで朝飯を買ってクルマで出る。何度も行っている場所なのにナビに目的地設定したりして(^^;。車中では録音しておいたロケショ−を聴く。海老名を通過して中井PAでちょっとだけ休憩。
釣り場到着は7時。早速身支度して釣り場に出る。気温15度。雨のちらつくくもり空。先月は大雨や台風が続いて3日間しか営業できなかったとか。タイヘンでしたねぇ・・・。
先日の台風時の大雨で濁流がものすごい勢いで、今まであった足場や石の位置も変わってしまい、プールが崩れている。すでに濁りはなくなっているが水流が早い。これは水量が多いこともあるが、プールが消えた影響も大きいという。
それでも、広がった川幅の脇には水流の幾分緩やかな箇所もある。そこへ向ってフライを投げ込むとアタリがあった。20cmクラスのニジマス。やはり大雨で休業したあとは魚が流れてしまうため、放流は欠かせないという。立て続けに3本釣れたが、これはその放流された魚かしら。
雨が本降りのように降り始めたがそのまま釣り続ける。すぐに小止みとなり、しばらくしたら晴れてきた。魚はまだ明るくなりきらないうちは高反応で10匹以上釣れたが、すべて20cmほどのニジマスだった。晴れて明るくなるのと同じくして反応がなくなった。徐々に眠くなってきたりする。13時を過ぎたころに納竿した。ちょっと早いかな、と思わないでもなかったが、帰りの渋滞対策もあって帰ることにした。

時間が早いこともあり、東名はガラガラ。一切渋滞箇所なし。ナビに自宅設定するとおよそ1時間で到着と出る。早朝とほとんど変わらない。

海老名SAで休憩。昼飯でも食べようと思ったら、SAがリニューアル工事中。人も大混雑で表の露店も今まであった店がなくなっていた。結局何も食べることなく帰ってきた。

近所で寿司折りとたこ焼きを買って昼飯。食べてから2時間ほど昼寝した。それから仕事開始。夕食を挟んで深夜まで。
4595歩 2.75km 46分 217.2kcal 5.4g

大量

晴れ。涼しい朝。

今日は子供たち二人とも学校休みで家に居る。朝飯は四人で。そーいえば特に予定も無ければ昼も夜も食事は四人だ。最近ではこういうことも珍しい。

荷造り作業を終えて本の整理を始めようか、と思った途端に運送屋さん。大市会の落札品を運んできてくれた。カーゴに2台ほど。よく考えたら普段と同じぐらいの嵩だけど、大市会なのでオヤジの落札品も入っている。残念ながらオヤジが落札すると最低でも2ヶ月は店に滞留するので店全体の代謝が遅くなる(^^;。つまり、ハッキリ言えば売れない。今そのあたりがワタシの悩みだ。

昼飯を済ませてから、さっき運んできてもらった本に仕事をかけ始める。これって、”築地直送”ならぬ神田直送品だよねぇ。本場・神田直送品をお出しするお店、ってキャッチはどうかしら・・・。新鮮なうちにお求めください。

お茶の時間はいつもおせんべいとかいただくのだけど、今日は昼飯がパンだったので全く入る余地なし。麦茶だけ飲んだ。タモリ倶楽部は区界探検。元川だったり、元道だったり、合併前に区境だった場所などの”名所”を巡る。こういうネタのロケは大好き。説明がなければ普通の住宅地だった場所が急に輝きはじめる気がする。写真にはならないけどね(^^;。
谷中のへび道を初めて歩いた時にはカンドーしましたよ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
2435歩 1.46km 24分 115.6kcal 3.0g

2011年09月 < > 2011年11月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター