Auction 甘露日記 KANROKANRO Twitter@kanro30
HOME > KANROKANRO > 荒木経惟ページ

浪曼写真 私のアリス達 荒木経惟
青林堂 1981年12月24日発行
 ギャラの出ないマンガ雑誌で有名な「ガロ」に掲載された写真と文章が、出版元の青林堂によって『浪曼写真』としてまとめられた。ガロに荒木さんが関わるきっかけは、表紙に写っている関村妃サンの中学生当時の写真を編集者南伸宏氏(後の南伸坊)が見染めたことに始まる。
 その写真は、彼女がセーラー服姿で写っている写真で、この本にも掲載されている。「こんな感じの写真をガロにのせたらおもしろいんじゃないかって思って」荒木さんに相談したところ、快くOKしてくれたそうだ。

 びっしりと荒木さんの文章が敷き詰められている章もあれば、写真だけの掲載で、あとは編集者のキャプションしか載っていない章もある。やはりそのあたりの統一性のなさはギャラの出ないガロならではとも言える。
 冒頭の「美少女六人」は荒木さんの少女写真でもごく初期のもの。わざとライティングを減らして少女に陰影をつけている。『着せかえる度に、肉茎が熱くなった。息が荒くなり、乱れた。私は震えるように深呼吸をしては、冬の日に少年が親に隠れて着せかえ人形を慈しむように、いつまでも撮影を続けていた。写真機のシャッターボタンをおすことは、射精であった。』という言葉が添えられた。着せかえ人形。荒木さんにとってのアリスとは、着せかえ人形という自分のものの様でいて決して自分に媚びてこない存在をいうようだ。少女たちの凛とした表情を前にして、荒木さんはただシャッターを押しつづけることしか出来なかった。

 女優志望の関村妃サンを初めて撮ったのは彼女が中学生の頃だった。その後、1年間撮り続け、丸3年のブランクを経て19歳になった彼女の写真がイキサツを含めて載っている。ロングの髪にメイクした表情には少女だった頃の面影は少なく、少女はたった3年で女へと変わるものなのか、と嘆息する。この後、雑誌の表紙を飾ることになっていた彼女は女優への階段を駆け上ったのだろうか。

 「母に送る妻の写真」という章には、陽子さんのお母さんに宛てた荒木さんの直筆手紙と写真が載っている。『私の妻の母は、妻を生んですぐに離婚した。それからずーっと女手ひとりで妻を育てた。――苦労した。 50歳で激しく恋をして、在アルゼンチンの貿易商若宮氏を追って(呼びつけられて)単身アルゼンチンに婦任。そして一年がたった。 この手紙は、そんな妻の母にあてての初めての手紙である。』とあり、5枚に及ぶ手紙。そして、陽子さんの日常を撮った写真。

 狛江の豊栄マンションが自宅のころの写真である。――居間でカーペットに直接置いた新聞を読む陽子さん。ダイニングでパジャマのまま体操をする陽子さん。近くをジョギングする陽子さん。居間に置いた石油だるまストーブからヤカンを取る陽子さん。ヴェランダの鉢植えを持ってニッコリする陽子さん。居間で音楽を聞きながらティータイムを過ごす陽子さん。キッチン前に置かれた電話を取って「アナタ電話よ」と言っている陽子さん。夜近くのコインランドリーでテレビゲームに熱中する陽子さん・・・。最後には、荒木さんと二人のツーショット写真がピンナップされた居間の写真で終わっている。手紙の中には「楽しく、幸せにやっています。」と荒木さん。ここには写真からほとばしる幸せが溢れている。写真には浪曼も幸福も、そして不幸さえも抱え込める懐の深さがある。

 巻末ではガロ編集の3氏が荒木さんについて語っている。
 『渡辺和博 手塚さんは荒木さんと初めて会った時、ナンカあったでしょ、女の子だから、隠さないで全部言いなさい。
  手塚能理子 それでは言います。エートー、私がはじめて荒木さんの部屋に行ったとき突然”アッ、青林堂にも女の子がいたのー”って抱きついてきたのね。
  渡辺 それはアナタがミリョク的だからですよ、ボクはされなかった(笑)
  南伸坊 オレもされなかった!!
  手塚 ナ、ナニを言うんですかまったく、あの部屋には写真がいっぱい貼ってあるでしょ、で、天井を見るとヘンな写真が三枚見えたのネ、それが最初は象の耳の穴のアップの写真に見えたワケ(笑)”エーッどーして?象の耳も芸術なんだろうか・・・”と思ってよく見たら、アッと気がついた。そしたら顔が真っ赤になっちゃって、コリャ大変な所に来てしまったとマジに思った(笑)』 当然ながら象の耳の穴のアップとは女陰写真のことである。

 他にも、荒木さんの部屋に行ったときにいきなりドアを開けたらハダカの女の人を撮っていて、「だめだよー」と怒られた話(モデルに気を使っている)や、荒木さんの写真展の会場へ向かっていて道に迷ってしまった時、荒木さんのひときわ大きな声が場外まで聞こえてきて場所がわかった、なんていうエピソードが紹介される。

 『 荒木さんはフツーの天才じゃない。荒木さんは成る天才なんだよ。フツーの天才は欠けたものの代償で天才を得るんだけど、あの天才は過剰に代償した天才なんだ。ひょっとするとなにかギセーにしているかもしれないけどさ。
  手塚 荒木さんがサングラスとヒゲをとっちゃったときってどーゆー風になるんだろう。
   だから、もしかしたらサ、なにかギセーにしているものがあるとすれば、それは、サングラスとヒゲをとった荒木さんなのかもしれないね、だからサ、オレたちなんか、サングラスとヒゲをとってしまった荒木さんて全然わかんないワケ、ナゾの人なんだよね。』

 荒木さんは日常をギセーにしてまで、自ら”荒木経惟という写真の天才”を演じている、ガロの編集者はそう見たのだ。

2000年9月12日記

HOME > KANROKANRO > 荒木経惟ページ
おー日本
センチメンタルな旅
水着のヤングレディたち
続センチメンタルな旅沖縄
写真への旅
男と女の間には写真機がある
劇写「女優たち」
わが愛、陽子
荒木経惟の偽日記
女旅情歌
写真小説
荒木経惟=写真生活
写真劇場東京エレジー
アラキンZ

浪曼写真
美登利
10年目の[センチメンタルな旅]

ノスタルジアの夜
私説東京繁昌記
東京は、秋

愛情生活
東京日記1981-1995
愛情旅行
東京物語
TOKYO NUDE
愛しのチロ
冬へ
東京ラッキーホール

センチメンタルな旅、冬の旅
少女物語
空景/近景

AKT-TOKYO
食事
東京日和
制服の(秘)処女
東京猫町
ラヴ・ユー・トーキョー
墨汁綺譚
旅少女
夏小説
東京観音
秋桜子
センチメンタルな写真、人生。
東京ノスタルジー
人町
Viaggio Sentimentale
写狂人大日記
写真私情主義
東京人生
1.顔写
2.裸景
3.陽子
4.ニューヨーク
5.少女性
6.東京小説
7.旅情

8.私日記・過去
9.私日記・世紀末
10.
チロとアラーキーと2人のおんな
11.廃墟で
12.劇写と偽ルポルタージュ
13.
ゼロックス写真帖
14.猥褻写真と墨汁綺譚
15.死エレジー

16.エロトス
17.
花淫
18.緊縛
19.Aの愛人
20.センチメンタルな五月
21.さっちんとマー坊
荒木経惟書誌1(1970-89)
荒木経惟書誌2(1990-99)
荒木経惟書誌3(2000-)

powered by 日本の古本屋


211-0004 川崎市中原区新丸子東1-833
店舗定休日:毎週火曜・水曜日
特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシー

Twitterアカウント:@kanro30 @kanro300

Kanroshobo Home Page Since  1998.9.9.
Yahoo!オークション

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • 甘露書房内を検索

KANROKANRO AmazonKANRO メールマガジン サイトマップ 古書買い取り MAIL 甘露日記 Twitter@kanro300 
[PR]カウンター