■丹沢

HOME > KANROKANRO > BASS >  2008年11月2

 朝は4時半起き。

 二週間ぶりに丹沢へ向かう。ニジマス釣り。天気予報は雨。
車中ではラジオ。普段は土曜深夜から日曜早朝にかけての4時間分をPCで録音設定して出かけるが、今日は最後の5時半から6時までの30分間を東名高速の上で聴いた。アメリカでこれから起こるであろう大変革を前に「あなたは」どう行動しますか?とパーソナリティが問いかける。考えるラジオだ。
 この時間帯のラジオ番組が面白いことに気付いたのは、日曜の早朝に釣りへ行く途中ラジオを聴いていたから。何か行動すると、たとえそれが釣りという遊びであっても、次の行動へと繋がっていく実感。何もしないと、たしかに失敗はしないだろうけど、そのあとに何も起こらない(アタリマエ(^^;)。もちろん次へも繋がらない。そこで終わる。

 6時過ぎ。海老名SAで休憩。一体今何時なんだ?というくらいの大混雑(^^;。観光バスからたくさんの人が降りてくる。雨が降り始めた。大井松田で降りて丹沢の寄に到着は7時。紅葉は雨で煙っていた。

 受付を済ませ早速釣り開始。天気のためもあるだろうが、今日はものすごく人が少ない。持っているフライを順にローテしながら釣り続ける。ちょっとした川底の窪みや、石の陰、淀んでいる場所に魚は潜んでいる。プレッシャーが低いためか、そういう場所へうまくフライが入っていくと入れ食いになることがある。みえみえのプールには確かにニジマスの魚影が濃いけど、その分だけ高プレッシャーなのでスレている。なかなか釣れるものではない。
 とか何とか言いながら、フライをローテしながら大型みえみえマスも釣り続けた。

 さすがに同じ場所ばかりで飽きたので、午後からは川を少し下ってみることにした。時折雨が強く降る。なんでもない水深の浅いゴロタ石の瀬に何気なくフライを投げ込みながら流していくと時折釣れる。ほんの20cmくらいの水深でも居るときには居る。しかも狙われていないので入れ食い状態だったりする。へぇー、新発見。

 今日は人が本当に少なくて移動が自由だったことが幸いし、川の中に立ちこんでフライを流して釣ったり、15m先のプールへ遠投して釣ったり、といろいろと試せた。楽しめた(^^)。でも、基本的に釣りは魚が一番エライんだよね・・・。釣り人がワタシのようなヘボでもこうして数えきれないほど釣らせてくれるんだから。

 暗くなってきたので16時に納竿。途中東名が渋滞。ウチに帰ってきたのは19時ちょうどだった。

2008年11月24日記