Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
HOME > KANROKANRO > 荒木経惟ページ

旅少女 荒木経惟
光文社 1996年12月10日発行

 「こんなにも清純なアラーキー」と帯書きにある。たしかに清純な少女たちが画面一杯に登場している。しかし、わざわざ”清純”と断るということは、普段は相当不純な写真を撮っているということなのだろうか・・・。
 ここに写っているのは、18歳の旅する少女たち9人の物語である。

 「唐津のホームシック」と題された旅する純子さんの物語にはこんなエピソードが添えられている。
 『荷物を持って階段を下りて、台所にいるママに「あたし、家出するわ」というと、ママは振り向きもしないで「いってらっしゃい」って言った。思わず「いってきます」と答えた。家出するときって、あいさつするんだっけ。なんせ初めてだから、わからない。駅へ行く途中で友だちに会った。「あ、純子、どこ行くの」「うん、ちょっと、家出」「うそー。ほんとー?じゃあねー」駅から、学校とは反対方向の列車に乗った。 生まれて初めて、迷子になった。こわかった。標識も何もないし、地図も持ってない。誰かに道をきこうと思っても、誰も歩いてない。迷子になってたのは、時間にすると1時間くらいだったけど、ほんとに長く感じた。小さな駅を見つけたときは、ちょっと泣きそうになった。次の列車まで2時間あったけど、もう一歩も動きたくなくて、ずっとベンチにすわってた。ひとりってこわい、って、初めて思った。でもベンチにすわってたら、だんだん冷静になってきて、気持ちよくなってきた。このこわい感じが、いいんだね。あんまりまわりに何もなくて、「じぶん」だけがくっきりとある、この感じがほしくて、家出したんだ、と思った。この感じを忘れなければ、生きていける、と思った。(そろそろ帰ろう)』 少女はひとりで旅をしてみて、初めて「じぶん」の存在を自覚する。普段家族や友だちと一緒にいるときには気が付かなかった”自分”という存在を再発見したのだ。集団の中にいると埋没してしまって、そのときその時をただなんとなく過ごしてしまう事が多い。自分を確かめるために旅をする。なんと青春しているんだろう。

 この写真集の中で、少女たちは子供のようにはしゃぐ表情をしたり、大人の女のような物想う表情を見せる。18歳である。もう何でも自分でできるような気持ちでいる。でも現実には思うことの半分だってできるかどうかわからない。それは大人になっても変わらないのだが、少女はいつかできるようになると信じている。なんでも自分でできるようになる時、それが大人の女になったということなのかな?と考える。
 無論、筆者の推測に過ぎないが、旅をする彼女たちの見せたいろいろな表情を見ていてそんなことを感じた。

 「この本の写真は、JRグループ「青春18きっぷ」のポスターのために、3年間にわたって撮影したものです。」と奥付にある。筆者も大学生のころ、この青春18きっぷを使って和歌山や広島へ行ったことがある。ちょうど大学を卒業してこのきっぷを使うことのなくなったころ、このポスターを駅で見かけた事を覚えている。使いたいと思いながら使う時間の無くなった自分を思い、青春という名の付いたきっぷの意味を知った。

 「旅の朝はねむい。でもがんばって早く起きて、列車に乗ってすげーえ遠くにいった。でもどこへ行ったか、ほとんど忘れてしまった。空とか花とかイイなーと想った。少女たちの顔とか姿態が忘れられない。少女と旅したんじゃなくて少女を旅したんだネ。9つのレンアイをしたんだ、楽しかったネー。また旅したいなー、愛しの少女と。 A」
 荒木さんは少女たちの旅に付き添いながら、少女を旅したと語っている。それはそれは密度の濃い旅だったろう。写真にもあとがきにも、そんな気持ちがよく写っている。

 青森を旅する佐知子サンの前を横切って、何にもない所に果てしなく真直ぐ伸びていく線路の写真がある。旅が人生の縮図なら、筆者もそんな線路を歩いてみたい、と思った。旅はいつも人をセンチメンタルにさせる。

 『少女よ、旅に出なさい』by荒木経惟

2000年8月29日記

HOME > KANROKANRO > 荒木経惟ページ
おー日本
センチメンタルな旅
水着のヤングレディたち
続センチメンタルな旅沖縄
写真への旅
男と女の間には写真機がある
劇写「女優たち」
わが愛、陽子
荒木経惟の偽日記
女旅情歌
写真小説
荒木経惟=写真生活
写真劇場東京エレジー
アラキンZ

浪曼写真
美登利
10年目の[センチメンタルな旅]

ノスタルジアの夜
私説東京繁昌記
東京は、秋

愛情生活
東京日記1981-1995
愛情旅行
東京物語
TOKYO NUDE
愛しのチロ
冬へ
東京ラッキーホール

センチメンタルな旅、冬の旅
少女物語
空景/近景

AKT-TOKYO
食事
東京日和
制服の(秘)処女
東京猫町
ラヴ・ユー・トーキョー
墨汁綺譚
旅少女
夏小説
東京観音
秋桜子
センチメンタルな写真、人生。
東京ノスタルジー
人町
Viaggio Sentimentale
写狂人大日記
写真私情主義
東京人生
1.顔写
2.裸景
3.陽子
4.ニューヨーク
5.少女性
6.東京小説
7.旅情

8.私日記・過去
9.私日記・世紀末
10.
チロとアラーキーと2人のおんな
11.廃墟で
12.劇写と偽ルポルタージュ
13.
ゼロックス写真帖
14.猥褻写真と墨汁綺譚
15.死エレジー

16.エロトス
17.
花淫
18.緊縛
19.Aの愛人
20.センチメンタルな五月
21.さっちんとマー坊
荒木経惟書誌1(1970-89)
荒木経惟書誌2(1990-99)
荒木経惟書誌3(2000-)

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

KANROKANRO AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター