Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2010年08月

■甘露日記 2010年08月

■2010/08/31 (火) 定休日

朝から快晴。今日も暑くなりそう。

長期予報をみても、9月は確実に暑いらしい。もしや10月まで?Tシャツを着てたと思ったらいきなりダウンを着るなんてことに・・・? 恐るべし、ラニーニャ。

昨夜は走れなかったので「東のエデン」第三話、第四話を見た。物語の構造についての説明があったので、なるほどそうか、と。100億円を使って世の中を救うゲームに参加、という話だった。主人公はその12名の参加者の中の一人。記憶喪失になっていたのは、ゲーム中に”記憶喪失になりたくなるような出来事”があったから、らしい。
ゲームと聞くとウーンと唸ってしまう感じだが、映画やコミックなどで話の設定に使われることは少なくなさそうだ。ゲーム理論でググるとゲームについて数多くの研究がおこなわれていることが分かる。基本的には数学の一分野で、ウィキペディアには「ゲーム理論は経済学、経営学、心理学、社会学、政治学など社会科学への応用も多く見られ、特に経済学において大きな成功をおさめている。」とあるから、むしろよっぽど大真面目だ。
借りているのは今のところこの巻まで。続きはしばらく経ってから。

荷造り作業を終えて、オークション出品作業へ。いつも火曜日はグズグズになるのはなんでだろう。
17時過ぎに娘が宿題をしに降りてきた。今日も暑いからねぇ・・・。録音しておいた日十を聴いていたから、うるさくなかったかな? 停めてあげればよかった。

仕事は少し早目に終わったが、今日も大事を取ってランニングはお休み。身体が資本の商売なので、やっぱり体力つけないと、ね。これくらいの暑さに負けるようじゃ駄目だ。

メルマガを発行。いよいよ今週は愛書会展です。
998歩 0.59km 10分 46.1kcal 1.2g

■2010/08/30 (月) 1日店

朝から晴れ。今日も暑い。

朝飯を食べながら龍馬伝。薩長同盟の回。まさか同盟って口約束?って場面を見たあと、番組後に文書と坂本龍馬裏書きが紹介される。この歳になってこんなことを言うのもなんだけど、「坂本龍馬は幕末の英雄」という言葉は知識として知っていても、一体何をした人なのか、は「竜馬がゆく」を読むまでほとんど知らなかった(^^;。
高校生の頃の日本史では幕末から近現代史の流れに関して年号と出来事を覚えることが主体だったから、学生時代に知ることもなかった。
社会人になってしまえば、研究書なんてそうは読まないし、読みたい本はほかに出てくるし、日本史の本にまではなかなかアプローチしなかった。そう考えると、やはり歴史小説のような形で著されたものから幕末の流れを知るってことも仕方ない気がする。
ただ、今回の龍馬伝の描写には”列強の脅威”を具体的に絵で表現することは極力控えられていて、龍馬が繰り返す「日本を守る」という行動の大きな動機部分が今一つ伝わってこない。まして部分的に薩長同盟のクローズアップが続くので今は単純に幕府対薩長の内乱にしか見えない感じだ。
”列強の脅威”が感覚的に伝わらないと龍馬の行動がわからなくなるのは仕方ない。
そうねぇ。列強の脅威・・・。昭和の戦争を思い浮かべるしかないかしら。

で、昨夜は半額セールで借りてきた「東のエデン」の第一話、第二話を続けて見た。まだまだ導入部。自分の記憶を消した男と卒業旅行でワシントンに来た女子大生の出会いから話は始まり、二人で日本に帰国すると東京にミサイルが何者かから11発も撃ち込まれていて、にもかかわらず東京は平然と日常生活を続けている、という状況描写があった。
SF的でもなんでも、こういう極端な状況を設定すると何かが浮かび上がってくるもの。この場合、平然と日常生活を続けているという点が特徴的。おそらくこの物語の作者には今の日本がそういう国に見えるんだろう。早く続きを見たい。

月曜日なので発送点数が多い。いつもお買い上げありがとうございます。午後は出品作業。息子はまだ夏休み。娘はすでに学校が始まっている。明日から給食らしい。「今日は体育がプールだったー」と楽しそうに帰ってきた。こんなに暑いとワタシもプールに行きたいよ(^^;。

仕事中、腰にピリッと痛み。ランニングは大事をとって中止。
841歩 0.50km 8分 39.4kcal 0.1g

■2010/08/29 (日) 国際子ども図書館

昨夜は、つい遅くまで「サマー・タイムマシーン・ブルース」を見てしまった。夏の終わりに見たくなる映画。

今日は夏休み最後ということで、娘に行きたい場所はないか、とリクエスト。真っ先に挙げてきた「国際子ども図書館」へ行くことになった。

朝飯を食べてしばし仕事・荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昼過ぎに出た。目黒駅から山手線で上野駅。すでに13時過ぎ。昼飯をたべようと思い、エキナカを徘徊。うーん。どこも混んでて入れないね・・・。結局、おにぎりを買って公園で食べることになった。缶ビールも忘れずに。

公園口から出て東京文化会館前の木陰。人がひっきりなしに歩く場所の裏。案外風が吹き抜けて涼しい。遠く丸井の温度計は36度と表示されていたが体感温度はそれほどでもない。木陰の威力だなぁ。ミンミンゼミとツクツクホウシの声が聞こえてくる。ウチの女性陣はこういうとき並んで食べるよりも、たとえお安くても快適な方を選んでくれるから助かっている(^^;。

上野公園内。木陰と日向の温度差(^^;。少しでも木陰を探して歩く。大きなけやきがワッと枝を広げてくれてありがたい。

で、図書館到着。入場無料。なんと、明治39年竣工の旧帝国図書館の庁舎を改修して使っている。いわゆる”歴史的建造物然”とした外観。上野に似合うねぇ。
ただし、中はそれほど広くない。建物の説明が貼ってあったが、当初の計画では現況の4倍の床面積で竣工するはずだったものが造られなかった、とある(^^;。なるほど予算ですか。

3階で開催中の展覧会では、海外で翻訳・出版されている日本の絵本が展示されていた。そのセレクトで感心したのは、原爆に関する絵本が2点選ばれていたこと。理由はいわずもがな。

建物の外観だけでなく、内装も当時の意匠を丹念に復元しているようで、高い天井から下がるシャンデリア式ランプにも趣が感じられた。歴史的建物は壊して建て直す方法よりもこういう形を取ってもらいたいものだ。

1階にある閲覧室に並ぶ児童書を見る。女房も娘も図書館の虫。初めて来た場所なのに勝手知ったる調子で次々本を手にしていた。「あれもこれも読んだことある」と娘。
ワタシは藤井旭さんの惑星の本やら鉄道雑誌のバックナンバーを見たりして。「でんしゃでんしゃ」とか言いながら小さい男の子がワタシの周りで本を選んでいた。

帰りに上野駅前でかき氷。これがまたうまかった。
6043歩 3.62km 61分 275.5kcal 7.4g

■2010/08/28 (土) そろそろ

今日も晴れ。暑くなりそう。

こう毎日毎日同じような天気と猛暑が続いていると、今がいつなんだか分からなくなる。なんて思っていたら、もう8月も終わりだった(^^;。

そういう気分にさせる天気だった、としか言いようがない。実際、18日にお休みを取ってクラシックコンサートを聴きにいってから、出品点数が下がり、そのまま回復していない・・・(!)。夏休みモードになっていた、と言われても仕方ないだろう。

ま、確かに順にその週に何があったのかを思い出していくと、こりゃ仕方ないわい、って結論になってしまうのだけど、そういう”事情”は数字を考慮してくれない。やらねばならんのです。

そんな背景もあって、今日は午前中からカフェイン入り飲料を飲んで午後の眠気による時間効率低下にも備えた。おお。効果バッチリ! 驚くほど眠気がない。順調に数をこなすことができた。こなしすぎた・・・(^^;。来週がコワい。

お茶の時間、息子が買ってきた北海道土産を食べた。ホワイトチョコをうす焼きクッキーで挟んだド定番のお菓子。とてもリッチな味でおいしかった。お値段が12枚で800円なんだそうだ。お土産としてはちょうどこなれた価格かな、という印象はあるものの、たとえば地元のスーパーで北海道フェアがあって並んでいたら買える値段だろうか?と思った。
「なあんだ、買えるんだ」となると、とたんに購買意欲は後退する。そういう感覚は確かにある。
「いつでも買えるもの」には”今買う理由が必要”ってこと。「限定」とか「ここでしか買えません」って言葉はなんだかんだ言っても強いんだよね。

夕食を食べながら科学くん。いかにも夏休みな内容。終えてからオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

まだ夏休み仕様のため、今週は少し早目に仕事が終わった。来週からがんばります。
1310歩 0.78km 13分 63.5kcal 1.6g

■2010/08/27 (金) 店で仕事の1日

晴れ。今日も暑くなりそう。娘は今日から学校。

昨夜息子が修学旅行から帰ってきた。と思ったら、今朝は「起こさないで」ということらしく、朝飯も食べずに昼まで寝ていた(^^;。まあ、高校生の旅行なんてほとんど寝ないものだよな。ようやく家でゆっくり眠れるってことか。

荷造り作業は少なめ。とはいえ、大嵩が一つ旅立つ。いつもお買い上げありがとうございます。サっと梱包してパッとコンビニへ持って行った。
外は相変わらず暑い。

昨日は交換会で仕入れた本を持って帰ってきたので、今日はずっと店で仕事。通路をふさぐほど本が積み上がっている。そんな午前中、塚本邦雄の本を店頭でお買い上げいただいた。ありがとうございます。

昼飯を食べて降りると、ご夫婦でご来店のお客様。母親との会話。「甘露書房さんって閉店したって聞いたんですけど、営業してらしたのね・・・」って(^^;。どこでお聞きになったんでしょうかね?すいませんね。まだ閉店しませんので。
本も買ってくださった。ありがとうございます。
ネットでのご入金が少ない今日のような日はお店で売れてくれてホントにありがたいです。

午後、早速娘のお友だちが五人集結。スゴイな。エアコンなしの扇風機だけでスマンです。

夕食までオークション出品作業。嵩はある程度稼げたが点数は伸びなかった。

夕食を食べながら「スジナシ」でYOUさん出演の回を見た。ご本人曰く「コントみたい」な演技になってしまうらしいが、うーん、どうなんだろう。それも持ち味なのでは?

仕事を終えてランニング。ちょっと無理して距離をのばしたら、たちまちバテてしまった・・・(^^;。スタミナ切れかしらん。
12105歩 7.25km 104分 635.7kcal 28.1g

■2010/08/26 (木) 二往復

朝から快晴。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を終えてしばしオークション出品作業。今日も交換会へ向かう。
車中では筒井康隆著「パプリカ」の再読を開始。これがまた面白い。今敏監督「パプリカ」の劇中に出てくる「radio club」のバーテン役では筒井さんも声で出演している。
さすがに映画版では複雑な人間関係を大胆に簡略化して描いているが、原作は他人の夢を見ることができる機械:DCミニ開発をめぐる研究所内でのゴタゴタが軸。千葉敦子=パプリカが明確で、治療する相手は映画版では粉川に限られていたが、原作にはその点にも相違がある。

今日も大量出品。入札する前に昨日落札した荷物の嵩を確認する。・・・う。すでにカーゴ1台半以上あった(^^;。

昼飯を食べて、すぐに地下鉄。昨日に引き続き灼熱の中を散歩する気にならなかった。それよりも涼しい地下鉄車内で「パプリカ」の続きを読む方が楽しい。

店に戻ってしばらく仕事をして、今日のうちに荷物の回収へ行くことにした。もう落札品がリミットのカーゴ2台分に達してしまったため。

車中では録音しておいたラジオ。道はすいているようなすいていないような。結局1時間ほどで到着し、20分くらいかけて荷物を積み終えた。

夕食を食べていたら息子が帰宅する。ん。特に変わりがないようだ。少し表情が締まったかもね。とはいいながら「けいおん!!」を見る所は変わっていない。卒アルの写真って、ひとりひとり撮られたことなかったな・・・。

仕事を終えてから映画「パプリカ」を見た。面白かった。やはり原作とは雰囲気が違う。でも、活字では表現し切れない、色彩感覚、音楽、演出による魅力が加わって、原作と映画がワタシの中で融合する楽しさを味わうことが出来た。映画を見てから原作を読むとかなり楽しく読めるはず。
6604歩 3.96km 62分 327.7kcal 8.3g

■2010/08/25 (水) 交換会

朝から快晴。暑い。

朝飯を食べて仕事開始。メールチェックすると、息子の通う高校からメール連絡。北海道へ修学旅行中の様子についての連絡だった。どうやら連日悪天候。予定されていた野外活動を一部中止します、という内容。なんか大雨が降っているようだし、中止もやむを得ないだろうね。
本州が猛暑の時、北海道は梅雨のような天気になる。かといって、この時期に猛暑の九州をめぐるのも大変だろう・・・。ワタシが高校生のころの修学旅行は秋に九州を巡ったけどな。あの旅行は楽しかったなぁ。
息子たちは明日旭山動物園に行ってから夜には飛行機で帰ってくる。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。数が少なかったのでツイートと出品作業も少々。時間が来たから交換会へ向かう。先週は仕事をお休みしてモーツァルトを聴きに行ったんだった。

車中ではオケ本の続き。パリ管弦楽団の話でおしまい。やはりワタシのような素人にはベルリン・フィルとウィーン・フィルの対比や、実は歴史の長いニューヨーク・フィルの話が面白かった。
また、この本はカラヤンを一つの軸に置いた上で同時代を生きた指揮者の動向を追っていた。どこの国のオケを誰が指揮するのか、という点は、冷戦終結前の”歴史時代”においてその指揮者の実力以外の要素(特に出自や経歴)もかなり作用していたらしい。これは興味深い指摘だった。
案外こういう本を読んだ勢いが仕入れに微妙に作用したりするから面白い・・・(^^;。

神保町は灼熱。青空と容赦ない照り返し。まぶしくて思わず右手を翳した。そんな白昼、靖国通りを向こうから一人で歩いてくる女性がなんだか楽しそうに笑っていた。・・・なんで?

店に戻ってツイッターを見ると、映画「パプリカ」や「千年女優」を監督された今敏さんが亡くなられていたと記述があった。驚いた。すでに次回作の制作が進んでいる中でのことらしい。とても残念なお知らせだった。

仕事を終えてから走ってくる。そのあと動画サイトで「パプリカ」のオープニングを見たら原作本をまた読みたくなってきた。明日から読もう。

筒井康隆全集はやっぱり「虚人たち」でいったん挫折かな・・・(^^;。
12150歩 7.29km 104分 648.0kcal 27.1g

■2010/08/24 (火) 定休日

今日も晴れ。

幾分涼しい感じ。と思いながら寒暖計を見ると31度。身体って慣れるものだな、と思う。

朝飯を食べ終えて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ドンドンと積み上がる。
昼前にツイート。先週コンサートを聴きに行ったため、丸一日分の仕事が抜けてしまっていた(^^;。その分がんばってやればいいのに、そこまで気合いが乗らない夏・・・。

荷造り作業の合間にメールマガジンを発行。いつの間にか500号。週に一度出してきたので、少なくとも9年以上続けていることになる。以前ほど新入荷本の掲載が多くないため、メルマガを発行することによる効果は感じにくくなっている。

午後はオークション出品作業。店にエアコンをかけていると、眠くなったりする(^^;。

作業しながらラジオ。録音しておいた日十を聴いていたら、安住アナの独身生活についての生々しい描写が。って生ごみの話だけども。ゴミ収集が週に二回しかないため、放置すると腐る夏はしかたなく生ごみを冷凍庫で保管するという。難儀だねぇ・・・。

夕食時に録りためた「スジナシ」を見る。小池栄子さんの回。脚本なしで泣けるってスゴイな・・・。

720歩 0.43km 7分 32.3kcal 0.8g

■2010/08/23 (月) 1日店

晴れ。暑い。

昨日から息子は高校の修学旅行で北海道へ行っている。なんだよ、もう飛行機乗ってんのか・・・。ワタシの飛行機初体験は社会人になってから。
何の連絡もない所をみると、どうやら無事らしいね。よかった。

朝飯を食べて仕事の予定しかない。高校野球もおわったしなぁ・・・。もう夏は終わりでいいよ、的な想い。そんな気持ちとはウラハラに、今日も暑さがぶり返している。今週はずっと暑いらしい。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ツイートを終えてから昼飯。午後はオークション出品作業。本は売るほどあります。

昼飯の時間と、夕食の時間。録りためた「スジナシ」を見る。古田新太さんの回は面白かった。あれだけの役者さんなのに緊張しいって・・・。鶴瓶さんと二人で関西弁だから、なんか芝居の波長が合ってたみたい。不自然さが全くないのがさすが。電話のシーン(逆切れ三連発)には笑わせてもらった(^^)。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えて走りに出る。風はあるものの、湿気もあるなぁ・・・。汗がだくだく出た。
走りながら録音しておいた福山雅治さんのタマラジを聴く。ゲストに大泉洋さん。昨夜見た「龍馬伝」での長次郎切腹シーンとは真逆な印象を残すお人柄・・・。明るいってことですよ。

シャワーを浴びてリラックスしてから、借りたDVDで「SP」のエピソード4を一気に見てしまった。まるで映画のように見えるのは、演出がいいからか、音楽が良いからか。大場所を使ってたくさんのエキストラを動員しているから雰囲気がいい。そういう空気感はちゃんと画面に写っていると思う。撮影は大変だっただろうなぁ。
初回から張られていた伏線をキレイに回収して完結。そして、「大義のためだ」と「つづく」の文字で新たな展開を置いて終わっていた。映画公開が待ち遠しい。
9300歩 5.57km 76分 517.5kcal 17.8g

■2010/08/22 (日) 丹沢

朝4時起き。

一か月ぶりの丹沢釣行。思えば、昨年の今頃は家族旅行の途中に丹沢へ行き、バーベキューとニジマス釣りを楽しんだのだった。あれからもう1年も経つのか・・・。

コンビニで朝飯におにぎりとサンドイッチを買う。時計はちょうど5時。駅はすでに始発電車を受け入れる体制。ほどなくしてホームへ急ぐ方が数名。始発で帰る人、ではなく、明らかに始発で出かける人たちだった。

少しひんやりする。ラジオはトランスミッターで飛ばしたiPod。ただし、録音しておいたラジオ番組を聴く、というややこしい話(^^;。東名高速川崎ICまでは15分。東名はすでに結構な量のクルマが走っている。途中、中井PAでいったん休憩。念のため、カフェインの入った目ざましドリンクを買って飲む。

釣り場到着は6時20分頃。駐車場はガラガラ。早速ウェーダーを履き、長袖シャツをひっかける。前回は腕が日焼けで真っ赤になってしまった反省から。受付で料金を支払って早速釣り開始。数日前にかなり激しい夕立があって水量が多少多目で流れが早いという説明を受ける。
早速何度かアタリをもらうものの、乗らず。日が昇ってきたと思ったら、アタリさえなくなった。ん?そういえば水が濁ってきたな。周りに人が居ない。夏ってこんなにすいてるんだ・・・。

その理由はズバリこれ。釣れないってこと(^^;。

今フライで釣っている場所は、昨年の旅行でバーベキュー・エサ釣り・川遊びした場所のすぐ下流にある。つまり、すぐ上流にドッと人が繰り出す夏場は、フライ釣り場の水が常にこういう状態になる、ということだ。
ま。去年楽しませてもらった分のお釣りのようなものか・・・(^^;。
汗だく。とにかく暑い。

周囲四方からミンミンゼミの声。まるで川の流れの音を搔き消そうとしているかのような勢い。14時を過ぎたころに積乱雲が上空に現れ、雨がぽたんぽたんと落ちてきた。ここで気持ちが切れて納竿。一応釣果ゼロを免れたけど、20cmが1本では写真に残す気にもなれなかった。

朝一はガラガラだった駐車場は満車で、ワタシの停めた場所の通路も観光バスが8台停められて埋まっていた。河原には日よけテントがたくさん。そして、楽しそうに川遊びする家族連れ。これで水に濁るなっていうのは酷な話だ。あきらめがついた。今度は10月に来よう。

日記を書きながら、アタマの中でミンミンゼミの声が鳴きやまない(^^;。
6427歩 3.85km 64分 302.0kcal 7.9g

■2010/08/21 (土) 花火

くもりがち。朝晩は少し涼しくなってきた。

朝飯を食べながら、6月に放送された坂本龍一音楽教室を見る。ドラム、ベース編ということで、高橋幸宏さんと細野晴臣さんが出演。それぞれ、ドラムとベースについて語る。面白い。もっと早くに見ておけばよかった。各回の最後にYMOが演奏をする。かつては電子楽器を駆使しての演奏が印象的だったYMOも、歳を重ねた現在はアコースティック(とまではいかないが(^^;)系の編成で、グルーヴ感を大事にした演奏へと変化していた。実際に番組中で坂本さんは「若いころの音はとても攻撃的だった」と語っていた。歳相応にやわらかく音楽に接せるようになって、細野さんともども喜んでいるようだった。
そもそもYMOが電子楽器を使うようになったのは、ミュージシャンとしての演奏技術の点ではとても欧米のプレイヤーに敵わないと考えて、正確無比な演奏ができるコンピューターを使った、という趣旨だった。幸宏さんもつぶやいていたけど、「この歳になってようやくこういう演奏を楽しめるようになった」と語っていた。興味深い話だった。

仕事を終えて、少し早目の夕食。今日は多摩川花火大会がある。19時ころに出て河原へ急ぐ。娘が花火の音を聴いて「ほらもうやってるよ。早く行こうよ」と急かした。天神町から河川敷に出る。ちょうど連発花火がひとしきり終わるところ。土手の上、河川敷と人がいっぱい。とはいえ、みなさんすごくゆったりと間隔を取ってめいめいのスタイルで花火を見物していた。涼しい風が吹き抜ける。持ってきた団扇は全く必要なかった。
20時ころに特大の連続花火で今年も終わった。甲子園の高校野球も今日終わったし、なんだか夏が終わっていくね・・・。
4859歩 2.91km 44分 243.7kcal 7.1g

■2010/08/20 (金) 神保町二往復

涼しい朝。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

ツイートを済ませてから昼過ぎに出る。今日も交換会へ。今週は1日仕事を休んだ日を作ったせいで、作業が思ったほど進んでいない(^^;。ま、夏休みということで。

車中ではオケ本の続き。オランダのコンセルト・ヘボウ、イスラエル・フィルの項を読む。どちらもカラヤンと縁の薄い、もしくは縁の全くないオケ。この本からは政治(国家体制)とオーケストラが非常に密接に結びついていることがよくわかる。芸術、特に美術と音楽は国家の”格”を上げるものという認識があるようだ。そういう観点で各国の国歌を聴いてみるのは意義のあることかもしれない。
それにしても、指揮者とはなんて国際的な立場なんだろう、と思う。客演という形で有名なオケを指揮してまわっている。もちろん、”本拠地”として活動を主にするオケはあるのだが。カラヤンはベルリン・フィルは”本妻”、ウィーン・フィルは”愛人”と語ったそうだ。

入札を終えてから昼飯を食べてすぐに店に戻る。荷造り作業をしてから再びクルマで神保町へ。
修理に出していたクルマをディーラーで受け取って出発。道はすいていたが、途中の麻布十番で大渋滞。二の橋のずっと手前から動かない。原因は麻布十番祭。スゴイ人出だった。
抜ければその先はガラガラ。夏休みの道に戻っていた。

落札品は二日間でカーゴ1台弱。簡単に積み込み終える。帰り道は麻布を避けたので40分ほどで帰ってきた(^^;。

ビデオ屋さんで「SP」のDVDをやっと借りられた。夕食後に早速観賞。
もうすぐ映画版公開のはずだけど、やっぱりアクションの度が拡大してヘリが飛んだり、ド派手に爆弾が爆発したりするのかな・・・。そういう方向性じゃないと思うんだけどな。
6021歩 3.61km 56分 301.6kcal 7.4g

■2010/08/19 (木) 交換会

くもり空。少しは涼しいかしら。

朝飯を食べて仕事を始めると、みるみる晴れてきた。やっぱり暑いようだ。

一通り荷造り作業を終えてひさしぶりに交換会。車中では去年一度読んだきりになっていた「世界の10大オーケストラ」を読み直す。情報量の多い本は一度読んだだけではアタマに定着しない。二度三度読まないともったいない。
ベルリンフィルまで読み終える。なるほど、フルトヴェングラー。そうだったか、カラヤン。

電車に乗るとガラガラ。世の中はまだ夏休みってことを実感する。地上に這い出ると神保町は照りかえしで灼熱。入札を終えて昼飯。神田駅まで散歩。日向には人が居ないや。

靖国通りを渡って中央通りの2本筋違いを歩く。例のミルクホールのある通り。人影まばら。でも、ミルクホールにはお客さんがたくさん入っていた。すげえな。いつも外を素通りしかしないけど一度くらい入ってみようかしら。
多町二丁目を通って神田駅前。再び地下に潜る。本を読んでいるうちに渋谷駅到着。駅構内が一番暑い。逃げるように東横線。

店に戻ると、頼んでおいたCDが届いていた。すべて小澤征爾さんのもの。75歳記念の11枚組CDを筆頭に、サイトウ・キネン・オケ「ベートーヴェン交響曲5番、7番」、ベルリンフィル「チャイコフスキー4番」の3組。11枚組はバルトーク、ベルリオーズ、マーラー、武満徹、バッハなど、ワタシが聴いたことない曲ばかり。どこまで聴けるだろうか。世界は広がるだろうか。世界は変わるだろうか。

オークション出品作業をしながら、早速チャイコフスキー4番を聴き始める。カラヤンのものしか聴いていなかったワタシの幅がそもそも狭すぎたわけだが、かなり印象の違う演奏だった。そのままベートーヴェンまでなだれ込み。サイトウ・キネン・オケの演奏は音をハッキリさせようと意識していてる印象。真顔で聴いてしまった。

仕事を終えてから今日はランニング。外は風が吹いて涼しかった。
12633歩 7.57km 111分 655.7kcal 23.1g

■2010/08/18 (水) モーツァルト

晴れて暑い。

朝飯を食べながら「けいおん!!」を見る。学園祭のライブ。新曲披露。発売されるらしい・・・。高校生活最後のライブが大成功。ピークを感じることは同時に終わりをも感じることになる。

今日は有楽町までモーツァルト特集のコンサートに出かける。実は5月にチケットを取っていた。小林研一郎指揮、東京交響楽団演奏による。ピアノ協奏曲第20番、交響曲第40番、レクイエムという豪華プログラム。毎年一度、一人千円で入場できるので楽しみにしていた。一昨年はベートーベンで、去年はチャイコフスキーだった。
今年も息子を除く5人で。昼飯を出かける前に食べるオヤジたちとは別に3人で先に出る。有楽町駅でゆっくり定食の昼飯を食べてから会場入り。すでにオヤジたちは席に座っていた。
1階席の前から36番目だが、ステージの真正面。この列より前はスポンサー席なので、一般は買えないようだ。開演の14時になって、ご案内役の三枝成彰さんが出てきてモーツァルトの話を。
ピアノ協奏曲のピアノは小林亜矢乃さん。指揮者の娘さんなのだとか。終始なめらかに流れる指、という感じ。人の手は鍛えればあんなに自由に動かすことができるのね・・・。第二楽章は映画「アマデウス」のエンドロールで静かに流れていたあの曲だった。

「名曲と呼ばれる曲のほとんどは短調で書かれています」と三枝さん。今日の演目は3曲とも短調だった。なるほど、そういう構成方法もあるのね。
交響曲第40番は聴けばだれもが知っている曲。そうか、これもモーツァルトだったのね、という印象を持つのでは。

休憩をはさんでいよいよレクイエムが始まる。オケの向こう側に雛壇が設置されて、混声四部合唱が加わり、指揮者のすぐ前にはソプラノ、アルト、テノール、バリトンのソロ歌手さんが座った。一気に舞台上の迫力が増す。モーツァルトの”絶筆”たるレクイエムはこんな大編成で演る曲だったのか・・・。

映画「アマデウス」の中で、死にそうになったモーツァルトとサリエリが口述筆記で曲を書いていく場面がある。あれは映画のための創作エピソードらしいが、書いていた曲はこのレクイエムだった。あれほど興味をそそられる演出もなかった。いろいろ映画のシーンがアタマの中に浮かんでは消えていった。また近いうちに「アマデウス」を見ることになるんだろうな・・・。
今年のコンサートも楽しませてもらいました。

仕事を終えてから大林宣彦監督「異人たちとの夏」を見た。
3751歩 2.24km 37分 174.3kcal 4.3g

■2010/08/17 (火) 定休日

朝からすごく暑い!

夜中に全然気温が下がらない。天気予報によれば今日あたりがピークで明日から下がってくるらしいが、本当だろうか。

そんなかすかな希望に光明を感じつつ(オオゲサ)、朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

店が休みなので、週末に録りためたラジオを聴きながら作業。まずはロケショー。これは長い。4時間もある。当初2時間だった番組が改編の度に変更を重ね、3時間半に長くなり、その後3時間に短縮されて、現在は4時間。おそらくかなりの人気番組だと思うけど、土曜深夜なのでスポンサーは付いていないらしい。その方が番組を作りやすいとロケ兄は言う。
そもそも深夜番組を昼間聴くことにはちょっとした無理はあるけど、定休日だとシャッターで外の光は入ってこないから雰囲気は夜と全く変わらない。
今日はダジャレ選手権。ネタを読むごとに風鈴がちりりーんと鳴る(^^;。このすべり感がなんともすずしい・・・。

そのまま続けて福山雅治さんのトーキングFM。こちらは日曜の16時。ゲストに余貴美子さん。龍馬伝のネタで盛り上がる。
続いて福山さんのタマラジ。先週の土曜日は仕事が思ったより早く終わり、早目に休んだため、リアルタイムで聴いていなかった。高橋克実さんがゲストで、やっぱり龍馬伝のモノマネ話で盛り上がっていた。高橋さんはショムニに出演されていたときにはまだ役者業とは別にアルバイトをされていたのだとか。へぇー。

TVとかDVDをつけてしまうと、ついつい画面を見入ってしまうため、仕事中はもっぱらラジオです。

店はエアコンをつけているので、火曜日は娘が宿題をやりに降りてくる。でも、涼しいと眠くなるらしくて、結局能率はあがらないらしい。難しいね。
エアコンのある店と、エアコンをつけない場所で10度くらい気温差がある。我慢してないでつければいいのに・・・。

仕事を終えてからランニング。大汗かいてTシャツが絞れるほど。それが気持ちいい。
9245歩 5.54km 75分 513.0kcal 23.2g

■2010/08/16 (月) 暑い日

朝から暑いが合言葉(^^;。

昨夜から気温が下がらない。部屋にある寒暖計は朝なのに35度を超えている(!)。壊れた?どっちが?どーなってんのー?

朝飯を食べながら龍馬伝を見る。長次郎活躍の巻。英語が出来て軍艦のことが分からない人と、英語はしゃべれないが軍艦について詳しい人。グラバーとの商談はどうにかまとまった。英語が出来て軍艦に詳しければおそらくこの場合には最強だろうけど、この時代だと確実に要注意人物になると思う。少なくとも行動が大きく制限されるだろうねぇ。

いそいそと仕事場へ。ここにはエアコンがある(^^;。助かったー、な気分。早速荷造り作業開始。月曜日なので発送荷物多目。

昨日里帰りしてきた母親が一日実家で過ごした時間を一人語り。母親(ワタシの祖母)から自分の出生についての話を聞いたときには涙がこぼれた、という。戦争中の生まれ。四国から出てきた父親と神奈川出身の母親。結婚を許される前に生まれたワタシの母親は、二人が許されて入籍したと同時に出生届。「そんなことアタシ初めて聴いたのよ。(涙)」

午後はオークション出品作業開始。やっぱり今日もはかどらない。夏は駄目だねー。もうこうなったら駄目を受け入れますよ。

女房と娘と、昨日見た「トイ・ストーリー3」についていくつか話。彼女たちは、ワタシが「踊る大捜査線3」を見ているのと平行同時に「トイ・ストーリー3」を見ていた。
「感動系だよね」と娘。「KENがおっかしかったよねー」と女房。確かにー(^^)。3Dとは関係ない話だけど、人形を描くときの”質感”を動いている時と、人形としてふるまっている時とで区別していたのがスゴイと思った。細部まで緻密に作りこんでいるなぁ。というのが正直なところ。でも、実際に制作している人たちは3D上映のことをどう思っているのかしら。
そうそう、たまたまアニメで3D版を見たから思ったんだけど、今度の新劇場版エヴァンゲリオンは3D化されるんでしょうかね。まさか、と思うけど、ひょっとして・・・(^^;。ナイナイ

夕食は汗をふきふきそうめんを食べる。録画しておいた5億円の自宅TVを見る。食べ終わってオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

小澤征爾さんのチャイコフスキー5番を聴きながら作業していたらついつい走りに行く時間を過ごしてしまった。
なあんて。あんまり暑いからしばらくお休みしてるのよ(^^;。
906歩 0.54km 9分 40.4kcal 0.9g

■2010/08/15 (日) 3D映画

晴れ。朝から暑い!

日曜日でお休みだが、女房と娘は「暑くてでかけたくない」とストライキ宣言(^^;。そういえば真夏に一人でどこかへ出かけた思い出がいくつかあるな。岡本太郎美術館・記念館や六本木ヒルズで開かれたル・コルビュジェ展とか。
そんなわけで、今日は単独で出る予定。朝飯を食べて、荷造りを終えて、川崎へ向かった。

ポイントが貯まっていたので今日は無料で映画が観賞できる♪ ずっと一度は体感してみないと、と思っていた3D上映の映画を見ることにした。「トイ・ストーリー3」。とりあえずチケットを買ってから昼飯を食べに近所をブラついた。・・・うあ。外は灼熱だ(^^;。同じアーケードにあったラーメン屋さんへ。エアコンのよく利いた店で食べるラーメンの贅沢ったらないね。

食べ終わったらすぐに映画館。3Dメガネを渡される。いつもの「生肉!」と「銀行の残高を確認する」の宣伝をみたあと、「メガネをおかけください」の案内が出る。それから先はすべて予告編も3D映像。実写映画のものもあったから見え方のいい参考になった。なるほど、案外自然な感じで立体化されているな・・・。

本編の前に前説的に「夜と昼」が1本挟まれていて、3Dに慣れた?というタイミングにしてから本編に入る。3DCG映画の元祖たる「トイ・ストーリー」の完結編。持ち主が成長して大学生になり、おもちゃを手放す時期が近付いたときに当のおもちゃたちはどう思っているか。そういえば考えたことないな・・・。お蔵入りしてその持ち主の子供が生まれた時の復活に賭けるのか。ゴミとして捨てられてしまうのか。おもちゃとしてはやっぱり遊んでもらいたいんだよね。そりゃそうだろう・・・。
おもちゃって誰もが成長するときに通過するもの。画面の中に「自分」を投影しやすい。ワタシも小さいころはミクロマンとかぶん投げて遊んでたことを思い出すなど(^^;。面白かった。

で、3Dの件。画面が早く動く時に少しちらつく感じあり。それもいつの間にか慣れた。途中から3Dであることが普通になると、逆に2Dでも3Dでもどちらでもいいかな、という感覚になるから不思議。おそらく2D上映でもアタマの中で疑似3D化して見ることが出来ていたのでは?それだけストーリーに入り込めたのかも。いずれにしろ、あとは好みの問題かな、と。
ただ、メガネの幅がキツくて見ている間ずっとコメカミが痛かった・・・(^^;。

Bカメラに寄って、本屋さんに寄って帰る。
7073歩 4.24km 69分 343.8kcal 8.6g

■2010/08/14 (土) 1日店

くもり空。

蒸し暑さが戻ってきたかんじ。なんとなくはっきりしない天気ながらも、やっぱり夏の暑さ。今日は外に出る予定もなく、朝から仕事。

早々に荷造り作業は終わり、あとは延々オークション出品作業。昨夜は案外眠れたようで、アタマはそれなりに回ってくれた。ありがたい。あとは手が回ってくれれば・・・(^^;って、おい。

昼飯の時間、お茶の時間と合間合間に高校野球を見る。なんと2回戦なのに大差が出る試合なんてあったりして。何が起こるかわからないねぇ。

夕食後はオークション落札品のメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。BGMにカラヤンのブラームス1番。夏はなぜかクラシックが聴きたくなる。

仕事を終えてから細田守監督「サマー・ウォーズ」を見た。面白かった。一気に最後まで。現実世界とネット世界。本人とアバター。この描き方の区別には相当気を使ったのではなかろうか。ネットが普及を初めてわずか15年しか経っていないのに、このお話が実感を持って見られることの不思議さを思う。おばあさんがPCさえ使わないリアルの”王”で、高校生がネットに精通という設定は、よく考えたら今しか描けない。黒電話を駆使しておばあさんが各方面を励ます場面と、それによるマンパワーで混乱がいったん収拾されるという状況も、ひょっとしたらこれが最後か、なんて気もする。
ネットを押さえられてしまうことですべてがマヒする、というのは、現在においてどれくらい真実なのだろうか・・・。と書きながら、ウチの仕事はたとえばメール1本届かないだけで仕事が進まなくなる(^^;。ネットへの過剰適応が心配といえば心配だが、だからといってネットなしの商売はもはや考えられない。もちろん、輸送というリアルが伴って初めての結果であるが。

夕方のラジオでネットの無料ビジネスについてやっていた。今までは99%の無料ユーザーを支える1%の有料ユーザーが居た状況だったものが、現在は成り立たなくなっている、という。それは分母たる日本語ユーザーがこれ以上増えないからだ、とのこと。英語圏は全世界が相手なので分母が大きく99%対1%の比率が維持できているようだ。公用語を英語に、という話をネットがらみでちょくちょく聞くことが増えたが、そういうことのようだ。

それこそ、「Oz」が実現している”翻訳”機能によって、ネット上であれば瞬時に母国語で会話が成り立つようにできないものかしらん。なあんて。
1520歩 0.91km 15分 73.3kcal 1.8g

■2010/08/13 (金) プール

ループじゃなくてプール。

朝は早起きして、通勤電車に揺られて終点まで。満員電車ではなかったけど、普通に混んでいた。車中ではちょっと思い立ってオーケストラの本。
電車を乗り換えて郊外へ向かう路線に。こちらはさすがにガラガラ。一駅で降りるともうゲートが開いていた。ここにプールで来るのは初めて。
なんと、スイカで決済すると入場料が400円も安くなる(!)。もちろん適用してもらった。
さすがに朝一で来たから、巨大なロッカーはまだガラガラ。余裕で着替えて外に出る。くもり空だ。何年か前に行ったサマーランドは着替えさえままならず、大変なメに遭ったっけな。
まだ日陰に敷物を敷く余裕あり。早速荷物を置いて流れるプールへ。ああ、ひさしぶりのプールだ。それほど気温が高くないため、水が冷たく感じる。まだ人が少ないということもあるかしら。ビーチボールにつかまってプカプカ浮いている。そのままスーッと流されていく体感はほかでは得難い。
娘はスイミングで習ったバタフライやらクロールを披露してくれる。自分の得意技をまだ親に見てほしい年齢。そりゃ親は褒めるぞ。貶すことはしないし、励ましもする。その感じに早く気付けよー。

11時ころに少し早目の昼飯。各所に設けられたラーメンとうどん、やきそば売り場にはまだ人も少なく、配置されたアルバイトさんもまだ暇そうで、注文するとうれしそうに対応してくれた。食べているうちに11時半となり、あれよあれよの間に売り場は人だかり。現場はてんてこ舞いだろうな・・・。ちょっと時間をずらすだけですべてが快適に。ラーメンは普通においしかった。

午後は混雑してきた。流れるプールも人が増えて、ただ水に浸かっているかんじになった。水温もぬるくなり、むしろ気温が下がっていて、水から上がると風が寒いほど。14時に上がることにした。着替えて外に出ると空はかなりどんより。とりあえずビールを飲んでベンチで一休み。ソフトクリームを食べたらすぐに帰ることにした。
ま。天気はいまいちだったものの、夏休みのお出かけはクリアできた・・・。

帰りの電車は座れたので居眠り(^^;。おかげで(?)店に戻ったらすぐに荷造り作業を始められた。ドンドンドーンと山が出来た。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食を食べながら八ヶ岳の風景を見て、再び眠くなる(^^;。日付が変わってから日記を書き始めた。
4525歩 2.71km 43分 215.4kcal 5.5g

■2010/08/12 (木) 台風接近

台風、といっても、日本海を通って東北地方へ向かっている。

朝は晴れていたが、徐々に雲が広がり、雨が降り始めた。風が強くて涼しかったのが幸い。これくらい風があれば気温があっても別になんともないことが分かった。

ついつい合間合間に高校野球を見る。相変わらずどのチームが試合していようがお構いなし。見ればだいたい見せ場が来る。なんでだろう。見せ場に見えてくるのが不思議。展開が早いからだろうか。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。ラジオでは交通情報。渋滞が結構ある。やはり夏休み。

午後はオークション出品作業に移行。なかなかはかどらないながらも進めて行く。

仕事を終えてからDVDで押井守監督「スカイ・クロラ」を見た。この映画は公開時に劇場に行って見ていた。DVDで見たら、随分忘れていることに気が付いた。
前半のゆったりした時間で描かれる中にいろいろな伏線が仕込まれて、後半で一気に拾っていく。最近はやたら伏線めいた描写をちりばめておいてほとんど回収しないで終わらせる作品もあったりするから、比較的オーソドックスな作りをした映画だったといえるかもしれない。
物語には巨大なループとルールが組み込まれている。キルドレは死なないというループと、ティーチャーに子供は勝てないというルール。ただし、戦死するとキルドレは死んでこの(絶望的な)ループから抜け出せるのだとか・・・。
劇場で見たときよりは落ち着いて観賞できた。だからどーしたって話かもしれないけど。
617歩 0.36km 6分 29.1kcal 0.3g

■2010/08/11 (水) 夏休みかぁ

朝起きたら女房と娘は映画へ出かけていた。

今日はレディースディだから安いんだね。アリエッティらしい。びっくりするくらいの快晴。朝飯を買いにコンビニまで。コーヒーを淹れて息子と二人で朝飯。息子はPCとペンタブでイラストを描いていて、紙に打ち出した絵を見せてくれた。こんなのが描けるんだぁ・・・。
これってさ、紙に描いてスキャンするのと、PC上で描いてしまうのと、どっちがやりやすい?

朝飯を食べながら高校野球。試合している高校がどこだか知らないが、高校野球はいつ見ても面白い。展開が早いからだろうね。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼前に一段落。やはりみなさん夏休みなんだろうな、と。発送できる荷物が極端に減っている。棚から取り置きの本があふれそうだ。

オヤジと母親は昨日アリエッティを見てきたという。へぇー。「よかったわよー」と母親。昨夜ワタシが見た「火天の城」も公開当時に劇場で見たようで、「よかったでしょー」と言われる。うーん、母親の良かったはどこまで信用していいのかな(^^;。築城に際しての信長の傍若無人な振る舞いが祟って安土城はのちに炎上した、みたいな物語をラストに描いてくれないと、と感想を言ったら、「はあ、確かにその方が話はハッキリするわね」とてへり。

女房と娘が13時少し前に帰ってきた。11時には映画が終わっているから、ずいぶん油を売ってきたことになる。娘の手には「ブ」の袋。まあ、本屋へ行ったらなかなか帰ってこれないでしょ・・・。

昼飯を食べながら録画しておいた「けいおん!!」を見る。ロミジュリね。なんでも略すのね・・・。

午後は眠い目をこすりながらオークション出品作業。嵩は結構稼げたけど、点数が伸ばせず(^^;。まあ、夏だし、あまりがんばらないで行こう。

仕事を終えてからちょいとランニング。ひさしぶりに10km。
11016歩 6.60km 90分 607.9kcal 29.3g

■2010/08/10 (火) 定休日

朝からはっきりしない天気。

台風が接近しているのだとか。まあ、夏だし、台風の一つも来ないとね。

8月も半ばとなり、子供たちの夏休みが始まってだいぶ経った。もういいんじゃね?という気分だが、子供たちはどう思っているだろう。ワタシは夏休みが長くて退屈していた覚えがある。・・・とはいえ、子供たちは毎日のように何かやっているようだが。
寝てばっかりいたからなぁ、ワタシは(^^;。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからメールマガジンを発行。発行部数は徐々に減ってるけど、結局やめられない。そりゃピーク時の2/3といえば減っているけど、まだ315部も登録されている方がいらっしゃるんだもの。
最近はオヤジが入力した本のデータがコンスタントに追加され、ひところよりは内容がにぎやかになっている。

昼飯を食べながら「スジナシ」を見る。ラサール石井さんの回。

録音しておいたロケショーを聴きながら仕事。やっているうちにエアコン目当てに娘が降りてきた。宿題をやるようだ。あれこれブツブツ言いながら問題を解いている様子。そういうところはワタシに似ている(^^;。ロケショーは中断。

はかどらないオークション出品作業をしているうちに「あー、疲れた。今日はおしまいっ。」と言いながら娘は上がっていった。ものの1時間くらいか(^^;。短かすぎないか?
勉強ってさ、やっぱりいろんな意味で社会に出るための訓練にはなっていると思うわけさ。そりゃ数学の難しい問題を解いたって社会で直接役に立つわけじゃないけど、わからないことを理解しようとする努力の訓練にはなってる。仕事の分担を頼むときに一番がっかりするのって「やったことないからできません」ってアタリマエのように言われてしまうことなわけで。>娘よ。

夕食を食べながら「スジナシ」を見る。八嶋智人さんの回。今日は2本とも当たり。文句なく面白かった。

オークション落札品のメール書きを終えてから、借りてきたDVDで「火天の城」を見た。キャストは豪華だった。完成した安土城が燃えて崩れるまで描いてほしかった。けど、原作にないのかな・・・。
896歩 0.53km 8分 43.2kcal 1.0g

■2010/08/09 (月) 出かけられず

明け方まで雨。涼しい。

少し前、娘に夏休みにどこか出かけたい場所はないか?と聞いたところ、「プール!」という答えしか返ってこなかったため(^^;、わざわざプールを避けて山とか川とかに連れて行ってもなんだな、と思い、今日に照準を合わせて予定を立ててきた。どうせ連日の猛暑が続いているし、今日もそんな調子で晴れて暑いだろう、と高をくくっていた。ところが、雨(^^;。朝までにはやんだが、くもり空。しかも風が涼しかった。なんだかなぁ・・・。

結局、中止。仕事を休まないことにした。プールはまた別の日に。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎに一段落。午後からはオークション出品作業へ移行。

先日、泊りがけで長野の御嶽山へ行ってきたオヤジと母親。疲れが今日になって出てきたらしい母親は生あくびを連発していた。オヤジはそれほど疲れてないようで「こういうときおとーさんは案外強いのよね。」と母親。まあ、遊びに行って疲れて帰ってくるようでは、ネ。

久しぶりにラジオを聴きながら仕事。夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてちょいとランニング。晴れて涼しい風が吹いていた。
8623歩 5.17km 68分 469.1kcal 14・6g

■2010/08/08 (日) 何もしない日

くもり空。

夏は暑いので、外出する気がないとなかなか外出できない(^^;。
明日はちょっと予定があるので、それも関係していると思う。ついダラダラ過ごしてしまう。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼ごろに終わる。女房が作ってくれた冷やし中華。おいしかった。食べながら皆で「けいおん!」の続きを見たり。終わってゴロンとしたらそのまま寝入ってしまった。

明日の予定のために必要かな、と思うものを買いに出る。相変わらずのくもり空で雨がパラパラと落ちてくる。このあたりのお店を数軒回るもなし。やはりちょっとしたものを買うのにこのあたりは不自由な地域だ。

店に戻って荷造り作業の続き。そうこうしているうちに夕食。龍馬伝を見る。また横になる。ダラダラと(^^;。

結局、日付が変わったころに起きだして日記書きを。今日はダラっとしすぎたなぁ。でもこういう日もないと・・・。夏だし。
DVD「スカイ・クロラ」とか借りてみた。
4326歩 2.59km 41分 200.1kcal 5.1g

■2010/08/07 (土) 1日店

朝から快晴。

でも、ひところより温度が下がっているように感じる。風があるからだろうか。今年は台風が少ないことでも異常気象で、海水温が普段より高いらしい。そろそろ初物サンマが食べたいが、異常海水温で不漁とか・・・(^^;。

朝から出品作業。昨日ドーンと買ってきた本に順次仕事をかけていく。なかなかはかどらないのは眠気のため。朝と午後の眠気はどうにかならないものか。夜になると冴えるんだよなー(^^;。

借りてきたDVDで「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た。ピクサーお得意の3DCGアニメで、公開当時は3D上映もあったらしい。この辺りの表記の仕方がややこしくなってきたな(^^;。
主人公は冒険が大好きだった少年時代に出会った冒険好きの女の子と結婚。歳月が流れ、奥さんに先立たれた後、住んでいる家の立ち退きを迫られる。どうせこの場所に長く居ても煙たがられるだけなので、思い切って大量の風船をくくりつけて思い出の詰まった家ごと空へ飛び上がった。目指す場所は南米の高地にある幻の滝。
先日聴いた文化系ラジオで、歳をとった老夫婦が新婚旅行で行ったディズニーランドを目指してドライブする、内容の小説を紹介していたことを思い出した。ディズニーランドはアメリカの歴史そのものをテーマにした遊園地。西部開拓から宇宙開発までなぞっている。人生の終わりに際してアメリカ人が目指す物語はディズニーが提供するということだろうか。
トイストーリーも、西部劇人形のウッディから宇宙飛行士のバズへ乗り換えていく様が象徴的で、このカールじいさんも老いてから冒険に出発するプロットにはどこか共通点がある。アメリカは現実世界でも宇宙へ進出するような冒険を是とするお国柄。なるほどアメリカンだ。
動画はもう本当にすばらしいの一言。風船の質感はすごくリアルだった。ただ、オブジェに対するリアルが生物には適用されないので、たとえばモノクロ写真に写った奥さんの若いころの写真、が、”存在の矛盾”を起こしていた(^^;。写真はオブジェだからリアルじゃなきゃいけないのに、写っている人物がマンガなのね。これって見てみればはっきり変だとわかる。どこかでアニメ顔のリアルは決着をつけなければいけないと思うけどね。
・・・かたいことかなぁ・・・。でもワタシはそーいうところで一気に冷めちゃうことがあるので。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
1662歩 0.99km 16分 74.1kcal 1.7g

■2010/08/06 (金) 二往復

朝は風が吹いて少し涼しい。

オヤジたちが旅行から戻り今日から平常通りに。

今日も交換会へ急ぐ。筒井康隆全集の続きを読んでいたら、「楽しき哉地獄」にぶつかった。これは初めて読んだ。小説ではなくて小説論だった。なるほど、小説を書いているとこういうことを書けなきゃいけないのか、なんて。
氏の作品は肉体的にご本人と繋がっていて、初期のいわゆる「ドタバタ」ができたのは身体性に若さがあったから。時代が下ると扱うテーマも、文体も様々に変化していく。この小論からはその過程を追うことができる。
解説の平岡正明氏は、第三期筒井康隆の幕開けは「美藝公」であるとし、「虚構船団」と「虚人たち」が揃って、それぞれ「国家」「歴史」「主体」をテーマにしている、と書いている。ここまでくるとワタシには何のことだかサッパリ・・・(^^;。
ちなみに、対になる作品は、井上ひさし「吉里吉里人」、大江健三郎「同時代ゲーム」、ガルシア・マルケス「百年の孤独」がそれに該当するという。何の事だかさっぱり。

入札を終えて昼飯はカレー。食べ終わってから今日は灼熱の昌平坂を降りて秋葉原へ。そろそろ地デジ化を本気が考えなきゃならない時期が近付いている気がして、Yカメラのテレビコーナーへ。ほー。結構たくさん人がいらっしゃる。やっぱり気になっている人が多いんだろな。
で、話題の3DTVがあったので覗いてみた。うーん、これが3Dか。これを3Dというのか・・・。
このソフトが映画なら、たとえば監督は3D化する時に全部ディレクションしているのかな。それとも3Dカメラで撮影したってだけなのかな。真っ先に気になったのは、監督はこの絵をどこまで”表現管理”しているのか、という点。
まさかそんなことは絶対にないと思うけど、3D化する絵(した絵)を監督が全く見ていない(関知していない)なんてことがあったとしたら、その映画は一体なんだ?ということになるのではなかろーか。
だって、3D化された絵は2Dの絵とは別表現でしたから(^^;。

店に戻る。オヤジが方々へ電話をかけていた。うーん。これは、ま。しょうがないでしょ。納得できるまでやったらいいさ。

荷造り作業をしているうちに17時。クルマで再び神保町往復。落札品はカーゴ2台分。来週は交換会が夏休み。ちょうどいい量かな。

店は再び通路が塞がった。これもある意味通常通り・・・。
9127歩 5.47km 87分 421.1kcal 10.9g

■2010/08/05 (木) 灼熱の交換会へ

朝起きて快晴。

一時不安定な天気が多かったが、ここにきて安定。8月とは思えない透明度の高い空。どーなってんの?

荷造り作業を済ませて今日も交換会へ。8月に入って夏休み感が増した気がする。発送荷物が減ってしまった・・・。棚の本が減らない。

車中では今日も筒井康隆全集「腹立ち半分日記」の続き。行きと帰りで読み終わる。あとがきに書かれていたが、あまりに原稿依頼が多くて、書きためた原稿の一つとして日記の公開をした、とある。お忙しかったのだろう。先日読み終わった「大いなる助走」なども、非常に苦労しながら書き進めていたことが日記からもわかる。書き終えたあとは、深夜でも早朝でもおひとりで「祝杯を上げる」と書いてある。そういうものだろうな、と思う。

交換会。昨日の落札品がすでにカーゴ1台分あった。今日は適当に流すことに決定。

昼飯を食べたらすぐに戻る。戸外は灼熱だったし、オヤジたちが今日まで休みで居ないため。ふらふら外を散歩していられない。

店に戻って荷造り作業を少し。女房が帳面に記入終えたころに郵便局の集荷の方がいらっしゃった。よろしくおねがいします。

あとはオークション出品作業をコツコツと。さすがに連日暑さが厳しく、体調は今一つと言う感じ。

「空から日本を見てみよう」で北海道の風景を見ながら夕食を食べていたら電話。母親からだった。「無事に帰ってきましたー。」と明るい声。帰りの中央道が大渋滞だったらしい。8月はいつ出かけても混んでるよね。

明日から開店します。
3893歩 2.33km 37分 182.8kcal 4.6g

■2010/08/04 (水) 今日も定休日

店舗は連続で定休日。明日は店舗夏期臨時休業。

なんのことはない。オヤジたちが山へ芝刈り、じゃなかった、山登りに行ってるわけで・・・。「行けるうちに行っておきたい」とか「若いころはどこにも出かけられなかった」とか必ず言う(^^;。別にいーよ。行ってきなよ。ワタシは休みのことで何かオヤジたちに言ったことは一度もないんだけどなぁ。

朝から良く晴れている。風があるだけ午前中はしばらく大丈夫だが、午後からは確実に酷暑化する。まあ、今が一番暑い時期だからしかたない。せめて少しでもエアコンの効いた「公共の場所」で過ごすのが良いだろうな、と。
そんなこともあり、荷造りを終えた午後は交換会へ行くことにした。

車中では今日も筒井康隆全集の続き。「腹立ち半分日記」を読む。前半はもともと公開するつもりで書いていない頃の文章で、全くそっけない記述で終わる日も多かったが、途中から雑誌連載する公開日記となり、書く分量も書き方もガラリと変わっている。
それはたとえば、日記帳につけた日記と、Web日記もしくはBlogに綴る日記の違いだろう。いずれも発表時にちゃんと編集が入っていて読みやすく、そして何より面白い。
読みながら思い出した。この「腹立ち半分日記」を読んだ高校生の頃、触発されてワタシも日記を書き始めたのではなかったか。
当然、公開を前提としていない大学ノートに書きつけていた。当時は思春期で(アタリマエ)、いろいろと感情の交錯する日が多く、とても公開できないような内容ばかり書きつけていた気がする。日記帳が悪感情のゴミ捨て場だった。書いてスッキリしようと意識して書いていた。探せばまだどこかにあるはずだけど、とても今読めるシロモノではないだろう(^^;。青春の残滓。

入札を終えて昼飯。食べ終わったら近くの釣具屋さんへ。このお店は3年ぶりくらいだろうか。先日の釣行で切れた消耗品(リーダーとティペット)を買いこんだらすぐに地下鉄に乗った。

新丸子駅を降りたら暑い盛り。思わず一度涼もうと改札口正面にあるスーパーへ吸い込まれた。ハーすずしーい。
ここを涼しくするためにその分熱を外に追い出しているわけで・・・。どうせ温度を上げられないんだろうから、涼んでいくべきだよな、などど。

荷造り作業の追加あり。女房が帳面につけおえたころに郵便局の方が集荷にみえた。よろしくどうぞ。

夕方。娘が宿題をしに降りてきた。BGMはHTT。
12459歩 7.47km 105分 639.3kcal 25.1g

■2010/08/03 (火) 定休日

快晴。雲が流れている。

今日は朝から女房と娘が出かけることになっている。区が主催のエコツアーということで、バスで川崎湾岸をめぐることになっている。デジカメを渡した。いってらっしゃい。

息子と二人残される。パンを焼いてコーヒーを淹れる。朝食を済ませたら仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯は息子と二人で近所のラーメン屋さん。高菜ラーメンを食べた。すいていたので食べ終わってから二人で20分くらい話をする。これからどうなるんだろうなぁ・・・。

店に戻って荷造り作業の続き。終えてからオークション出品作業に移るが、なかなか今日もはかどらず。

17時ころに出かけていた女房と娘が帰ってきた。予定より早いみたい。でも、川崎火力発電所と湾内を船で巡ってきたもよう。早速デジカメの写真を見ると、発電所の外風景が写っていた。
娘はバスと船に酔ってしまったようで、せっかくの社会科見学も今一つの印象になってしまったのだとか(^^;。なにかとセンシティブだねぇ。

仕事を終えてから先日借りてきたDVDの中の一枚、是枝裕和監督「空気人形」を見た。なんとも哀しい映画。この監督さんの作品って見ると”終わり”という言葉が浮かんでくる。落ち着くというよりも落ちる・・・(^^;。
佃島対岸・湊の風景。よく散歩した10年前と思ったより変わっていなかった。
2748歩 1.64km 25分 129.6kcal 2.6g

■2010/08/02 (月) 1日店

くもり空。

と思っているうちに大雨が落ちてくる。いや、豪雨だな。なんだか天気が全体的にハデになってる。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。どんどんどんと大山が三つ積み上がる。

昼過ぎに作業が追いついた。ツイート時間。終わったころに昼飯。食べながら龍馬伝。亀山社中と薩長同盟画策が同時進行。陸奥陽之助・中岡慎太郎とともに薩長を結びつけようと奔走する。迫力。

午後は荷造り作業を挟みながらオークション出品作業。いまいちはかどらず。

3D映画の件。昨日見に行った映画館で3D版の「トイ・ストーリー3」も公開されていたが、娘も女房も「3Dは見ない」とにべもなかった。理由は目が疲れるから、という。もしかしたらまだ慣れていないから3Dばかりに気が行ってストーリーに集中できない、ということがあるかもしれない。そう。ワタシ的に3Dが余計なものに思えるのはそれが理由。
3D映画で思い出すのはアバターだけど、ワタシは映画館で見なかった。映画好きの両親は3D版を見たらしいけど、「あんな恐竜みたいな怖いのがワーって画面から飛び出てくるのよ!モーあんなのイヤよー」と母親。オヤジは案外アタラシ物好きなので邪魔にもならず平気だったらしい。ニヤニヤしながら母親の話を聴いていた。
ワタシが若いころDランドで見た「キャプテンEO」はマイケル・ジャクソン主演で、コッポラ監督とルーカスがプロデュースというとんでもなく豪華な作品で、3Dだった。たしかに映画は映画だけど、上等のPVという気がしないでもない。目の前で巨大な岩がグルグル回ってボカン!と爆破される場面が3Dとの最初の出会いだったな・・・。展開も早かったし、ストーリーというほどのストーリーもなかったし、3Dは別に邪魔にも思わなかった。
ちなみに、キャプテンEOは主な動画サイトで今も見ることができる。今は無くなってしまった技術:”特撮”全開で涙ものの出来。マイケルのダンスも音楽もすばらしい。ワタシはCGよりもこっちが好き。

仕事を終えてからちょいとランニング。南風が吹いて少し涼しい感じ。夏雲が足早に移動していた。
9816歩 5.88km 83分 504.5kcal 15.8g

■2010/08/01 (日) 映画を見に

熱帯夜。

明けて日曜日。今日は少し早起きして映画館へ行く予定。朝一番の回を見たいため。

ネットでチケット予約しておいた。女房と娘は「トイ・ストーリー3」で、ワタシが「踊る大捜査線3」。開始時間がずれていて、ワタシが30分早く入って5分遅く終わる。さすが映画の日。窓口は9時前だというのに激混み。

で、映画。湾岸署が新しい建物へ引っ越しすることになり、その引っ越し本部長に青島係長が就任。ってところから話が始まる。その引っ越しの最中に銀行の金庫セキュリティが破られる事件が起きたり、路線バスのバスジャック事件が起きる。ただし、どちらも被害なし・・・。なんか不気味な。
引っ越しのドサクサが続く。その混乱に紛れて事件が起こる。

画面いっぱいに引っ越し作業中の人。常に動いていて見ているこちらの視線が泳ぎがち。殺人事件が発生してその捜査が始まるのだけど、そこで小栗旬の演じる新キャラが登場したりして画面はさらににぎやかになる。が、どこか統一感がない。なんていうか、ボケキャラが多くて突っ込みが居ないからだろうか。話がいつまでたっても締まらない。
あ。と気がついた。和久さんが不在だからだ。ズラリ並んだボケキャラのボケを前作まで丁寧に突っ込んでまわっていた和久さんはすでに亡くなっている。たびたび和久さんが生前に書きこんでいたという手帳と「指導員」の腕章が出てくるところに、監督の和久さん不在を困っている状況が伝わってきた(^^;。
和久さんが劇中で「よくやった」とか「がんばれ」とか「やってられるか!」とか発するセリフに観客は同調しつつ、青島刑事を応援できていた。「踊る」の根幹だったそのバランスが崩れていた。
結局、この事件がどういうものなのか、という評価・定義付け・突っ込み不足のまま映画はクライマックスへ・・・。SATも出てきて大がかりな規模に膨らんではいたけど、事件そのものはすごく小さかったし、解決となったときの達成感みたいな映画への共感もあまりわいてこなかった。

「踊る大捜査線」って、青島刑事とすみれさん、青島刑事と室井さん、の関係が軸かと思っていたけど、やっぱり青島刑事と和久さんの関係で成り立っていたんだなー、と。

ロビーで女房と娘に合流。昼飯を食べながら3人で今見てきた映画の話。昼ビールがうまい。
その後、本屋さんに寄ってから帰宅。勢いをかってビデオ屋さんで何本かDVDを借りた。
4827歩 2.89km 47分 219.2kcal 5.9g

2010年07月 < > 2010年09月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター