Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記

■甘露日記 2011年07月

夏休みコンサート

朝から雨。

昨夜は仕事を終えてからつい「愛のむきだし」の下巻を見始めてしまった。途中で止めるつもりだったが、ラストの盛り上がりに抗しきれず、結局全部見てしまう。前半は後半の為の前振りだったことがわかった。実はかなり重いテーマを描こうとしていたため、前半はなるべくバカバカしく見せていたのかもしれない。
主演している二人には迫力があったし、魅力もあった。全部で3時間以上ある作品にもかかわらず長さを感じなかった。かなりエグい描写もあるので万人向けではないが(実際R−15指定)、おもしろかった。満島ひかりさんの人気はこの作品を観て納得した。

少し早めに仕事を切り上げて、今日は3人で横浜みなとみらいホールへ日本フィルの夏休みコンサートを見に行く予定。11時半頃に出てみなとみらい駅へ12時前に到着。さて、時間までに昼飯を、と周辺をぐるぐる。クイーンズ・イースト地下にある家具屋さんが併設しているカフェのランチを食べた。案外値段も安くて助かった。「ケーキがおいしそうだったね」とウチの女性陣。
開場時間までまだしばらくあったので、娘のリクエスト・本屋さんへ。しばらく店内を逍遥。娘はナンバーシックスのガイド本とポケモン(ゲーム)の解説書を買ったみたい。ワタシはオールドレンズを最新デジカメに組み合わせるというムック本を見ていた。マウントアダプターは日本製が良い、という記事に頷いた。

みなとみらいホールは初めて。クラシック音楽専用のようで、サントリーホールや川崎ミューザのようにステージの向こう側にもP席がある。ウチは料金の安いP席専門だが、ひとつ良い点があって、それは指揮者を前から見られること。今日の指揮はシズオ・Z・クワハラさん。ベートーベン5番の第一、美しく青きドナウ、木星、シンデレラ(バレエ付)、威風堂々などメジャー曲ばかりの楽しいコンサートだった。もう4年以上毎年通っていて、8月に東京国際フォーラムでやる格安のコンサートに行くのも恒例行事化している。今年は娘が「弦の音、弾く音(ピチカート)が好き」とか言い出した。へー。

このあと娘の夏期講習があるので、散歩などはなしでそのまま帰宅した。
5041歩 3.02km 51分 231.7kcal 5.9g

7月も終わりだというのに雨。

昨夜は園子温監督「愛のむきだし」をDVDで観た。まだ上巻のみ。あんまり遅くまで起きていられない(^^;。
いや、すごい映画。むきだしの演出。本当にこんな人がいたら大変、と思いながらも、ギリギリのラインでバカバカしいに行かない内容。満島ひかりさんの演技をちゃんと観たのは初めてだったが、アクションとか存在感が強い。魅力的に撮ってるなぁ・・・。ウィキによればこの作品が彼女の出世作のようだ。よくわかる。彼女が元フォルダー5で「ワンピース」の主題歌を歌っていたと聞いてギョッとした。もうそんなに時間が経ったんだね・・・。
早く続きが観たい。

荷造り作業を終えて本の整理を開始。しばらくして運送屋さんが交換会の荷物を運んできてくれた。これでまた店に本が満たされた。頑張って仕事をかけていきます!

昼飯を食べながら「勇者ヨシヒコ」を見る。もう第四回か。娘が毎回楽しみにしているみたい。ドラクエのパロディを実写でやってるこのドラマ。オープニングにも「金をかけないドラマ」と書いてある(^^;。確かに金は使ってないが、アタマは使っている気がする。毎回バカバカしくて面白いなぁ。あ。そうそう。今回は「愛のむきだし」からの引用演出があったよ。
ドラクエがマジ路線だからパロディが成立しているんだと思う。でも、確かに”勇者”が冒険して魔物を倒すっていう設定を現実世界に持ってきたらとてもじゃないが成り立たないもんなんだね・・・(^^;。

午後はずっと本の整理を続けた。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
時折雨が激しく降る。台風が通過してからずっと天気がおかしい。
937歩 0.56km 9分 44.1kcal 0.9g

今日も交換会へ

どうやら今日は雨らしい。

荷造り作業を終えて交換会へ向かう。空は明るくなっていた。雨は降っていない。

車中では今日も宮崎駿の本。いよいよクライマックスへ。著者は宮崎アニメの中から取捨選択しつつ、氏の作品の裏側にある思想をあぶり出そうとする。最終的に行き着いたのは漫画版「風の谷のナウシカ」に著された世界観だった。つまり、自然と人間は共存できない、というもの。自然を崇拝するなら人間は自然を破壊する存在でしかなくなる。そこにジレンマを感じながら氏は活動をしている、という解釈だった。
確かにナウシカの作品中で、汚染が浄化された世界はすでに存在すると描いた上でそこに人間は足を踏み入れることはできない、と描いていた。人間の活動は例外なく自然を破壊する、という断言はちょっと言い過ぎじゃないか、と思えるほど。
観念の領域に達している世界観だと思うが、これだけの作品世界を創りだしてきた人の根底に人間に対する不信があった(のではないか)という結論にはちょっと驚いた。
主人公の母親が(ほとんど)描かれないこと、代わりにおばあさんが登場すること、ヒロインが少女であること、の理由も書いてあった。作品はすべて監督の内面の吐露の結果、ということのようだ。影響力の強い作品を作る人は作品から内面まで分析されちゃうんだねぇ・・・。

交換会で入札。今日はオヤジも先行して入札していた。

昼飯にうどんを食べて、渋谷で証明写真を撮って、店に戻る。すでにオヤジは先に帰っていた。ホンダから電話があったわよ、と母親。納車が近づいているらしい。

荷造り作業と本の整理。最近仕事がなかなか進まなくて困っている(^^;。
4810歩 2.88km 45分 239.5kcal 6.1g

証明写真

曇空。今日は雨の予報。

朝飯を食べながら、女房のリクエストで「アマルフィ」を途中まで見る。二度見るとちょっと俯瞰した気持ちで見られるのは、この映画が謎解きのようなスタイルも入れているからだろうね。なるほど、ローマ市内の観光名所を都合よくめぐる話になっている。その必然としてストーリー的な伏線も裏付けもある。ただ、二度見るとそれが逆に説明的に見えたりする。
一時、バアーっとばらまかれた伏線っぽい設定をほとんど回収しないままシリーズを完結させてしまったアニメ(言わずと知れたエヴァのことですよ(^^;)にハマっていた自分としては、張っておいた伏線がキレーに全部回収されると、それはそれで世界観のこれ以上広がりようのない感じを受けてしまう・・・。多分良くない影響を受けちまったんだろう(^^;。
佐野史郎さんの役が最初からいかにも善役だったので、いつかコロッと実は悪役でした、っぽくなる伏線か、とかちょっとヒネった見方までしてたりする。沙粧妙子の影響か。

荷造り作業を終えて交換会へ向かう。車中では続きの宮崎駿本。本の中盤にきて初期の作品について論じており、ほとんど見ていない番組ばかりだった(^^;。あれにもこれにも関わっていたのね、的。読むと、宮崎さんは新人らしからぬ表現を設定を勝手に変えた上で動画で”勝手に”書いて、実際そのほうが面白くなったのでそのまま採用、っていうツワモノエピソードが数限りなくあるようだ。アイデアのかたまり。無償で書いて面白ければ誰も文句を言わない、とのちの文章に書いてあるが、このことらしい。

入札を終えて昼飯。すぐ店に戻る。証明写真を撮る必要があり、オヤジと二人でスーパーのそばに設置してある証明写真機械へ。こんなので撮影したことがないから「やり方がわからない」とオヤジが一人で行くのを尻込みしていたから、ワタシも一緒に行くことになったのだった。ところが、電源は入っているのにおカネが入らない。特にスイッチも見当たらない。故障中のようだった。ちなみに1回700円。
他の駅まで行くのも面倒。オヤジは近所のDPE屋さんで撮影してもらった。こちらは1回1260円。人件費が入っているからだろうね。でも、3回撮影したうちのどれかを選ばせてもらったらしい。ワタシは明日、交換会の帰りに渋谷で撮って来ることにした。こちらは600円。

仕事を終えてからMJの「THIS IS IT」を観た。最後のコンサートツアーのリハーサル風景が流れる。改めて驚いたのはMJその人の身のこなし。まるで体重を感じない手足の動き。そして、歌声。あれだけのダンスをしながら歌うのは大変だろう。人によってはライブでは口パクする場合もあるだろう。でも、彼は生歌を披露するつもりだった。踊りながら(!)。
そしてバックバンドの演奏。とにかくリズムが軽やか。ドラムのオッサンがムキムキマッチョで映像ではドカドカやっているんだけど、スネアのパン!という破裂音も軽くて自在に叩いている。ベースとギターはアレンジで少し抑え気味に調整されていたみたいだが、もっと目立たせて欲しかった。
ダンスはすごいよ。リハなのにみんなマジ全開で踊っている。もちろんリハだから100%でやらないMJの軽やかな動きと迫力のダンス。楽しませてもらった。
「キャプテンEO」がまた見たくなったりして(^^;。
4820歩 2.89km 45分 242.4kcal 5.5g

交換会へ

曇空。

だんだん暑さが戻ってきた感覚。荷造り作業を終えてから交換会へ向かった。

車中で読むのは切通理作「宮崎駿の世界」。先日「ブ」で買った本のうちの1冊。スタジオ・ジブリで製作した映画の他に、「未来少年コナン」など、TVアニメ作品にまで言及がある。おおよそのストーリーを要約しながら解説を加えていくという書き方。「作品の要約自体が批評」と何かで聴いたことがある。表現が的確かつ鮮やかで、かつて見た作品の場合にはその場面が目に浮かぶ。っていうか、ほぼすべて観ているわけなのだが(^^;。
コナンは原作本との違いについて書きこまれていて興味深かった。原作ではラナもコナンも世界が終わった時すでに生まれていて、自立を意識するようなキャラクターに設定されていなかったという。宮崎作品では世界が破滅したあとに生まれていて、コナンもラナも未来に対してすごく前向き。もちろんお約束のマンガ表現やギャグもたっぷり入っているが、観ている方も惹きこまれて子どもの気持ちになっているからあまり違和感を感じない。プロは三角塔からラナを伴って落下したコナンが何の怪我もしないことに激しいツッコミを入れていたようだが、ワタシにはギャグ(もしくはマンガ表現)として別段どーってことなかった。

入札を終えて昼飯。晴れて暑い。すぐに地下鉄。早々に店へ。荷造り作業再び。いつもお買い上げありがとうございます。

目一杯荷造り作業がかかり、本の整理はあまりできなかった。お茶の時間には久しぶりにアイス。今日は箱セットの「白くま」うん。量はこれくらいがいいかも。

仕事を終えてからランニング。戻ってからDVDで「レスラー」を観た。ミッキー・ローク主演。あれ?こんな人だったっけ?っていうくらい顔が違うぞ。彼に一体何があったのか。・・・とはいえ、人気プロレスラーだった人の”20年後”を描くというのは、観る人によって捉え方が分かれるだろう。「現役」のまま死にたい。
13920歩 8.34km 119分 742.5kcal 24.6g

定休日

今朝も涼しかった。

熱帯夜は台風が通過してから一度もない。日本の東海上に低気圧があると擬似的な西高東低型になるからかしら。昼間に晴れると徐々に気温もあがってしまうのだけど。

店舗は定休日。息子は学校へ行ったが娘は夏休み。昨日プールに行って日焼けしたのがキいたらしく、あちこちが痛いと言っている(^^;。まあ、薬を塗っとけばいずれ治るでしょ。

朝飯を食べながら佐藤江梨子さんの読書TV。読書を極めるってどういうシリーズになるのかしら?と思って見始めたが、最終回は本棚を作る、という話に。もちろん、トンカチ持って本棚を自作するんじゃなくて、どういう本をどういう配置で棚に収めるとステキか、という話。
彼女の場合は過去に読んで影響をうけた本と、今興味のある本。そして、ブックコーディネーターさんにセレクトしてもらった”これからの佐藤江梨子に必要な本”がコーナー配置されて収められた。
第一回が本屋さんでの本のセレクト・出会い。第二回が速読術。第三回が古本屋めぐり。第四回が本棚作り。なるほど、と思う一方で、やはり読書はその人の内面に深くアクセスしないと必要なものがわからないという前提があるため、外からの働きかけには限界があるなぁ、と思った。いくら外からあれはどうですか、こちらはいかがですか、とおすすめされても、本当に必要な本は読む人の内面にしか存在しない。読む人の内面を深く抉り出さないと読書について語ることが難しくなってしまう。
・・・なんて言い出したら何も番組を組めなくなるのよね(^^;。
本そのものへの興味を喚起するにはこういう形で描く以上はできなかったのかもしれない。
ひとつ印象的だったのは、これだけ巷で話題になっている電子書籍についてシリーズを通して全く触れていなかったこと。となると、電子書籍を必要としているユーザーというのはいったいどんな人なんだろう・・・。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。ドカドカっと積み上がった。

本の整理は比較的早めに始めたものの、はかどらなかった。今日は早めに寝ないとな・・・(^^;。

仕事を終えてから、先日セールで安かったためにレンタルDVDを借りてきた。「アマルフィ」。イタリアを舞台にした誘拐事件とその結末。大掛かりなお話でなかなか楽しめた。織田裕二さんの抑えた演技がちょっと新鮮に見えた。いつか脇役で出る織田さんを見てみたい気もする。できれば何かの犯人役で。
サラ・ブライトマンの歌声は奇跡的。
755歩 0.45km 8分 33.7kcal 0.0g

1日店

朝から鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

荷造りをしているだけで午前中が終了。昼飯を食べながらスカイツリーTVを見る。目もくらむような高所での作業。そこで人知れず仕事を続ける人たちがいた。電波を発射するアンテナを設置したゲイン塔をてっぺんに固定する所がクライマックス。その一番緊張する工程で311が起きた。よくあの地震にまだ固定していないゲイン塔が耐えたな、と思った。
巨大な縄文的モニュメントがニュッと立ち上がり、そこから東京を見下ろすことで新たな世界観を得ることができるだろうか。視点を変えるとモノの見方も変わる。それはいままでと世界が違って見えてくるということ。人を動かすのは無理でも自分が動くことはできる。・・・まあ、毎日コツコツと目の前の仕事をこなしていくことが今のワタシにできる精一杯なのだけど。

午後も荷造り作業と並行して本の整理もすすめる。そろそろ買ってきた本の嵩が減ってきた。今週は交換会へ行っても大丈夫なようだ。

息子は学校の夏期講習期間中。娘は昼前からお友達と近所のプールへ出かけた。二人ともある意味夏を満喫している。息子は今年受験生だから少し詰めて勉強をしてほしいと思う。別に英単語を覚えたからどうなるもんでもないが、やりたくないなと思ってる仕事をなんとかこなして仕上げることは社会人になるための良い訓練になる、と思うようになった。やりたいこと”だけ”して許される人がどれほど居るものか。

お茶の時間に息子が帰ってきた。娘は16時頃にプールから戻ってきた。日焼けしていた。あとで薬を塗っておくんだよー。

仕事を終えてからランニング。今日は短め大岡山まで。
9101歩 5.46km 76分 492.4kcal 17.7g

大岡山から自由が丘

曇空。

仕事を一通り終えてから今日も3人で出かける。大岡山駅で下車。今日は呑川緑道を散歩することになった。女房の提案だ。
大岡山駅は山の上にある。そこから東工大の横の坂を降りて行き、ひょうたん池の横あたりで呑川緑道にぶつかる。大井町線・目黒線の先からは開渠されているが、上流側は暗渠化されて緑道となっている。いい散歩道だ。
付近は純然たる住宅街。マンションと一軒家ばかり。コンビニさえ見当たらない。これは驚き。で、たまに車道が横断していくと両側とも登り坂になっている。呑川が台地を削って作り上げた非常に分かりやすい地形だ。呑川緑道を挟んで向かって右手が大岡山、左手が緑が丘。緑道と言うだけに季節の植物が植えられ、特に桜は名物になっている(はず)。ずっと桜並木が続いている。この下の暗渠化された呑川と桜の根はどうなっているんだろう・・・?まさか水耕栽培みたいになってないよね(^^;?

