でも、調子がいい

HOME > KANROKANRO > BASS > 2001年6月

 なにかいろいろなものが溜まっていた。

 モノではなくコトが。

 そういう時、ワタシは亀山に行く。いつしかバス釣りはワタシの中でそんな存在になっていた。

 深夜のドライブで早朝5時から亀山湖のボートに乗り、釣り糸を垂れる。毎度毎度バカやってんなぁ、と思いながらもやめられないのは、そこがひとりになれる空間だからだ。みんなでわいわいと釣りをするのも楽しいが、ひとりで出かけて、終わる時にボート屋のおにいちゃんと今日は釣れたかと二言三言話すのみ。そういう日が月に一度くらいあっていい。

 久留里街道は雨。到着する頃には上がっていたが、どんよりと曇っていて釣りには最高の天気。
亀山湖は先日来の雨により満水だ。これはオーバーハングねらいで爆釣かな?と気楽にいつもの島裏から始め、センコーやらPOP−Xで釣りを始める。しかしアタリがない。カットテールの各色、ノーシンカーはもちろん、スプリットショットも試した。やはりそこには沈黙しかなかった。

 朝一には結局アタリを取れず。釣り始めてまもなく降り始め、パラパラと降っていた雨は止んで次第に空が明るくなってきた。
 絶好の天気で釣れないとなるとヤバイな、と思い始めた10時過ぎ。カットテールのノーシンカーでアタリをもらう。しかしフッキングミス。充分合わせたつもりが弱かったのか、グググっと魚の感触が伝わってまもなく、バレた。見ると針先がワームから出ていなかった。

 小さかったのだろうか?フックの大きさを変えた。しかし、その後2回も30cmクラスのバスからアタリをもらいながら手許でばらした。なんだろう?なんでかな?

 またフックを変えた。ゲイブの大きいもの(スゴイフック)にした。そしてワームもゲーリーからバレットに変えた。すると、待望の釣果。島裏のなんでもない場所の岸際に投げたバレットに、陰から飛び出してきたバスが食いついた。33cmとまずまずのサイズ。過去に何度も釣られているワーム好きバスらしく、口があちこちで切れていた。もう14時近かった。

 33cm。バレット。13:50

 なんとか取れた。空は曇ったり晴れたりを繰り返していた。もともと今日予約が入らず空きのあった桟橋のボートが増えていた。たぶんワタシのように釣れなくて帰った人が多いのだろう。時期が時期だけにボウズはないと思ったが、最初の一匹がこの時間までずれ込むとさすがにホッとする。

 それからは同じ島裏で37cmを最高に釣り続けた。写真を列挙する。

 37cm。本日最大。バレット。14:30

 30cm。バレット。15:30

 28cm。バレット。14:20

 29cm。バレット。14:29

 最初の一匹を釣ったことがヒントになり、今日のパターンを知る。オーバーハングの下では反応せず、少し長めに距離のある何でもない岸際すれすれに落としたノーシンカーに良く反応したのだ。あとの4匹はすべて同じ方法で釣れた。

 時計を見るとすでに17時過ぎ。そろそろ終わりにしなければ、と思いながら、前回38cmを釣った時の仕掛けがそのままになっていた3インチグラブを、目の前を通過しようとしていたデカバスの鼻先に投げた。あっさり無視すると思ったその瞬間、目の前でバスはグラブを咥えたのだ!ラインが勢い良く走り出す。しっかり合わせるとフッキングした。ぐぐぐぐぐ!力強い引っぱり。この感触は今までにないから40アップ、いや、45アップは確実だった。ラインはナイロンだったから走られたら終わりだと思った。だが、その考えが間違っていたのかもしれない。しばらく格闘しているうちにラインがあっさり切れた。
ガッカリしたものの、妙にすっきりした。

 桟橋にはもうほとんどのボートが帰ってきていて、駐車場はガラガラ。今日はきっと釣れない日だったのだろう。釣果5匹。バラシ4匹。全部釣れてりゃア良かったんだけど。今日はイイや。そう思ってあきらめ、とりあえず気分良く家路につく。途中アクアラインのうみほたるで、安くてウマイ烏賊の塩辛とカニちくわを買って帰る。どちらも女房の好物である。

2001年6月19日記