Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
2000年01月 2001年01月
2000年02月 2001年02月
2000年03月 2001年03月
2000年04月 2001年04月
2000年05月 2001年05月
2000年06月 2001年06月
2000年07月 2001年07月
2000年08月 2001年08月
2000年09月 2001年09月
2000年10月 2001年10月
2000年11月 2001年11月
2000年12月 2001年12月

2002年01月 2003年01月
2002年02月 2003年02月
2002年03月 2003年03月
2002年04月 2003年04月
2002年05月 2003年05月
2002年06月 2003年06月
2002年07月 2003年07月
2002年08月 2003年08月
2002年09月 2003年09月
2002年10月 2003年10月
2002年11月 2003年11月
2002年12月 2003年12月

2004年01月 2005年01月
2004年02月 2005年02月
2004年03月 2005年03月
2004年04月 2005年04月
2004年05月 2005年05月
2004年06月 2005年06月
2004年07月 2005年07月
2004年08月 2005年08月
2004年09月 2005年09月
2004年10月 2005年10月
2004年11月 2005年11月
2004年12月 2005年12月

2006年01月 2007年01月
2006年02月 2007年02月
2006年03月 2007年03月
2006年04月 2007年04月
2006年05月 2007年05月
2006年06月 2007年06月
2006年07月 2007年07月
2006年08月 2007年08月
2006年09月 2007年09月
2006年10月 2007年10月
2006年11月 2007年11月
2006年12月 2007年12月

2008年01月 2009年01月
2008年02月 2009年02月
2008年03月 2009年03月
2008年04月 2009年04月
2008年05月 2009年05月
2008年06月 2009年06月
2008年07月 2009年07月
2008年08月 2009年08月
2008年09月 2009年09月
2008年10月 2009年10月
2008年11月 2009年11月
2008年12月 2009年12月

2010年01月 2011年01月
2010年02月 2011年02月
2010年03月 2011年03月
2010年04月 2011年04月
2010年05月 2011年05月
2010年06月 2011年06月
2010年07月 2011年07月
2010年08月 2011年08月
2010年09月 2011年09月
2010年10月 2011年10月
2010年11月 2011年11月
2010年12月 2011年12月

2012年01月 2013年01月
2012年02月 2013年02月
2012年03月 2013年03月
2012年04月 2013年04月
2012年05月 2013年05月
2012年06月 2013年06月
2012年07月 2013年07月
2012年08月 2013年08月
2012年09月 2013年09月
2012年10月 2013年10月
2012年11月 2013年11月
2012年12月 2013年12月

2014年01月 2015年01月
2014年02月 2015年02月
2014年03月 2015年03月
2014年04月 2015年04月
2014年05月 2015年05月
2014年06月 2015年06月
2014年07月 2015年07月
2014年08月 2015年08月
2014年09月 2015年09月
2014年10月 2015年10月
2014年11月 2015年11月
2014年12月 2015年12月

HOME > 甘露日記

■甘露日記 2010年01月

■2010/01/31 (日) お茶の水台地(?)

朝から快晴。

朝飯前にしばらく仕事。昨夜は忙しかった・・・。
いくつか荷造りをしているうちに朝飯の時間。コーヒーを淹れる。
食べながら息子とiPadの話など。具体的には書きませんが。

再び荷造り作業に戻る。昼過ぎに今日も3人でお出かけ。ブラ・タモリもあったので、お茶の水あたりを歩こうか、ということになる。秋葉原駅下車。駅前の喧騒からすぐに離れ、万世橋を横目に総武線の跨線橋をくぐる。神田明神下交差点そばにあるファミレスで昼飯。そろそろ禁煙席と喫煙席の座席割合を考えた方がいいのでは。喫煙席ガラガラで禁煙席は満席で希望者が列になっていた。

最近の散歩カメラはコンタックスT3。ネックストラップを買ったら出番が増えた。

神田明神。神田倶楽部の幟。ブライダルフェア。甘酒がおいしい。地下室で寝かせているらしい。あげまんじゅうを食べながら明神男坂。立派な坂道だ。
横断歩道を渡って湯島聖堂。昌平坂は本郷通りと外堀通りを繋ぐゆるい坂だった。聖堂は前に来た時には人影まったくなかったが、今日はさすがに混んでいた。TVの影響って大きいね、なんて話をしながら。お堂の屋根に鯱鉾。潮を吹き上げている。案外門からお堂までの距離が近い。明治初年の博覧会図は奥行きのパースが強調されていたようだ。

聖橋。橋の上からお茶の水方面を眺めている人多数。総武線、中央線、丸ノ内線がかわるがわる通り過ぎていく。いつ見てもこの立体交差を設計した人はすごいと思う。しばらく見入ってしまった。

ニコライ堂。逆光。太陽がだいぶ傾いてきた。下から地下鉄の空気が吹きあがる。娘は「このにおいキライ」と通り過ぎた(^^;。訳ありげな石垣の裏側に幽霊坂。

日大理工学部のキャンパスか、と思わせる道を歩いて明大通り。胸突坂を登って山の上ホテル。「このあたりは明治大学ばっかりだね」と女房。学生街だよなぁ。
錦華坂から錦華公園。錦華坂の由来は錦華小学校がそばにあるから、らしい。錦華小学校は統廃合の影響で現在はお茶の水小学校に名称が変更されている。
近くにあるコンビニで買ったおやつを食べながら公園で休憩。猿楽通りを歩いて男坂を登り、女坂を降りる。台地の崖の縁を行ったり来たり。
ゆるい小栗坂を上がると線路際。ドームホテルが夕日に映える。水道橋駅に到着。「最後は先週と同じじゃん」と娘。そのとーりです(^^;。

夕食後はロケショー(録音)を聴きながら仕事と日記書き。
9541歩 5.72km 98分 410.9kcal 10.5g

■2010/01/30 (土) おとなしく仕事

晴れ。布団干し。

ついラジオサーバーポケットを買ってしまった。いままでAMラジオが電波の関係で聴けなかったが、これで聴けるようになった。しかも留守録までやってくれる。なかなかよさそうだ。昼間のラジオを深夜のラジオを録音して聴こうと思う。
どんな操作でやるのか、とちょっと心配だったが、iPodやケータイの操作に慣れていればあまり違和感なく設定できる。カーソルを移動してポチっとするだけ。時刻合わせもラジオ電波を拾って自動で補正してくれるというからビックリ。基本的なことはすべてお任せでもよさそうだ。
早速ネットで番組表と首っ引き。いくつか予約設定を入れておいた。こうしてラジオの番組をずらっと見てみると、結構いろんな方が出ているんだねぇ。
前から聴きたかったあの番組とこの番組、とドンドン設定していったら気が付いた。こんなにたくさん、いつ聴けばいいんだ・・・?

午後はまるまる仕事の1日。途中からペースを上げたものの、なかなか思った通りに仕事ははかどらなかった。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ゆっくりやっているつもりはないんだけど、全部書き終えたのは25時過ぎ。すでにロケショーが始まっていた・・・(^^;。

こういう時間が短縮できれば助かるんだがなぁ。
1070歩 0.64km 11分 47.3kcal 0.0g

■2010/01/29 (金) 神保町二往復

晴れ。なんとなく雲が出ている。

朝飯を食べながらブラ・タモリの神田編。神保町の古本まつり当日にロケしたみたい。靖国通りの歩道にはワゴンセールのにぎわい。「誰もこっちを見てない」とタモリさん。居心地いいのか悪いのか・・・。
秦川堂さんで古地図の巻。やっぱり本物は迫力があるなぁ。すごい。
昌平坂学問所とニコライ堂をまわって、ニコライ堂はTVカメラ初とのこと。鐘楼からのパノラマ写真。確かに高いビルはないけど、すでにビッシリと建物が視界いっぱいに拡がっていたらしい。東京という都市が刻んだ歴史の長さを思う。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えて交換会へ向かう。今日はオヤジも行くという。
交換会会場は出品物で大盛り上がり。今日は岡本太郎さん関係のまとまった一口が出ていた。入札はするものの、正直売れる値段で落札できるとは思えず(^^;。実はそれが自分の実力が”可視化”する瞬間だったりする。たとえば、今日ここでこの品物を落札するには○万円くらいの札を書く必要がある、となんとなくわかっていても、ウチで売るには△万円で落札できないと売れないんだよなぁ、という事態への直面(^^;。で、迷った挙句に△万円の札を書いてやっぱり落札できなかったというオチがつく。現実の厳しさ。

一旦店に戻ってからクルマで荷物の引き取りに。このパターンをいつか「入札しにクルマで行き」にしたいと思いながら結局果たせない(^^;。なぜか内堀通りが大渋滞。
カーゴ2台分をクルマに積み上げて帰路。19時過ぎに店に戻り、荷降ろしに10分弱。また通路が塞がった。

夕食を食べながら三銃士。いつも思うことだけど、人形の動きが素晴らしい。たまに人形と思わずに見ている時がある。

夕食後も仕事。
6336歩 3.80km 60分 292.5kcal 7.5g

■2010/01/28 (木) きつねのよめいり

くもり空。寒くない。

朝飯を食べながら所さんの笑ってコラえて。飛行機の整備士の裏側。ジャンボ機が滑走路へ出ていく時、地上の整備員さんが手を振っていたなんて、知らなかった。飛行機って乗らないからなぁ・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。TwitterのワタシのTL上ではiPad発表に伴って電子書籍の話題が再び増えている。みなさん好きですねぇ・・・(^^;。でもさ、iPadが電子書籍の起爆剤になるというなら、別段これを買わなくても今あるPCのモニタ上に表示して読んだって同じなんじゃない?なんて思うんですが。やっぱり話題のiPadで外に持ち出してカフェでおしゃれに読みたいのかしらん。
夕食時、いつもネット上のニュースについて息子といくつか会話をするのだけど、iPadについて聞いてみたが「別に欲しくない」と言っていた。むしろ電子が普及してしまうと、マンガの貸し借りができなくなって困る、のだとか。息子世代の感覚では電子化によって読書環境が不便になるようだ。今後電子化が進んだとして一体誰が幸せになるのか、誰か詳しく解説してほしいんだけどなぁ・・・(^^;。
ちなみに、息子はすでにTwitterに飽きたとも言っていた。

交換会へ。地下から神保町の街へ出ると雨だった。速足で古書会館へ。入札を終えて外にでると雲間から太陽が顔を出していた。雨は降り続いていた。
12127歩 7.27km 95分 661.3kcal 21.4g

■2010/01/27 (水) 交換会

快晴。

朝飯を食べながら今日も「名曲探偵」。今回はフォーレの「レクイエム」。モーツァルト、ヴェルディ作曲のものとともに三大レクイエムの一つに数えられながら”異端”と評されている、という。
それは、レクイエム中の定番曲である「怒りの日」(最後の審判)が入っていないため、らしい。ふーん、なるほど。
「怒りの日」は、人間が神から最後の審判を受ける場面をモチーフとしており、曲調が非常に激しいものになっている。普通、レクイエムの形式に習うならばこの曲をメイン的に扱うはずなのに、フォーレのものにはこれがない、というわけ。
いや、全く欠けているわけではなく、一曲に独立させずに第6曲の中に16小節だけ加えられていた。死の解釈、弔いの解釈が他の二曲が作曲された時代と違うためだろうか。フォーレはレクイエムから故意に”死の恐怖”の表現を取り除いた。神の権威によって選ばれた者だけが天国へ行くのではなく、万人が天国へ行けるように、という思想がこめられていたのでは、と解説があった。

荷造り作業を終えてから東横線。久しぶりに交換会へ向かった。入札を終えてから昼飯はいつものうどん屋さん。隣の錦華小が集団下校の真っ最中で、うどん屋さんの行列とぶつかって大変な混雑に(^^;。

途中、渋谷でフィルムを受け取って店に戻る。再び荷造り作業。17時から今日も歯医者へ。キュインキュインと10分くらい歯を削られる。かなわんなぁ・・・(^^;。次回は2月に入ってから。金属のはめ込み歯が入ります。

仕事を終えてから、ふと思い出したようにドラマ「坂の上の雲」の第一回を見た。やっぱりドラマ化、ということになると、小説で読んだ時とは内容が違ってしまうものだなぁ、と思った。これはやっぱり仕方ないことなのかね。
4816歩 2.88km 44分 229.8kcal 5.6g

■2010/01/26 (火) 定休日

朝から快晴。まぶしいほど。

冬至から1カ月以上経ち、ドンドン昼間が長くなっている。太陽の角度も高くなってきた。もうすぐ春。ワタシの一番好きな季節が来る。たのしみだな。

昼飯を食べながら「名曲探偵」を見る。ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。村上春樹著の小説『1Q84』の中で登場して話題になっているのだとか。なるほど不思議な曲。不思議な旋律。ただ、名曲なのかどうかは、全曲聴いていないのでまだわからない。
「発話旋律」という聞きなれない用語が出た。これは、喋り言葉の発音をそのまま旋律に置き換えて作曲するという手法らしく、たとえば日本の曲では「ぞうさん」がこれに当たる、という。「ぞうさん」の歌詞をそのまま読んで発語する抑揚を音符に置き換えると、見事、「ぞうさん」のメロディーそのものになる、という。(ほんとかな)
ヤナーチェクは、チェコの民謡・民俗を研究し、その発話旋律の手法を用いるなどして作曲。今回の「シンフォニエッタ」にも発話旋律で付けられたと思われるメロディーがちりばめられていた、という。実際の曲を日本在住のチェコの人たちに聴かせたところ、歌詞は付いていないのに歌詞が付いているかのように曲のニュアンスを感じ取っている様子だった。チェコ語に置き換えられる旋律だった、ということだろうか。へぇー。
この番組には軽いお芝居がくっついていて、見始めた当初は邪魔に思っていたのだけど、何度も見ているうちに慣れてきた。これも味かな、と。筧利夫さんのボケだかツッコミだかよくわからないキャラが楽しめるようになった(^^;。

荷造り作業を終えてオークション出品作業開始。あまりはかどらず。先週は1週間我慢したので、明日からは交換会に行こうかな。
9710歩 5.82km 74分 537.7kcal 25.2g

■2010/01/25 (月) クルマに乗って

月曜日の朝は仕事なり。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
12時が近づく。一旦仕事を中断して歯医者へ行かなければ。先日奥歯にかぶせていた金属が取れてしまったのだ。ただ、それって、イヤな予感がするんだよな・・・。

歯医者さん。様子を見るなり麻酔注射。「痛かったら手を挙げてください」と言われる。来たか・・・(^^;。歯の一部が欠けたり、詰めた金属が取れたりする場合、その取れた周りの部分が虫歯を起こして緩んだ可能性が高い。つまり、今回金属が取れたのも金属の周りが虫歯などの理由によって浮いてしまったんじゃないか、と思う。・・・そんな風な事がアタマの中をぐるぐる。10分くらいキュインキュインと容赦なく歯が削られていった。ああ、もっとちゃんと歯を磨いておけばよかった・・・(こっればっか)。
次回は二日後。

店に戻ると昼飯。歯を気にしながらだと味は半分(^^;。やっぱり歯は大事だよね。

16時過ぎに店を閉めて、オヤジと母親と三人でクルマに乗って出た。平和島にある臨海斎場。いつも親しくしていただいている本屋さんの奥様が先日お亡くなりになって、今日がそのお通夜だった。
参列のおひとりおひとりがお別れする様はとても厳粛なものだった。さようなら。いままでありがとうございました。
帰り道。丸子橋を渡るときに、母親が「ああ、武蔵小杉の高いビルはあんな風に光っているのね。アタシ初めて見たわ。」と言った。
3574歩 2.14km 33分 169.9km 4.2g

■2010/01/24 (日) 本郷台地

朝から快晴。

昼過ぎ。荷造り作業を終わらせてから3人で散歩に出た。
先週行こうとして途中で挫折した本郷へ。地下鉄恐怖症の娘のために、渋谷からJRに乗り換え、総武線で水道橋駅まで。大回りかと思いきや、所要時間はそれほど変わらなかった。ゆっくり外堀を眺めながらの移動は久しぶりだった。

駅前で食事を済ませ、工芸高校横の忠弥坂を登る。S字を描くなかなかの坂。あたりは学校が密集。水道橋は学生の街なんだな、と実感。
台地のど真ん中を歩いて行く。壱岐坂(大通り)を越えて、文京区一の大木(楠)の横を通り、真砂坂上交差点。「この先行き止まり」の交通標識あり。なんかわくわくする。標識に誘われるように進んでいくと、あれ?ここ前に来たことあるよね。なんと炭団坂にぶつかった。転ぶと泥で真っ黒な炭団のようになる、から名前が付いた坂。眼前には”菊坂渓谷”が広がる。ここに繋がっていたとは驚いた。こんな感じで点と点が結ばれる体験は散歩を楽しくする。鐙坂を下りてから菊坂に出た。
娘が「コロッケ食べたいんだけど」とリクエスト。前回来た時には売り切れていた菊坂コロッケを買いに行く。さすがにブラ・タモリ放送から日が経ち、今日は買えた。サクサクのアツアツ。じゃがいもたっぷりで肉汁がジュワーっとしてうまい。これで100円はお値打ち。

梨木坂を登って鳳明館前から東大正門へ。老舗フルーツパーラーを横目に、角を曲がると間もなく、驚きの六差路が出現。交差点が広く取ってあり、まるで広場のよう。路地っぽく細い道がここから分かれて伸びていく。いい感じ。

陸橋を渡って西片公園で一休み。娘はここでも得意の鉄棒。「大椎樹」の巨大石碑が雄々しい。新坂はとても急なS字坂で吸い込まれるように降りていく。見事。降り切った先で白山通りにぶつかった。

娘は乗り物酔いするから、と地下鉄に乗りたがらない(^^;。春日駅を目の前にしながら通り過ぎ、そのままひたすら白山通りを南下する。ちょうど台地の縁を歩いている形になるらしく、左手に伸びる道が見えると決まってその先は登り坂になっていた。
後楽園駅のガード下をくぐると、右手にはラクーアの丸い観覧車を貫くジェットコースター。遊園地好きの娘もさすがにあれだけ高さがあると「こわい」らしい。

水道橋駅到着。来た道を帰る。途中、代々木駅での山手線乗り換えが同じホームで楽だった。
21240歩 12.74km 188分 1052.0kcal 40.9g

■2010/01/23 (土) リアルであるということ

朝から快晴。布団干し。

朝飯を食べてから仕事開始。荷造り作業はそれほどなかったので、オークション出品作業を午前中から開始。お昼過ぎからBGMをクラシックに変える。たまたまモーツァルトのホルン協奏曲がかかり、いい調子。モーツァルトは同じ調子でズーッと耳障りの悪くない音が続いて行くので、BGMには格好。いつも昼過ぎには仕事をしながらつい眠くなってくることもあるが、今日は全く眠くならなかった。いや、モーツァルトを聴いていたから、じゃないかもしれないけど、これをひとつ必勝パターンに育てられたらいいな、なんて思う。
ジンクスでもなんでもいいのよ。仕事さえスムーズにすすんでくれれば(^^;。

先日読み終わったとても観念的な小説の著者さんがTwitterをしていて、よく著書についての感想をTwitterで寄せられるらしく、それに答えている様子がそのまま流されている。
それってどうなの?みたいな話ではない。著者にとって、ネットを介して寄せられるその感想は一体どんなものとして著者自身は受け止めているのかな、なんて思ってしまった。
もちろん、ツィートしている以上、そのツィートに対しての感想や反応もTwitterで受けることになるだろう。著者の立ち位置がネット時代にそういうものになっていき、それが標準化されたとすると、リアルとネットがどんなふうにとらえられているのか、に興味がわいてくる。
具体的に言えば「ネットの向こう側には生身の人間がいる」という感覚が維持できるのかどうか、ということ。
本への感想も、ツィートへの感想も、時事への批評に対する感想なんかもごちゃごちゃにしてツィートを続けていくと、そのすべてが同一線上に並んでいくような感覚に陥って行かないだろうか。そのすべてに別の立場を与えて文体も態度も変えています、なんて対応ができるとも思えない。

別にだからどう、という話ではなくて、コミュニケーションまでデジタル化が進んでいく昨今だからこそ、その反動としてアナログ的なモノやコトの価値が他に換え難い価値として立ちあがってくるような予感がしているわけです。

まあ、こんなことくらい、おそらくとっくの昔に言い古されていることだとは思うけど・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。延々終わらず、日付が変わっても作業続行の巻。
1154歩 0.69km 12分 50.2kcal 1.3g

■2010/01/22 (金) 決算など

快晴。

朝飯を食べながら録画してもらった「ブラ・タモリ」を見る。浅草の巻。いつも気になっていた伝法院の中。普通一般人は入れない場所が紹介される。タモリさんもつぶやいていたけど、こういうのってTVのコネだな、と思う。正しい使い方では。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日も交換会行きは我慢して仕事することにした。なんて書くと「交換会行きは仕事じゃないのか」と突っ込まれそうだな・・・。半分は仕事だけど、半分は仕事じゃないです、ワタシの場合(^^;。

ウチは12月が決算。年初来、母親がずっと計算していた結果が一応出たらしい。やはり、去年は厳しかったようだ。具体的な数字は書きませんが。
ただ、どこも厳しいから仕方ない、と言ってしまうのはちょっと違う気がする。違うと思わなければイカンだろと思う。

ラジオを聴きながら仕事を続ける。夕方のGLはTwitterまつり状態(^^;。それはそれで面白かったけど。
先日ゲストで出演した広瀬香美さんからのメールも来たりして盛り上がっていた。今日登録したという西沢さんのアカウント探しの話がTwitter上で行き交う。まるで宝探し。ポチっとフォローした。すでに600人くらいいた。その後、フォローは増え続けて、たった1日でもうすぐ6000人になる勢い。うーん。考えさせられるね。

夕食後、しばし仕事をしてから、借りてきたDVD「アヒルと鴨のコインロッカー」を見た。伊坂幸太郎原作。大学生、一人暮らし、ブータン、仙台、河崎さん。そして、気の強い女の子。パズルのようなトリック。よくできていた。

見終わって日記。気が付いたら広瀬香美さんからフォローが入っていた。いつ解除されるかわからないんで、ここに書いておきます(^^;。
そうか、この感じかぁー、とTwitterに勢いのある理由が一つわかった気がした。
993歩 0.59km 9分 46.3kcal 0.8g

■2010/01/21 (木) ウィーン・フィルのCD本

くもり空。寒くない。

朝飯を食べていたら、ガリっとなにか噛んだ感じ。ん?なんだ? 出てきたのは奥歯に詰めていた金属だった・・・(^^;。まいったなぁ。やはりわずかながらも虫歯が進行していたのかしらん。いずれにしても、近日中に埋めてもらいに行かなければ。歯磨きは大事ですぜ。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
ラジオを聴いていて、先日来たびたびCMが聞こえて気になっていた「ウィーン・フィル」のCD本がすでに発売になっているらしい。第一巻は小澤征爾指揮によるドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」。小澤征爾のCDは少し前チャイコフスキーの5番を買っただけだが、演奏には迫力があって印象がすごく良かった。定価も創刊号特価で690円と安くお買い得。早速近所の書店で買って店のステレオで再生してみた。といっても、開店中。音は絞らざるを得なかった。第一楽章の最初にバーンスタイン演奏と同様に一度ジャンジャン、と止める個所があった。やっぱりこの曲の楽譜には2種類あるのだろうか。
べつにこだわって集めているわけではないのだけど、実は「新世界より」のCDを何枚も持っていて、同じウィーン・フィル演奏でカラヤン指揮のものもある。同じ楽団の演奏にも関わらず、両者はやはり違う演奏だった。うまく表現できないが、曲の立体感の表現に違いがある。カラヤンの方が小澤征爾より平板な印象を残すのだ。もしやレコード化する時のミックス処理が違うのかしら。そういうことまで行くとワタシには全くわからないが。

付属の解説書にはもはや伝説となっている感のあるウィーン・フィルのリハ嫌いの理由が書かれていた。なるほどねぇ。そういう考え方もあるんだね。フルトヴェングラーもバーンスタインもウィーン・フィルにリハを強いなかったという。詳しくは買って読んでください。

「CDは配信に押されている」「いずれ本もそうなる」といった意見がTwitter上では幅をきかせている印象。なぜかそういうふうに書く人はエラそうだ(^^;。本もCDもなくなったらつまらないと思う人もたくさんいるはずなんだけどなぁ。デジタル化って行きすぎると人を幸せにしないような気がしてきたな。すでにカメラという実例もあるし。

アナログ時代の方が圧倒的に”面白かった”と言われないように。
9521歩 5.71km 75分 516.9kcal 17.2g

■2010/01/20 (水) 可視化

快晴。朝から寒くない。助かる。

朝飯を食べてから仕事開始。交換会へ行かずに仕事しよう、と決める。さあ、はりきって行きましょう。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼飯を挟んで続行。新年明けてからもいいサイクルで繋がってくれている。ありがたいです。
15時過ぎからオークション出品作業に移行する。

Twitterを始めたのが先月の初めごろ。ヤフオクの出品物に「Twitter」ボタンが設置されたのをきっかけに始めた。そのため、いわゆる「ミニブログ」としての使い方よりも、販売促進方法の一つとして今でも考えている。とはいえ、振り返ってみればあれこれと書いてあるなぁ(^^;。もちろん、大したことは書いていないが。
ワタシがフォローしている方はTwitter上で著名な方が多く、いろんな想いや考えた事をドンドン書きこんでいるみたいだ。メディアもこの新しいツールに注目しているようで、関連新書がズラリと出版されたり、一般ビジネス誌が特集を組んで解説を施しているという。いずれにしろ、飽和状態と思われるネット上で伸びしろのあるところは珍しいから、そこに何らかの変化や可能性(ビジネス的な)を見ているのだと思う。
ネット上の「伸び」は当然ユーザー数の伸び、ということになる。どれだけ人を集めているのか、がそのまま実力として可視化される。Twitter上でフォロー数の多い人はそういう目で見られているのかもしれない。
が、本当のところはどうなんだろう?

フォロー数を増やしていくとわかってくることだけど、ホームに表示される記事がドバッと増えることになる。それをいちいち全部読んでいくだけでも大変な作業になる。でも、Twitter専門家はそれを「読まなくていい」と言い切っていた。その時に流れている話題に乗れるようなら乗って楽しめばいい、という。でも、そんな大なわとびのような芸当は誰にでもできることではなかろう。

ネット上でのコミュニケーション。その頻度が増えれば増えるだけ、いろんな意味で「能力の可視化」が進行する。デジタルデバイドは今日も静かに進行を続けている。

行きすぎた、という事にならなければいいが。
530歩 0.31km 5分 23.0kcal 0.4g

■2010/01/19 (火) 萌の朱雀

朝から快晴。なんとなく寒くない。

朝飯を食べながら借りてきたDVDで河瀬直美監督「萌の朱雀」を見た。山村で淡々と過ぎていく時間。暮らし。素晴らしい山の風景。
その一方で、林業は少しずつ衰退し、村は過疎化へとゆっくり向かっていく。鉄道を通す計画が中止になり、そのためのトンネル工事にかけていた(らしい)父親は働く気力を失ってしまった。ひたひたと崩壊が近寄ってくる。
ある日、父親は愛用のカメラを持ったまま帰らぬ人となる・・・。工事が中止になったトンネルで発見されたとの知らせが届く。
その父親役に國村準さん。言葉数のすくない男の役。まさに淡々として表情にも表わさないから、後半の展開は少し唐突な気もする。それでも、村の過疎はこうして長い年月をかけてゆっくりながらも確実に進行していくのだ、という流れが見えてくる。つつましいながらも5人で暮らしていた時間は、父親が居なくなることで一瞬にして崩壊してしまった。
発見されたカメラに記録されていた動画を皆で見る場面がある。たくさんの村の人が写っていた。そこに記録されていたのは人なのか、時間なのか。

訃報。いつも懇意にしていただいている本屋さんの奥様がお亡くなりになった、という知らせが。すぐに母親に電話をかけた。
午後、仕事をしていたら電話がなり、さきほどオヤジと二人でお宅まで行ってきた、と聞く。
より間違えないように慎重に仕事をする。発送作業を終えたあと、しばし呆然としてしまった。
10488歩 6.29km 77分 603.8kcal 28.4g

■2010/01/18 (月) 少しずつ

朝から快晴。今日も寒い。

朝飯を食べながら録画してもらった「龍馬伝」を見る。偽手形ねぇ・・・。聞いたことないエピソードだったなぁ。このドラマは龍馬伝だけど、今のところ龍馬のキャラが立ってない気がする。なんていうか、弥太郎に食われているよね・・・。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。月曜日は忙しい。とにかく、作る。昼飯を挟んで荷造り作業は続行。

オヤジの風邪がしつこい(^^;。今朝も耳鼻咽喉科へ行って治療してもらったらしいのだが、「むしろ鼻水がでるようになっちゃった」という状態。本人は「院内感染か?」と無責任な事を言うが、愛書会展の週末に原因があるのでは?と思う。早く治してほしいんだがな。

ラジオを聴きながらオークション出品作業。先週買ってきた本を中心に。ドンドン進めないと今週の交換会に行けなくなってしまう(^^;。買う買う買うだけの仕事に就けるならどんなに楽しいことか。・・・いや、売る売る売るがあってこそ成り立つことだよな、と思い直す。いやいや、買ってくださるお客様が居らしてこその本屋だった。昨日歩いた飯倉交差点際にある建物に書いてあった言葉。「店はお客様のためにある」を思い出す・・・。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。延々終わらず、日付が変わった。録音しておいたロケショーを聴きながら作業を続けた。
877歩 0.52km 9分 41.5kcal 0.0g

■2010/01/17 (日) 狸穴迷宮

快晴。今年一番の冷え込み。

朝飯を食べてから荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昼過ぎに3人で出かけた。
今日も本郷散歩を考えた。春日まで行くつもりで三田線に乗ったが、娘が途中で乗り物酔いを起こす(^^;。なんで? どうやら地下鉄に弱いらしい。我慢できそうもないのでとりあえず下車。5分くらいベンチで休ませたが気分が戻る様子がない。「外に出ちゃおうか」と出た目散歩に計画変更。芝公園駅。地上に出たら見たことない場所に出た。
東京タワーが見えた。娘はまだ気分が悪くてちゃんと喋れないながらも「東京タワー行きたい・・・」と。じゃあゆっくり歩きますか。

首都高をくぐって芝公園。すぐに増上寺三門。大きく「初詣」の看板あり。規模はぐっと落ち着いたものの、大殿にはお参りの列ができていた。境内を通り抜けて東京タワーへ。気分が戻っておなかがすいてきたらしい娘のリクエストでクレープを食べる。ベンチに座っていたらノッポン兄弟と一緒にいた”つばさんぽ”中のつば九郎に遭遇。 いろんな散歩がブームになっているようだねぇ。

元気になった娘。「おなかへった」ようなので、神谷町駅そばにあるファミレスで昼飯。昼ビール。再開発予定地域を歩き、我善坊谷坂を降りる。以前歩いた時にあった建物がザアっと一気になぎ倒され、すでに大部分が更地化(!)の恐怖。 三年坂を上がって、ロシア大使館横から狸穴坂を降りていく。狸穴公園で娘が鉄棒実技披露会。すぐ横の鼠坂(別名:鼬坂イタチザカ)、植木坂の名坂を歩いた。このあたりが狸穴迷宮という言葉にふさわしい佇まい。鼠坂は道幅が細くてクルマは入れない。植木坂のそばには島崎藤村旧居跡あり。植木坂の由来は植木屋さんがたくさんあったから、らしい。上がったと思ったら連続して上がるわくわく感。その先にあったのは現代のお屋敷町。街の奥行き。ブリジストン美術館分室などあり。懐が深いかんじ。
で、このまま歩いていたらこの道はどこへ繋がっていくのか、と思ったら、目線と同じ高さで首都高が見えてきた。あ。ここだったか。いつも神保町へ行く時に通る道のどてっぱら。飯倉片町交差点に出た。なんだか下界へ戻ってきた気分になった。

外苑東通りを歩いて六本木駅から地下鉄に乗って帰る。不意に予定が変わったのに結構楽しめたなぁ・・・。坂道を意識すると東京が大きく広がった気がする。
9576歩 5.74km 98分 422.6kcal 10.9g

■2010/01/16 (土) 愛書会展二日目

快晴。今回の愛書会展はお天気にも恵まれて良かった。寒いけど(^^;。

会場には朝からオヤジが出張っている。ワタシは店でワタシの仕事を粛々と。昨日は1日ずっと外に出ていたからやるべき仕事がたまっていた。母親にも決算仕事の合間を縫って本の整理を手伝ってもらう。本を拭いて写真を撮影してもらうだけでもかなり助かる。

女房と娘はこの寒いのに午前中から図書館へ。本が好きなんだねぇ。昼過ぎに昼飯のパンを買って帰ってきた。今日は全品3割引きらしい。
コーヒーを淹れてから食べ始めると息子も帰ってきたので、ちょうど4人揃っての昼飯になった。

ここ数日、Twitter上でも話題になっていた本の電子化について。ユーザーの一人でもある息子にどう思っているのか聞いてみた。やはり本は紙が望ましい、という意見だった。まあ、これはある意味当然の答えとも云える。まだ電子ペーパーを見てない(だろう)から比べようがないものね。
もちろん、結論とか、そういう話にはそもそもなりようもない話。それはわかっている。その一方で、コミックもネット動画もライトノベルもアニメも好きでかなり読み込んでいるイマドキの文化系高校生が今どう思っているか、備忘のために書きとめておきます。
曰く、画面に表示されているテキストは読む感じがしなくて、見ているだけになる、らしい。PCに表示された文章は基本的に目で文字を追っていても、頭に入ってこない感じがする、という。個人差はあるだろうね。
ワタシはお台場にあったソニーのショールームで一度だけ電子ペーパーを使ったリーダーを触った事があった。展示品は2台。テーブルに固定されていた。ただそのうちの1台は動かなかった。たまたま電池が切れていたのかも。
文字は結構見やすくて、これはちょっと欲しいな、と思わせるものだった。銀座のソニービルに行けば実物が展示されているだろうか。息子は実物を見ても感じ方は変わらないだろうか。

電子か紙か、は単純には比べられないし、もしかしたらこれからの本を考える上で本質から外れていく問題になってしまうかもしれない。やはり読者が読みたいと思う本(テキスト)が作られるかどうか、がもっとも考えなければいけないことなんじゃないか、と思う。

本は読者に読まれてこそ。

愛書会展ではたくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。あのブツクサ言いのオヤジが珍しく喜んでおりました。
893歩 0.53km 9分 38.2kcal 0.9g

■2010/01/15 (金) 愛書会展初日

朝から快晴。古書日和。

今日から東京古書会館にて愛書会展開催。ウチも出展しております。よろしくお願いします。

荷造り作業をしてから東横線に乗る。今年初の明古へ。車中では「なぜ宇宙人は地球に来ない?」の続き。副題は笑う超常現象入門。やっと読了した。一言で言ってしまえば、全編”常識をはたらかせましょう”と書いてあった。たとえば、帯書きにある項目を挙げると「永久機関」「六曜」「数珠」「開運グッズ」「心霊写真」「河童」など。全部で71項目を挙げてぶった切っていた(^^;。

神保町到着。靖国通りには雪だるまあり。恒例の冬のおまつりだ。

入札を終えて昼飯。まだ風邪が完全に治っていない。なんとなく鼻がつまっているのであんまり高いものを食べる気がしなかった。牛丼かカレーと思って靖国通りを歩くも、どこも混んでいた。みなさん考えることは同じか・・・。
アキバでハクキンカイロ用のジッポーオイルを買う予定があり、そのまま淡路町の交差点まで来てしまった。左折して昌平橋へ向かって歩いて行くと、左手は大きく再開発が始まっていた。このあたりってちょうど丸ノ内線が地下を走っている場所なんだよね。日立のビルも取り壊したし関係があるのかしらん。空ににゅっと赤いハサミが伸びる。もじゃもじゃ画廊はどうなるんだろうな・・・。
ガード下のカレー屋さんでチキンカレーを頼んでみた。少し黄色っぽいソース。全部溶けたということなのか、鶏肉はかけらも入っていなかった。おいしかったけどね。

Yカメラのジッポー売り場でオイルの大缶を3本購う。おそらく4月まで使うだろうから。

神田駅から地下鉄で渋谷まで。中断していたクォンタム・ファミリーズを読了。並行世界。セカイ系。とても観念的な小説だったなぁ。

一旦店に戻り、お茶をいただいてから再びクルマで神保町へ。道中は麻布でちょっと混んでいただけ。全体的にすいていた。今日落札した荷物を運び出していたらオヤジと遭遇。自分が入札した分の結果を知りたかったようだ。今日は2点だけあったよ。
全体でカーゴ1.5台分。あしたからまた頑張らなきゃね。

帰り道はまさにガラガラ。荷物を降ろしたら通路が塞がった(^^;。この繰り返しだ。

夕食後、荷造り作業をしてからランニング。強烈に寒い。でも、軽快に走ることができた。このまま風邪治ってくれないかしらん。
17809歩 10.68km 152分 913.3kcal 34.9g

■2010/01/14 (木) 明日から愛書会展

快晴。

年末に見に行っていた「ワンピース」劇場版。鑑賞したひとに配布されるコミック零巻が食卓の上に無造作に置いてあった。昨夜女房と娘が映画館からもらってきたもの。2冊あった。これがあの本か。パラパラとめくってみる。人物紹介やグッズの紹介など、映画に関する周辺情報が中心の内容で、漫画ページは思ったよりも少なかった。
ところが、このコミックの存在が昨年末にたくさんの人を動かした。
当時Twitterにも書いたが、翌日見に行こうとしたら翌日分すべての回が予約で満席になっていた(!)。川崎で公開される映画館のうち、当日コミックの実物を配ります、と案内のあるC館には予約が殺到。連日満席で行けなかった。興行側は急遽コミックの大増刷を決定する。結局、予約券配布で対応します、と案内のあるT館でやっと予約が取れた。
直後のオークションサイトでは、この非売品コミックが高額で取引されていた、と息子が言っていた。
映画の内容もさることながら、このコミックの争奪戦になっていた、と思う。それだけたくさんの人を惹きつける力が一時とはいえこの本には宿っていた。
手に入りにくいとわかるとぜひ欲しくなるのが人情。モノだからこそ起きた事件だと思う。

紙の力でしょ。これは。

荷造り作業を終えて東横線に乗る。車中では昨日の本の続き。入札を終えて昼飯を済ませ、さっと帰路。靖国通りでオヤジと母親とすれ違う。明日から愛書会展。二人で会場準備へ向かう途中だった。
途中の渋谷で写真を受け取り店に戻ってシャッターを開けた。

荷造り作業の続き。終えてからオークション出品作業。17時過ぎにオヤジと母親が帰ってきた。母親には神保町往復が2カ月に1度の楽しみになっているみたい。

夕食時、随分久しぶりに「空から日本を見てみよう」を見た。面白いなぁ。こういう番組ってありそうでなかったね。
3470歩 2.08km 33分 164.3kcal 4.2g

■2010/01/13 (水) 今年初

快晴の空に。風も強い。

愛書会展前なので、店舗臨時営業の水曜日。

荷造り作業を終えてから、今年初の交換会出動。なんだかんだで3週間以上経っていたのではないかしら。あまり間をあけるのは入札の感覚が付いて行けなくなるのでしてはいけないことなのだけど・・・(^^;。

車中では松尾貴史著「なぜ宇宙人は地球に来ない?」を読む。軽い読み物なので気楽に読み進めた。Twitterでも話題になっている。

入札を終えていつものうどん屋さん。ワタシの隣に座った方々が食べ終わったあとにiPhoneを片手に談笑中。話題はもちろんTwitterのようだ。でも、お店を出てからお話をされてはいかがでしょ? 店の外には大行列・・・。今日は一段と寒いからなぁ。

途中渋谷でお正月に撮ったフィルムを現像に出す。明日引き取り。店に戻ってから、デジカメで撮影した集合写真のプリントを近所のミニラボに依頼。SDカードを差し込んで画像を読み取らせるだけ。ほんの10分で出来上がるとのこと。あとで引き取りに行く。
うーん、やっぱりフィルムと写り方が違うなぁ。長いこと使っているフィルムのアナログなかんじに慣れていると、コンデジ写真の妙にハッキリとコントラストの高い絵にはちょっと違和感を覚える。これは画素数やレンズの良しあしも関係があるのかもしれないけど、両者はハッキリと違って見えます。
好みもあるとは思うが・・・。

女房は娘と二人で「カールじいさん」を見に出かけた。
夕食の時間が過ぎてもまだ戻らない。息子と二人で弁当の夕食。食べ終わった頃に二人が帰ってきた。映画のあとブに寄っていたそうな。なるほどね。

ラジオを聴きながらメール書きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてから荷造り作業を鋭意。
4828歩 2.89km 44分 232.5kcal 6.0g

■2010/01/12 (火) 定休日

くもり空。午後から雨が降り出す。

寒い朝。布団から出るのがつらいですワ(^^;。
連休明け。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。iTunesでラジオを聴きながら仕事。イラストレーターの方がしゃべっていた。一人のゲストを迎えて1時間くらいじっくりしゃべるので、結構話は深いところまでいくみたい。ほかにまだ何本かシリーズがあるみたいなので、これからも続けて聴いてみようと思う。

昼飯を食べても荷造り作業を続行。終えてオークション作業開始。明日は交換会へ行けるだろうか・・・。

今更ながら、スマスマで去年放送されたマイケル・ジャクソンの特集番組を見た。かつてDランドのアトラクションだった元祖3D映画キャプテンE・Oとか、ウイアー・ザ・ワールドくらいしか印象に残っていなかったが、今思えばキャプテンE・Oは傑作だったなぁ。などとあの頃の自分を重ねつつ思い出したり。
今公開中の「THIS IS IT」はオヤジと母親は劇場で見て「すごく良かった」と感想を語っていた。何の予備知識も先入観もない人が見てもこの調子だから、やっぱり彼のダンスと歌にはものすごいパワーがあったと思う。
つい行きそびれてしまったワタシは、せめてDVDが出たら鑑賞することにします。

今日発送分最後の荷物を郵便局まで出しに行く。冷たい雨。寒いなぁ。
夕食は手羽入り春菊うどん。あったまった。おいしかった。

オークション落札品のメール書きを終えるころ、外を見たら雨は上がっていた。チャンスとばかりランニングに出る。そりゃ寒かったけど、湿度が高いせいか喉は楽だった。走るとスカッとします。
11748歩 7.04km 87分 669.3kcal 21.8g

■2010/01/11 (月) 仕事の1日

朝起きてくもり空。寒いっす。

成人の日で学校が休みの子どもたちはウチに居る。朝飯を食べてワタシは仕事。勉強やってますかい?>子どもたち

オヤジの風邪が治るどころかひどくなるかんじ。マスクはしているものの、咳が結構出る。そんな状態でも本人は案外あっけらかんとしている。でも母親が様子を見て心配そう。ウチで養生すればいいのに、とワタシも思ったが、「寝ているだけじゃ無駄だから」と仕事を続けるオヤジ。そんなに頑張らなくても・・・。
ワタシものどが痛くて一昨日まで咳が出ていたが、風邪薬を飲んで散らしてしまった。今はなんともない。
閉店時間の少し残してオヤジは先に上がった。ゆっくり休んでね。

在庫の本も仕事が進み、ようやく目途が立ってきた状況。よかった。これで今週は交換会に行けるかもしれない。

お茶の時間におしるこ。今日は鏡開き。お供えしてあった鏡餅は鏡餅の形をしていた。最近は鏡餅型の容器の中に四角い切り餅が入っている製品もあるそうな。それはそれで便利そうだけど、ぽこんぽこんと丸い形の方が”らしい”気がする。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
841歩 8.50km 9分 38.0kcal 0.5g

■2010/01/10 (日) 浅草散歩

快晴。

昼ごろに珍しく4人で出かける。電車を乗り継いで浅草へ。2年ぶりくらいだろうか。
雷門前の道は大混雑なので仲見世を歩かずに横道。途中から入ることにする。思ったよりも人の流れは早い。門をくぐると本堂は修理中。お堂ごと白いシートに覆われ、龍の絵がドーンと。結構な迫力。これはこれでこういう時しか見られない。
お参りを済ませてからたくさん出ている屋台で昼飯。席のあるお店は人がいっぱいだったので立ったまま食べることに。ジャガバタ、煮込みとやきとりにフランクフルト。西参道でもんじゃまん。煮込み通りは人でいっぱい。こういうところで飲みたいなぁ・・・。

吾妻橋たもと。水上バス乗り場は工事中で少し上流に移動していた。人だかり。橋の上からアサヒビール越しに東京スカイツリー撮影の人たちだった。
どうせなら塔の下まで行ってみよう、ということで東武伊勢崎線の高架線に沿って歩く。すでにかなりの大きさになっているタワーはどこからでも見えるので迷いようがない。ところどころ橋の上などが好撮影スポットになっていて、三脚立てて本格的に撮影している人もいた。せっかくだから、ウチも記念撮影。
ちょうど業平橋駅がそばにある場所が工事現場。その向こう側に真っ白い鉄骨がそそり立っている。すごい存在感だ。たくさんの見物人。「現在の高さは254メートル」と表示がある。今年半ばには東京タワーの高さを抜いてしまうらしい。いよいよだ。

来た道を戻り、アサヒビールに入る。「まだ4時だよ」と女房が言うが、いいんじゃない?すいてるし。黒の地ビールがおいしい。おつまみに頼んだ料理はどれも外れなし。満足して店を出るとちょうど夕暮れだった。吾妻橋夕景はみごと。

電車を乗り継いで帰る。いい気分で昼寝。目が覚めたら仮装大賞。
ロケショーを聴きながら日記書き。
8222歩 4.93km 86分 347.7kcal 9.2g

■2010/01/09 (土) 風邪ひき

どうやら風邪の症状が出てきた(^^;。

ハナミズと咳。熱は出ないから、オヤジのがうつったかしらん。

朝飯を食べてから仕事開始。荷造り作業は滞りなく。いつもお買い上げありがとうございます。

すぐにオークション出品作業を始める。何のために交換会にも行かないか、といえば、この仕事のため。ようやく仕事のペースも正月を脱却しかかっている。そこで風邪かよ、って感じだが(^^;。

オヤジは昨夜のうちに近所の内科へ行ったらしい。薬を飲み始めているというから、遅かれ早かれ治るのでは。ワタシはこれからだね。覚悟しときます。

タモリ倶楽部をみていたら、スカイツリーを見に行きたくなった。明日行ってみようかしら・・・。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。

Twitterを覗いていたら、今日が新年会の人のおおいこと(^^;。
794歩 0.47km 8分 36.1kcal 0.4g

■2010/01/08 (金) 風邪気味

朝から快晴。

今日から子どもたちは学校へ行った。ワタシは昨夜それほど遅く寝たわけでもないのに寝坊(^^;。冬は起きられないなぁ・・・。

女房と二人で朝飯。なんだかこういう落ち着いた感じはひさしぶり。やはり子どもたちが居るとこういう空気にはならない。どちらがいい、という話じゃないが。
食べながら見たのが、エノケン、ロッパのTV。古書の世界ではなじみのある人だけど、実際にどういう人だったのかは知らなかった。戦時中でも喜劇で人を楽しませることに命をかけていた人たちだった、ようだ。映画のフィルムに残されているエノケンさんのエネルギッシュな動きは、今見ても派手な部類に入るのではなかろうか。音声なしでも観客の目を釘付けにしただろう。

昨日からハナをズルズルさせて、時折くしゃみや咳をしていたオヤジの様子。今日はさらに悪化していたが、本人曰く「熱もないから医者には行けない」のだとか。そんなこと誰が決めたのよ(^^;。熱が出ない風邪なら自然に治ると決めているよう。ってどんどんひどくなってるじゃんか・・・。
これから医者に行ってきなと言っても聞かず、ゴホンゴホンやりながらゆっくりゆっくり本をいじっている。

昼過ぎに子どもたちが帰ってくる。まだ半ドンだ。二人とも午後はお友達と一緒に過ごしていた。

結局、今日も交換会には行かず、ずっと仕事を続けた。行きたいのは山々。でも、仕事だから優先順位を考えないと・・・。お正月明けはいつも微妙な状況になるんだよな。そーいえば思い出した。

オヤジの咳は時間を追うごとにひどくなる。それだけひどいのに「熱がない」ことを理由に医者に行きたがらないオヤジ。頑固だ。そーまで言うなら来週の愛書会展までに治してよね。

夕食を食べながら「新・三銃士」を見る。娘が「たにやん見ようよ。たにやん」とお気に入りの様子。確かに面白い。かつての人形劇をイメージしているとその違いにびっくりしますぜ。

夕食後、ふと見たくなって「サマー・タイムマシン・ブルース」を見る。瑛太、上野樹里主演。真木よう子さんも出てる。よくできた脚本。遊びごころのある演出。ノリノリの役者さんたち。おもしろかった。本広克行監督作品。
ウィキペディアによれば、本広監督は押井守監督作品「うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー」に影響を受けた、とある。見たくなってきた。
455歩 0.26km 4分 19.9kcal 0.5g

■2010/01/07 (木) 交換会にも行かず

1日仕事をするつもり。

愛書会展前だから、とかそういうことよりも、買いに行くには本がまだありすぎる、ということ。

朝飯は七草粥。「フリーズドライのパックがあったんだよ」ということらしい。お餅を焼いて入れたら結構豪華。おいしかった。

仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。買取りの件があり、母親に銀行へ行ってもらった。ちょうどあれこれと支払いや通帳記入の必要があったらしい。いいタイミングになった。

荷造り作業は午後になっても続き、15時頃に追いついた。お茶を飲んでから今度は出品作業へ移行。これがまたなかなかはかどらない(^^;。ついTwitterを覗いてしまったりする。でも、書くことがないなぁ・・・。
オヤジはあまり仕事をせず、ほとんど1日新しく入れたFAXの説明書を読んでいた。延々読んで最後に一言。「やっぱりむずかしくてよくわかんないや。」これを作る人もいるんだぜ・・・。

どうしてこんな急激にTwitterが普及したのだろうか。そんなことを考えるようになった。BlogやSNSの時にもワーっと拡がったような印象があるけど、それよりもずっとペースが早いような。それとやっぱり気になるのは、BlogとかSNSという言葉そのものをあまり聞かなくなっていること。みょーな流れを感じる。

そんなこと考えている時間があったら寝た方がいいか。
9188歩 5.50km 73分 493.9kcal 16.5g

■2010/01/06 (水) 定休日

お店は定休日。

朝から快晴。ゴミ出しと布団干し。

朝飯の後、今年初の歯医者へ。よく磨けています、とのこと。よかった。いつもの通り歯と歯茎の掃除をしてもらう。

店に戻って荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。シャッターは閉めてその分仕事がはかどるって・・・どうなのよ?<自分(^^;。

Twitterを始めてしばらく経った。140字という制約って、制約のようで制約になってないことが分かった。連続してダダダダーっとTwitすれば何も関係ない。句読点がわりに「投稿」ボタンを押すだけ。
本質はそこじゃなくて、フォローしたりしてもらったりするコミュニケーションだと思う。
Blogだと比較的長文なので、たとえばコメントするにもそれなりの事を書かなければならないような気になるが、Twitterなら気軽にペロッと書けてしまうこともあるだろう。そういう意味ではついうっかりが起きやすい危険な場所なのかもしれない。ワタシはSNSをしていないが、このあたりがSNSに似た仕掛けなんじゃないか、と勝手に思っている。
これはワタシがフォローしている方が書いていた事だけど、Twitterを始めるとそれまでやっていたBlogを書けなくなる人が多い、らしい。わかる気がする。それだけに、Twitterとの距離感をどう意識するのか、が問われていると思う。個人的に、ワタシはTwitterに向いてないと今は思っている。

PCの事。当初はデスクトップ型しかなかったPCにノート型が生まれて持ち運べる”用途が”発明された。さらに小さなモバイルノートが出て、持ち運びやすい”用途が”発明される。そして、ケータイから派生したスマートフォンが出てきて、どこでも繋がる”用途が”発明された。
なんとなく”最先端っぽさ”に気持ちが惹かれるが、本当にそんな”用途が”必要な人はごくごく限られる気がしている。気がつけばPCは一人一台の時代から用途に対して一台になりつつある。Twitterの流行もモバイル端末の購買意識を高めているかもしれない。
でも、本当に自分にとって必要なものなのか? と、モバイルノートが出た時もiPhoneが出た時も考えた。

もうこれ以上やることを増やせないかも・・・。限界にまで突き進んでいく勇気がワタシにはない。

・・・だって眠いんだもん(^^;。
1101歩 0.66km 11分 50.5kcal 1.3g

■2010/01/05 (火) 臨時営業

晴れ。昨夜の雨は何だったんだろう。手すりの雨粒を拭いてから布団を干す。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
すっかりお正月気分も抜ける。火曜日は定休日だけど、さすがにお正月休み明けに昨日店を開けて今日閉めたのではまずいだろ、とオヤジたちが店に来た。
もちろん、来なければ閉めておくところだけど・・・(^^;。

荷造り作業は延々終わらず、16時頃に追いついた。今日が事実上仕事はじめのところが多いのだろう。

お茶の時間。昨日お休みして実家へ行っていた母親のお土産・東照宮カステラをいただく。いただきものが多いのはなんとなくお正月っぽいね。
そもそもカステラなんて上等な食べ物はどなたかからいただかないと食べられませんよ。

GLを聴きながらオークション出品作業。今日ははかどらなかった(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。終えてからランニングに出る。走ると気分がいい。東の空すれすれにパカンと月が白い口を開けていた。のんきだ。
10467歩 6.27km 78分 592.5kcal 28.9g

■2010/01/04 (月) 初売り

今日から店舗は通常営業開始。今年もよろしくお願いいたします。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。昨年末からも含めて、どーんと荷物が積み上がる。

お昼前には一段落し、オークション出品作業開始。本はまだまだ積み上がっている。着々と仕事をかけていく。

母親は実家へ行っていて留守。昼飯を食べたあとに、女房が発送手続きをしてくれた。ありがたい。その分ワタシはワタシの仕事を進めておきますよ。

昼飯時など、数回にわけて録画してもらった龍馬伝を見た。階級闘争史観的演出がすごい。大丈夫かしらん。

お茶の時間にいただいたレモンカステラを食す。おいしい。
息子はもらったお年玉で買ったペンタブに夢中のようだ。

GLを聴きながら仕事を続けていたら18時少し前に母親が帰宅。お土産に木更津の乾海苔をもらった。真っ黒でつやつやしていた。

夕食後はオークション落札品のメール書き。大量。
録音しておいたロケショーは今年から4時間。聴きながら仕事仕事。日付が変わっても全然おわらない・・・。

外は雨(!)。
1008歩 0.60km 10分 45.1kcal 0.9g

■2010/01/03 (日) 新年ドライブ

朝は8時過ぎに起きる。

今日は千葉まで新年のドライブ。女房のご家族へ新年のご挨拶に。朝飯もそこそこにクルマで出かけた。そういえば、4人揃ってクルマで出るなんて8月に行った鋸山以来。

川崎からアクアラインの予定。15号を渡って競馬場前あたりで混雑している。おや、おかしいな。なんでこんなところで混雑しているんだろう。・・・あ! 思い出した。川崎大師だ。急遽久根崎で右折。初詣でにぎわう大師様は避けて通らなければいかん。ぐるっと大回りして夜光から再び扇島へ。ガラガラのスイスイだった。

アクアラインもうみほたるは満車だったが、それ以外はガラガラ。途中市原SAで休憩を取って北上。あとは渋滞もなく快調に走る事が出来た。

年に一度の大集合。3世帯合同で恒例のバーベキュー大会。もう子どもたちも成長して親よりも背が高い(^^;。月日のたつのは早いなぁ。それと、ウチの息子のしゃべらなさ加減はかなりのものだった。大丈夫かなぁ・・・。

途中から空が曇って寒くなってくる。16時過ぎには片付けて、すっかり暗くなった17時過ぎに帰路についた。例年はアクアラインで混んだりするのだけど、今日は結局渋滞に遭遇しなかった。帰り道も大師渋滞を避けた。

鹿島田のファミレスで夕食を済ませて無事帰宅。さすがにちょっと疲れた。

それでも頑張って、今年初走り敢行。寒かったー(^^;。正月休みですっかり身体がなまっていた。
12997歩 7.79km 106分 689.5kcal 27.0g

■2010/01/02 (土) ずっと外に出ず

朝は9時起き。よく寝た。

昨夜はDVD「歩いても歩いても」まで見てしまったため、遅くなった。是枝裕和監督。阿部寛主演。たんたんと絵が流れていくこと。そのわりに、登場人物がたくさん画面上に集まってぎくしゃくしたセリフをぶつけ合うこと。「素の自分」と「自分を演じている自分」を描くこと。子どもが3人登場すること。など、印象に残った。
特に樹木希林さん演じる母親がこの作品のキイ。彼女のオソロシサがこの物語の底を不気味に流れるが、ラストには絡ませずにひどくあっさり終わる。そんなところが「誰も・・・」と共通する是枝監督の母親観なのかもしれない、なんて思った。

よく晴れている。お出かけ日和なのだが、外に出る気がしない(^^;。朝飯を食べながら箱根駅伝を見始めたら結局14時までTVの前。山登りの彼がものすごすぎて、こりゃ勝負にならないね(^^;。現れた絶対勝者を破る者はいないのか? なんて興味が逆に湧いてきてしまう。それは無理な状況だな、と思ったところ居眠りしてしまった・・・。

それからはグダグダ(^^;。ストーブの前から離れたくなくて、音声を消したままTVの前に座って、撮りためたHDD内の映像をDVDに落とす作業をひたすら。HDDプレーヤーの容量確保にだけ動いた。そんなこんなしているうちに「さんまのまんま」が始まってしまったため、寝転がりながらダラダラと見続けた。本を読んでおけばよかったな・・・。

夕食を食べ終わってからオークション落札品のメール書き開始。今年初仕事。いつもお買い上げありがとうございます。
476歩 0.28km 4分 20.1kcal 0.0g

■2010/01/01 (金) 一年の計

昨夜は紅白。

ゆく年くる年を見て、そのままさだまさしを見た。眠くなって寝た。

朝は9時起き。毎年のごとく寝正月なり。本当の年越しは初日の出まで寝ないらしいのだけど、そりゃ無理だ(^^;。

年賀状と分厚い新聞。目を通す。昨日やっと年賀状を差し出した自分のだらしなさ・・・。
12時になり、近所で予約しておいた寿司を受け取り、家族で集まって新年のご挨拶なり。弟の家族はすでに来ていて賑やかなお正月だ。お寿司も日本酒もおいしくて、この瞬間のために年末も頑張って仕事したんだよな、なんてしみじみ思う。

甥っ子たちも少しずつ成長し、上の子は今年から小学生になるのだとか。早いなぁ。すぐに中学生になるよ(^^;って早すぎ。

年末にちょっと体調を崩した母親も、今日には回復して元気そうだった。腹ごなし(?)に初詣を近所の神社まで。今年が後厄に当たることを知った。てことは、去年は本厄だったってことか。お参りした後にお守りを買った。今年はおさい銭箱が横に拡がり、鈴も5個ぶら下がっていたためか行列も例年の半分で済んだ。

武蔵小杉新駅が3月13日に開業するということもあり、そのままの流れで見物に行った。綱島街道の南武線跨線橋の上から見えた。ここは日本有数の新幹線見物スポットでもある。ここでおよそ直角に方向転換するため、新幹線はかなり減速して走る。ゆっくりと通過するので見物に最適なのだ。なかなか新幹線を観る機会のない甥っ子たちは、興味深そうに夕日に照らされながら通過していくN700系車両を見つめていた。

17時過ぎに店に戻り、しばし仕事。終えてから借りてきたDVD「チーム・バチスタの栄光」を見た。なるほどドッキリな医療サスペンス。二重構造になっている”原因”の解明。

夕食を食べながらウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。実は昨年見なかったから2年ぶり。衛星生中継。1部と2部の休憩中にいつも登場する名物のバレエの舞台裏を流していた。あの衣装はほとんど手づくりなんだねぇ。

そんなこんなしているうちに、あっという間に元日は過ぎていくのだった。
5875歩 3.52km 60分 252.0kcal 6.7g

2009年12月 < > 2010年02月

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター