Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2010年11月

■甘露日記 2010年11月

2010/11/30 (火) 大市会

快晴。布団干し。

今日は店舗定休日。ゆっくり朝飯を食べてから仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで終わらず、続行。大山が出来上がった。

今日は大市会の下見日。明日の昼間に歯医者の予約が入っているので、今日のうちに入札へ行ってくることにした。
車中は「竜馬がゆく」の続き。こちらもいよいよ大政奉還にさしかかる。

大市会での入札に臨む時の気持ちは極力ニュートラルに、を心がけている。これは(!)、と思う品物に入札するときには、特に「どーせ落札なんてできっこない」とつぶやくことにしている(^^;。入札は自分に対するアリバイのようなもの。落札出来ればラッキー。落札出来なければ損をしなくて済んだ、と思うようにしている。大市で買えなくても通常市があるから、ね。

帰り途も車中で本の続きを読む。大政奉還が成った時の竜馬の言説は感動的だ。大政奉還をした徳川慶喜をして、大樹公のために一命を捨てん、と言っている。大英断だ、と褒め称えていた。その後も竜馬は休むことなく、新政府の役人を考え、西郷隆盛に進言したり、越前まで赴き、牢に入っていた後の由利公正を新政府の財務担当に推したり、岩倉具視と折衝を重ねたりしている。
竜馬暗殺の場面は、「主題は、いま尽きた」と司馬遼太郎は言い、淡々と近江屋で起こった暗殺の惨状を描写してそのまま物語を終わらせている。「慎ノ字、おれは脳をやられている。もう、いかぬ」これが最後のことばだった、と。
ところが、単行本として出版される段になり、本文として描かなかった想いが溢れたらしく、文庫本にして30ページもの長いあとがきを書いている。そこには、暗殺事件の下手人のことと、その後の歴史について。おりょうがどうなったのか、葬儀はどうなったのか、維新はどうなったのか、が描かれている。
後の日露開戦に際して皇后陛下の枕元に竜馬が立ち「勝敗のこと御安堵あらまほしく」と言ったらしい。皇后陛下はもちろん坂本竜馬を知らない。写真を見せたところ「この人である」と言われたとか。これが事実かどうかについては著者もいささか懐疑的だったが、新聞が書いたことで竜馬の名前は有名になり、対露西亜戦を前に国民の士気は上がったようだ。
もうひとつの「龍馬伝」。福山雅治さんと真木よう子さんの顔を思い浮かべながら読んでみてはいかがか。文庫本8冊なんて読み始めたらあっという間ですぜ。
3806歩 2.28km 35分 188.3kcal 4.

2010/11/29 (月) 月末

快晴。布団干し。

いつの間にか月末。今月も早かった。
朝飯と昼飯の時に龍馬伝の最終回を見る。龍馬が暗殺直前に新政府の案を出していたらしい。が、描写にはもはや時勢から外れてしまっている感が漂う。たとえガタガタだったとはいえ、今まで厳然と存在していた体制が無くなってしまった、となれば混乱するのは仕方ない。
龍馬はどこを向いていたのか。何のために大政奉還を目指したのか。外国の侵略を防ぐためだったはず。でも、このドラマでは外国の脅威を目に見える形で明確に描くことを避けた。これで龍馬の行動の最大動機がうやむやに見えてしまった。これが第一の疑問。
そのためか、「みんながわろうて暮らせる国にするがじゃ」という目的が急にクローズアップされていた気がする。アメリカが当初から行っていた共和制のような形を目指していたようだけど、そうすることで本当に「みんな(日本人)がわらえる」のかどうなのか。これが第二の疑問。
凄惨な暗殺場面。タマラジで福山さんが語っていたことを思い出す。龍馬の生涯が暗殺という形で”中断”してしまっているので、龍馬になりきればなりきるほど、演じ終えたのに終わった気がしない、と。なるほど言い得て妙。そんな最終回だった。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてオークション出品作業。今日は案外はかどった方かも。

夕食を食べながらロボコンの地方大会を見た。娘はこういうのが大好きらしい。

夕食後、仕事を中断してロケショーを聴きながら大岡山までランニング。終えてからまだ継続。文化系ラジオはクリスマス資本論。バブル期の懐かしい話が聴けた。
ホイチョイの映画って、映画そのものがまるごど宣伝(つまりCM)だったんだねぇ・・・。
8917歩 5.34km 69分 518.1kcal 23.6g

2010/11/28 (日) 旧岩崎邸庭園

快晴。

荷造り作業が一段落したので出かけることにした。
先日のブラタモリで取り上げられた旧岩崎邸庭園へ。ここにはジョサイア・コンドル設計による旧岩崎家住宅の洋館と撞球室がある。同時期に建てられた和館の設計者はコンドルではない。
御徒町で昼飯を済ませて湯島まで歩く。確かこのへんだったはず、と歩いていたら案内板が見つかった。湯島天神の傍、湯島ハイタウンの向こう側だった。
結構人が居る。長いスロープ状の砂利道を上がっていくと受付が現れる。たくさんの絵を描く人たち。入場料は大人400円。
洋館の入り口は北側。写真を撮ろうと思うと逆光になる。持っていたカメラがホライズンだったので逆光はご法度。太陽の角度を気にしながらシャッターを切った。
館内は一切撮影禁止。中の案内はブラタモリでやっていた通り、吹き抜けとヴェランダに最大の特徴がある。内部装飾が木で造られているために独特の温かみがあった。煉瓦造りではなくてアメリカの下見板コロニアル風な外観と、西から回ってきたヴェランダが融合しているのは珍しい建築様式かも。
中の説明書きには昭和20年にGHQに接収された、とある。返還後は司法研修所などに使用されたらしい。広大だった庭園とお屋敷は、合同庁舎、湯島ハイタウンや池の端文化センターなどの建設で敷地が1/3程度になってしまったらしい。なるほどねぇ。
洋館の南側には広大な芝生広場。点々と絵を描く人たち。いろはもみじの紅葉と、巨大な銀杏の黄葉が西日に映えていた。
洋館にもあったが、撞球室にも地下通路へ通じる階段があった。どれくらい地下に広がっているんだろうなぁ・・・。

娘は細かいところにいろいろ気付いたりするのだが、なにぶん一か所にじっとしていることが耐えられない様子。「早く行こうよー」と急かされて(仕方なく)出た。

春日通りを登って、竜岡門から東大構内へ。コンビニでおやつを買ってエネルギー補給。東大病院の前からスカイツリーを眺めて三四郎池へ。まるで手つかずの森って感じだったが、そうか、加賀藩の大名屋敷だったな、ここは。そもそも大名庭園の池だったわけだね。

あちこち歩きたかったが、娘の「本屋さんへ行きたいんだけどー」の要求を飲んで本郷三丁目駅へ向かった。
9209歩 5.52km 95分 420.7kcal 10.8g

2010/11/27 (土) 1日店

もう土曜日。

今週はなんだか早かった。週の真ん中にお店が三連休になったからだろうか。娘が修学旅行に行っていたからだろうか。

荷造り作業はほどんどなく、朝からオークション出品作業。土曜日のいつもの光景って感じ。
昨日は旅行疲れで仕事にならないようだったオヤジと母親は、今日から徐々に普段のペースへ。でも、昼飯の時間が伸びたり、お茶の時間が長かったりしていた。まあ、仕方ないか。

主に大判の本に仕事をかけていく。やはり写真集が多くなる。昭和30年代に撮影された写真群に目を奪われる。ワタシが生まれる少し前の世界。まだ道が狭くて、その割にクルマは通っていないし、道も舗装されていない。道が広くなって舗装されるのは、東京オリンピックを目指して東京が改造されていく過程での出来事らしい。
写っている普通の家はほとんどが木造。それから比べれば今の都市は頑丈になっているはず。少なくとも火災が無制限に広がっていくことはないだろう。とかなんとか。

夕食時、ひさしぶりに科学くんをやっていた。なんと、ウィンドウズの「風景」テーマの壁紙になっていた”ウェーブ”という場所が登場。アメリカにある名所だったとは(!)。砂漠が化石化した地形を風が削って出来たなんて凝ったことをしますな。

夕食後はメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。タマラジが終わるころにメール書きも終わった。
1160歩 0.69km 12分 52.7kcal 1.1g

2010/11/26 (金) 浴びる

くもり空。

今日から連休明けの甘露書房。いつも通りの営業開始。

開店早々、オヤジと母親から繰り出される旅行の土産話を延々浴び続ける。要約すると、倉敷の美術館。初日の夕食が足りなかった。出雲大社の60年に一度の建て替え。大山(だいせん)に雪。宍道湖に沈む夕陽。中井貴一の映画に出てきた電車。二日目の夕食は豪華だった。大食堂に500人の観光客。エレベーターが3機あったのにいっぱいで乗れず。それでも、二日目の旅館のサービスには満足した。などなど。あとは省略。

朝飯と昼飯をまたいでブラタモリを見る。鷹狩りの巻。なるほど、駒場は江戸時代には駒ヶ原と呼ばれて鷹狩場だったとは。浜離宮の鴨場という場所にはそういう意味があったとは、など、なるほどそーだったのか的なネタが多かった。今度の日曜は上野か浜離宮を散歩ってところか。いや、駒場の坂巡りってのも楽しそう・・・。

午後、鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。大山が三つ積み上がり、少し場所が開いた。しばらくして、郵便で山陰のおみやげが到着。日本海かにせんべい。宍道湖シジミの佃煮。鳥取砂丘ラッキョウの黒酢漬け。そして、ふくろうの置物(ガラス)。あれ?たしか昨日も置物のおみやげがあったような・・・(^^;。そうか、娘はワタシに似てると思っていたけど、案外おばあちゃんの性格を受け継いでいるのかもしれないな。
置物をおみやげに買ってくるようなことをワタシは考えないから。
・・・っても山ほど写真を撮ってくれば同じことかしら・・・。

早速、お茶の時間に日本海かにせんべいを食べる。かにの風味が強くておいしかった。娘の買ってきたチョコ大福は、よく見たらチョコもちって書いてあった。三猿をあしらった包み紙を取ったら、ぺろんとのっぺらぼうな白い箱になって、中には真空パックされた茶色いおもち。見た目ちょっと猿っぽいかな、って言ったら「何言ってんのよー」と女房にたしなめられた(^^;。

夕食時、娘のリクエストで再びブラタモリ。鷹が飛んで来てふわっとタモリさんの腕にとまったのを見て高反応の娘。
13715歩 8.22km 113分 751.4kcal 25.7g

2010/11/25 (木) 臨時休業

晴れ。

今日は店舗臨時休業。オヤジたちは今日の夜に旅行から帰ってくる。

シャッターは閉めているものの、中では作業中。仕事まで休んでいるわけではありません(^^;。そのあたりについてはここに過去何度も書いている。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。どーんと積み上がった。

今日は娘が修学旅行から帰ってくる。たった1泊だが、沢山の小学生を連れて歩くのは大変だろうと思う。まあ、1泊が限界だろーなぁ。13時過ぎに学校からメールが入り、全日程を終了して帰りの電車に乗り込んだとあった。予定通りの時間に帰着するらしい。

オークション出品作業。まだまだ本が山積みになっている。発送する本と買ってきた本と発送待ちの本がそれぞれ大山(^^;。通路はいつも歩きづらいの巻。

外が暗くなってから、女房が駅まで娘を迎えに出た。しばらくして息子が学校から帰ってくる。そのあと、女房が娘を連れて戻ってきた。「ただいまー!あー、やっぱり家が一番いいなぁ!」が第一声(^^;。
早速お土産話ならぬおみやげの話。買ってきたものをご開陳。生湯葉に栗ようかん、チョコ大福と陽明門の置物(^^;ナニコレ。持って行ったおカネは全部使い切ったらしい。別に使い切ってこなくてもいいんだよ。
あとは「夜眠れなかった」って話。「6時間しか寝てないよ!」。やっぱり枕が違うからか、と思ったら、そういうわけでもないらしい。
こちらからは何も聴き返さずにただ娘の話を聴いていたら、寝てない話が終わったら「じゃね」と上がっていった。東照宮も華厳の滝も彼女の印象には残らなかったみたいだ・・・。
まあ、小学生に旅行先で見たお寺や神社に興味を持てと言っても鼻からムリな話なのかもしれない。その価値はいずれ自分で再発見することだろう、と。それでいいのよ。

夕食の時、早速おみやげの刺身湯波をいただいた。「湯葉」と書かないのは何かありそうだね。
「ん。なんかこれ、豆乳みたいな味がするねー」と娘。まあ、豆乳みたいなものだからサ、これ・・・(^^;。ポン酢しょうゆで食べた。

食べ終わったころ、オヤジから電話あり。「今新幹線に乗っているんだけど、今日は品川まで行って横須賀線で帰るつもり」らしい。声が弾んでいた。でも新横浜の方が楽なんじゃない(^^;?
950歩 0.56km 9分 45.6kcal 0.5g

2010/11/24 (水) 今日も定休日

朝から快晴。

今日から娘は小学校の修学旅行へ出発する。朝は少し早起きして出かけていった。ワタシは布団の中から行ってらっしゃいを言った(^^;。

朝飯と昼飯を食べながら、堺雅人主演「ゴールデンスランバー」を見た。
首相暗殺犯人に”間違えられ”て、逃げ回る主人公のお話。いろいろな登場人物。演技派の人が揃っていたし、展開もテンポ良くて引き込まれた。あの「走る」って描写はとても映画的な表現だったんだな、と気がついた。画面の中央に走っている人を置くと、いかにも映画だぞっ、て感じになる。それは逆に、走っている人のキャラが立ってないと成り立たないことにもなるけれど。
次々と映画的な仕掛けが繰り出されてくるものだから飽かず見ている間は気付かなかったが、終わってしばらく経って気づいた事あり。この映画の動機はなんだったんだ?
ま。時代にほんろうされる現代人に捧げます、ってことかしら。娯楽作ということで楽しませてもらいました。ネタバレになっちゃうから、あれもこれも書けないや(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

夕方、小学校からのメールで、修学旅行一行が無事に今日のお宿へ到着した、と連絡有。子供たちは景色や雄大な華厳の滝に圧倒されていた、とあって「バスの中もカラオケで盛り上がり、バス酔いの子もいませんでした。これから楽しみにしている豪華な夕飯と長~い夜です。」とのこと。社員旅行みたいで楽しそうだな・・・。

夕食後、吹奏楽をかけながら鋭意メール書き。ふと母校の吹奏楽サークルの定期演奏会がたしかこの時期だったと思い出す。ググってみたらなんと今度の日曜日が当日(!)。場所は世田谷区民会館(!)。行こうかどうしようか迷い始める。サークルでHPを作っていたから見たんだけど、会場と交通案内だけ書いてあって、開演時間も演奏曲目も書いてなかった。こういうHPって逆宣伝になっていると思うなぁ。
561歩 0.33km 6分 25.0kcal 0.2g

2010/11/23 (火) 定休日

今日から3日間、店舗は休業。

世間は連休中。子どもたちも休み。やっぱり祝日ってペースが狂ってしまう(^^;。

オヤジたちは今日から旅行に出かけた。今日は倉敷で一泊するらしい。行ったことないなぁ・・・。

荷造り作業を終えて、オークション出品作業を始めるものの、はかどらず(^^;。録音しておいたロケショーを聴く。

昼飯を食べながらB級グルメTVを見た。あの厚木で開かれたというB-1グランプリのドキュメント。ここで優勝すると翌日から地元が観光客で大賑わいになるという。スゴイ集客力だね。優勝を目指して頑張る人たちの姿。町おこしのために必死の様子だった。山梨でモツ煮が名物なんて初めて知った。こういうのを見ると行きたくなってくるところがTVの影響力なのかしら。

天気は回復してきているらしい。お休みなので、子供たちのところにはそれぞれお友だちが遊びに来ている。外で遊んでらっしゃいな、と言えない所が複雑。

夕食を食べながら、福山雅治さん出演のトーク番組を見た。なるほど、すでにラジオで舞台裏のことはほとんど喋っていたんだな、って分かった。喋りがうまいのはラジオ仕込みだからかしら。

仕事を終えてからひさしぶりにランニング。寒い寒い。
11050歩 6.63km 88分 621.4kcal 24.5g

2010/11/22 (月)

朝から天気悪い。

月曜日だけど、明日は祝日の中途半端さ有。
とはいえ、朝からずっと鋭意荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。雨の日はむしろ仕事に集中できるのでありがたい。
本はすでに買ってある。あとは仕事を順にかけていくだけ。

明日から店舗は三連休。シャッターを閉めます。もともと火曜と水曜は定休日なので、木曜日のみ臨時休業ということです。
明日から3日間、オヤジと母親が旅行にでかけるための措置。出雲大社・鳥取砂丘・倉敷・宍道湖をめぐる3日間。このご時世に暢気なものだと思うけど、オヤジたちがワタシくらいの歳のころは今のワタシよりも忙しかったと思うので、今暢気な気分でいられるのはまあいい傾向かな、と。そう思うようにしている。
いずれにしろ、家族内のことなので。

朝飯と昼飯を食べながら龍馬伝を見る。大政奉還の巻。次回最終回で龍馬は暗殺されて終わるようだ。大政奉還することで徳川家は温存される、という幕府側の観測は、戊辰戦争がはじまることではずれてしまうわけだけど、幕府高官の中からものちに新政府で働く人が出た事を考えれば、話はそう単純ではないようだ。むしろ、新政府内ではあの西郷隆盛の立場が無くなり、旧薩摩藩武士階級の反政府蜂起行動に担がれてしまうのは歴史の複雑さをよくあらわしている、と思う。龍馬の理想主義も、薩摩の実力主義も、最後は痛み分けした、ように思える。
ドラマを見ていても、龍馬が何を動機に何を考えて何を目指しているのかが分かりにくかったからか、ツッコミ役として師匠の勝先生が再登場。やはり、話の要点を言葉でまとめてくれる人が居ないと絵だけでは伝わらないかもなぁ。勝先生のGOサインが出たということは、龍馬は間違ってない、みたいな。・・・それは「踊る」の青島刑事に対しての和久さん的存在。「踊る」は今回の劇場作品を見たけど、和久さん不在でドラマの基本構造が崩れてしまっていた。大事な役だよねぇ。

仕事を終えてから、ふと思い立って「サマー・ウォーズ」を見た。娘がノベライズ本を「面白いよ!」と夢中になって読んでいるのに影響された。一人でじっくりと見てみたら、ドラマ部分とCG(Oz内の)が絶妙の関係性を維持しつつ、人物表現の区別が出来ていてうなってしまった。まるっきり平行世界と思わせておいて、最後にドッと繋がる迫力。リアルとバーチャルが平行しているんじゃなくて、バーチャルの存在するリアルワールド。

ずっと雨。
1146歩 0.68km 11分 55.5g 1.3g

2010/11/21 (日) 江戸東京たてもの園

朝は快晴。

今日は小金井公園にある江戸東京たてもの園に行くつもり。随分ひさしぶりな印象。ネットで調べたら、南武線で府中本町乗り換え武蔵野線経由で武蔵小金井が近いし安かった。今までは吉祥寺周りをしていた(^^;。

武蔵小金井駅は高架化していた。駅前の様子もすっかり変わり以前の印象と全く違っていた。小金井公園まで行くのにコミュニティバスに乗ってしまい、料金は安く済んだが多少の遠回りすることになった。とはいえ、初めて走る道は細ければ細いほど楽しい。玉川上水際にある停留所で下りて公園へ。

たてもの園前の広場で買ってきたおにぎりの昼飯。食べ終わって早速中に入る。
随分ひさしぶり。前回来たのはいつだったろうか。順路に従って田園調布の家から順に見始める。前回と違うのは、おそらく娘の関心だろう。だいぶ街歩きに付き合わせてきたから、こういう建物の細部などに興味を持って見ている。そうそう、なんでも勉強ですよ。
農家の家は民家園で慣れていたが、大正から昭和にかけての住宅のデザインに見入っていた。先日のブラタモリでやってた戸車も。
麻布にあったという三井のお屋敷は迫力があったなぁ・・・。

高橋是清邸は喫茶コーナーが廃止になっていた。が、人は沢山居た。なんだか、以前はもっと閑散とした雰囲気だったけど、ここにきて盛り返している気がする。東ゾーンに移動すると、移築作業中の建物が二棟もあった。屋台みたいな軽食コーナーまでしつらえてあって、人が群がっている。ローライやハッセルを持ったコアな集団が居て、さかんにシャッターを切っていた。
ボランティアさんが要所に立っていて建物の説明をしてくれる。今回は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」でこの場所が作品のヒントになっている、という箇所に注目。鍵屋の樽椅子。武井三省堂の引き出し。子宝湯の外観。の3本。確かに映画世界ってディティールが命だものなぁ・・・。

建物を一通り見たあとに向かったのはなつかしの遊具。広場に竹馬とかコマとか車輪回しができる場所があって、子供から大人までみなさんいい笑顔で遊びまわっていた。娘は竹馬が得意で、車輪回しもいつのまにか体得してしまった。子どもはなんでも早いねぇ。大人はたこ焼きを食べて一休み。

だんだん暗くなってきたので帰ることに。今度は路線バスに乗って駅まで一直線。南武線で帰ってきた。
8753歩 5.25km 90分 401.3kcal 10.2g

■2010/11/20 (土) 1日店

快晴。布団干し。

朝飯を食べながらタモリ倶楽部を見る。ファミレスで飲むの巻。これは結構前からワタシもやっているけど、おつまみばかりで上がるってのはないか・・・。ドリンクバーと連動している料金体系ってのもすごいな。ファミレスを居酒屋にしちゃっていいのかしらん(^^;。

さて、土曜日。昨日買ってきた本はすでに積み上がっている。やるしかない。大判の本を選んで仕事をかけていく。土曜日はいつもこの路線で行きます。

昼飯を食べながらぴったんこカンカン。ネプチューンと行く日光。東照宮。安住アナの解説付きで見物する日光なんて贅沢な。ワタシも家族で3年くらい前の夏に行ったっけなぁ。そうそう、娘はいまだに「江戸村の忍者屋敷がおもしろかった!」と言う。

午後もまるまる出品作業を続けた。なにぶん大判の本なので、やると嵩は積み上がるけど、数はいまひとつ伸びなかったような・・・(^^;。

お茶の時間を使って、旧DVDレコーダーに入っている要録画番組をDVDに書きだす作業。もうそのまま入れたままにしておいてもいいんだけど、何となく・・・ね。
旧レコーダーはすでにアンテナと繋げていないので、TVは映らない。そのため、何か操作ボタンを押さないとスイッチが入っているのかどうかもわからなくなる。ちょっと前までバリバリメインの現役だったし、今も過不足なく使えるのに、とは思う。
ネットのニュースによれば大型TVの売れ行きがスゴイらしい。人気機種は品切れにもなっているという。地デジ特需とエコポイント半額化の前の駆け込み需要らしいのだけど、来年7月以降の反動はどうなるんだろ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
742歩 0.44km 7分 35.2kcal 0.8g

■2010/11/19 (金) 二往復

快晴。

朝飯を食べながらブラタモリを見る。ひさしぶりの新作披露。なるほど住宅のお話。

荷造り作業を終えて、ツイートをしてから今日も交換会へ。電車に乗って本を出す。今日はちゃんと持ってきました。「竜馬がゆく」は今回通しで3回目だけど、ドラマをやっていることもあるので、アタマに入りやすくなっていると思う。後藤象二郎が出てきて、岩崎弥太郎の出る頻度も上がった。こちらの竜馬は吉田東洋殺しの疑いをかけられ大阪で追手としての弥太郎と遭ったきり、となっている。まるで並行世界。歴史小説にもかかわらず一気にSFな物語となる(^^;。

入札を終えて昼飯はカレー。胃痛を考慮して3倍にした。もうほとんど治りかけているのだけど。

店に戻って荷造り作業の続き。外が暗くなったころにクルマで再び神保町へ向かう。落札品はカーゴ2台分。ちょうど荷台に載せきった。

今日からビデオ屋さんが半額セール。「ウルトラセブン」の最終話、「ゴールデンスランバー」「第九地区」を借りてくる。我ながら脈絡のない・・・。

夕食を食べながらもう一度ブラタモリ。長屋の暮らし、旧岩崎邸の洋館、日本家屋、コンクリート住宅、団地。それぞれ時代ごとに日本人はガラリと暮らしぶりを変えてきた、とタモリさん。たしかにそうかもなぁ・・・。

夕食後、ひとしきり仕事をしてから、借りてきた「ウルトラセブン」の最終回「史上最大の侵略」を見る。やっぱり名作だなぁ・・・。
6636歩 3.97km 62分 326.8kcal 8.4g

■2010/11/18 (木) 渋谷の歩道橋

何と快晴。

朝飯を食べながら、白熱教室の続きを見る。小学生とYMOの競演。この中からミュージシャンを志す人が出てほしいな。

荷造り作業を終えて、今日も交換会へ向かう。電車に乗って本を出そうと思ったら、・・・ない(!)。忘れた(^^;!まいったな。まあ仕方ないよね。

入札を終えて昼飯はうどん屋さん。行列もあったけど、それほど時間はかからず。ひさしぶりに丸天にかけ。涼しくなってきたからあったかいのが食べたい。

ふと思い立ち、渋谷で一回りすることにした。ちょうど(?)カバンにはホライズンとフィルムが入っていた。
渋谷駅北口前の歩道橋。改めて見るとものすごく規模が大きかった。左手に東横線のホームを見ると、右手には旧東急文化会館の場所に「ヒカリエ」が建設中。日々ドンドン高くなっていく。そして正面を地下鉄銀座線が通り過ぎて行く。そういえば、宇多田ヒカルさんのTwitterアイコンがこの場所で撮影されていたっけか。
歩道橋はバスターミナルを大きく跨いで、246と首都高の間をすり抜けて警察署前へと繋がっている。そこからさらに明治通りを跨いで渋谷川暗渠出口前に伸びて行く。ぐるりと400mトラックくらいあるんじゃなかろうか。気になった絵にぶつかるごとにシャッターを切った。
その後、線路をくぐって南口へ移動。ここにもぐるりと歩道橋があるので巡ってみた。パノラマカメラ・ホライズンはレンズ首振り式スリットカメラなので、水平線は出るものの、画面四隅の線が必ず曲がる。そのため、開けた風景を撮影する場合には歩道橋くらいの高さから狙うと画面にうまく収まることが多くなる。
南口にもバスターミナルがあり、歩道橋から直接降りていける階段があって、そこがターミナル中央の小さなステージ上に張り出していた。ここから演説をぶつ人(ぶちたくなる人)が出ても不思議じゃない感じ。
桜丘町側には学生の頃によく行った。気に行った喫茶店があったからだけど、歩道橋から見てみたら今はもうなくなっていた。思い出すなぁ、サイフォンのコーヒー。

ちょうどフィルム1本撮影し終えたので、そのままBカメラに出して店に戻った。たったこれだけのことだけど、本を忘れた失敗感から解放された。
13715歩 8.22km 113分 751.4kcal 25.7g

■2010/11/17 (水) 雨の中、交換会へ

雨模様。昨日の予報ではくもりのはずだったけど。

朝飯を食べながら”白熱教室”坂本龍一のスコラを見る。ドラム・ベース編ということでYMOが3人揃った。以前見たものを再編集した再放送らしい。リズムの音を前後にずらすことで全く違った音楽になる、ということを、実際に楽器を叩いて実証。3人はYMO時代にコンピュータにプログラムして音のずらしをさまざまに試してグルーヴの検証作業を行っていた、という。
YMO当時の発言を集めた本の中に、プレイヤーとしてのパフォーマンスでは絶対彼ら(海の向こうの方々)にはかなわないから、グルーヴを数値に置き換えてコンピューターに正確に演奏させる、という構想が語られていたことを思い出した。
ずらしでは、ウィンナ・ワルツの3拍目が少し後ろにずれるノリ、が有名。これをウィーン・フィルは楽団ごとの規模で合わせられるんだから、もはや遺伝子レベルの話だろう(^^;。
高橋幸宏さんの好きなビートルズの楽曲や、細野晴臣さんの好きなジャズ曲を生演奏したり、見て、聴いて楽しめる番組構成だった。若いころは正確なリズムキープを絶対と思っていたけど、今はむしろ早くなったりしちゃうことを楽しんでる、と細野さんは言う。
それはたぶん、絶対かなわないと思っていた方々をプレイヤーとしてすでに超えたからなんじゃないですか?

荷造り作業を終え、ツイートも済ませたので、雨の中交換会へ向かった。車中では「竜馬がゆく」の続き。清風亭会談のあたりから。ここにきて、いきなり後藤象二郎が登場する。登場に際して過去をまとめて振り返るのが司馬流か。龍馬とは直接顔を合わせるはずもない家老だからかな。読んでいるうちにいろは丸の事件が解決する所まで進んだ。

雨が小やみだったからひさしぶりにアキバまで歩く。地デジになったので、地デジ対応のDVD-Rを買っておく。50枚で800円。安いなぁ。
渋谷で先日現像に出しておいたフィルムを受け取ってから店に戻った。

雨は降り続いている。
6199歩 3.71km 57分 308.8kcal 7.8g

■2010/11/16 (火) 定休日

冬晴れの快晴。布団干し。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。自然に荷造りbotと化す。

仕事をしながら録音しておいたロケショーを聴く。最近はほとんど録音だけど、以前は生で聴くことが結構あった。それは釣りへ行く道すがら。大抵は日の出とともに釣り開始なので、未明の真っ暗なうちに釣り場まで移動していた。ワタシにとってロケショーはそもそもこれから釣りをするという高揚した気持ちとともにあった。
それでなのかどうか。マイクの前で喋っている二人が徐々に眠そうな声になっていく時でも別段眠くなることもない。今日もいつの間にか4時間分聴き終えた。

荷造り作業は昼飯を挟んで続行。昼飯を食べながら「スジナシ」を見る。大河内奈々子さん。今度はお化けかぁ・・・。女優さんって飛び方がスゴイな。

荷造り作業のあとは出品作業。先週買った分が追加されて明日から再開される通常市会へ行こうかどうしようか迷うところ。

夕食は鍋。だまこじるというらしい。秋田の郷土料理で、普通のご飯をつぶして丸めたものを入れる。「(娘が)全部ご飯をつぶして丸めて作ってくれたんだよ」と女房。きりたんぽよりお手軽でおいしさは変わらない。あったまったぁ・・・(^^)。もちろん、おいしかったぁー。
721歩 0.43km 7分 34.1kcal 0.7g

■2010/11/15 (月) 1日店

娘は土曜日の代休。

朝飯を食べながら龍馬伝。日本を守る、という大義のために幕府に大政奉還を、という龍馬だが、もしかするとドラマを見ているだけでは今一ピンとこない話なんじゃなかろうか。列強が当時清国で行っていた搾取のやり口が全く描かれていないので、外交オンチだった幕府になくなってもらわないと日本が守れないという龍馬の話に切迫したものを感じることができない。
こういうことを思うのは、「竜馬がゆく」では繰り返し列強の侵略する様子の描写があるため。忘れていても何度も思い出せるようになっている。
言い方を変えれば、映像化は必ずしも歴史をわかりやすく表現できる最も優れた方法ではない、ということ。まして今や世界中が見るTVドラマにするにはいろいろな意味で描写できない場面や言葉もあるはず。ん?・・・いや、歴史をわかりやすくするための映像化じゃないのか、このドラマは・・・(^^;。そこまで期待してはいけないんだろうね、きっと。
あと2回で終わりらしい。
「坂の上の雲」は正岡子規のエピソードが中心になるようだけど、原作からどこまで離れるのかしら、今回は。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで延々荷造り。まさに荷造りbotだ。ふるまうもなにも、bot化しなけりゃ終わらないよ!

10日ほど、胃痛の為にビールとコーヒーを控えている。それが効果あるのかどうかわからないまま、みかんを食べ続けている。ランニングはいつも通り。すると、何となく食欲が落ち着いてきた。もしかして、人間はそれほど食べなくても健康に生きていけるものなんじゃなかろうか、なんて思ったが、詳しいことは知らない。

午後は雨。夜止んだので、仕事を終えてから走ってきた。明日は晴れて寒いらしい。
9833歩 5.89km 75分 571.1kcal 20.3g

■2010/11/14 (日) 日本橋

9時起き。よく寝た。

仕事してから昼過ぎに出る。娘が「プールに行きたい」としつこい(^^;。
地下鉄の日本橋駅下車。今日は江戸橋ジャンクションを見たいと思いつつ、日本橋周辺の散策も。
日本橋たもとにある天松でランチ。もちろん一番安い天丼と天ぷら定食。この二つは天つゆの味が変えてあった。ワタシはあっさりした定食に付いてきた天つゆが好み。きすが美味しかった。
夜は、ランチにもう二品くらい追加されて倍以上の値段になる。

三越店内へ。普通のフロアには用がないから地下食料品売り場へ。たまたま高級和牛肉売り場前を通りかかると、なぜか人だかり。見ればやっぱり100gで2000円のお肉とか置いてある。うーんスゴイな・・・。
1階の吹き抜けにある吉祥天像とアンモナイト。ライオン像を見た。玄関の装飾はアール・デコ調と説明があったけど、イメージ的にはメリー・ゴーラウンドって気がする。

江戸橋方面へ。すぐ隣。でも、日本橋周辺の賑わいがウソのような静けさ。クルマは走っていたけども。川幅が急に広くなって、その先で高速道路はジャンクションを形成していた。なかなかの都市景観。川の水は案外澄んでいてボラが何匹も泳いでいる。と思ったら、川下り(?)のカヌーが二艘通り過ぎて行った。たもとにある三菱倉庫の建物は昭和5年に建てられたもので重厚な存在感。朴葉の落葉がいきもののようにうねっていて印象的。

川沿いの道を歩くと、首都高をくぐって東京証券取引所。思っていたよりも大きい。そばには明治11年建立の兜神社も。
鎧橋を渡って川っぺりを一回り。途中にあったスーパーでやきいも休憩を取る女性陣。目の前では工事中のビルが今にも上棟の梁を持ち上げるところ。クレーンの操作が難しそうだ。

日本橋まで戻り、歩いて東京駅まで行こうということになった。途中で丸善に寄ってしばし店内逍遥。娘は本当に本屋が好き。

東京駅まではそれほどの距離がなかった。ちょうど日没の時間。だいぶ様子が変わった八重洲口を見ながら山手線に乗った。
8668歩 5.19km 88分 400.4kcal 10.3g

■2010/11/13 (土) 文化祭

娘の通う小学校が文化祭。

こういう行事があるときは、全部見なくても必ず行くことにしている。いよいよ今年で最後になった。
娘の通う小学校はワタシの母校でもある。もっと言えばオヤジも母校でしかも第一期卒業生。ワタシは生まれてからこの場所を離れた事がない。
9時から発表が始まるというので、お茶漬けをかっこんで出かけた。駅へ向かう人の波を逆流して行く感じ。
学校到着。校舎に入ると、ワタシが通っていたころと様子はほとんど変わらない。急激な人口増加で、とうとう校舎を建て替える計画もあるらしいので、この姿もそろそろ見おさめなのかも。
生徒たちがおのおの今日の案内を持って廊下を移動している。娘のグループが発表する題は「日枝神社の山王祭」について。毎年8月13日から15日まで開催される地元神社のお祭りについての解説を皆で分担して説明していた。発表する方法も原稿も生徒たちが自分で調べて自分で組み立てる。先生はそれをチェックする。女房によれば、何日も前から娘は説明方法を考えている様子だったようだ。このプロセスが大事だと思う。

説明が終わったので、帰ることにした。土曜日は仕事が立て込んでいるもので。

まだ9時半前だったが、シャッターを半開きにしたまま荷造り作業開始。終えてからオークション出品作業、ツイートなど。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。仏像の背中クイズ。半分くらい当たった。弘法大師は難しかったなー。

16時過ぎに五反田までクルマで交換会での落札品を回収しに行く。積み込みを手伝っていただいた。ありがとうございました。
店に戻って積み上げる。今回はそれほど落札出来なかった。しょこたんと山田五郎さんのラジオを聴いているうちに18時を過ぎた。

夕食後はメール書き。終えて日記書き。点数が少なかったので少し早目に終了。
3885歩 2.32km 37分 186.9kcal 4.5g

■2010/11/12 (金) 五反田往復

快晴。布団も干す。

荷造り作業を終えたころに母親が店に来る。「昨日はおかげさまで、田部井淳子さんの講演に行ってきました」と感想が始まる。オヤジは口下手なので、もっぱら母親の話に同調するのみ。延々昼飯を食べる時間まで続く。いいかげんな相槌をうちながらほとんど聴き流す(^^;。
話のまた聞きってほとんどまともな話として聞こえてこないものだね。
「やっぱりあの人はすごいわよね。尊敬しちゃうわ」聴きとれたのはこれくらい。なぜなら、ここだけ何度もくりかえすから(^^;。

昼飯を挟んでオークション出品作業。ちょくちょく荷造り作業が入るためにはかどらず。昼飯を食べながら録画しておいた「スジナシ」石田えりさんの回を見た。不思議さんだった・・・。宇宙人てどうよ。

17時になったので五反田まで往復することにした。ラッシュに近い時間だった。上りはガラガラ。「竜馬がゆく」の続きを読む。竜馬がおりょうと結婚して霧島山に登りに行き、饅頭屋長次郎が切腹するあたり。つい夢中になり、大岡山駅と旗の台駅で危うく乗り過ごすところだった。やっぱい。

入札を終えて帰り途。さすがに暗くなったので有楽街は歩かなかったが、人が少なかったなぁ。そんなものかしら。帰りの池上線はかなり混んでいた。

店に戻って少しオークション出品作業をして夕食。
2743歩 1.64km 26分 133.0kcal 3.3g

■2010/11/11 (木) 店舗臨時休業

今日も快晴。

今日は店舗臨時休業。と言っても、仕事は休んでない。

一応、ウチの場合は、と話を限定するが、お店を開けていても閉めていても、売上げの数字に変化はない。お店の電気を半分消せるかどうか、の話。店舗の在庫は数年前から絞りに絞っており、現在も意図的に減らし続けている。
減らすのは長く棚に挿してあったものか、価格が低めのもの。あとは、時期を過ぎてしまったもの、ということになる。
徐々にそういう作業が進んだ結果、棚の純度がグンと上がってしまい、通りすがりで「お。古本屋か、覗いてみようか」という感じで入ってきた方には手に取る本が1冊もない、ということになる。
このあたりが非常に妙だと思うのは、先日行った渋谷の超大型書店と真逆の理由で「手に取る本がない」こと。
本屋もまた、超大型店と、ウチのような超小型店(比べるのもどーかと思うが(^^;)に徐々に二極化されて、手に取る本を探すにはソーシャルを検索できるスマートフォンが必要、という事態になっている。これって、今までは自分のカンを頼りにしていた方が自分を頼りにせず、ソーシャルに知識(経験)を外部委託したことによって引き起こされた事態なんじゃないかしら。
仮想現実が肥大化するわけだよね・・・。

リア充なオヤジと母親は、近所で田部井淳子さんの講演会に出かけた。二人揃ってハイキングが趣味だ。登山と言わないのは、麓から登るなんてことはせず、ケーブルカーやロープウェイやバスがあれば最寄まで何のためらいもなく使うから。たまに100枚単位でハイキングへ行ってきた写真(紙)を見せられる。デジカメで撮影した写真は風景もガッとエッジが立っている。
おそらく、明日は田部井さんの話をこれでもかと浴びせられるはずだ。

毎日PCの前に座って仕事をしていると、それが普通になってしまい、外に出ることが特別なことになっていく。
それは避けたい。
でも、PCの前に座らなければ全く仕事にならない。その葛藤がワタシの場合深夜のランニングになった。飛躍はしてないつもり。
随分釣りにも行ってないなぁ・・・。

PCを通じてお客様とのやりとりが普通になって来ているとき、ワタシはbotのように振る舞った方がいいのかどうか、について最近考えている。
今のところbotにはなりたくない、という想いを郵便物の”宛名手書き”で主張しているつもりだけど、そんなことは全く伝わっていないだろうな・・・。
11623歩 6.97km 91分 665.4kcal 27.8g

■2010/11/10 (水) 1日店

今日も快晴。

思うに、ワタシが子どもの頃はこういうあたたかい晴天って10月に続いていた印象がある。11月に入るとかなり寒くなっていた。今は正月が近くなってようやく寒くなる感じだろうか。まあ、暖房代がかからなくて助かるけど・・・。

荷造り作業を終えて、今日は交換会へ、と思っていたら、今週は交換会がずっと休会だったことに気がついた。あー、出かける前に確かめてよかった。実は過去に何度か古書会館に到着してから初めて休会に気がつくという経験をしている(^^;。なさけない。

というわけで、ツイートを終えてからはずっとオークション出品作業。本を仕入れなきゃ、と思う一方で、見回してみればまだまだ未整理の本はいっぱいあった。こんな時の為にご丁寧にストックしてある本まであったりする。なんだ、そのストックって(^^;。
商売は回転が命。というか、回転そのものだ。今ある本を全部売ってしまうつもりで今週はがんばってみよう。

郵便局へ本を出しに行くついでに果物屋さんでみかんを買う。この間は500円のかごを買ったので、今日は300円のかごにした。ん!今日は一個一個がやたらでかいぞ。200円の差はどこにあるのかしらん。
夕食後、食べてみた。500円の方は中の皮が薄くて食べやすかった。そんなわかりやすい違いがあった。
1319歩 0.78km 13分 63.1kcal 1.3g

■2010/11/09 (火) 臨時開店

快晴。強風。布団干し。

風に煽られて布団も揺れる。ビュービューと強い音。「木枯らし?」と女房。いやいや、南風だよ。「じゃ春一番だ」って、冬をすっ飛ばしてる!

オヤジたちが木曜日に田部井淳子さんの講演会に行く予定なので、いつもならお休みの今日は店舗臨時営業することになる。だからって何が変わるわけでもないのだけど、感覚的に今日が水曜日のような気がして仕方ない(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前に一段落。ツイート作業も終わり、あとはメルマガ。普段なら簡単にできる作業だが、今日はPCの前にオヤジが座っている。ちょうど昼飯を食べ終わって歯磨きを始めたころ合いを見計らってUSBメモリを突っ込んでデータを抜いた。エクセルで編集してからメルマガ原稿に貼り付ける。よし、昼飯前に作業は一応片付いた。
ラジオでは、強風のためにアクアラインが通行止めになっていることを報じていた。

昼過ぎ、一件大変な失敗をしていたことが分かり、対応に追われる事態に。幸い、時間は多少かかるものの、取り返しのつかない事態にまで至ることは回避された。ふいー良かった。その失敗を仕込んでしまった瞬間、一体何を考えていたんだろうなぁ・・・。胃が痛い胃が痛いと唱えながら作業をしていたのではなかったか。
とりあえず、胃痛を本気で治してやらんといかんな。
なくなりかけた薬を買いに薬局まで。

朝飯、昼飯、夕食、と三食食べたあとは欠かさずみかんを食べている。早く治るといいなぁ・・・。
375歩 0.22km 4分 17.6kcal 0.0g

■2010/11/08 (月) 1日店

快晴。布団干し。

オヤジは横浜の交換会へ。ワタシは朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
しばらくして、愛書会展の荷物が帰ってくる。ダンボール10箱。往復の荷物は前に比べて随分少なくなった。もちろん、たくさん持って行っても売れなくなったため、自然にこういう形になった。あっという間に運び終えた。
オヤジはダンボール箱に入れて本を運ぶので痛むことはないが、均一本は縛って運送にかけるたびにどうしても痛んでいく。痛むと売れにくくなるのは道理。そんな話。

昼飯を挟んで荷造り作業続行。どーんどーんと山が三つ。15時ころに追いついた。オヤジは昼前に帰って来て、16時ころに交換会の落札品を回収しにクルマで出かけた。

朝飯を食べながら龍馬伝を見た。”羅”馬の休日。おりょうとの今生の別れ。こういう人の奥さんになるのは大変だ。でも、そんな風に感じない強い女性として真木よう子さんは演じていたと思う。
それにしても、後藤象二郎といい、岩崎弥太郎といい、おりょうさんもそうだけど、みんな揃いもそろって目力の強い人ばかりだな・・・。
「風呂は熱いほうがええぜよ」、「風呂はぬるかったらいかんぜよ」の龍馬アドリブに本気で笑うおりょうさん。

夕食を食べながら、立花隆さんの推すアーカイブ番組としてアポロ11号月着陸実況番組、を見た。着陸の瞬間(とされている時間)は、延々ヒューストンの音声が流れるだけなので、スタジオで同時通訳と解説図を駆使して雰囲気を盛り上げようとしていた。また、各地と中継を繋いで街の声を聴いていたのだけど、その盛り下がりっぷりにびっくりした(^^;。N.Y.にも出てインタビューしていたんだけど、同じような感じだった。まだTV中継されることに慣れていなかったからか、ラジオでの実況を聴いただけだからか・・・。でも、終戦直後にあれだけ大騒ぎをしたアメリカでのドッチラケぶりは異常に見える。もしや、月着陸ってアメリカでは当時から疑われていたのだろうか。
月面活動のTV生中継場面での司会が鈴木健二アナだったり、コメンテーターとして岩城宏之さんや中村汀女さん、森英恵さんに高田好胤さんまで出ていた。なんだかどこまでもとっちらかっていた・・・。面白かったなぁ(別の意味で)。

40年という歳月の重さかな。
10700歩 6.41km 84分 616.4kcal 21.0g

■2010/11/07 (日) スカイツリー

前回行ったのはたしか正月・・・。

それも、浅草寺のついでだった。昼過ぎにでて、ひさしぶりに建設中のスカイツリーを見に行こうということになり、出かけた。

JRで両国駅下車。別に直下まで電車で行ってもしかたないので、少し離れた場所から歩くことにする。昼飯を食べているうちに14時近く。江戸東京博物館、東京都慰霊堂の横を通り、蔵前橋通りを右折して、あとは遠くに見えるスカイツリーに向かってあみだくじのように細道を選んで歩く。墨田区の道はキレイに東西南北直角に通っていて、高低差もない。
歩いていて、たしかこういう道ってほかでも歩いたことがあるなぁ・・・。と思っていたら、そうだ佃島の道だ。歩道に植栽があるところや、どこからか鶏の鳴き声が聞こえてきたりするところもそっくり。歩いていたら「もんじゃ」の看板が見える。やっぱりね。銭湯も健在。
年季の入った工場の煙突とスカイツリーの相似を楽しんだり。

直下の業平一丁目交差点から橋にかけてはものすごい人だかり。すごいなぁ。バスから降りてくる方もいるし、TV局の取材カメラもいた。見上げると497mの表示。充分高いけどまだまだ高くなるのね・・・。
あまり近距離だと撮影しようとしても引きが足りない。六人家族の方に「シャッターを押してください」と頼まれたけど、スカイツリーの全景と6人家族を一緒のフレームには入りませんよ・・・(^^;。

青空に鱗雲。スカイツリーをじっと見ていると、雲が流れることで相対的に「スカイツリーがこっちへ向かってくるように見えるよ!」と娘と女房。そんなことって・・・、ほんとだ!

橋のたもとで抹茶ソフトクリーム(かなりおいしい)を食べてから浅草方向へ移動を始める。途中途中の小梅橋や源森橋の上が撮影スポットになっていて、全身がすらっと見える場所にはちゃんと人だかりが出来ている。

リバーピアの角にあるパン屋さんを前に、娘がおなかすいたー状態になったので、おやつにパン。座ってひとやすみ。そろそろ夕暮れ。隅田公園を少し散策してから吾妻橋を渡った。たもとからスカイツリーが見えるから、やっぱり人だかり。実はスカイツリーって観光地・浅草の名物になるんじゃなかろうか。
10225歩 6.12km 102分 472.3kcal 12.3g

■2010/11/06 (土) 愛書会展二日目

今日も快晴!古書日和。

オヤジは朝から神保町へ行っているはず。ワタシは荷造り作業を終えてオークション出品作業。

いつもならコーヒーを飲むはずが、ちょっとまた胃が痛くなってきたので控えることに。そーなると心配になってくる眠気・・・(^^;。まいりましたね。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。近所のパン屋さんが全品3割引きのセール中だったらしい。ここでもコーヒー抜き。

午後はまるまるオークション出品作業。はかどらず。少し点数が落ちてしまった。まあ、こういう週もあります。母親に言われて、そうだ、胃にはみかんがあったじゃないか、と思い出し、薬と思って近所のスーパーで8個480円の西宇和みかんを買う。早速食べた。こりゃ甘くておいしい!

母親が夕食を食べてから帰り、ワタシは夜に備えて30分ほど仮眠。すぐに夕食。なんとロールキャベツ。ぴったんこカンカンを見た。

夕食後はオークション落札品のメール書き、を始めようと思ったら、ちょうどオヤジが愛書会展から帰ってきた。お疲れさまでした。「今回はウチが一番だったよ」とオヤジ。よかったね。

メール書きをしながらクラシックを聴き続ける。そろそろタマラジの時間だ、と思い、ラジコをつけると日本シリーズ中継。24年ぶりに日本シリーズで延長15回引き分け終了となる。大熱戦。明日が楽しみですな。
直後から始まったタマラジのゲストは真木よう子さん。龍馬伝トーク。

聴いているうちにメール書きも終わった。いつもお買い上げありがとうございます。
1164歩 0.69km 12分 54.5kcal 1.3g

■2010/11/05 (金) 愛書会展初日

快晴の空。

今日から二日間、神田駿河台下・東京古書会館にて愛書会展。朝からオヤジが行っている(はず)。
ワタシは留守番です。朝からとにかく荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
これから神保町へ行く途中に寄ってくださったお客様にお買い上げいただき、いつもかぼすをいただくお客様もひさしぶりに。ありがとうございます。ワタシは昼飯を挟んで延々荷造り作業を続けた。

16時ころにようやく一段落。オークション出品作業に以降。そうこうしているうちに、18時を過ぎる。シャッターを締め切らずにガラスドアを閉めておいたら、ご年配の方。なんでも、お家を建てなおされるので大量にある本を見てもらいたい、とのこと。場所を伺うとお近くだったのでそのまま一緒にお宅まで。うーん。残念ながら買い取り出来る本はなかった。

店に戻ると、ほどなくして夕食。食べながら「吹奏楽の旅2010」を見始める。インタビュー中に去年本選に出られなかったことを思い出しただけで悔しくて泣きだしてしまう女の子の本気。ワタシはこのシリーズが大好きだ。

21時過ぎにオヤジが帰ってくる。明日も頑張ってください。

とりあえず大岡山まで走ってきた。
11358歩 6.81km 90分 642.2kcal 28.7g

■2010/11/04 (木) 明日から愛書会展

くもり空。

朝飯を食べながら、ショパンTV。語り手は平野啓一郎さん。ウィキペディアには「19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行」とある。この作品を執筆する過程で描いたショパン像ということだろう。フランス人の父がポーランドで家庭教師の職に就き、ポーランド人の母親との間にショパンは生まれた。ピアノの才能を見いだされ、ワルシャワの劇場でピアノ協奏曲第一番を披露して大成功を収める。その後、ウィーンにおいて世界デビューを果たすが、ショパンのサロン的な演奏が大劇場には向かず、挫折を味わうことになる。その後、練習曲を数多く作曲しながらパリで再起をかける、といった内容。
ショパンの曲が収録されたCDの名盤が平野さんセレクトで紹介される。おもわず聴きたくなるなぁ・・・。アルゲリッチね。覚えておきます。

明日から愛書会展なので、オヤジと母親は会場の準備に神保町へ向かう。以前はオヤジ一人でやっていた作業だが、一人ではちょっと大変らしい。数年前にヘルニアの手術をしてからはこんな感じ。
でも、二人とも楽しそうだ。出かけるときの「じゃ、行ってきます」の声には”仕事しにいくんだぞ”オーラがいつも全く感じられない(^^;。

昼飯はうどん。店で一人食べる。荷造り作業の追加をぼちぼち作業しながら、オークション出品作業。先週中にたっぷり買った分がまだまだあります。
途中、愛書会展のご注文TELや、お店でお買い上げのお客様がご来店されたりして、作業は滞りがち。案外一人だと仕事に対して人数が足りてないんだな。そんなことを感じたりする。

夕食は隣で済ませる。子どもたちも大きくなったもんだな。なぜかこういう機会に改めて思う。
802歩 0.47km 7分 40.7kcal 1.0g

■2010/11/03 (水) 1日店

朝から快晴。布団干し。今日は祝日。

からりとしていてお出かけ日和。出かけたいなぁ・・・。って仕事です。

今週末は愛書会展があるので、出展荷物を店頭に積み上げて準備。昼前に運送屋さんが回収に来てくれる。いつもお世話様です。神保町を出るときに電話で知らせてくれてから40分くらいで到着。どうやら道はガラガラのようで。

荷造り作業はほとんどなく、朝からオークション出品作業。延々やっていたら本がドーンと積み上がった。こりゃ来週が大変かも・・・。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

腰痛のために休んでいたが、今日からランニングを復活。大岡山まで往復した。北風が結構寒かった。もう冬が近いのかしらん。

帰ってからふと思い立ち、関口良雄著「昔日の客」を読み始める。著者は大田区山王で古書店・山王書房を営んでいた方。馬込文士村に住んでいた文学者との交流話が、著者の端正で落ち着いた文章(情熱込)によって描かれる。
9375歩 5.62km 73分 536.1kcal 20.2g

■2010/11/02 (火) 地デジ化

いろいろとわからないことが多い地デジの件。

そもそもアナログ放送がどうして無くなってしまうのかがフニオチだ。そして、これだけネットが普及してもまだ放送をネット化できないのか、とも思う。

まあ、それはそれとして。
先日ポチっとしたBDレコーダーが昼過ぎに到着した。UHF電波と言っていたから、そのままじゃ映らないはず。とりあえず接続してみたら、やっぱり電波が来ていなかった。
以前買っておいたUHFアンテナを出して設置。そこからひゅるひゅると線を延ばしてレコーダーに繋げた。お。映ったぞ。でも、主要チャンネルの電波が「中」と表示されている。アンテナは鶴見の電波塔に向けた。ただし、その方向には高いビルが林立していた(^^;。
思い切って東京タワーに向けてみた。すると、ほとんどのチャンネルが「高」に変わった。さすが東京タワーだな。
電波領域の濃い場所であっても、周囲の状況によって受信しにくい場合も結構ありそうだ。濃いと言ったって濃さが見えるわけでもなし。
今回買ったBDレコーダーはP社製。端子が思っていたよりも多く、外部入力が2系統あった。ありがたい。今まで使っていたアナログHDDレコーダーと、まだ壊れてないVHSを繋いでおいた。これで録画したままためてあるHDD内の番組も見ることができる。

ただ、TVは4:3のアナログもののままなので、画面表示がデフォルトのままだとおかしい。人物がみんな痩せ型の人になってしまう。あれこれ説明を読んで切り替える。”ズーム”だったり”両端切り”をやると、痩せ型は解消したけど両側に映っていたの人物がいきなりハケて消えた(^^;。
どうにか”レターボックス”で表示される方法を探しだした。上下に黒帯が出来て切れる表示。これって説明書がなきゃ初期設定はムリだね。

せっかく地デジ化したのに、見ている番組はアナログ放送を録画しておいた「スジナシ」。まあ、ぼちぼち地デジ化しますよ。TV映像はゴーストが解消してすごくきれいに映る。

今日も腰痛の大事を取って走らず。
1567歩 0.93km 15分 74.6kcal 1.4g

■2010/11/01 (月) 晴れ

朝まで雨が降っていたらしい。

昼までには晴れた。でも湿度が高めの変な陽気。台風一過が一日ずれた。
朝飯を食べながら龍馬伝。龍馬包囲網とでも云うべき回か。お元の「誰もが笑って暮らせる国」の焦点は宗教統制なのか、身分制なのか。おそらく彼女にとっては一体のものだと思うけど。番組後の解説で明治6年にキリシタン禁制は廃止されるようだが。
でも、平等になることで利のある人もいれば、不利になる人もアタリマエに出る。たとえば、明治になって武士が廃止されたことで、いままでアタリマエにもらっていた扶持がなくなり、旧武士階級は困窮した。新政府の軍制に旧武士階級枠もなく、廃刀令も出て武士は”解体”された。その不満が渦巻き各地で乱も起こり、その流れは明治10年の西南戦争まで続くことになる。
”平等”は新たな不平等を生む宿命・・・か。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日は大量。心して作業。

先日の大型書店内を逍遥した時に得た気付き。あれだけ大量に本を見せられると、それが書店という印象を齎さないことがある、ということ。娘は入るなり眼を輝かせたが、それは例えば、入ったことのない図書館に行った時との差異は小さいのではないか、と思う。ハッキリ言えば、あれだけ本を集めてもやっぱり買いたい本は”ない”のね。
街の小規模書店で買いたい本がない、と思っていた人が、最大規模の書店に行ってもやっぱり買いたい本と出合えない。どうしてそういうことが起きるのか、と思っていたのだけど、そのひとつの答えが今週ずっと聴いていた文化系ラジオの中にあった。
初音ミクのライブのくだり。ライブ会場で生で楽しむよりも、ニコ動上でコメント付き映像を見て楽しみたい、というところ。自分自身の価値観で直にそのものを判断するよりも、ソーシャルによる価値観を優先する傾向が語られていた。
「ブ」で本棚を前にピコピコやっている人を見た事があるけど、あれはケータイで価格を調べている光景とはわかっていても、直に現物と対峙していながらソーシャルの価値観を優先している。同じことだ。
知らず知らずのうちに思考がネットによるソーシャルによって規定されているのかもしれない。当然いい面と悪い面がありそうだ。
あの人の意見、この人の意見。じゃあ自分はどうなの?という場面。検索によるソーシャルがアタリマエに過ぎる今の反動は起こるのだろうか。

ちょっと腰が痛くなったので、今日のランニングは中止。
508歩 0.30km 5分 21.9kcal 0.6g

2010年10月 < > 2010年12月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター