■クラシックカメラ専科のページ

HOME > KANROKANRO > クラシックカメラ専科のページ > クラシックカメラ専科26−30

 

クラシックカメラ専科 26
ヤシカ・京セラ・コンタックスのすべて
1993年9月25日発行


ヤシカ概略史 酒井修一
ヤシカ・京セラ・コンタックスのカメラ 柴野大輔
 二眼レフカメラ 田中政雄
 35mmレンズシャッターカメラ 中村欽
 35mm距離計連動フォーカルプレーンカメラ 宮崎洋司
 35mm一眼レフカメラ 宮崎洋司
 ハーフサイズ・ラピッドシステム・126フィルムカメラ 藤島廣一
 超小型カメラ 金井浩
 8mm 島和也
 座談会
 コンタックスとツァイスレンズとの対話 築地仁 ほか

表紙の雑然と置かれたカメラ群の写真はなかなか迫力がある。京セラといえばいまやツァイスのブランドであるコンタックスを製造する、日本を代表するカメラメーカーとなった。

クラシックカメラ専科 27
ステレオワールド
戦後フランスカメラの軌跡
1993年12月25日発行


ステレオ写真を考える 鏡惟史
3Dに魅了された芸術家たち 三橋純予
ステレオカメラオンパレード 島和也
ステレオ撮影機材
ステレオテクニック 水川繁雄
手作りのステレオ”マクロカメラ”で虫を撮る 馬場信幸
ステレオ山岳写真を撮る 佐藤英昭

戦後フランスカメラの軌跡 田淵勝彦
ほか

ステレオカメラの特集は、普段見慣れている写真世界にとって良い刺激となる。普通のカメラに慣れたら、ステレオカメラやパノラマカメラへ進んでみるのも面白いかもしれない。

クラシックカメラ専科 28
M型ライカ図鑑
1994年3月25日発行


M型ライカ図鑑 片山良平
 M3、M2、M1、MD、M4、MDa、M5、CL、M4−2、MD−2、M4−P、M6
座談会「わがライカ、そしてライカレンズ」
ライカM用の3本レンズ・ターレット板「オロルフ」 久野幹雄
ホロゴン15mmF8レンズ 畑鉄彦
50mmデュアルレンジ・ズミクロンの世界 飯田鉄
ズミルックス35mmF1.4アスフェリカル 福井鉄也
東から来た「ライカ」フェド、オペマ、モメッタ 田中長徳
”悲運のカメラ”ニッカVL 服部豊 ほか

ライカブック’94のこの号は、人気の高いM型ライカを特集している。ライカの製造番号の詳しい表も合わせて掲載されているので、自分のライカが何年にどこで生まれたのかがすぐに分かる。ちなみに筆者所有のM3は750XXXで、1955年のウエッツラー生まれ。

クラシックカメラ専科 29
モダンクラシック
コンタックスレンズを楽しむ
1994年6月25日発行


1960-1980年代のレンズシャッターカメラたち 織間勇
ロード・マーシャン、リコーワイド、ミノルタV3、ミノルタユニオマット、コニカS2、フジカ35EE、ペトリ7、ビューティーライトオーマチック3、コニカEEマチック、ヤシカミニスターF2.8、リコーオートショット、コーワSW、マミヤスーパーDXF1.5、フジカV2、キヤノンデミC、オリンパスペンEM、コーワSET、キヤノンデミEE17、ミノルタオートパック500、ミノルタAL−F、オリンパストリップ35、ペトリカラー35、オリンパス35SP、トプコンユニレックス、ミノルタハイマチックC、オリンパス35RC、キヤノネットGV17、キヤノンデートマチック、コニカレコーダー、フジツィングTW−3

コンタックスレンズを楽しむ 大川剛史
国産ライカマウントレンズ 1トプコン編 萩谷剛
ほか

表紙のブラコン(ブラックコンタックス)が美しい。ツアイスの天才、キュッペンベンダーの作り上げたこのコンタックス1型は、ライカの真似にならない様に、と、一部無理な機構を組み込んだ。そのためか、現代ではなかなか調子の良い個体に当たる事は少ないという。しかし、その事を知っていながらもツアイスのレンズ描写からコンタックスにハマる人はあとを絶たない。

クラシックカメラ専科 30
ペンタックスのすべて
クラシックカメラの使い方
1994年9月25日発行


ペンタックスのすべて
旭光学の歴史と製品 柴野大輔
ペンタックスのカメラ
 アサヒフレックス、35mm一眼レフカメラ、35mmレンズシャッターカメラ、67判と645判の一眼レフ、110カメラ、スポットメーター、特殊カメラ、交換レンズ、PマウントからKマウントへ、ペンタックスを知る本
ほか

クラシックカメラの使い方
 ロールフィルムカメラ編

国産ライカマウントレンズ 2ズノー編 服部豊
ほか

表紙の写真はアサヒフレックスである。ライカとニコンを合わせたようなデザインのボディにウエストレベルファインダーが組み合わせてある。当時の一眼レフカメラにはクイックリターンミラーなどは搭載されていない。エキザクタのように、レリーズの瞬間にブラックアウトする使いにくい物だった。一眼レフ専業でスタートした旭光学が現在も存在していることは、現代が一眼レフの時代を謳歌していることを物語っている。