今期初バス

HOME > KANROKANRO > BASS > 2002年4月

 

 昨年9月以来の亀山釣行。ボート予約してから楽しみで楽しみで(^^)。

 前日の土曜日の仕事を終えたのが22時。それから仮眠を取り今日は2時起き。外はシトシトと雨模様。バス釣りには丁度いいかも。あ。でもそれは夏の話だ(^^;。

 春の低温は最悪なので、このまま雨が降り続いて気温が低くなってはマズイ。ハラハラしながらも半年振りの深夜ドライブを楽しみ、市原SAで一旦休憩。亀山湖着は5時丁度と予定通り。

 雨の市原SA。

 今日はよりともボート主催でミニトーナメントが開かれるという。ウェイインの13時までライブウェルに釣ったバスを入れておかなければならないので、もとよりワタシはパス(^^;。持ってないもん。彼らの出船は6時。それまでに何とか釣りたいものだ。

 雨具を着込み、出船。ほぼ満水だ。いつものように島周りをグルリ。しかしアタリなし。もう一回り。すると、桟橋から笹川へ向かって左岸の岩盤でヒット!7:15。バレット3インチ・ファストシンキングのノーシンカー。32cmが上がった。先週KくんとNTくんが先乗りして二人で20cm1匹と聞いた。やれやれ、どうにか彼らを上回ったゾ。明古釣大会第一回優勝者の面目を守れました(^^)。

 今期初バス。32cm。

 雨は降り続き、徐々に気温も低下。鼻水。しまった、ティッシュは防寒着と一緒にクルマの中だ。少し震えながら続ける。寒さしのぎにコンビニで買ってきたおにぎりやらパンをいろいろ食べ続ける。その後ヒットなし。

 午後になってトーナメントが終了し、人が半分以下に減る。時折青空が覗くようになり、暖かくなってきた。たまにアタリがあるも逃したりショートバイトだったり。見る見る雲が切れて、終了間近の17時前には快晴の空。若葉が萌える亀山湖は美しかった。

 若葉が萌える亀山湖

しかし、結局釣果は朝の1匹だけに終わった(^^;。

 帰り道は例の広域農道をひた走り、信号と渋滞知らず。アクアラインのうみほたるで休憩。展望デッキに立つと、今にも西の空へ夕日が沈むところだった。彼岸には横須賀の工場地帯がまるで蜃気楼のように太陽によって浮かび上がり、その後には雲がたなびく富士のシルエット。まるで夢のような風景が広がっていた。この夕日を見たくてデッキには沢山の人だかり。その様子を一枚写真に収める。

 売店でつち鯨の佃煮とイカの塩辛をお土産に買う。帰宅は19時過ぎ。

2002年4月9日記