雨の亀山湖

HOME > KANROKANRO > BASS > 2006年 06月

 6月11日。2時半に起きる。

 久しぶりに亀山湖へ行く予定。準備をして出たのは3時半少し前。霧のような雨が落ち始めていた。予報では曇り一時雨。まあ用心のために雨具を持っていくか。
 W杯だし土曜日だし、商店街には人が居るんじゃないかな、と思ったが、人っ子一人居らず。今日は日本時間深夜にかかる試合がないのかも。
 例によって道中はガラガラ。アクアラインに差し掛かるころには薄明が始まった。そうかもう夏至が近いんだった。トンネルを抜けたら朝になっていた。雨が少し強くなった気がする。あまり降らなきゃいいがなぁ。

 亀山湖到着は5時丁度。すぐに受付を済ませて乗船する。先日来の雨で満水。さあ、釣りまくるぞ。今日が実質的に今シーズン最初。前回はまだ冬パターンだった。1匹釣ったがありゃマグレだった。
 桟橋正面のワンドから。隅をなぞるように丁寧に投げ続けたがなかなかアタリをもらえず。お、当たった!と引っ張ると軽い・・・。あ、ギルだった(^^;。すぐに放す。幸先悪いな。
 出船してほぼ1時間半してようやく1匹釣り上げた。29cm。

 7:20 島裏の外側 32cm
 その後ワンドの外に移動。島周りを時計回りに攻める。この時期まではシャローが定石のはずだが・・・。なかなか当たらず。じっくりと攻めているうちに木立で日陰になっている場所(カバー)の奥でアタリ。少し重さを感じながら寄せる。釣り上げると32cmだった。なんとか及第点。
今シーズン孵化したとも思われる子バスがいたるところでスクールしている。ワタシの投げたルアーに興味津々の様子。ていうかヒカリモノに弱いらしいね。
 なぜかニゴイが釣れる・・・
 雨がだんだん強くなってきた。8時前に25cmを釣り上げてからは音なしが続く。バスは釣れなくなり、ギルやニゴイが引っかかってくる(^^;。手も腕も濡れて少し寒くなってきた。うーむ、ここはいったん休憩しようか。クルマに戻って雨具を脱ぐ。しばらく昼寝した。
目が覚めても雨は勢い衰えず降り続いていた。時計を見るとまだ11時になっていない。もう終わりにしちゃおうかな、と思わなくもなかったが、ならあと1時間やってみようとボートに戻った。
 ワンド奥の滝
 雨は相変わらずだったが場所を変えてみることにする。笹川河口にあるワンド。その入り口付近のカバーに投げ入れると当たった。ただし25cm。続けてもう1本25cmが釣れた。うーん、サイズが出ないぞ。 雨のせいか、滝がいつもより勢い良く落ちていた。
14時過ぎに雨は小止み。でも寒かった。吐く息が白い。今年は冷夏になるのだろうか。そんなことは無いか。ただの梅雨寒だろう。

 15時過ぎに下船。途中海ほたるでアサリの佃煮とイカの塩辛。煙る東京湾。水平線は霞んで杉本博司の世界が広がっていた。

2006年06月16日記