緑道に自転車置き場が設置されている、と思ったら都立大学駅が近づいてきた。案外至近距離になるまで商店がないものだなぁ。普段交換会へ行く時には毎回この風景をチラリと見ているはずだが、初めて見たような気がするのも不思議。
昼飯をビル2階にあるパスタ屋さんで食べる。量が多いのにランチタイムで安かった。ちょっとすぐには覚えられない名前だと思ったが、店内の案内には全国に支店展開していた。こりゃ失礼。春なら緑道沿いなので花見ができるんじゃないだろうか。
呑川緑道はここからさらに続き、桜新町駅あたりで終わる。つまり、そこが水源地。

今日は娘が「帰ろうよ」と言い出したので、じゃあ自由が丘まで歩いて「ブ」に行こうか、と言ったら散歩続行となった。

東横線の線路際を歩く。緩やかな登り坂。ここは東横線開通工事の際は竹林だったそうだ。登り切った場所からは自由が丘駅周辺が見える。ここから坂を降りていく。「丘」と名前はついているが、実際は緑道(川)沿いの比較的低い場所だ。
ひかり街を歩く。何年ぶりだろう。小規模の商店が通路の両側にズラリ。服屋さんもアクセサリー屋さんも花屋さんも惣菜屋さんもペットショップも文房具屋さんも一直線。なかなかの雰囲気。

自由が丘デパートを抜けて駅前広場に出る。「ブ」に入ったが、女房も娘も収穫なし。ワタシは自分で読む本を2冊買った。
7254歩 4.35km 73分 334.8kcal 8.8g

みやげ話

オヤジたちは昨夜旅行から無事帰ったらしい。

今朝はいつもどおり店に来た。大抵はいつもどおりだが、みやげ話もたくさん持って帰ってきた(^^;。
こっちは仕事中。しかも写真さえなく話だけでは行ったこともない場所になんの感慨も湧いてこない。とはいえ、全く聞かないのもなんだから適当に話を合わせると、これがまたいつまでも話は続いていく・・・。

こういう時はどうするのが正解なんだろう・・・。ハイ、もうそのへんにして仕事仕事っ。とかいうのも露骨に過ぎる。難しいもんだ。

ずーっと聞くともなく話が通過していったため、晴れていたことと暑かったこと、夕食に出た稲庭うどんが美味しかった、くらいしか印象が残ってない。観光旅行のみやげ話って聞かされている方はこんなもんですよ。

荷造り作業から本の整理に移行。今日は半期に一度の日に当たるため、ワタシは朝から気持ちばかり焦って四苦八苦していた。二人はマイペースで、お客さまと談笑中。ワタシにはやることがあるの!

お茶の時間に早速おみやげにもらったさくらんぼの砂糖漬けとゆべしを食べる。どちらも美味。

で、そのあとに仕事上で大きなミスが発覚するのだけど、浮かれてるからこういうことになるんだよ。気持ちを切り替えて仕事するときはちゃんと仕事しないと、ね。

18時で店を閉めてオヤジは帰った。ワタシはさらに気合を入れて仕事続行。とにかく今日はそういう日なのよ。・・・ただ、数は稼げなかったなぁ・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
終わったのは26時頃。
1107歩 0.66km 12分 51.7kcal 0.4g

今日まで

店舗は臨時休業。

オヤジたちは今夜旅行から戻る。

涼しい日が続いている。おかげでたいしたこともせずに過ごせている。このまま秋になってしまうのか、とも思ったりするが、さすがにそれはないだろう。

子供たちは夏休みに入ったが、娘は部活で学校へ行っているし、息子は夏期講習ということで学校へ行っている。なんだか夏休みも随分様変わりしている。息子の通っている学校は週休二日制を取っていない。実はそういうことって大事かもしれない。
午前中で帰ってきた娘は昼飯をウチで食べる。「今日も友達くるからね」と娘。随分仲いいねぇ。程なくしてお友達が5人ほど。

午後の仕事をしている最中に息子が学校から帰ってきた。女房はあわてて昼飯の支度。食べ終わった頃に息子の友達も来た。店のシャッターは閉まっているが人の出入りは多い。

1件、随分前に入力したっきりになっていた商品にお問い合わせ。ええと、どこに仕舞ったっけか。ゴソゴソと本をひっくり返しているうちに、出るわ出るわ。こんな本持っていたんだ・・・。これ、明日出します。

仕事を終えてからランニングに出る。今日は走るつもりもなかったんだけど、こんなに涼しいのにもったいないな、と思ったもので。
8311歩 4.98km 69分 453.9kcal 15.1g

1日店

今週は交換会へ行かない週。

今日も店舗は休業。まあ、開けても開けなくても結果はほとんど変わらない(^^;。なら開けない分だけ節電になる、ということ。

今朝は涼しかった。台風が南海上を通過したため、北風が吹いた。女房が朝起きたとき、ワタシと娘がタオルケットをスッポリかぶって寝ていたらしい。案外そんな所が似るのかも。「親子だねぇ。」と女房。

朝飯を食べて荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。お昼過ぎには追いついた。空は曇っていて、あいかわらず北風が吹いて外のほうが涼しい。夏じゃないみたいだ。

こうなると仕事がはかどらないのを”暑い”せいにできなくなった(^^;。頑張らなきゃいけない。今日は少しペースを上げて仕事をしてみた。点数はもうひとつだったが、嵩は結構かせげた気がする。その調子。

先日来、宮崎駿さんの著書を読んでしまった関係で、次々作品を見直している。昨夜は「千と千尋・・・」を見て、今日は「風の谷のナウシカ」を見る。もう何回見ただろうなぁ。今日見たナウシカは実際に映画製作の際に動画を担当した庵野秀明さんのコメンタリー付き。製作裏話や宮崎さんの演出についてサラッと語っていた。何度か出てきて印象に残っているコメントは「水の表現」「ふわっとする表現」「ナウシカの胸の強調」そして「テトがかわいい」。
演出面では”マンガ表現”が時折顔を出す、と何度か指摘していた。劇場用映画をつくり続けていくうちにマンガから劇画(例えば「もののけ姫」)へと演出方法が移行していく。そう言われてみれば、「カリオストロの城」ではもっと露骨なマンガ表現が随所にあったっけ。ルパンも次元も五右衛門も、そもそも存在がマンガだ(いい意味で)。

仕事を終えてからランニング。気温は20度を下回っていた。いつもと同じカッコで走ったら寒かった(^^;。
10767歩 6.45km 88分 591.1kcal 27.7g

定休日

曇空。

台風接近中。夏台風は動きが遅い。

朝飯を食べながら、佐藤江梨子さんの読書TVの第三回。古本といえばこの人、岡崎武志さん登場。京都を舞台に古書店を案内して回る。うん。やっぱり本は手に取って選んでいただくのが基本だよな、と思う。
一方で、これは一つの理想を見せてもらっている、という感想も浮かぶ。理想的な本棚とラインナップ。そこに集うお客さま。ウチはすでにその形を維持できなくなってしまった。決断して本棚の維持をやめてからすでに3年くらい経つ。
店内の広さ、棚面積に絶対的な尺度はない。常にお客様を基準にして相対的に広くなったり狭くなったりする。このあたりが難しい。
店内が広くても、展示してある本がたくさんあっても、かならずしもお客さまが欲しい本と出会う機会が増えるわけではなかったりする。それが維持をやめた理由。欲しい本って常にお客さまの内面にしか存在しないものだから。

じゃあ、どうやってお客さまの志向を知ったらいいのか。難問だった。一時ずっと悩んだ。著者なのか、分野なのか、美醜なのか、珍しい本なのか、値段なのか。悩んだ末に結局自分では答えは出せなかった。そんなことわかるわけがないということがわかった。
とはいえ、わかりませんでした、と書いて出すだけじゃ先がない。仕方ないので、お客さまに答えを教えてもらうことにした(^^;。まあ、大学入試試験とかじゃないんでご勘弁を。

番組中では最初に訪れたお店のご主人が明快な答えをお持ちだった。「自分の好きな本を並べる。」バシッとキメのセリフ。これが一つの理想だろうと思う。おそらく、愛書家のみなさんはご自分の書斎が”理想の本屋”になることを願って日々蒐書されているんだろうなぁ、と思った。

夕方、旅行先のオヤジから電話があった。「快晴だよ」と第一声。上越新幹線で燕三条へ行き、観光してからバスで300km移動して秋田県にかほ市が今日の宿なんだそうだ。あとで地図を確認したらものすごい移動距離だった(^^;。その割に機嫌良さそう。やっぱり旅行すると気分がリフレッシュするんだろーなー。
夕食後のランニングは雨で中止。
2403歩 1.44km 22分 123.2kcal 3.1g

