Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記 > 2010年06月

■甘露日記 2010年06月

■2010/06/30 (水) 1日店

昨夜はWC観戦で夜更かし。

今日は店舗営業有。オヤジも母親も来る。仕事をしながら母親がつぶやいた。「サッカー見ちゃったから眠いワ」(^^;。なんでも視聴率は57%くらいになったらしい。日本人の半分以上があの時間にTVの前に座っていたのか、と思っただけですごい話。その中にウチの母親も入っていると思うと、このエネルギーは何かに活用できないものだろうか、なんて思ってしまう(^^;。
誰か考えている人いるはずだね、きっと。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。先週末はそれこそ店内は大混乱だったが、徐々に徐々に整頓が進んできた。ペースを保って仕事を進めていくことは大事。どこかが滞るとガラガラと全体が崩れてしまうもの。進めていくこと。続けていくこと。粛々と、ね。

昼飯を食べながら公共事業TVを見る。語り手は堺屋太一さん。戦国時代の築城技術は数々の技術革新を生み、日本のルネサンスとも言えると語る。また、明治時代の公共事業として、琵琶湖疏水に言及。東京に都が移って意気消沈していた京都の町を産業都市として再出発させることに成功した、と解説。ほかに、鉄道網が整備されるに従い、日本が一つにつながる意識が芽生えた、など、公共事業の重要な役割について見る。なるほど。
次回は必要なものを作り終えてしまった時、公共事業はどうなるのか、が語られるらしい。

午後はオークション出品作業。もう少し数をこなしたいところだったなぁ・・・。

夕食を食べながら録画しておいた「けいおん!!」を見る。昨夜のWC直後に放送だったみたい。
そーいや登場人物は女の子ばっかりだね。夏休み中の話。なんとなく雰囲気思い出す。学生の頃って時間はあるのにやりたいこともないし、おカネもないからぐだぐだしがちだった・・・。当時はケータイもネットもなかったし、ね。

それでも大人になれたのよ!
8211歩 4.92km 68分 425.9kcal 19.1g

■2010/06/29 (火) 定休日

火曜は店舗定休日。

昨日で屋根の工事も終わったようで一安心。朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は夜にWCの日本対パラグアイがある。いよいよ決勝トーナメント。それまでに仕事を終わらせなきゃなー的考えがうすーくアタマに浮かんでいた。

夕食を食べ終わってオークション落札品のメール書き。終わったのが22時半。それからTVの前に座った。娘はただならぬ雰囲気(?)を感じたのか、まだ眠れていない様子。音声をオフにする。試合が始まった。ん?どっかでブブゼラを鳴らしている人がいるゾ。「ねむれないー」と娘が何度かつぶやいた。
前半はお互いに守備的。後半になってパラグアイの選手の個人技が光り始める。前半はパス回しが多くてあまり分からなかったが、パラグアイの選手が見せるドリブルで切り込んでくる押し方は圧倒的。まして一対一になった時の体格的強さったらない。それでも、ゴール前で日本のDF陣が落ち着いた対応で守り切った。すごい迫力だった。
日本の攻撃はたびたびゴール前まで繋がっていくものの、ラストパスが繋がらなかった。あっ。ここでスムーズにパスが繋がっていれば・・・!と思えるようなおしい場面が何度もあった。
なんと、延長30分でも決着がつかず、PK戦になってしまった(!)。結果は日本の惜敗となった。うーん、残念。でもゲームでは少なくとも負けていなかった。

結局、女房も終わるまで見ていた。娘はいつの間にか寝入っていた。外は雨が降り始めていた。
1254歩 0.74km 12分 56.6kcal 0.7g

■2010/06/28 (月) 走れ!

くもり空。

今日も屋根工事予定。朝8時半には店でスタンバる。雨が降りそうな空。今日は中止になったかな?なんて思っていたら呼び鈴が鳴った。今日は防水屋さんがいらっしゃった。よろしくお願いします。

無意味な早朝営業中の甘露書房(^^;。むろんお客様は皆無。まだオヤジたちも来ないので、録音しておいた昨深夜放送の文化系ラジオを聴く。リーダーについて。まあ、リーダー待望論が出て久しいけど、出ればどんなに頑張ってもたたかれるだけだし、やるだけ無駄ってのが今なのかもね。という気分(^^;。
そもそも、ネットが出てきてスーパーフラットになったこの時代、正当なリーダーが出る状況ではないのかもしれない。選挙がすでにタレント候補乱立の人気投票的になっていることから見てもしかり。
フロントマンとマネージャーがごっちゃに語られていないか、という指摘あり。なるほど。TOKIOのリーダーは城島さんだけど、フロントマンは長瀬くんだったり、って話。うまくいっている組織にはそういう明確な役割分担があるのかも。
話が「踊る大捜査線」で官僚機構の”ルールを守ること”が目的となって、”やるべきこと”より重要になってしまう現象について語り始めたころにオヤジが来る。ラジオに切り替えた。

そんなわけで、朝9時から始めた荷造り作業は延々終わらず、昼飯を挟んで15時過ぎまで続いた。いつもお買い上げありがとうございます。
店内は荷造りし終えた荷物と、先週売れた荷物と、先週交換会で買ってきたカーゴ2台分の荷物が混然一体となって足の踏み場もない状態(^^;。もうご来店されても困るワ的な・・・。

昼飯を食べながら龍馬伝。勝海舟の紹介で龍馬は西郷さんに会うの巻。それにしても、理解する下地があったとはいえ、龍馬の思想も人脈もみんな勝海舟あったればこそ、だね。海軍操練所解散式は、まるで金八先生の最終回・卒業式のシーンみたいだった。

荷造り作業を終えてオークション出品作業。18時半頃にオヤジが帰ったので、文化系ラジオの続きを聴く。

夕食後、鶴瓶の家族に乾杯を見てからオークション落札品のメール書き。雨が降っていなかったので、走りに出る。空気がトロンとしてものすごい湿気。走ったら汗が噴き出た。戻ってきてシャワーを浴びたらアー気持ちいい。暑い夜のおススメはランニング&シャワー。
9177歩 5.50km 76分 477.1kcal 18.5g

■2010/06/27 (日) ぐだぐだ

9時に起きる。よく寝た。

外はくもり空。タモリ倶楽部を見ながら朝飯を食べ終える。しばらく荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。

昼過ぎに女房と娘が降りてきたので、とりあえず出かける。さて、今日はどこを散歩しようか。
先週は中目黒から蛇崩経由で三軒茶屋へ行き、そこから世田谷線に乗って豪徳寺まで行こう、なんて考えていた。その続きでいいかしら。自由が丘で大井町線に乗り換えて二子玉川駅。そこで異変。女房が腹痛でしゃがみこんだ。改札横の手洗所へ。その間、ワタシと娘は駅構内にある本屋さんの入り口前で佇むことになった。その電飾看板のすぐ上に燕が巣を作っていた。中には雛が4匹ほど。まだ口ばしは黄色いが、たびたび親がエサを運んでくるもののあまり積極的に食べようとしていない。その中の1匹は巣の壁に立って時折羽をばたつかせた。もう巣立ち間近らしい。
巣の直下にベストセラー本が展示してあるのだが、巣に気がつかない人がわりと長い時間立ち読みしていたりする。”直撃”することもあるのではないか、と心配したりして・・・。

女房が手洗から戻ってくる。表情が冴えない。とりあえず帰ることにした。食欲がないらしいから、昼飯は二人分の弁当。ぴったんこ・カンカンを見ながら。ぐだぐだな日曜日。食べ終わったら眠くなる。娘は「人生ゲームやろうよ」と広げ始める。たしか先週もつきあってやらなかったから、と思い、眠い目をこすりながらルーレットだけ回してあげることにした(^^;。
女房は横になって休んでいた。

夕食まで荷造り作業など。いつもお買い上げありがとうございます。途中、女房と娘が買い物に出た。もうだいぶ調子よくなったらしい。

夕食の時、息子がつぶやいた。「RTをたくさんやるとさ、ピンポイント的にフォローされる数が増えるよね。」うーん、フォローされる数を増やしたいなら必要なことかもしれないけど、RTを意識して増やすとTwitterに飲み込まれちゃうような気がするね。
iPadもiPhoneもそうだけど、次々に出てくる新しいテクノロジーを追いすぎるのもなんだなぁ、とぼんやり思う。一番怖いのは、使っているつもりの道具に使われてしまうこと。これって愛着とは別の話だと思う。
自分の生活に必要ないと自分で判断したものは極力買わないようにすることも一つの選択。どんなものかを知るには店頭で触ることもできる時代だし。

とか言いながらぐだぐだと過ごしてしまった日曜日。
2391歩 1.43km 23分 106.8kcal 2.7g

■2010/06/26 (土) 1日店

くもり空。

今日も屋根の工事あり。朝8時半きっかりに呼び鈴が鳴った。今日は女房が早目に朝飯を用意してくれたので、8時半にシャッターを開けたらあとは仕事開始ということに。異例の早朝営業。意味なかったが(^^;。

昨日は1日外に出ていたから、そういう意味ではいい機会だったかも。10時前にはオヤジも来た。

荷造り作業はほとんどなく、オークション出品作業を鋭意。とはいえ、何となく眠いなぁ・・・。昨日は意識して少し早目に寝たのだが。
やっぱり蒸し暑くなってきたから眠りが浅いのかもしれない。

で、眠い眠いと思いながら仕事をしているうちに昼飯。食べながら昨日半分くらい見た「サマー・ウォーズ」の続き。ネット世界での闘いか。マトリックス的だな、なんて思っているうちに仕事の時間。話はまだ少し続くようだった。「えー!?続けて見ちゃおうよー」と娘。ダメダメ。仕事をしないとね。

昼飯にコーヒーを飲んだけど効き目なし。眠さを引きずりながら仕事。しばらくして雨が落ちてきた。ありゃりゃ。15時ころに屋根の工事は中止と決定。続きは月曜日に。お疲れ様です。

夕食を食べながら「サマー・ウォーズ」を見終わった。面白かったなぁ。もう1回通してちゃんと見てみたい。
すぐに「Angel Beats!」の最終回を続けて見る。初回から欠かさず見てきたが、最初のころとノリが明らかに違っている、と思う。皆満足して”卒業”していったようだが、これってどうなのかなぁ・・・。学校を卒業するとき、卒業生は皆それぞれ満足して卒業しましたかね?話は学校を”卒業”してから始まるものなんだけどな・・・。あ。彼らはもともと死んでいたんだっけ。ややこしい。

オークション落札品のメール書き開始。少し早目に始めたつもりだったが、福山雅治さんのタマラジが始まっても全然終わらず、結局25時になってしまった。まあ、終わったからいいか。
こんな時間になってからの方が目が冴えてくるってのもちょっと残念なかんじ(^^;。
1331歩 0.79km 13分 58.3kcal 0.9g

■2010/06/25 (金) 二往復

晴れ。

昨夜遅くにWC一次リーグ突破をかけた日本対デンマーク戦。3-1で快勝とのこと。そりゃすごい!

今朝は屋根の工事で職人さんが入ることになっている。昨夜のうちに階段をクリアして、今日は店の通路をクリアする。お約束の朝8時半きっかりにドアホンが鳴った。シャッターを開けると、目の前にはすでに今日使うと思われる機材などがドカッと置いてあった。さすが仕事が早いなぁー。
屋上からロープ1本で大量にあった機材をほとんど上げられて、あとどうしても無理なものだけ手で運ばれた。見事な手際。たった30分。

ワタシはその間荷造り作業をしたり、写真の整理(?)をしたり、Twitterを読んだり。

オヤジが来た所で女房と二人朝飯。荷造り作業をしているうちに昼すぎとなり、今日も交換会に出かけた。車中では筒井康隆「富豪刑事」を読む。深田恭子さん主演でドラマ化されたが、小説の主人公は男子だ。深田恭子さんの代わりに美人秘書が出ている。ん?話が逆だね(^^;。
大富豪の息子が刑事になる話。そのカネを湯水のごとく使って犯人を炙りだす手法。といっても、その使い方は突飛で常人にはなかなか発想さえできない方法だったりする。どーしてこんな話を思いつくのかなぁ。文句なく面白い。本を読みたさに交換会に通っているみたいな感じだネ・・・。

入札を終えて昼飯。食べ終わってすぐに店に戻る。荷造り作業やらTwitterやら。17時少し前にクルマで出て再び神保町へ向かう。車中ではピストンさんのオールナイト。聴取率ウィークで特別版:鶴光師匠とのエロトーク炸裂。

落札品はカーゴ2台弱。載せ終えて帰路。道はすいていた。店は再び本で埋め尽くされてしまったが、明日の工事は大丈夫かしらん(^^;。

ビデオ屋さんで久しぶりに何本か借りる。夕食を食べながら「サマー・ウォーズ」を途中まで見る。ネット時代だねぇ。「はやぶさ」的衛星が登場したりする。細田監督すごいな。

荷造り作業を終えてからついもう1本見始めてしまった。西川美和監督「ディア・ドクター」。途中まで、のつもりが全部見てしまった(^^;。ウソと言われればみんなウソになる。でも、ホントってなんだろう。ホントがウソっぽかった時、ウソがホントに見えてもおかしくない。
鶴瓶さん演じる偽医師の存在が全編のキイであることは間違いないが、ウソをついたのは一人ではなかった。じゃあ何が悪かったのか。

明日も朝早いのでこれにて。
7156歩 4.29km 69分 332.9kcal 8.3g

■2010/06/24 (木) 交換会2

晴れ。

朝飯を食べながら赤塚不二夫TVの最終回。語り手は松尾スズキさん。ご自分で作り上げたマンガ世界を自ら解体した以上、ご自分の存在さえ解体した、というような趣旨。よく、進化の果てにあるものは絶滅(死)、という話があるが、そういうことかもなぁ。赤塚さんはすべてをやり尽くした作家、だったのかもしれない。
そういうアヴァンギャルドな作家の作品が子供向けに描かれていたことを思うとき、豊かさよりもちょっとオソロシサを感じてしまう。番組中、ネオダダの一角・赤瀬川原平さんとの交流も写真だけ紹介されていた。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日も交換会へ。車中では「エディプスの恋人」の続き。まるで導かれるように七瀬は「彼」の家族について調べはじめる。「彼」の父親は画家だった。そして、母親はすでに”亡くなっていた”。

入札を終えて昼飯。注文してから出てくるまで少し時間があったので、本を読み続ける。七瀬は「彼」の父親の出身地を尋ねた。寒村だった。そこで家族に付いて調べているうちに超能力者らしいと思っていた「彼」にはその力はなく、「彼」を守ろうとする「意志」が存在するらしいことが七瀬にわかってくる。

食べ終わって帰りの電車。読み続ける。七瀬と「彼」がほぼ同時にお互いを好きになる場面があり、七瀬が「彼」の父親に会いに行ってコトの真相を知らされる場面がある。いまさらネタバレでもないだろうけど、一応書くのはここまで(^^;。題名にある「エディプス」の意味が小説のクライマックスで七瀬にとって非常に残酷な形で齎されるわけだが、その世界さえ「意志」によって成り立っている、という「絶望」が七瀬の中に満ちる。
つくづく、七瀬には男運がないな、などと(^^;。読了。

店に戻って荷造り作業の続き。お茶の時間には女房が応募していた懸賞の賞品でマンゴームース(ホテル・オークラ製のケーキ)を食べた。冷たくておいしい。オークション出品作業を夕食まで。

明日からしばらく屋根工事が入るので、動線確保のために階段に置いてあるものを移動。ってほとんど本ばかり(^^;。女房は屋上へ上がる階段に積み上がったモロモロな品物を動かしていた。一番大変そうだったのは、屋上の物干し台関係。お疲れ様。

夕食を食べながら「空から日本を見てみよう」の京王線編を見る。まだまだ高尾山って緑が深いな。
今日も右足をかばい、走りを自粛する。っつーか、早く寝ないと。
3918歩 2.35km 38分 179.6kcal 4.6g

■2010/06/23 (水) 交換会

午前中は2カ月ぶりの歯医者へ。

店に戻って荷造り作業。12時を過ぎたころに電車に乗った。外は強めの雨が降っている。今日は交換会へ行く。車中で筒井康隆全集の続き。「エディプスの恋人」を読み進める。高校のグラウンドでいきなりボールが破裂する事件から話は始まっている。七瀬はその学校の事務職員。ストーリーの起伏は割と地味目だが、学校にいた超能力を持った少年との対峙を描いていく。

入札を済ませて昼飯はうどん屋さん。雨が降っている時限定。なぜなら、すいているから。

雨なのですぐに地下鉄に乗った。車中では引き続き筒井康隆を読み続けた。
途中渋谷で現像に出しておいたフィルムを受け取る。鎌倉へ行った時のパノラマフィルムと、先週行った堀切菖蒲園。もうずいぶん前のような気がする(^^;。

店に戻って荷造り作業を再開。ようやっと追いついたころに郵便局の方が集荷にいらっしゃった。どうにか追いついた。

その後はオークション出品作業をするものの、はかどらず。途中から今日も娘が降りてきてオヤジの座っている席で宿題をしばし。途中から居眠りしていたが・・・(^^;。

夕食の時に「けいおん!!」を見る。夏フェスかあ。
オークション落札品のメール書きを終えてから、7月に開催の東京愛書会展目録をHPにアップする作業。目録が今日出来上がってきた。
原稿は手書き。それを印刷屋さんに組んでもらって印刷。それを受け取ってスキャンして上げるという作業。なんだか妙だ・・・。
普通ならPDFファイルにして上げるのがいいはずだけど、わざわざ作業を増やすのもなんとなく抵抗感があったりして。

久しぶりにスキャナーとつないだので、せっかくだから今日戻ってきたフィルムを何枚かデジタル化してみた。うーんやっぱりホライズンで撮ったパノラマ写真は面白いんだよね。
Twipicというサイトを使ってTwitterにも3枚だけ上げてみる。
4648歩 2.78km 43分 223.8kcal 5.7g

■2010/06/22 (火) 定休日

くもり空。途中から晴れてくる。

今日は店舗定休日。仕事は休まないので、朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を挟んで作業続行。終えてからオークション出品作業。BGMは録音しておいた日十。レフト部会。蚊の吸血行動の時期が早まっている件について。

娘が学校から帰ってくるなり「あーすずしいー!」と大きな声。「今日はここで宿題やろうかな」ってことになった。GLZが始まる時間だったが、そういうわけで聴けなくなった。娘は18時半までがんばっていた。

夕食を食べながら、先日放送されたiPadについての番組を見た。夕食中だったので、家族4人で見始める。
紙の本の断裁場面から始まる。出版された本の約1割が断裁されて再資源化されている、とナレーション。なんだか意図的だな(^^;。
で、発売日のiPadフィーバーの場面。始発で来て11時過ぎに買ったという方がお宅で箱を開けてすぐに電子書籍をDLする。奥さまともどもニコニコしていらっしゃる。「本」で買うよりも電子版なら半額で買える、とテロップが出る。
ほか、出版する側の角川書店の取り組みなど。電子書籍で出版するマンガのアレンジ。コインが画面上で動かせる仕様にこだわるなど。他に、情報誌を編集している部の「iPadを使えばなんでもできます」的興奮の様子。
うーん。でもこれが電子書籍の魅力ってことなのだろうか。息子はすかさず言う。「これって全部パソコンがあれば(iPadがなくても)できることじゃない?」ま。それはたぶんその通りだろう。iPadはそれを手にのせてマルチタッチという新しい操作感を楽しむためのデバイス。見たり読んだり持ち運んだりすることが楽しくできるようになればそれで目的は達成ということのはずだ。
iPad上の電子書籍は映画やTVの3D化的付加価値かな、と思った。3D化することで面白さが増す映画もあるだろうが、なくても、もしくはない方が集中して観賞できる映画もあるだろう。iPadに入っているアリスの絵本の中で時計がぶらぶら揺れたり、ジェリービーンズを指ではじくのも、必然ではない進化って気がする。
ただ、このデバイスの登場によって電子書籍を含めた「本」に大きくスポットライトが当たったことはデカイと思う。番組の最後に紹介されたリアル書店の取り組みではiPadを店頭ディスプレイに使用していた。たくましいっ!
9185歩 5.50km 73分 490.8kcal 17.3g

■2010/06/21 (月) 言葉

くもり空。と思っていたら次第に晴れてくる。

朝飯を食べながら龍馬伝。寺田屋のお登勢さん登場。蛤御門の変で長州が敗退。神戸海軍操練所が解散、と結構大きな動きがあったはずなのだけど、なぜかあまり話が動いていないような印象が残る。武市さんとか状況が変わっていない人が描かれるからだろうか。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午前、午後を通じて発送作業を続けた。合間合間にオークション出品作業を続ける。

昼飯を食べながら赤塚不二夫TVの3回目。語り手は松尾スズキさん。ギャグからナンセンス。そしてシュールへ。ヒット作が出てからは人気がうなぎのぼり。週に連載を10本抱える人気漫画家になった赤塚さん。しかし、その成功によってマンガでできることを書き尽してしまった。そのあとの赤塚さんは”自分がマンガになる”しかなかった。やたらシュールな演出でTVに出演し、”醜態を晒す”(松尾さん)。マンガで稼いだ金で映画を作ったり、レコード会社を作ったり。そのほとんどがイタい結果に終わったという。・・・うーん。と唸ってしまった。
一度「成功」してしまうともうレベルを落とすことはできない。読者も編集者もそれよりももっと面白いものを求めてくる。でも、人間の才能は無限だろうか。ワタシが小学生の頃に読んでゲラゲラ笑わせてもらったギャグマンガを描いていた方で、今でもバリバリ現役ギャグ漫画家でいらっしゃる方は・・・ちょっと思いつかない。
赤塚さんはTV出演が増えていくのと一緒に酒の量が増えていったという。おもしろいものを創りだすエネルギーを得たかったのではないだろうか。
晩年の赤塚さんがブランコに揺られながらニコニコしてしゃべった言葉が突き刺さった。あえてここには書かない。

ドーンと落ちてしまった。粛々と仕事を進めていく。今日はそれで1日過ぎた。

このままじゃなんだから。と、ひさしぶりにランニングに出る。昼間ほど暑くない。汗をかいたらすこし気分も戻ってきた。
9765歩 5.85km 78分 519.9kcal 21.8g

■2010/06/20 (日) 蛇崩

朝起きて仕事開始。外はくもり空。

朝飯を食べてから荷造り作業を継続。ちょうど終わったころに女房と娘が降りてきた。雨も降らなさそうなので出かけることにする。

中目黒駅で降りて蛇崩川緑道を歩くことにした。いつも東横線の窓から見る景色。いかにも川の場所に蓋がされて暗渠化。そこが歩道になっていて桜並木に。なかなか風情のある場所。
途中途中に蓋がされる前の橋にぶつかる。なるほど今も橋っぽく整備されている。このあたりは昭和48年くらいに暗渠化工事が完成して歩道に整備されたのだという。全くクルマが走ることができないようになっており、歩道の両側にたくさんの植物が植わっていた。女房は珍しい花に反応してちょっとした植物園を見物している気分。
歩道をひたすら歩いているうちに、「蛇崩」と書かれた信号交差点を発見。斜面の五差路だ。蛇崩の名前の由来は、「川が蛇のようにうねって流れていたから、とか、両岸を深く浸食しそこに土砂が崩れていたから」という説があるみたい(目黒区教育委員会の説明)。
辺り一帯は斜めに切れ込んでくる道が多いが、これは小川の名残だろうか。湧水が豊富だったのかもしれない。蛇崩川は弦巻に源があるようだがそこまで行かず、下馬で右に折れて北上。世田谷公園に入った。ミニSLが走っている。馬も居るなぁ。噴水もある。手作り遊び場なんてのもあるぞ。なんだかすごいねぇ。

公園を出てファミレスで昼飯。そのまま北上して三宿の交差点。三軒茶屋へ行くか大橋ジャンクションを見るか、と娘に聞くと「どっちでもいいから早く帰りたい」と残念な答え(^^;。じゃあ246を大橋経由で渋谷まで歩こう、ということになった。

長い下り坂を降り切ったところにドーンと大橋ジャンクションが姿を現した。陸上競技場のトラックと同じくらいの寸法らしい。こんな大きな空き地があったのか?と思ったら、やはり再開発で、平成9年頃までここには普通にビルとか建っていたらしい。ジャンクション機能は完成したが周辺再開発はまだまだ続くようだった。
ぐるっと一回りして再び246。神泉を通り過ぎ、道玄坂上から道玄坂を降りる。マークシティを通って岡本太郎「明日の神話」。でかいなぁ。
ブックファーストで本を買って女房と娘は先に帰る。ワタシはBカメラにフィルムを出しに行く。

店に戻って荷造り作業再び。夕食を食べてからしばし居眠り(^^;。
12369歩 7.41km 123分 550.3kcal 14.4g

■2010/06/19 (土) 1日店

晴れ・・・?

朝飯を食べて仕事開始。昨日から店の中でクーラーをかけるようになっている。オヤジと母親は店に来るなり、昨夜開花した月下美人の姿に大盛り上がり。ん。そりゃわかりますよ。まさかウチで咲くなんてワタシも驚いた。

荷造り作業はほとんどなく、オークション出品作業開始。意外とはかどるかんじ。パンパンパンと山が消えていく。よし、今日はこの調子で。

昼飯を食べながらタモリ倶楽部。お酢の話だった。バルサミコ酢ってどんな味なんだろう。

徐々にiPadの使用レポートが出始めている。ほとんどが絶賛だったり、もはやなくてはならないツールと化しているという感じの話が多い印象。
TwitterではiPadによるWebブラウジングと電子書籍閲覧は非常に近い行為、という指摘があった。今までまったく違うものと”思われていた”要素を同一画面上に納めてしまうことで、いつのまにか使用感(身体性)が統合されていくのかもしれない。ただし、その副作用として電子書籍はWebに吸収されてしまう可能性もあるのではないか、と思う。つまり、有料で閲覧できるHTMLページになっていく、という話。なるほどこれならフォーマット問題はなくなるはず。
あわせてネットコンテンツはケータイアプリのように徐々に有料化されていくのだろうか・・・。

夕食を食べながら「AB!」を見る。最終回の直前か。今回は見ていてほとんど内容が上滑りして行ってしまった。セリフ中に観念的なものが多すぎた。一度じゃ理解できない情報量。息子が一緒じゃなかったのでもう一度見る機会があるかもしれない。でも、2度見てわかるか(^^;?

そのままサッカーWCの日本対オランダ戦。前半だけTVで見た。守りが固くて前半終了して0対0。さすがに後半まで見ているわけにはいかず、ラジオをつけてオークション落札品のメール書きを始めた。
ちなみにラジコは著作権の関係で中継できないようで、軒並み放送休止になっていた。不思議な現象、というか、権利ってキビシイのね・・・。
残念ながら勝負は1点差で日本が敗れた。今度の試合は夜中27時半から開始らしい。さすがにオンタイムでの観戦は無理かもなぁ・・・。

タマラジを聴きながら仕事を続行。草刈民代さんがゲスト。大人の女性トークだった・・・。
1021歩 0.61km 10分 45.7kcal 1.1g

■2010/06/18 (金) 月下美人

あれ?朝から晴れ。

今日は交換会へ行かずに店で仕事をしようと決める。まだまだ本がありやす。

朝飯を食べて荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからオークション出品作業へ。

昼飯を食べながら録画しておいた桂歌丸さんの「城木屋」を見る。講談調って気がした。サゲになだれ込むときの”東海道”は見事。ありゃ覚えろっていわれても無理。30分以上しゃべった最後に”東海道”がつらつらっと出てくる歌丸さんのすごさ。やっぱりプロは年季が違うねぇ。

雨が落ちてきた。仕事をしている間に月下美人の話になる。雨が少し強くなってきたので、表に出してある均一台と月下美人を仕舞うことにした。
この月下美人は母親がご近所から株をわけてもらったもの。もう2年くらい経つだろうか。ほかの鉢と一緒に店先に置いてあるだけで、たまに土の表面が乾いたら水をあげるくらいの世話なしだった。それで花芽が葉(?)の先から出始めたのは2週間くらい前だろうか。ここ数日でみるみる大きくなり、とうとう蕾に成長した。「これなら今夜開くんじゃない?」と母親。とてもうれしそうだ。なんでも、母親の月下美人仲間(?)の方で「今年はウチの花が咲かないみたい」という人もいらっしゃるという。うーむ、世話なしで咲くなんて棚からぼたもち並みではないか(!)。

夕食を食べながらぴったんこカンカンを見て、店に降りてきてびっくり。いよいよ蕾が開き始めた。色は透き通るような白。夜にならないと咲かないというのは本当のようだ。うわーすごいな。月下美人とはよく言ったものだね。

風呂から上がったばかりの娘を呼びとめた。咲いたよ、と言ったら「おかあさーん、咲いたってー」と女房を呼びに行った。女房は「ほらほら、咲いたんだってよ。夜にしか咲かない月下美人っていう珍しい花だよ」と息子を呼びに行った。暗くないと咲かないだろうから、と電灯を消した暗い店の中で4人がサボテンの花を囲んで眺めているの図(^^;。

ま。梅雨の夜のひととき、ということで。
529歩 0.31km 5分 23.8kcal 0.0g

■2010/06/17 (木) ゆるーくクーラー

ありゃ?快晴。とりあえず布団干し。

昨日よりも蒸さないのは湿度が低いからのよう。これで湿度が上がったら正真正銘・日本の夏になる。

荷造り作業は午前中で一段落。TLをチェックしたり。WC開催中だけど、日本戦がないとあまり盛り上がっていない感じ。まあ、それくらいがちょうどいいのかもしれないが。

昼飯を食べながら録画しておいた鈴々舎馬風さんの「紙入れ」を見た。渋くていい声。あの声で女性役までやってしまうんだからすごい。あくまでも記号として女性を演じているので見た目はもちろん変わっていない。それでも聴いているうちに・見ているうちにちょっと年増のおかみさんの姿が浮かんでくる(気がする)。そこが落語のすごいところ。説明しようがない。
技術、といったら野暮なのか。芸、なんだよね。これがホントの。

オークション出品作業へ移行。窓をあけておくと風が通るが、店を閉めてからは風が通らなくなるので今日は仕方なくクーラーのスイッチをオン。ただし、設定温度は変えないのがルール。ゆるーくかけて扇風機を併用。空気をかきまぜる。これでかなりいい感じ。

夕食を食べながら、笑ってこらえてのスペシャル。昨日では見きれないため今日も見る。映画監督の金の卵コーナー。堤幸彦監督が出てきて特別講師。こりゃ豪華だ。映画の専門学校へ通う演出科の生徒さん二人への特別授業。堤監督は台本を用いて実際に堤組を使って映画撮影してみよう、という課題を出した。準備期間3日間。その間に演出プランを考えて、カット割りから絵コンテによる演出を”創造”する。
そうして堤監督も含めて3人が撮った約1分ほどのミニ映画を3本見比べる。同じ脚本なのに印象のちがう絵が上がっていた。なるほど、映画における監督の「演出」する範囲は思っていたよりもずっと大きかった。よく脚本が大事と話では聴くけど、脚本で著している部分はストーリーだし文字情報のみ。そのストーリーの描こうとする「絵」は監督が創りだすわけだ。
生徒さん二人の作品の講評をしてから、堤監督の作品が流れる。音声を消してセリフをテロップで表示した。CMみたいだね、と言ったら「アタシもそう思ったー!」と女房。
逆に云えば、CMは短時間のうちに見ている側に強烈な印象を残すための工夫が凝縮されている、ということになるかしら。
堤監督流演出の極意は、見る側に印象の残るような絵を作る、ということのようだった。
740歩 0.44km 7分 32.0kcal 0.8g

■2010/06/16 (水) 工事のゆくえ

くもり空。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。仕事をしているうちに外は明るくなってきた。?晴れ?

とたんに蒸し暑くなった。いやあ、こりゃ真夏の気温だ。そろそろエアコンのことを考えないといけない。

明日から屋根の工事が予定に入っている。そのため、動線の確保のために階段に置いてあるものの整理を少しずつ。普段見ている分にはそれほどの量ではないと思っていたが、いざ動かすとなると結構大変だな・・・。折悪くオヤジが箱から出して積み上げてしまった愛書会展蔵出し本の行き場がない。

荷造り作業を終えてオークション出品作業。今日は少し早目に始められた。今週は交換会に行かないターム。
しばらくして、明日は屋根の工事を見合わせる旨の連絡があった。なんとなくホッとする(^^;。

店先に置いてある月下美人の蕾が膨らみ始めた。たしか2年くらい前から置いてある鉢。ウチでも咲くらしい。楽しみだ。

夕方になって少し曇ってきたものの、雨も降らない様子。仕事を終えてからランニングに出ると良く晴れていた。走りながら先日の日十を聴く。はやぶさが帰還する際にカプセルを届けるのと引き換えに大気圏で燃え尽きる、という話をしていた。ちょうど丸子橋を渡るところだった。夜空を見上げた。星がきれいに光っていた。
8738歩 5.24km 67分 484.1kcal 17.5g

■2010/06/15 (火) 定休日

昨夜はWCを最後まで見た。

そのあと日記を書いていたら遅くなった(^^;。今朝はまさかの快晴。目にしみる・・・。

荷造り作業を終えてオークション出品作業。はかどらず。

今日もTwitterが不調。ずっとクジラが出ている。午後になって回復したが、ツイートするたびにエラー表示。それで繰り返しクリックすると全部登録されていたりする(!)。同じ文言を連投していることになっていて、慌てて削除。TLではみなさん連投されていたりして。なんだか昨日から混乱しているみたい。

夕方から雨。夜まで降り続く。夕食を食べながらひさしぶりに「スジナシ」を見た。高橋由美子さんの回。すっかり女優さんだった。舞台で活躍されているらしい。

夕食後はオークション落札品のメール書き。今日も走りに行けず。
689歩 0.41km 7分 30.5kcal 0.6g

■2010/06/14 (月) WC

朝から雨。

月曜日なので、とにかく荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。他にも大市会の支払いやお客様からの買い入れのご送金を。お世話になっております。今月は出の方が多いようです(^^;。

じっとしてるとちょっと寒い感じ。でも湿気のせいか、少し動くと汗ばむ。今日から梅雨入りの関東地方。雨でも、店を開けなくても本を動かせるようになるのが今の目標。

昼飯を食べながら赤塚不二夫TV。語り手は松尾スズキさん。マンガで笑いを追求する赤塚さんはプロダクション方式でアイデアを出してもらい、それを取捨選択して監督する役割へ。作品はギャグからナンセンスへ。そしてシュールへ。常に変化していく。
同じネタが通用しないギャグの世界。前に進むしかない、という意味では芸術に近いのかもしれない。「レッツラゴン」の凄さ。赤塚さんはやりたいことをここに全部ブチこんだという。なるほど。

午後は散発的に荷造り作業と平行してオークション出品作業。オヤジがよりによってこの時期に愛書会展での売れ残り品をワタシの方へ放出し始めたので、仕事量は膨らむ一方(^^;。オヤジの売れ残り品を売る努力は、箱を開けてワタシに任せること、になっている。それでいいのか?! ・・・ま。落ち着いて順に仕事をかけていくことにします。

今夜はWCの日本戦がある。なかなか他の試合を見られないのでせめて日本戦だけでも。それまでに仕事を終わらせるつもりで頑張る。
ラジオを聴いていると試合開始1時間前から応援番組に切り替わった。さすがに盛り上げるなぁ。キックオフの5分前に仕事が終わり対カメルーン戦をTV観戦した。「静かに見てよ」と女房に釘を刺される。傍らで娘が寝ているから音声なしで見ることにした。ブブゼラ音欠。
それでも試合は引き締まっていて迫力満点。日本のDF陣が非常に安定していてカメルーンのエース・エトーを封じていた。一度エンドライン際で抜かれた場面があったけどゴールは防いでいた。
わずかなチャンスを逃さず、前半の39分に日本がゴールを決めた(!)。本田選手。落ち着いて合わせていた。繰り返しVTRが流れる。途中から蹴る瞬間に「ヒョイ」と効果音が聞こえてきそうな気がした。
その得点を後半も守り切った。日本が初戦突破して勝ち点3を獲得。外国で開催されたWCでの勝利は初なのだとか。快挙。
ゴールの瞬間と勝利の瞬間。それぞれ外から歓声が聞こえた。
1210歩 0.72km 12分 54.8kcal 1.2g

■2010/06/13 (日) 堀切菖蒲園

朝起きて晴れ。

出かけるか、ということになる。荷造り作業をしてから昼前に出る。目黒から山手線で上野駅。構内のパン屋さんで昼飯を済ませ、京成線に乗って堀切菖蒲園駅下車。ホコ天+菖蒲まつり開催中でにぎやか。くねくねした商店街を抜けると町会で出している模擬店街。菖蒲園到着。人出多し。そりゃそうだろう。

ひさしぶりに来た感じ。でも、ここでその昔かき氷を食べた記憶が鮮明に蘇る。息子が3歳くらいのころに初めて来た。よく晴れて暑かった。息子は遠くまで出かけてきて少しぐったりした感じだったので屋台のかき氷を買って食べさせた。その時のホッとした笑顔を写した写真。何気なく写したものだったが、あとになってワタシたち夫婦の繰り返し思い出すイメージになった。ここに来たことよりも、ここで撮った息子の写真のイメージが記憶に定着している。写真のスゴサを身近に思うのはこんな時。

園内を一回りして出る。今年も堀切橋を渡ることにする。まず堀切小橋で川を跨いでから荒川へ。遠くにスカイツリーが見えた。渡り切れば堀切。かつて”金八ツアー”と称してこのあたりを散歩しにきたこともあった。

再び京成線に乗って日暮里で降りる。少し歩き足りなかったので、谷中霊園を抜けて上野桜木から芸大前・上野公園へ。噴水前には子供たちがたくさん居て、時折吹き抜ける風に煽られて飛散する水しぶきを浴びて喜んでいた。わかるねー!
広場ではタイのイベントをやっていた。上野公園はいつ来ても人が多い。文化会館前で娘と女房が大道芸にはまっているあいだに近代美術館のフリーゾーンを散策する。果たして世界遺産になれるんでしょうか。

上野駅からJRに乗った。車中では筒井康隆全集の続き。「ポルノ惑星のサルモネラ人間」をずっと読んでいた。過去にあった「メタモルフォセス群島」の続編だろうか。進化ではなく”退化”することで生態系を維持するという惑星でのお話。そのあとには「エディプスの恋人」七瀬完結編が掲載されている。いよいよって感じ。
結構歩いた感じ。店に戻って荷造り作業の続き。

夕食にタコ焼き。食べながら「空から日本を見てみよう」の江ノ電編。
10953歩 6,57km 112分 472.1kcal 12.2g

■2010/06/12 (土) じっくりと

晴れ。布団干し。

貴重な晴れ間、とラジオ。来週早々には梅雨入りらしい。

荷造り作業はほとんどなく、オークション出品作業開始。今日は土曜なので数をこなしていかないと。そんな気合いも半分抜けていく。眠い・・・(^^;。イカンです。こんなことでは。

昨日買ってきた本で再び店内には本が充満。通路にも立ち上がる。こんな状況が毎週末起きる。どうしてこうなるのか、原因は分かっている。わかっているがどうにもならないこともある。これ以上は書けませんが・・・。

タモリ倶楽部は石の話。見て楽しむ石。たしかにそういう分野もあるんだろうなぁ・・・、くらいのひっかかり。

再び仕事。写真関係書を中心に。昨日の交換会に出た土門拳の署名本の山はいくらくらいになっただろうか。土門拳の署名本は交換会の相場で買った値段以上では売れないという直感が働いたので入札さえしなかった(^^;。逸品の大山は買いづらいです。
署名のない本、というくくりで出ていた本は買えたので早速出品しました。

夕食を食べながら「Angel Beats!」を見る。これまた立場によって真逆の解釈になるんだな、的展開。裏の裏は表なのか、裏の裏ってやっぱり裏なのか。いずれにしろ、彼らに出口はないようだ。次回の題がエヴァの最後手前と同じ。

オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。結局サッカーは全く見ずに、録りためたラジオを聴きながら仕事です。
福山さんのタマラジが始まり、気がつけば24時半。ちょいと小腹がすいたのでチビ六風ラーメンを湯呑でもどして食べる。うーん。こういう合間に食べるラーメンってなんてウマイんだろう(^^)。
891歩 0.53km 9分 38.5kcal 0.6g

■2010/06/11 (金) 二往復

晴れ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えて今日も交換会へ向かう。3連チャン。

車中では筒井康隆の続き。「死にかた」「こぶ天才」「三人娘」と傑作短編が続く。「死にかた」は、会社に突如オニが現れて、課の人間を次々と金棒で潰していく話。その「死にかた」に人それぞれの個性が出る、ということか。ただし、そのオニの正体はいったい何なのか。どうして次々に殺されなければならないのか。一切説明はない。主人公は最後に潰される。そこで話はパタンと終わっていた。凄い。読み終わって脱力した。

入札を終えて昼飯どうしよう。そうだ、カレーだ。と靖国通りを歩きだした。いつもエチオピアなので、今日は須田町のトプカにした。おいしいインドカレーを出すお店だが、案外いつもすいている。今日も店内はガラガラだった。なんでだろう。ポークカレーを食べ始めて思い出した。そうだ、ものすごく辛いんだ・・・(^^;。でもただ辛いんじゃなくて、うまみを伴っているから途中でやめられない。なぜかお冷を手に取る気にもならない。不思議な辛さ。涙、鼻水、汗。毛穴が開いてるなぁ・・・。完食して出た。

そのままアキバへ。交通博物館の建物はほぼ消滅していた。別に買うものもないが、最先端と云われている街を歩くといろいろな物・事が見えてくる。もちろん、見える物・事は人によって違う。街はどう見えるかによってその人の内面を映し出す鏡のようなもの。
Yカメラ。iPadが展示してあった。思ったよりも小さい。みなさん必ず一度手にとって重さを確かめている。重いか軽いかはきっと使い方によって違うと思う。店頭ではわからないはず。

いったん店に戻り、クルマで神保町へ向かう。車中では録音しておいたピストンさんのオールナイト。ゲラゲラ笑いながら到着。カーゴ1台分を積み込んで帰路。量的にはちょうどよかった。

夕食を食べながら「ぴったんこカンカン」。北野武・アウトレイジ編。
夕食後、しばらくしてからランニング。
16839歩 10.09km 150分 819.6kcal 23.8g

■2010/06/10 (木) 今日も交換会

晴れ。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今日も交換会へ行くペース。昼過ぎに出た。車中では今日も筒井康隆全集。「12人の浮かれる男」を読む。日本で最初に行われた陪審員裁判、という設定。被告の完璧なアリバイを弁護側から提出されたあとの評議。誰が見ても無罪の判決が出るものと思われているところを、陪審員の人が「それじゃ面白くない」と言いだして、有罪の評決を出す所までを描いている。言葉で描写すればそれだけの筋だが、そこに至るまでの12人のドタバタ劇がさいこー。

渋谷駅はリコーのCMで埋め尽くされていた。「退屈なのは、世の中か、自分か。」というコピー。なるほどね。

入札を終えて昼飯。久しぶりにキッチングラン。すでにピーク時間は過ぎていたのですぐに座れた。オヤジさんじゃなくて別の人が厨房に立っていた。前に来てから随分時間が経っていたのかもしれないな。以前メニューにあったピーマンの肉詰めはなくなっていた。いつものメンチカツと生姜焼きの盛り合わせをいただいた。
食べ終わってお会計した時、「おひさしぶりですよね。またどうぞ」と言われた。はい。また来ますね。

地下鉄。「ヒノマル酒場」を読み始める。これ、何年ぶりに読むだろう。最初に読んだ時もさいこーに面白かったが、今読んでもさいこーにおもしろい。大阪通天閣そばにあるヒノマル酒場。開店からいつもの常連さんで店は賑わう。店のTVに通天閣が映り、アナウンサーが興奮気味に「臨時ニュースです。これはドラマではありません。」と緊張した声で伝えはじめる。「こんなのドッキリカメラちゃうんか」と鼻っからTVを信じない。
通天閣の真上にUFOが着陸し、しばらくして中から人らしき物体が降りて来る。その宇宙人は全身緑色したゴムのような身体をしており「地球人の食べ物を研究したい」と言いながら、ごった返す報道陣をかきわけて、こともあろうにヒノマル酒場へと入っていく・・・。
こりゃ筒井康隆版の「未知との遭遇だ」と思ったが、スピルバーグより1年以上早く発表されていた。しかもスピルバーグよりずっと面白い。すごいね(^^)!

「ヒノマル酒場」のコーフン醒めぬうちに店。荷造り作業を再開。

夜になって通り雨。オークション落札品のメール書きを終えたら23時をずいぶん過ぎていた。1日過ぎていくのが早いなぁ・・・。
4198歩 2.51km 39分 198.5kcal 4.7g

■2010/06/09 (水) 交換会へ

朝から雨。

荷造り作業を終えて今日は交換会へ。大市さえ行かずに籠って仕事をしていたんだから、たまには行きます(^^;。

車中では筒井康隆。基本的に電車に乗らないと読めないので久しぶり感あり。「竜馬がゆく」は母親が次の巻を持って行ったままなので、2巻を読了したあと先に進めない(^^;。複数冊を平行して読むことが多い。

出かけるときも雨。電車が多摩川を渡るとき、河原で釣りしている人がいた。今頃は何が釣れるんだろう。そういえば2月以来釣りに行ってないな・・・。

神保町も雨が降っていたが、なんとか傘をささずに古書会館。入札を終えて昼飯。すぐに地下鉄に乗って店に戻った。途中渋谷のBカメラで先日の鎌倉で撮影したフィルムを現像に出した。出来上がりは月曜日。どんどん納期が延びていくなぁ。ふとフィルム売り場を見ると、発売されている種類がグンと減り、価格がグンと上がっていた。こうなるとクラカメも高級な趣味ということだ。どーでもいい写真はデジカメで撮り、ここぞというところでフィルム(?)。それもちょっと違うね(^^;。だんだんフィルムカメラの立ち位置が変わってきていることを肌で感じる。

荷造り作業を終えてオークション出品作業。実はまだまだ本がある。どんどんやっていかなきゃ。

夕食を食べながら「けいおん!!」を見た。なんだか家族皆で見ているとサザエさんかちびまるこちゃんみたいだな・・・。アニメ好きの息子にはストライクのようだし、四コマ漫画好きの女房にもピタリ。娘はアニメならなんでも好きのよう。何も起こらないゆるいアニメと評する人もいらっしゃるようだけど、まあ、それはそれとして。
今回はさわ子先生のライブがあり、番組が終わった直後にその曲のCD発売のCMが入る。スゴイ。どこまでが番組でどこからがCMなのか・・・!

仕事を終えてからちょいと走る。晴れ間も。
近所のスーパーが今月で営業終了するらしい。ここにきて新丸子からジワジワとスーパー、コンビニが消えていく・・・。
14174歩 8.50km 116分 747.1kcal 24.3g

■2010/06/08 (火) 今日も1日店

くもり空。朝のうち雨が降ったようだ。

朝飯を食べながら月9。うーん。だいぶ興味が薄れてきた(^^;。今ラブストーリーはキビシイのかも。
今普通の現代劇で見てみたい状況ってどんなだろう。もう描きつくしてしまっていないだろうか。基本的に日常を超えた物語を描かないと興味がわいてこないような気がする。そういった意味でアニメや時代劇が当たっている気もする。設定で日常とかけ離れたものにできるから。
現代劇でそれをやると「ありえないー」って話になる。やるなら仮面ライダーまでいかないと。
案外ワタシたちの世代が小さいころに見た特撮ものの印象を引きずっていたりして。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎまで。途中買い取りあり。ありがとうございました。

午後はずっとオークション出品作業。大市会を欠席してまで仕事を続けた割に店内は片付いていない印象(^^;。やはり一人でやるには量が多すぎた。かといって、誰かに手伝ってもらうには覚えてもらわないといけないことが多すぎる。
いつか破たんしそうで怖いのはこの点。仕事は増えることはあっても減ることは絶対にない。恐ろしいことだと思う。

現実逃避。仕事を終えたあとにエヴァ・破を観賞。これで2回目だ。買ったんだから見なきゃ損なわけで。劇中で流れる「翼をください」は、最近いろいろな所で聴くんだけど、何かあるんだろうか。
TVシリーズと違うような似ているような。違えたいんだけど違えられないみたいな。やっぱりTVシリーズを全部見た人でないとわからない部分があるんじゃないかと思うけど、繰り返し見てしまった自分は見ていなかった自分にはもう戻れない。
作品自体もそういう構成を取っているような気がしてならない。つまり、一度TVシリーズ+映画での完結編を作った以上は”その先の話”を作らないと。というような。
「今度こそ君を幸せにしてみせるよ」(byカヲル)のような意味深なセリフもあった。
改めて、人を惹きつける物語だなぁ、と思った。
467歩 0.27km 5分 20.3kcal 0.4g

■2010/06/07 (月) 1日店

快晴。

月曜日だというのにゆっくり寝てしまった(^^;。朝飯を食べながら徐々に気持ちを上げていく。充実したところで仕事開始。どりゃあー。荷造り作業。大量・嵩。いつもお買い上げありがとうございます。

結局昼過ぎまで全力であたっても全然終わらず、昼飯の時間となる。龍馬伝。池田屋事件。大河ドラマ「新選組!」で見たときには長州の志士たちは都に火を放つテロリストのように描かれていたが、今回はもの言わず粛々と仕事をこなしていく新選組がある種殺人集団のように描かれている。ように感じる。凱旋する新選組の隊列が印象的だった。
同じ歴史的事件でも見る角度が変われば全く違った像がそこに浮かび上がる。ドラマ形式で歴史を描こうとしたら客観性は保持できないのだろう。だからこそドラマとして描いている。つまり、創作だ。

再び荷造り作業。ドーンと積み上がった。ああ。少しだけ片付いた気がする(^^)。とにかくオヤジの本が増える一方だから置き場がなくて・・・。

お茶の時間。昨日鎌倉で買った鳩サブレと「ちょっと安かったから買ってみた」というカントリーマアムのクリスピー。どちらもおいしかった。ただ、カントリーマアムは中がやわらかいのが売りなのでは?

そういえばiPadが発売されてからしばらく経つが、ワタシのTL上にはあまり話題が上がっていない気がする。思ったほどではなかったのか、それとも、すでに欠かせない道具として普通に使っているためにわざわざ話題に上げないのか。
ネット上の記事はレポートが充実してきている。見つけるたびに読んでいるが、やはりパソコンでバリバリ仕事をしている人がその勢いをiPadにも期待するのは無理、とある。出先でのWeb閲覧やちょっとしたツイート、メールくらいの用途に限定したほうが、という意見。ふむふむ。
ゲーム機として見たら面白そうだけどなぁ。アプリも安いようだし。
電子書籍に関してはまだどういうフォーマットが良いかという入口でもめているようだ。1冊の内容をアプリとして出せばいわゆる紙の本を超えた機能(動く・飛び出すなど)を付加できそうだが、将来のフォーマットの進化・変更に遭って何年も使える本にはならない。逆に最小限の文字データだけにすれば半永久的な寿命は与えられるだろうが、電子書籍ならではの魅力を盛り込めない。

仕事を終えてからランニング。昼間は暑かったけど、ちょうどいい気温になっていた。
9009歩 5.40km 70分 492.4kcal 20.9g

■2010/06/06 (日) 鎌倉散歩

少し早く起きて出かける。

今日は娘の案内で廻る鎌倉。いつものように横浜駅から横須賀線で鎌倉駅到着は10時少し前。すでに人が多いなぁ。

若宮大路を北上。段葛を歩く。「ここはね、八幡宮へ近づくにつれて道幅がどんどん細くなっていくんだよ。敵をやっつけやすくしているんだって。」早速娘のマメ知識。先日の社会科見学で教わった話のようだ。
八幡宮の境内はひさしぶり。青葉がまぶしい。ちょうど結婚式の真っ最中で雅楽が響く。倒れてから初めて隠れ銀杏を見た。根づいているようで、若葉が出始め。千年生きて再び生まれ変わるんだからものすごい生命力。人間はとてもかなわない。
せっかくだから社殿まで上がって若宮大路を見下ろした。まっすぐに海まで伸びている。気持ちいい景色だった。

頼朝の墓へ移動。この墓の周囲が大蔵幕府跡。学校が多いのはその名残?。実は初めて見た。娘の案内で来たということが感慨深い。鎌倉宮、杉本寺と移動し、報国寺へ。迫ごとにお寺か神社がある感じ。その向こう側はずっと山が連なっている鎌倉らしい地形。いちいち緑が気持ちいい。

報国寺の鐘の直下に円錐形に盛られた土。「あれはなんだろう」と女房。「音を響かせるためじゃない?」と娘。「そう、当たりだよ。よくわかったねぇ」とニコニコしたお寺の方。娘はうれしそう。週に一度、形を整えるのだとか。
苔の庭と竹林が見事。次々と参拝客が入ってくる。

金沢街道の1本裏道を歩いて住宅街。この先に釈迦堂切通しがあるという。え?この先にあるの?というくらい新興住宅地然とした普通感がモリモリと。ところが、突然山道に変わって4月に降った大雨のあとから「通行止め」と表示されている荒々しい地形に出くわした。昼なお暗い森の中。気をつけて恐る恐る行ってみると、眼前に大きく穴のあいた岩が姿を現した。思っていたよりもずっと大きく、年月によって鎌倉石が風化して削れ、独特の景観を作っていた。人工的に掘られたとしてもその姿は異様で近づきがたい雰囲気。もちろん近づかなかったが。異界を思わせる光景にブルッときますね。

川沿いの道を歩いて再び八幡宮へ。源氏池の藤棚で昼飯を食べる。中学生や小学生がたくさん居て、藤棚から降りてくる野生のリスに高反応。写真を何枚も撮っている女の子も居た。他に撮るものないのかね。
ゆっくり休んで14時半の電車に乗って帰ってきた。

途中、横浜のYカメラに寄る。iPadに人だかり。
15762歩 9.45km 158分 695.6kcal 18.5g

■2010/06/05 (土) 仕事漬け

くもり空。

朝飯を食べながら「Angel Beats!」を見る。魂の救済がテーマのアニメ。それで思い出すのはやはりエヴァンゲリオン。キリスト教的魂の救いがテーマだった。新作映画ではその要素を薄めてあるが。魂の救済は世界宗教の目的そのもの。ジャーマンスープレックスやホームラン。そして結婚すること。人の希望は本当に様々でいろいろだ。

荷造り作業を終えてすぐにオークション出品作業へ移行。よし、今日はやるぜ!

空は徐々に晴れてきた。仕事をしながら一つひらめくことあり。早速実行してみる。うむ。これはなかなか面白いことになるかも。せっかくだからTwitterを使い倒す気持ちで行くことにした。そうと決めたら気持ちがかなり前向きになった。

お茶の時間にカントリー・マアムの限定・まさかの宇治金時味(!)。全然”カントリー”って感じじゃないけど、おいしいからOKっ!

今日は南部大市会。オヤジが品物を引き取りに行くタイミングを計りかね、古書会館に電話をしていた。そこで事業部の方から「明日引き取りでもいいですよ」と言ってもらったことで明日行くことに決めたようだ。なんだかほっとした様子。いつもお世話になっています。

夕食を食べながら「科学くん」を見る。多摩川の特集。河口で潮干狩り。中流で鮎の遡上(ウチのそばの調布取水堰)とアリゲーターガーの捕獲作戦。そんな危険な魚が居るんスか?。で、最上流でトウキョウサンショウウオ探し。やっぱ多摩川すげえ。

オークション落札品のメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。オフコースを聴きながら続けているうちに23時半。福山雅治さんのタマラジを聴きながら続行。終わらない・・・(^^;。
25時を過ぎてロケショーが始まってしばらくしてからようやく仕上がった。お疲れさまでした。
1170歩 0.69km 12分 50.8kcal 1.2g

■2010/06/04 (金) いい天気

朝から快晴。布団干し。

オヤジは朝一番で南部大市会へ出かけた。ワタシは・・・、行こうかどうしようか迷ったまま。まだまだまだまだ本がいっぱいあるもので。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてからオークション出品作業へ移行。今日は数が稼げるか。

母親が交換会から送られてきた明細書がないと慌てていた。ちょうど定休日に届いたので、ワタシが開封して売伝と一緒にクリップしておいたよ、と言うと、領収書入れに入っていた。おそらく中身を見ずに入れてしまったらしい。いや、見ていなければ領収書入れにも入らないか・・・。
午前中から大騒ぎ(^^;。

オヤジは昼過ぎに帰ってきた。やはり本の整理が進んでいない以上、ワタシまで大市会へ行くわけには行かない、という結論に達する。まあ、オヤジが行ったんでそれでご勘弁ください(^^;。ワタシまで浪費してたら出るばっかりです・・・。

ラジオを聴かずにクラシックと吹奏楽を流す。なんだかんだ言っても4年間親しんだ吹奏楽の音って聞いていると元気が出るんだよね。アルヴァマー序曲とフェスティバル・バリエーション。アルメニアン・ダンスは思い出の曲。

TLには田中長徳さんによる中古カメラ市の話題が。つい連続ツイートを飛ばす。ま。飛ばしたところでどーなるものでもないのだが。仕事の合間にライカとかローライとか言いたいだけでしょ(^^;。

仕事を終えてからランニング。走り出したとたんに雨が降り出す(^^;。なんだよもおー。
2337歩 1.39km 20分 116.3kcal 3.1g

■2010/06/03 (木) ブレ

朝から快晴。

今日は娘が学校で鎌倉へ行くという。遠足じゃないようだから、社会科見学の一環だろうか。昨夜のうちに時計とデジカメを貸してほしいと言われていたので、デジカメはいつも仕事で使っているNikonを貸した。

朝一番。いよいよ明日・明後日開催の南部大市会出品の本を事業部の方が荷受けに来てくださった。ありがとうございます。

仕事開始。娘にデジカメを貸したので、一眼レフのデジカメをひっぱりだしてきて本の撮影を始めた。ん。明らかに仕事がはかどってない(^^;。まあ、撮影位置が変わることによるものだよね、とも思うけど、ピント合わせの方法が厳密すぎてパッパと撮影が進まなかったりもする(^^;。単に慣れだけの問題でもなさそうだ。
ちなみに仕事用に使っているのは最近では最もコモディティ化が進んでいる単三電池を2個入れるタイプのコンデジ。安さでいえば一眼レフタイプデジカメの1/10で買えるもの。
やはり、仕事の内容によって使う道具を変えることにはそれなりの意味がありそう。安いとか高いとか、汎用性があるとかレンズが高性能とか、そういう次元の話じゃなくて。
たまにこういうイレギュラーな状況があると、思いがけない気づきがある。安いコンデジの機能を一つ再発見した気分。バックアップ用に2、3台買っておいてもいいかもな。とか言いつつ、やっぱりもったいなくてそんなことはできないのだった・・・。

お茶の時間のあと娘が帰ってきた。デジカメは無事だった。早速デジカメを回収して、撮影してきた写真をプリントアウトする。
なんでも、行き先が3コースに分かれていて、江ノ電に乗って大仏方面に行くコースと、円覚寺から銭洗弁天の方へ歩くコースもあったが、娘は八幡宮から頼朝の墓方面に行くコースを選んだようだ。写真には先日大風で倒れた八幡宮のイチョウにひこばえがいっぱい生えてきた様子が写っていたり、頼朝の墓や畠山重忠の碑などが写っていた。んー。でも結構ブレてるね・・・(^^;。やっぱり撮影の方法をちゃんと教えないとだめかなぁ。
やはり遠足気分ではなかったらしくて「お友達とピース」みたいな写真は1枚もなく。そーいうところマジメだなぁ・・・などと。

先週は店内がドーンと積み上がった本で満たされていた状態だったけど、コツコツと仕事を続けていたらだいぶ整理されてきた。この調子。とにかく継続。それしかない。
749歩 0.44km 8分 32.0kcal 0.4g

■2010/06/02 (水) 晴れ

いい天気。

録画しておいたブラ・タモリの表参道編を見た。もう1年以上前の再放送だが、この番組がきっかけになって坂道歩きを始めたワタシ。今までウォーター・フロントにばかり目が行っていたのが、山の手の坂道という視点を見せてもらったのは大きかった。たいていの坂道は住宅街のど真ん中にある。坂道を見に行こうと思わなければ行きたいという発想さえ出てこなかったかもしれない(^^;。
明治神宮から湧き出た水が竹下通りを通って渋谷川に流れ込み、暗渠であるキャットストリートを通り、東急百貨店の真下をくぐって東横線の横に出る。渋谷川は恵比寿から広尾(のそば)を通って麻布十番へ向かっていく途中、古川と名前を変える・・・。途中から番組でやってない話だが。

TVでは首相の辞任会見。たった8カ月だったそうだ。政策云々についてここには書かないが、短命政権が連続する現在の政治状況は異常と言わざるをえない。政策などとは別の何かが作用している、と確信するに至った。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。録音しておいたラジオを聴きながら仕事。日曜日放送の日十の録音を聴いてからPodCast配信を確認すると、これまた不思議なことが起こっていた。書かないけど(^^;。安住アナはいつ独立されるんだろう。早くした方がいいと思うけどな。

ああ。なんだか心から笑えるような話がないものかなぁ・・・。

今日は定休日。シャッターは閉めているが、通販で買ったTシャツが届いたり、娘のお友達が遊びに来たり、回覧板が回ってきたり、郵便局から集荷に来てくれたり。ガラガラとシャッターを上げる。うーん。シャッターを開けておいても一緒かな、とか思わなくもないんだけど。
「今日は折り紙関係で」と娘。得意だものね。

夕食を食べながら「けいおん!!」を見る。ほのぼのできていいかんじ。
9723歩 5.83km 76分 530.3kcal 21.5g

■2010/06/01 (火) 表現

店舗臨時営業。明日は休みます。

先日見た藤子・F・不二雄TVの最終回。岡田斗司夫さんが”SF作家としての藤子・F・不二雄”という視点で語っていた。絵は少年マンガだけど話は純SF。辿りついた星に居たかわいい少女は実はその星の住人である牛に飼われている家畜だった話。とか。吸血鬼ばかりになってしまった世の中に対抗するためにたった一人で立ち向かった主人公は、実は”吸血鬼側”から見たら「流血鬼」でしかなかった話。など。
吸血鬼話なんて先日見た「Angel Beats!」の話がそのままのような・・・。敵と思い込んでいた相手側から見た自分。立ち位置が変われば見え方も変わる。
岡田さんが指摘する、少年マンガと同じタッチの絵を使ってSFファンも唸る作品を描いていた、という点も興味深い。今やマンガもアニメも表現の幅をどんどん広げている。世代を超えて読まれる・見られている作品にはマンガ・アニメが圧倒的に多い。

表現の方法(場:プラットフォーム)もどんどん変遷していく。ここ数年の変化は特に激しく、紙メディアから電子メディアに移行していく今が分岐点らしい。PCもデスクトップがノート型に移り、今やタブレットPCの時代になった。こうして書いている日記は10年前からあるサイトだが、その後にブログができてSNSが出来て、今主流はTwitterに移っている。HPをリニューアルしようか、なんて考えたが、その手間をかけるだけ無駄になるような気持ちもある。さて、どうしたものか(^^;。

重厚長大な計画なんて通用しないのだろうか。よくわからない。傍らの時間はものすごく早く流れていく気がするが、それに乗るべきなのかどうなのか。乗ったら乗ったで流されて行かないだろうか。そんな考えているんだかぼやいているんだかわからないことがもやもやとアタマの中を漂っている。

久しぶりに見た7年前に撮影したデジタルの写真。今と全く様子の違う子供たちが動いて笑ってはしゃいでいた。なんともいえない懐かしい気持ちになった。それは良かったのだが、すでに一部再生不可能になっているコマがあった(!)。デジタルもまた確実に劣化するのだ。
見たいと思ったころにすべてが揮発しているんじゃないか、という恐怖。デジタルならではの陥穽かもしれない。
スピードが早ければ早いほど、ブレーキ性能が大事になってくると思うなぁ・・・。
672歩 0.39km 6分 29.2kcal 0.6g

2010年05月 < > 2010年07月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター