■クラシックカメラ専科のページ

HOME > KANROKANRO > クラシックカメラ専科のページ > クラシックカメラ専科21−25

 

クラシックカメラ専科 21
クラシックカメラ大研究
ボルタ判カメラのすべて
1992年6月25日発行


ニコン全天カメラ、イコンタ35、コンテッサS310、イカ・ベベ、さくらカメラ、ベス単、タナー50mm、ライカ、ベビーマキナ、ローライフレックス4x4、ニコンS3ブラック・オリンピックモデル、ニューコレレ6x6、セミネッター、インスタマチック4種、パノラマカメラ、プラクチシックス、ペンタコンシックスTL、エキザクタ66、マイスターコレレ、トウゴーカメラ、プロミネント、オメガ120、リアリスト、モメッタ ほか

ボルタ判カメラのすべて
 ボルタックス、ダン35、フォタビット3種 金井浩
 私とボルタックス 藤島廣一
 ボルタ判カメラのすべて 竹ア春年 ほか

表紙のカメラはオメガ120。ブローニーフィルム使用の6x7判カメラで、主に報道用として供給された。後にコニカがコピー機を出し、コニオメガラピッドとして発売した。この号もなかなか光の当たりづらいカメラを取り上げ、解説を施している。

クラシックカメラ専科 22
アイレスのすべて
アトム判カメラの世界
1992年9月25日発行


アイレスカメラの歴史
アイレスカメラのすべて
 ヤルーフレックス、アイレスフレックス、アイレスバイスロイ、アイレス35、アイレスペンタ35、
広告に見るアイレスカメラのながれ
アイレスカメラの思い出
 アイレスカメラの夜明け
 アイレスのスプリングカメラ
 コーラルレンズの味
 アイレスオートマット
 アイレス35Vを使って

アトム判カメラの世界
 不遇の4.5cmx6cmアトム判カメラ
 アトム判カメラのすべて 森下肇
 ほか

表紙のカメラはヤルーフレックス。世界的にも珍しい35mm判二眼レフカメラである。付いているレンズも小西六のヘキサー50mmF3.5である。写らないわけがない。このカメラを皮切りにアイレスカメラ悲運の歴史は始まる。

クラシックカメラ専科 23
名レンズを探せ!!
トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜
1992年12月25日発行


OTFで何がわかるか 近藤英樹
座談会 内田亮・大倉舜二・田中長徳・柳沢信
私の好きなレンズ 一般用レンズ
 キヨハラVK50R、ビオゴン21mm、ビオゴン38mmF4.5、ゼンザノン80mmF2.8、レチナのレンズ、レチナ・クセノン50mmF2.8、タクマー100mmF2、クルミナー85mmF2.8、キヤノンFL19mmF3.5、ニッコール85mmF2、ヘキサノン85mmF3.5、ズマール、ソリゴール400mmF8、SMCタクマー55mmF1.8、アニター12cmF4.5、富岡光学の傑作レンズ二つ ほか
私の好きなレンズ 大型用レンズ
 藤原写真場のレンズ、プロターレンズ、ドッベルプロターとダゴール、エルマジー、コマーシャル・エクター、Bテッサー130mmF6.3、ターナーライヒ・トリプルコンパーチブル10inch半、ウォーレンサックベリート8 3/4inch、ディフューズドフォーカスF4、プラナー135mmF3.5

トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜 ほか

写真を趣味とする者が最初に凝るのがレンズではないだろうか。この号を読むと、カメラと同じくらいレンズに打ち込んでいる人の思いが伝わってくる。最近始まったトプコン神話の発端はこの号が嚆矢ではないか。レンズシャッター一眼レフのラインナップがこれだけあった事に驚く。

クラシックカメラ専科 24
バルナック型ライカ図鑑
1993年3月25日発


T型 A型、B型、C型
U型、スタンダード型、V型、Va型、250型、Vb型、Vd型、Vc戦中型、Vc戦後型、Uc型、Tc型、72型、Vf型、Uf型、Tf型、Vg型、Tg型
ライカと木村伊兵衛
白と黒2本のズマリット
ヘクトール73mm粋のきわみ
エルマリート21mmとルサール20mm
イギリス製ライカもどきのリードT型
ライカに付けたエルカン50mmの風格
ライカビット付きライカTf
ズミクロン50mmレンズMTFにみる画質の変化 ほか

ライカブック’93は、バルナックライカを図鑑的な写真で全モデルを紹介している。ライカがシステムカメラとして完成されていく過程が手に取るようにわかる。ライカM3という頂点に向ってゆく、ライツ社のもっとも元気な時代を知る事が出来る。

クラシックカメラ専科 25
クラシックカメラの使い方
1993年6月25日発行


35mmフィルムカメラ
 ミノルタスーパーA、マミヤマガジン35、オートテラスーパー、コーワ140、カスカU、ネオカ35US、ヤシカエクセル、サモカ35V、アルコ35オートマット、ヤヌア、マーキュリーU、ローライ35、コンタレックスT、コンテッサ35、アルパ10d、ヴェラU、アルティックスW、アグファカラート36、コダック・エクトラ、ペリフレックスT、レイフレックスT、ビテッサ、ロボットロイヤルV、スーパーバルディナ、アーガスC33

ブローニーフィルムカメラ
 ブロニカS2、コニオメガフレックスM、スーパーフジカ6、フジカ・フレックスオートマット、パールW、コンパーチブルホースマン、マミヤ6オートマット、ブルックス・ベリワイド、ダコラ・ロイヤル、ロールOP、スーパーシックスX、イコフレックスU、プリマーフレックスU、イカレッテ0号、スーパーフェクタ、RBグラフレックスシリーズB、ピロート・スーパー

沈鏡胴レンズの魅力、コンタフレックス、珍しいローライフレックス3.5F ほか

 表紙のカメラはロボットロイヤルV。35mmフィルム使用で、画面サイズはロボット判といわれる24x24mm。連写機能の為にこのようなフォーマットを採用している。この号では、現在では取扱説明書を入手する事が困難なカメラを取り上げ、カメラの解説を施している。