臨時営業

火曜日は定休日だが、今日は店舗営業することに。

台風が接近中。夏台風は秋のようにサーっと駆け足で過ぎ去ってくれない。強い勢力を保ったままヌメヌメとナメクジのように這い、大きな被害をもたらす。
母親とオヤジは台風の進路を心配していた。明日から東北へ旅行に出るからだ。予約したのは1ヶ月くらい前。まさか台風直撃の日をわざわざ当てなくても・・・(^^;。
「ホントはキャンセルしたいんだけどさ、ほとんどおカネ取られちゃうのよ。」ま。そりゃそーだろ。「だから、旅行中止になればいいと思って旅行会社からの電話を待ってるんだけど・・・。」まあ、新幹線でも止まらないと中止にはならないんじゃないの?「だから明日東京駅に行ったら新幹線が動いてなくて中止決定ってなるんじゃないかって。でもそんなの面倒じゃない?」それも十分考えられると思うね。その場で返金ご精算、なんて・・・。いずれにしろ、よくまあ一ヶ月前に台風が接近する日を”当てた”もんだよなァ(^^;。

さて、連休明けの火曜日。朝から鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。まとめてお買い上げいただいたお客様のご入金が重なり、ドカンドカンと大山が立ち上がった。その割に店内の本が減った感じがしないのは、先週買ってきた本の嵩がまだまだ高いため。頑張らないと。

仕事を終えてから「折り返し点」の続きを読む。もう話は終盤にさしかかっている。制作直後の映画について語るのはどうやら「千と千尋・・・」まで。あとは、その時期に発表されたものばかりになっていた。監督の内面に少し変化が出ているような気もする。やはりご自身のやりたいことに関して”全力”を傾けたのは「もののけ姫」までだったのかもしれない。読むと伝わってくる。「もののけ姫」の本気度が。
1098歩 0.65km 10分 51.8kcal 1.2g

1日店

連休の最終日のようだが、ワタシには金融機関が休んでいる月曜日、ってこと。

荷造り作業をバリバリこなしたいところが出来ない辛さ(^^;。このツケは明日の朝にドッと一気に押し寄せることになる。

昨夜はなでしこの試合を見るつもりもなかったのだが、27時過ぎまで起きていた。PCの前に座って扇風機を回していると、いつまでも起きられてしまうところが良くない(^^;。
W杯で優勝が決まったことをネットニュースで知ったが、つい2時間前の出来事だったことに驚いた。PK戦までやった上での勝利だった。

寝不足。荷造り作業のあとは山積みになっている本の山を崩し始めた。なかなか進まない。原因はよく分かっている。しょーがないなぁ・・・。

台風が接近中。上陸してくるらしい。ツイッターのTL上では夕方から「雨」の文字を散見。こりゃ明日は雨らしいな。
仕事を終えたあとに録音したロケショーを聴きながらランニング。雨がパラパラと降り始めていたが、強くなる気配がない。湿気が多くて少し走ったらもう汗だくになってきた。空には分厚い雲があったが、月がかすかに白く輝いている。遠く南の空に雷光が間断なく光る。南風が強い。ミョーな天気だった。

走り終えてから、つい「白くま」を食べてしまった。・・・やっぱりおいしかった。
8591歩 5.15km 71分 466.0kcal 17.2g

しながわ水族館

朝起きて快晴。朝のうちはまだ風も涼しい。

娘が小学生の頃に買って読んでいたマンガ雑誌を「全部捨てる!」と決心したようなので、古紙回収に出した。いくぶん部屋がすっきりしたようだ。

お昼ごろに出て今日はしながわ水族館へ。川崎から京急で大森海岸駅。徒歩10分ほど。暑い盛りなので女房は日傘。京急の高架線が作る日陰に沿って歩道を歩く。
国道15号を横断して公園に入る。何かイベントでもやっているのか?と思うほど人が多い。三連休の中日でそんなに混んでないと思っていたのだが、予想外だった。入場券を買うのにも行列。
娘が夏休みの宿題(理科)で、科学館や博物館・動物園や水族館に行ってそのレポートを書いてくる、というものがあるらしく、ちょうどいいからやってしまおう、とノート片手にメモ書きしていた。
川の上流から品川の海までを再現しての展示はなかなか面白く、最上流域にはイワナ、ヤマメ、ニジマスが泳いでいた。
過去に何度か来ているが、どことなく展示が変わっている気がする。と思ったら、「アザラシ館」ってのがオープンしていて、これはまちがいなく初見。水槽の中をチューブ状に歩けるようになっていて、アザラシが気持よさそうにスイーっと泳いで廻る。リング状の泡を出す装置が取り付けてあり、ちょっとした名物になっている。子供たちはそういう物珍しいことには敏感だ。

1時間毎にアシカショーとイルカショーが交互に開催されているが、とてもじゃないほどの混雑ぶり。娘は鼻から見るつもりもないようだ。
トンネル水槽も大混雑で、入り口から行列が一歩も進まない(^^;。なんでだろうと思っていたら、水槽の見えるところでみなさん記念撮影しているから、だった。でも、写真を撮っている人は通路を開けて両側に寄っていたから、なんで行列が進まないのか理由がよくわからない(^^;。高速道路の渋滞先頭部分が”なんでこれで混んでいるのかわからない”ことと似ている。

水族館の中は冷房が効いていて涼しかった。外に出たら夏の現実が待っていた(^^;。まあ、夏だししょうがない。駅前に戻り、コンビニでアイスタイム。ワタシはGRGRくんの横に置いてあった白くまバーを買ってみた。こんなの初めて見たよ。食べてびっくり。これはうまい!あずきとみかんとパイナップルが練乳かき氷で固めてあるかんじ。

京急で川崎へ戻り、まるで規定路線のように「ブ」へ。タイムセール中だった。娘は読みたかったというあさのあつこさんの本を。ワタシは久しぶりにせどりで8冊抜いた。
8307歩 4.98km 81分 386.3kcal 10.2g

1日店

朝から快晴。もう何日雨が降ってないだろう。

今日は1日店で仕事の予定。今週は3日も交換会へ行ってしまったから仕事が積み上がってしまった(^^;。

昨夜はトップページのビルボードを交換した。今のところ5日ごとに張り替えることにしている。写真が普通のデジカメで撮影できるサイズよりも横に広いので、パノラマ写真だと上下のロスが小さくて済む。だからパノラマ写真、というわけでもなかったが、今はトップページに使える写真を意識しながら撮影するようになってしまっている。だから持ち出すカメラもホライズンが多い。ただ、ホライズンで撮影するとフィルム現像に出してスキャンしなければならないため、実際にアップするまでの工程が余計かかってしまう。
その点、WX10はデジカメなので手間は掛からない。最初からデジタル撮影なので画像がフィルムよりも鮮明。ただし、撮影にはコツが必要で、カメラを縦位置に構えて140度くらい上下ブレを起こさずにクルリと動かす動作はイツマデタッテモうまく出来ない(^^;。大抵は途中でわずかにブレてしまい、出来上がった画像では電線や地平線が不自然に凸凹してしまう。

一長一短だなぁ、と思う。

さすがアナログカメラはシャッター一発で一瞬を切り取ってくれるために、ライカなどで撮影するときと気分はあまり変わらくて済む。でも、正直撮影済フィルムの管理が面倒になってきてしまった(^^;。溜まるとかなり大変なのですよ。捨てられないしネ。
今度発売されたソニーのC3にパンケーキセットが出たら買おうかしら、と思っているけど、なかなか出ないね。

午後になって運送屋さんが交換会落札品を運んできてくれた。ありがとうございます。通路はいつものようにふさがった。よし、気合入れて仕事仕事!

