タフな亀山湖

HOME > KANROKANRO > BASS >  2007年05月

 朝(というか深夜)2時半起き。

 昨年8月以来の亀山湖。最後は8月にもかかわらずものすごいタフコンだった。それで9月に行くのをやめてしまった。

 満を持して。

 深夜のコンビニで夜食を買ってクルマで出る。車中ラジオをつけるとふかわりょうが喋っている。メールのテーマは言われてうれしい一言。「○○って案外やせてるよね」から「○○ってホントじゃがいも好きだよね」みたいな(?)なものまである中、1位は「あ、お客さん、在庫ありますよ」だった(^^;。物欲が1位か・・・。

 到着は4:40。受付を済ませて早速乗船。いつものように投げ始める。湖面からは水蒸気。吐く息は白くて、上着を1枚余計に羽織る。気温は10度を切っているのではないかしら。寒い。

 何度かアタリをもらったり、引き寄せたらギルだったことが数度。島裏からつぼりとまで流すが釣りあげられず。おまけにキャストミスで木に引っかかったルアーを取ろうとしてロッドの穂先が真っ二つに折れてしまった(!)。2ピースが3ピースロッドに(^^;。
 いつの間にか太陽は上の方へ。眠くなってきた。景気づけにギル専用のスプーンを発動。何の苦もなく立て続けに釣れる(^^;。本格的に眠くなる。日陰で昼寝する。

 何度か釣れている人を見たし、自分もアタリをもらった。見えバスもいる。でも、釣れない。昨年8月の印象そのままだった。16時近くなったので上がる。

 帰り道、ちょっと思い立って木更津に寄ってみた。ナビを頼りに木更津港。駐車場に止めて中之島大橋へ。橋には登らなかったが、木更津キャッツアイを思い出す。厚生水産でいつものあさりを買ってから木更津駅まで車で行ってみる。実は小学生のころは毎年夏休みに10日くらい木更津近辺をうろうろしていた。母親の実家がここ木更津なのだ。
 あのころの思い出をなぞろうとしたが、全く違う街になっていたなぁ・・・。アクアラインを渡る。西日がまぶしかった。

2007年05月20日記