お茶の時間はここ数日ずっと連続してかき氷アイス。今日はコーヒーフロートでちょっとぜいたく品だが、普段は箱セットになっているGRGRくんね。1本あたり40円を切るらしいから家族にはちょうどいい。
娘のお友達が続々と遊びに来てたり、息子は川崎にハガレンの映画を観に行ったり。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。終わったのは25時。
1406歩 0.84km 14分 66.3kcal 1.5g

交換会の行き帰り

もう金曜日だ(^^;。

仕事をしていたらあっという間に梅雨があけたが、この分だとあっという間に夏が終わりそうだ。

荷造り作業を終えてから今日も交換会へ向かう。今週は行ってもいい週に決めた。おそらく来週は行けない事になると思う・・・。

車中では今日も宮崎駿さんの著書を読む。「千と千尋の神隠し」の項に入った。が、やはり相変わらず最新作品の公開時に企画された対談などの収録なので、作品そのもののストーリーについてよりも、この作品を制作することになった動機や背景について語られている。おそらく、ベタに創作日記が掲載されてるよりも読み物としてはこちらの方が面白いんじゃないだろうか。
強く生きている人が主人公だったのは前作「もののけ姫」まで。「千と千尋・・・」は10歳の女の子が主人公だ。監督はあえて美少女として描かなかった、と語る。普通の女の子が異界に迷い込み、そこでなんとか生き抜いて、自分を「始める」までを描いている。監督はこの映画で描いた異界は現実世界と同じもの、と言う。たとえば10歳の女の子がいきなり会社に入って働く、なんてことになれば、その女の子にとってはどんな世界も”異界”になる。
お伽話は案外残酷なものもあるが、その後に残酷さを改変されてしまうことがある、という。たとえば赤ずきん。最後はオオカミに食べられて終わる。ところがその後にオオカミの腹は切り開かれて助けられてメデタシと改変された。不注意な弱い女の子は食べられてしまう、という”現実”を教える話は改変されて本質がボヤかされる。
ナイフは危ないから手に持たせない。やけどするから火には近づかせない。溺れる危険があるので川や海には近づかせない・・・。結果、どうなったか。子供たちは”安全で刺激的な”TVゲームの世界に行くしかなくなった。
話として”危険”は知っていても、どれくらい危険なのかを説明出来ない。実際を知らないから。
だから、小さい頃にできるだけ自分の身体を使って遊べ、と氏は力説する。
「やりたいことがわからない」の遠因はおそらくここだろう。親は子どもを”放任する勇気”を持たなければならないのかもしれない。

入札を終えてから友愛書房さんへ時候のご挨拶。

店に戻って荷造り作業の続き。本の整理を引き続き。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食を食べながら「タイムスクープハンター」の最終回。最後に吹矢でドサっと倒れてどーなるんだろー。
14323歩 8.59km 124分 749.5kcal 30.3g

今日も交換会へ

交換会へ行くと本が読めるの法則・・・。

別にいつだって読めるはずだが、どうも店にいると仕事モードになってしまい、本を読むことにアタマが切り替わらない。
行き帰りの電車では今日も宮崎駿さんの本を読む。ちょうど「もののけ姫」の項まで読み終わった。
で、読んで気がついた事。この対談や文章などはほとんどが新作として公開される「もののけ姫」の宣伝の一貫として企画されたものなので、文章中ではストーリーに関する直接的な表現は全く見当たらない。タタラ場とは当時どんな存在だったか、を中心にこの時代の人間の生き方や世界観を対談者と共に浮き彫りする作業が延々行われている。同じ時期に開かれた対談もあったようで、内容が部分的だが普通に重複してもいる。でも、おそらく、こうして映画にまで昇華する”想い”は作品が完成するまで繰り返し繰り返し人に語っただろうし、自分の中でつぶやいていたことだと思う。語ることで反応を見ることもできただろうし、なにより人に語ることは自分の内面とも同時に対話していることにもなっている。自分の中で反芻しているうちに飽きてしまうようなテーマでは、映画表現として見た人の心を揺さぶるようなことは出来ない。ちょっとやそっとではブレることのない背骨が一本ビシッと通っている。
映画のストーリー的な核心には触れることなく、時代背景を語ることで映画を鑑賞する際の奥行きを広げている。

昨日より今日の方が暑いな、と思いつつ、靖国通りを歩いて古書会館へ。入札を終えて昼飯。今日はカレーを食べる。
注文(食券式)したのはビーフカレーだったが、20分待って出てきたのはビーフ+野菜カレー。注文を受けたお兄さんが間違えて余計な食券をホチキス止めしたことで起きたことらしい。「すいません。作り直します」と行ってくれたけど、これからまた20分待つのは辛いし、そもそも下げられるカレーが無駄になってはもったいない。もしよければそのままいただきますが、と言ったら「すみません」と言ってそのまま出してくれた。残さず美味しく頂いた。帰り際に食券自販機を見てびっくり。とても普段なら手が届かない値段表示だった・・・。ごちそうさまでした。

店に戻って荷造り作業の続き。そして本の整理。明日はオヤジも明古へ行くと張り切っていた。

仕事を終えてから先日録画して途中まで見た「もののけ姫」を見た。やっぱりエンタメ作品として戦闘シーンは必要なんだろうな、と思う。そして、あのブヨブヨ・ドロドロ表現。”気持ち悪さ”や”この世のものとは思えない感”を見る側に感じさせる。その後の作品でも繰り返し出てくる所を見ると「大変だった」作業だけにその見た目の効果と仕上がりに自信がおありなのだろう、と思った。
3521歩 2.11km 32分 178.3kcal 4.6g

交換会へ

快晴。

朝から荷造り作業を鋭意。

最後まで悩んだ末に今日は交換会へ行くことにした。なんで悩んだかといえば、まだ未整理の本がかなりたくさんあるため(^^;。よく考えたら先週は買取りがあったりして交換会とは別に入荷が続いたのだった・・・。

荷造り作業を終えてから電車に乗る。今日は先日ポチっとした宮崎駿さんの著書のもう一冊「折り返し点1997−2008」を読み始めた。最初の一冊を読み終えたわけではなく、あまりに内容が今の息子にぴったりだったため貸してみた。・・・ま。なかなか読まないんじゃないかとは思うけど(^^;。読書のクセをつけてほしいというのはささやかな親の願い。
本は「もののけ姫」から「崖の上のポニョ」までの企画書、エッセイ、インタビュー、対談などが収録されている。編年で編集されているので、氏の考えの移り変わりがわかるようになっている(はず)。
で、「もののけ姫」。先日TVで放送されたときに見たけど、たしかに登場人物のキャラが煮え切らない印象があったが、あれは意図的にそう描いていたようだ。
自然と人間の営みの対立を描いているのは「ナウシカ」から続いたテーマ。ここでは「荒ぶる自然」を描きたかったらしい。人間にとって自然は恐ろしいものだった。その恐ろしい自然を切り開き、人間にとって住みよい形に加工してきた過程が「歴史」になっている。価値観はその時その時で変化する。今なら「自然破壊」と言われるような開墾は近代以前なら決して否定的には語られることはなかった。現在も途上国で行われているという「焼畑」も特に自然破壊とかそういう意図でやっていることじゃないはず。営々と続けてきた営みにすぎない。
この物語で登場するエボシ御前はそういう複雑な事情を背負っている。貧困からの脱出を考えてたたらを経営すれば、結果として自然を破壊することになる。山の神とは対立することになるが、本人は対立したくてたたらをやっているわけではなく、人々の幸せを考えている。
・・・なんだか、この論理にピタリと符号するような出来事が3月からこっち起きているような気がしてならない・・・。

入札を終えて昼飯。食べ終わって炎天下を地下鉄の駅まで。でも、ここ数日のなかではちょっと過ごしやすかった。湿度が下がったんじゃないかしら。

店に戻って荷造り作業と本の整理を並行して。今日は女房と学校が早く終わった娘の二人で川崎までハガレンの映画を観に行くらしい。夕食は息子と二人で弁当を食べた。

仕事を終えてからランニング。うん、やっぱりちょっと涼しいよ。かなり丸い月が空にポッカリと。
14026歩 8.41km 115分 775.4kcal 32.4g

定休日

定休日。

朝飯を食べながら佐藤江梨子さんの読書TVを見る。速読の話だった。話には聞いていたが、なるほど読むというよりは”見る”読書なんだね。
本を読んでいる時、アタマの中には書いてある文章が音声に変換されている。音声に変換された言語として脳で理解している。実際、ワタシもそうやって読んでいた。ところが、速読はその音声変換をすっとばす。文章を文章のまま目で捉えて”脳に取り込む”。
ちょうど写真で撮影したり、スキャナーでスキャニングしているような感じ。本を文字単位ではなく、面で取り込むところがそっくりだ。
それで本を読んだのと同じ効果が実感できるのかどうか。速読をマスターしようという人はどういう人なのか。あれこれ考えてしまった。やっぱり、仕事で大量の文章や本を読まなければならない編集者とか評論家の方々かなぁ・・・。
速読に向いている本と向いていない本があるような気もする。小説なら速読でもいいか、と思ったが、内容そのものよりも文体や行間によって作品の特徴をあらわすような小説には向かない気もする。
案外一般人が速読をする際に向いている本ってハウツー本やビジネス本などに限られてくるんじゃないだろうか。よくわからないけど。
女房と見ながら「(速読って)あんまり楽しくなさそう(^^;」って感じで一致。小説の登場人物のセリフなど、自分の中にある引き出しから知っている声優さんを引っ張り出してきたりする楽しみも読書には込みだ。その作品が映像化されて「あれ?こんな声だったっけ?」とそもそも初めて当てられた声なのに妙な違和感を味わうのも、速読してしまったらなくなってしまう。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を食べながらレディ・ガガがゲストのスマスマを見た。なんだか思っていた印象とは全然違ってすごく真面目そうな人みたいだ。あの奇抜なファッションはサービスなのか、それとも・・・。
YouTubeでレディ・ガガの曲を弾き語りする10歳の女の子の動画を見た。この曲の歌詞を見ると随分と世界観の広い事がわかる。こういう直接的な歌詞を歌った人って過去にどれくらいいただろう。
この10歳の女の子の動画は全世界でものすごく再生され、レディ・ガガ本人が見て感動し、ラジオを通じての対話が実現。その後、ライブのアンコールで本人と共演する。
仕事サボって全部見てしまった・・・。

荷造り作業と並行して本の整理をすすめる。明日は交換会へ行けるだろうか。
718歩 0.43km 7分 34.0kcal 0.0g

1日店

快晴。梅雨明けしてからしばらくは晴天が続くことが多い。

鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終わらない終わらない。昼飯を挟んで午後も続行。まだまだ終わらない。

午後は本の整理と並行して荷造り作業。充実。

夕食を食べながら録画してもらったN響アワー。モーツァルトの交響曲41番。解説の方があまりに曲を褒めるので「なんか褒めすぎじゃない?」と女房。言うまでもなくモーツァルト最後の交響曲。いろんな人によって演奏されているし、曲もどこかで断片的に聴いたこともあるはず。と思っていたら、演奏が始まっても「・・・この曲知らない・・・」んだそうだ。んー。そーかぁ。ちょっとびっくり。ここにCDがあるよ。カラヤンのだけど。
今ワタシが繰り返し聴いているのはネヴィル・マリナー指揮のモーツァルト。iTunesに入れて40番と一緒に随分何度も聴いている。弾むような特徴的なリズムと節。とくに第4楽章。軽快で力強いリズムに乗って4つの主題が繰り返し出てくる。その4つが最後のCodaですべて融合するという離れ業。解説の方は「神業」とまで評していた。まるで「神」から託されたメロディをそのまま書き写していたんじゃないか、と。モーツァルト以後の作曲者は「人間業」を最大限努力して曲を作り上げている、らしい。その最初の例がベートヴェン。なるほどねぇ。

仕事を終えてからランニング。先週の水曜日以来だから結構久しぶりになってしまった。夜は風もあって外の方が涼しい。
9170歩 5.49km 78分 486.3kcal 15.1g

アキバ

先日ポチっとしておいた宮崎駿さんの著書が1冊届いた。

午前中に仕事をして、午後はいつものように3人で出かけた。びっくりするくらい真っ青に晴れている。

車中では早速読み始めた。「出発点1979−1996」という本。ものすごく深い内容。やはりあれだけ作品を産み出してきた人の言葉には重いものがある。つまり、これだけたくさんの深い想いの一部が作品として結晶していたわけで、それくらいじゃないと何かを共同で作る作業に当たる情熱を保てない。
作品がアニメーションということもあり、子どもたちに見せるものという意識がすごく強い。その想いが教育観に繋がり、現在の若者の元気のなさに心配する。幼稚園くらいから子供たちの育て方を変えれば日本は立て直せるんじゃないか、と力説していた。
「教育は読み・書き・そろばん」ができればそれくらいでいいんじゃないか、が持論のようで、あとはそれぞれが自分のやりたいことに沿って自分で選んで学んでいけばいい。一律にあれとこれとこれをきっちりやらせようとするから「子供たちの目が暗い」と現状を憂いている。
得意な事を伸ばす、というよりは、苦手な科目の克服を強いる現状。やりたいこととやれること。そもそもやりたいことが見つからない。どこかで大事な経験をする機会を子供たちは奪われている、と言う。

アキバ到着。暑い。歩行者天国実施中。昼飯は中心地からちょっとはずれたうどん屋さん。平日はすいていたが、今日は混んでいた。
食べ終わって、娘のお目当てのアニメイトへ向かう。またすごい人の数。それなりに大きなビルだが、入ってくる人が多くて店内はすごく狭く感じた。
グッズのコーナー。娘は完全に舞い上がっている。あれもこれも全部欲しいーと目をキラキラさせる。なにいってんだかなぁ・・・。娘は「一日中居たいー」と言っていたが、ワタシは少しでも早く出たかった。
これって、”消費”だよねぇ。アニメ見て、おもしろがって、グッズ買って。いや、別にそれはそれでいいんだけど、なんか、ね(^^;。・・・この為に生きてる、とか言われたら親は泣くぞ・・・。
やっぱり何かを作りだしてほしい、と思う。「自分の考えたもの」に価値を求めてほしい。そういうことをしようという希望を持ってほしい。
これだけあからさまに”消費”の現場を見せつけられると、ね。ワタシがDランドに行きたくなくなったのもこれと同じ感覚だと気がついた。踊るな!踊らせろ。

「後楽園のJショップにも行きたい」と娘。ここから歩いて行くことを条件にOKした。炎天下。水筒のお茶を飲みながら、日陰を選んで歩いた。女房はずっと日傘をさしている。でも案外風が吹いてしのげた。
壱岐坂を降りて後楽園。Jショップにはやっぱりたくさんの人が居た。ワタシは奥のゲームコーナー前にある空いた場所で冷房に当たって涼む。娘は再び「あれもほしいこれもほしい」・・・(^^;。

歩いた距離はたいしたことなかったが、なんだか疲れちゃった。水道橋駅前でGRGRくんの梨味を食べて地下鉄で帰ってきた。
7580歩 4.54km 75分 353.2kcal 9.3g

1日店

そんなわけで、昨夜は遅く寝た。

どうにか睡眠時間は確保できたが、朝起きたら梅雨明けで夏本番。なんだか不意を突かれた気分。よっしゃがんばらなきゃ。

荷造り作業はほとんどなく、ラジオを聴きながら本の整理を開始。昨日からの続きで漢文大系をどうにか片付けた。これはちょっとクセものだった。

少し遅めの昼飯。食べながら落語者を見る。春風亭一之輔さんの「短命」。たしかこの人、以前にもこの番組で見たことがあった・・・はず。おそらくもともとの話が爆笑を誘うものじゃなかったからか、多少ジトッとした印象も。でも、話し方は前回同様上手いな、と思った。
真打と二ツ目の違いをあとで話していたが、真打になる基準ってなんだろう。「高座に上がった回数じゃない?」と女房。うーん、たしかにそういう基準ってありそうだよね。
でも実際には人によって随分期間に開きがあるらしい。質問サイトにそんな記述有り。
実力と人気を兼ね備えないと真打にはなれないみたいだよ(言葉にするとなんてアタリマエな感じにしかならないんだろー)。

オヤジが南部の入札会から帰ってきた。落札品はどーするの?「そうだね。量によって送ってもらうか取りに行くか決めようと思う」・・・それって随分事業部さんにお手間を取らせる方法なのでは・・・?
とか思ったものの、すでに会場でそんな話をしてきたらしい。どーもスミマセン。よろしくお願いします。

午後も少しペースを上げて本の整理。しばらくして電話。南部事業部からだった。オヤジが取った。どーやら本を引き取りに行くことに決まったらしい。いってらっしゃい。
ワタシは店で引き続き本の整理を続けた。来週は交換会へ行けるようにしておかないと(!)。

オヤジは17時過ぎに店に戻ってきた。そーいえば、このクルマに乗るのもあとわずかだね。随分と頑張ってもらったなぁ・・・。結構パンパンに載せて走ったけど軽快に走ってくれた覚えしかない。ワタシはあと1回乗るか乗らないか、くらいになっているかも。あ。納車の時には乗って行くけどね。
もう今日は上がってくれていいよ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。延々4時間半!いつもお買い上げありがとうございます。
1210歩 0.72km 12分 59.7kcal 0.5g

有楽町まで

午前中は荷造り作業。

午後一番で買取に出る。ドーンと本が追加され、店の通路に積み上がった。ありがとうございました。

午後は本の整理をおとなしく粛々と。仕事を終えてから有楽町へ向かった。久しぶりのメンバーで飲み会。
有楽町駅を降りて目の前の書店で待ち合わせ。店内には行列が。なにかと思ったら某作家先生のサイン会だった。人気があるんだなぁ・・・。
大型書店に来ると、つい店内をぐるぐるめぐってしまう。悪いくせとは思うがやめられない。本屋のサガかもなぁ。何がどんなふうに置いてあるか、ということよりも、ワタシが取り扱いたいと思っている本が店内のどういう場所に置かれ、どんなかたがその棚の前にいらっしゃるか、を注視する。そのお店の場所によって棚の配置もお客さんの層も変わってくるから、そのあたりはアバウトではあるのだけど。
ただ、平日普段の19時に書店をうろつくことはここ最近絶えてないので、参考にはなった。お客さんの入りはけっこう良かった。

飲み会はガード下を目指す。ところが、ホントのガード下は風が通らずにやきとりのけむりがモクモクでとても長い時間居られない雰囲気だった。たまらず通り沿いに出るとビールのケースを積み上げて即席のテーブル席があり、風も通ってなかなかいい感じ。そこで飲み始める。
ずっと喋りっぱなし。この会が1年ぶりだったので、喋ることが溜まっていたみたい・・・。

今日も磯子行の終電に乗る。ところが、先日はうまく連絡してくれた川崎駅で南武線の終電がすでに発車したあとだった(!)。まさにはしごを外された感じ。ああ、蒲田駅で多摩川線に乗っておけばよかったか。いや、もっと言えば有楽町から三田線に乗ればこんなことにはならなかった・・・。などなど。

結局川崎駅でJRに放り出され、タクシー乗り場は長蛇の列。しばらく深夜の散歩を楽しんだ。南幸町から国道一号に出て、神明町のドンキ前あたりでタクシー。帰宅。
9627保 5.77km 87分 488.3kcal 13.1g

今日も1日店

今週は店で仕事。

朝飯を食べて荷造り作業開始。いつもお買い上げありがとうございます。午前中一杯続ける。今日はひさしぶりにちょっとだけ涼しい。

昼飯を食べながら佐藤江梨子さんの読書TVを見る。4回シリーズの第一回は本との出会い方について、という感じか。要はイマドキの書店を訪問する内容。京都にあるセレクトショップ2軒と東京駅前にあるこれまたセレクトショップ。本を棚に並べる編集次第で読者の本へのアプローチが変わってくるという話。たしかにありがちな「小説棚」の「著者別」ではあらかじめ読者が思っていた本を探しにくるための置き方になる。これを「書かれている内容のテーマ」で本を分けると、小説も評論も、学術書も専門書も、絵本や写真集などのビジュアルブックも「テーマ別」で同じ棚に並ぶ。こうすれば、読者は本を探す作業から解放され、棚は本と読者が「出会う」場所に変わる。
実際、「探す」に特化すればいまはネットが存在する。発注してから数日かかるが、確実に本は手元に届く。そう考えると、リアル書店で同じことをやろうとしたら超大型の書棚空間を用意しなければならず、読者は本をさがそうとして1日中書棚の森をうろうろしなければならない。
リアル書店をやるなら棚に何らかの特色を持たせることは必須の時代だろうと思う。
東京駅前の書店は、書棚を螺旋状に配置して独特の空間を作った上、案内係を置いて「こんなことを知りたい」といったお客の要望から10冊程度をセレクトしてくれるという。直球よりもむしろ変化球的に、ど真ん中よりもストライクゾーンぎりぎりを狙ってくるセレクトというから、人によっては え? という10冊になっていることがあるかもしれない。でも、ネットで流行りの「これを買った人はこんな本に興味を持っています」的なレコメンドにはない特色を出せるかもなぁ。

どんなシステムにも一長一短はあると思う。今回紹介されたのは基本的に新刊屋さんなので、いま現在出版社から刊行されている本からしかセレクトできない。また、基本的におねだんも定価通りだ。
一時ワタシも「お客様から見て面白い本屋」ってどんな本屋だろう?と真剣に考えて悩んだ時期があった。何年前かしら。10年くらい前だったかな? その時点で出た答えの一つが、「いつ行っても棚に違う本が並んでいる本屋」は面白いんじゃないか?というものだった。
基本的にその考えはいまも変わっていない。

仕事を終えて、今日はランニングしなかった。ツイッターでフォローした宮崎駿botに触発されて、宮崎駿さんの著書を2冊ポチっとした。もちろん古本を選んだことは言うまでもないか・・・。
346歩 0.20km 3分 17.4kcal 0.0g

1日店

今週は交換会がないので、心置きなく仕事に専念できる(?)。

連日よく晴れるなぁ・・・。もう梅雨は明けているんじゃないの?と昨日書いたが、天気図をみたらまだだった。梅雨前線が南にあった。ってことはもう少し涼しくてもいいはずなんだけどな。

午前中一杯仕事。昼飯を食べながらタイムスクープハンターで「マラソン侍」を見た。遠足(とおあし)という行事だったらしい。日の出(午前4時50分)とともに出発し、高低差1000mの道のりを駆け上がるという。そのハードさもさることながら、ワタシが注目したのはその走り方。帯刀したまま摺足っぽく山道を走る姿ってのはちょっと異様だった。飛脚に走り方を教わったというエピソードで”ナンバ走り”を知る。右手右足、左手左足を同時に出して腰を落とし気味で走る方法。ちょっと見ただけだとこれで長距離は難しいんじゃないかな、という印象を持ったが、ドラマ中ではレースの中盤からダントツのトップでゴールしていた。

夕食は誕生日の代替的にケーキをいただく。モンブランにチョコケーキ、レモンパイとレアチーズ。4人とも”定番”的に食べるケーキが決まっているってのもちょっと冒険心が足りないかな・・・。
まあ、そう何度も食べるもんじゃないから外したくない気持ちの現れとは思うけど。

仕事を終えてからランニング。走り始めたらいきなりザッと雨に降られた(^^;。どうしようか、中断して戻ろうかと思い、引き返し始めたら止んだ。続行することにした。
そうだ。昼間見たナンバ走りを試してみよう。それまで腕を大きく振っていたものをやめて、腕に力を入れずにプラプラしてみた。すると自然に足は歩幅が小さくなり、ちょうどピッチ走法っぽくなった。いわゆる”力走”から劇的に転換した。
なるほど足と手を同時は無理だが、飛脚の考えていたのはこんな感じの走りだったのかもな、と思った。力を入れない分だけ疲れない走り方な気がした。
ちょうどね、坂の上でポンと背中を押しただけでトコトコトコトコ歩き出す人形ってあるでしょ。あんな感覚。本人はそれほど力を入れてないのにチョコチョコと進んでいってしまう、っていう。

ま。なんでもそーだけど、力んでうまくいくことってあんまないよね。
9716歩 5.82km 78分 542.8kcal 21.0g

定休日

晴れ。もう梅雨とは思えないほど晴天が続く。

お店は定休日。朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を食べながらTVを観ていたら呼び鈴が鳴った。お。もう来たか。先日発注しておいたノートPCだった。早速ネットにつないでセットアップ。今回はウィンドウズ7の64ビットが載っている。ちょっとCPUのグレードを下げたので価格は安かったがその分立ち上げ時間がかかってしまうようだ。まあ、それはいいや。

女房がネット仕事で使う為のPC。逆にいえば用途はそれだけだから、必要なソフトはそう多くない。htmlエディタとウィルス対策ソフトくらいか。ブラウザはもちろん入っているし、メールはやらないからほかに必要なソフトがないんだよね。
しかも、ソフトはすべてネットからDLで済んでしまう。時代は変わりましたな・・・。

「止まっちゃうんだけど」としばらくして女房から内線電話。あ。そーか。フラッシュが入っていないんだ。ヤフオクの入力画面でフラッシュを使っている箇所があって、こういう操作は全然できないんだねぇ(^^;。画面の指示に従ってクリックしていけば出来ちゃうことなんだがな。

お店は定休日だったけど、本の仕入れがあったり、愛書会展のお引き取りがあったり、郵便局の集荷があったり、切手販売があったり。定休日のほうがいらっしゃる方が多いみたい・・・(^^;。

夕食まで仕事。夕食後も仕事。メールを書き終わったあとユーチューブでYMOのライブ音源を聴いたり、自分の過去の日記を読んでいたら随分時間が経ってしまった。4年くらい前のワタシは結構マトモだったなぁ・・・。
963歩 0.57km 10分 45.2kcal 0.0g

1日店

愛書会展明けの月曜日。

交換会で落札した荷物も一緒に荷受する。ドーンと本が積み上がった。ここで一つ問題発生。「本が見当たらないんだよ」とオヤジが言い出した。明古で落札した2冊一口の本がない、という。ワタシはいずれ見つけるだろうと思い、月曜日で超忙しい荷造り作業をそのまま継続していたが、結局見つからないらしく、運送屋さんへ電話をかけて「トラックの荷台に残っていませんか?」と尋ねていた。
探したのに見つからない、と本人は言うが、実際には大判の本の山は探していなかったらしい。本人未だに腰痛が完治していないため、大判で重い本は触ってもいなかった。「そんな大きい本じゃないから」って言ったって、積み上げる時にそこまでワタシは注意して見てないよ。
まさか大判の山を全く見ていないのに「本がない」と言っていたとは知らなかったため、ワタシが山を動かしたところ、あっさり見つかった・・・(^^;。大迷惑だ。オヤジはすぐに運送屋さんへお詫びの電話をかけていた。

最近はこういう”事件”が頻発するようになった。大事な本が紛れやすいなら自分で持って帰ってくるとかしたらいいのに・・・。

荷造り作業を続けた。オヤジと母親が今度は隣駅の銀行まで出かけるという。どうしても新たに銀行口座を作りたいらしい。ウチの決算を頼んでいる税理士さんに言われたから、らしいのだけど、そんな必要ないと思うし、何度もそう母親には伝えていたんだがなぁ・・・。こっちは母親主導。最近こういう事が増えてきた。任せておいて大丈夫なんだろうか・・・。本人はオレオレとかには引っかからないと思っているようだが、”自分で考えようとせず”に誰かの言われたとおりに動こうとするその安易さが危ないんだけどね。

一旦自分でこうと思い込んだらワタシの説得には耳をかさない二人。そういう様子に接すると誰かに操られているんじゃないか、としか思えない時がある(^^;。
銀行から帰ってきたら母親は晴れ晴れとした表情だった。大丈夫なのかねぇ・・・。

荷造り作業完了。本の整理にとりかかった。
9433歩 5.65km 77分 521.7kcal 21.0g

世田谷散歩

曇空。

午前中は仕事。昼過ぎに三人で出かけた。いつの間にか晴れてきて暑くなりそう。
自由が丘で乗り換えて上野毛駅下車。駅前のパン屋さんで昼飯を買ってから上野毛自然公園へ。桜の木陰で公園全体が覆われている。風が吹き抜けて結構涼しい。そのわりに誰もいないな。宅配のお兄ちゃんがクルマを停めて休憩しているだけ。なんかもったいなくない?
ほぼ誰もいない公園で喋りながら昼飯。パクパク食べてお茶をごくごく飲む。休日ならではの外で食事。やはりいいかんじ。
国分寺崖線を保存する意味でこの公園はあるらしい。普段は階段で崖を上がり下りできるようになっているが、現在は工事中のためにできない。横を走る稲荷坂を降り切ると稲荷橋。この川は上流までたどると仙川になる。

尾根道を歩いて行く。高級住宅街。ぶどう園にはブルーの網が張られている。もうぶどうの房がぶらさがっている。すぐとなりにはびわの木。鳥の大群が大騒ぎしながら群がっていた。「おいしい!おいしいよおー!」と叫んでいるような気がした。

第三京浜で尾根道はぶった切られている。橋の下をくぐってから坂を登ると玉川野毛町公園。プールが開園中で子供たちの歓声が聞こえてくる。野球場では小学生の軟式野球の試合が開催中。やっぱり、なんていうかあぶなっかしいプレイが多い。守備って実は結構難しいんだねぇ。
大塚古墳という帆立型古墳があり、整備されていた。登ってみると風が吹き抜けて涼しい。立派な富士塚って風情だが、方墳の端に瓶が復元されて並んでいる。

すぐ近くに等々力不動。涼みがてら行くことにした。階段を降りていくと不動滝の目の前に出る。涼しくなった。やはり結構人が多い。茶店にもたくさんの人。不動滝の前に座って涼んでいる人。親水出来る場所に入って裸足で写真を撮っている人などなど。1kmほど川のそばを散策してゴルフ橋。階段を上がると気温が上がった。コンビニでスイカアイス。女房と娘は「やっぱガリガリくんでしょ!」とのこと。等々力駅から電車に乗った。車内は自由が丘駅へ向かう人で混雑していた。
7505歩 4.49km 76分 344.6kcal 9.0g

1日店

愛書会展は二日目。

ワタシは会場へ行かずに店で仕事の1日。

どうもいろいろなことが転換点に差し掛かってきた。日々感じている。やはり311が契機になっているのかもしれない。今までは対外的な事に対して注意を払っていただけだったが、そろそろウチの中の事にも気をつけていく必要が出てきた。日々感じ始めたのはそのこと。
身内の話って身内だけに気を使うことなくあれこれ話せる、と普通は思うだろう。でも実際には違うのだ。こういう話はデリケートだから、書くこと自体控えるのが普通だと思う。今はまだ控えられるが、これから徐々にひどくなっていくと思うと書きたい気持ちを抑えきれるかどうか(^^;。ワタシも普通の人間なのでね。

まだ書かない。今のところここまで書いたら気持ちが収まってきたから・・・。

ずっと本の整理。ようやく棚の本が減ってきた印象。先週はちょっと能率が悪かったみたい。こういうことって気持ちとは関係なく数字で出てしまうから始末におえない(^^;。気持ちの発露が数字になるならいいが、数字の達成のために気持ちを発揚させるとどこかで必ず何かが狂い出す。今日本中で起こっていること。

娘が昨日録画した「もののけ姫」を昼飯の時に見る。宮崎駿監督の大作は同じテーマが変奏されて繰り返し描かれる。ほぼ「ナウシカ」だし、「ラピュタ」なテーマって気がする。森の木を切って鉄を溶かすたたらの集落が登場するが、これは近代国家の喩えだろう。
人間はほっとくとどんどん発展する。これは聖書のエピソードで「知恵の実」を食べたことに相当する。そのまま「生命の木」を手にいれれば全能の存在、すなわち「神」になる。人間は今どの段階にいるだろう。もうとっくに「生命の木」をいじり始めている気がする。
もしそうなっていたとして、人間は次の段階に進むのか。それとも、発展をやめるのか。何かの本にあった。UFOが他の星から飛んでくることは絶対にない、と。なぜなら、UFOを他の星へ飛ばす技術を持つに至った星の生態系は必然的に完全破壊されて生命の棲めない状態になってしまうから、と。
鉄がカネになるから、と、森の木を次々切り倒して行った先に何があるのか。そこをズバリ描く映画を作る時期が来ているんじゃないだろうか。
818歩 0.48km 8分 36.1kcal 0.7g

愛書会展初日

今日と明日は愛書会展。

午前中いっぱいは荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日も交換会へ行く予定。
出かける前にご近所の事でいろいろとあったが、ほぼ定刻に出た。車中では今日も「涼宮ハルヒのユリイカ」を読む。いろいろな角度からこの物語を読んでいる人がいるんだなぁ、と感心する。女性のライターさんが少女論を書いていて、これがなかなか面白かった。なぜ少女には物語があるのか。

交換会会場。入札を終えて昼飯は今日もそば。暑い日はそばがちょうどいいなぁ。

食べ終わって外に出てからバッグにしのばせておいたトイデジを取り出した。昨日数枚撮ったが、室内だったため、今日は外を。実はこのカメラにはファインダーがないし、液晶ディスプレイも付いていない。それくらい小さなボディということだ。こういうチープで単機能の機械って魅力がある。今は「あれもこれもできます」的な商品が溢れ、カメラもケータイもビデオカメラも「あれもこれも」機能を追加してきた結果「あれもこれも」みんな同じになってしまった。いや、それは違うというご意見ご尤も。ワタシにはそう見えるわけですよ。最新型一眼レフでムービーが撮れるということになって、もはやこれ以上”進化”しようがない所まで来てしまったわけです。今一番魅力があるのは、あれもこれもできないこんなカメラ。
ちなみにこのトイデジでも動画が撮れてしまうらしい。必要ないけども(^^;。

店に戻って荷造り作業の続き。昨日からずっと荷造りをし続けている気がする。さすがに今日発送の荷物はものすごい量になった。

オークション出品作業をしているうちに夕食。所さんの「笑ってコラえて」を見る。少し余裕をもって今日は長原までランニング。戻ってから今日撮ったトイデジの画像を見てみた。なるほど、トイデジっぽくない気がするね。発色とか案外普通。レンズがチープで周辺が流れまくっているけども。
15621歩 9.37km 131分 848.6kcal 33.5g

2011年06月 < > 2011年08月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター