神代植物公園


よく晴れている。

今日は少し早起きしてクルマで神代植物公園へ二人ででかけた。そういえば一年ぶりくらい。

朝9時半には到着。駐車場はまだガラガラだった。入ってさっそく温室へ。ここの温室は結構ゴチャっと植えてあるので楽しい。新宿御苑もこんなかんじにしてほしいんだがな・・・。温室前半の目玉は6月になってもよく咲いているヒスイカズラ。見事な咲きっぷりだった。
蘭とベコニアの部屋は空調が効いていて快適。スイレン室は太陽がよくあたって暑い。蒟蒻の大木がドーンと立っていたり、プルメリアの鮮やかな花色も楽しめる。なんていうか、楽園感があるね。
次の小笠原室を抜けると、多肉植物のコーナー。荒地っぽいところの地面にへばりつくような多肉植物たち。超地味なんだけど、じっくり見るとその造形にやられる。地味だからって素通りする人が多いが、これだけたくさんの種類を集めている植物園もあまりないのではなかろうか。ここはおすすめ。

バラ園は終わりかけの花が多かったけど、まだまだ人を集めている。バラグッズを売ってる売店も出ていた。バラのソフトクリームを食べて木陰で一休み。日向はもうかなり気温が上がっていて暑い。湿度が低いから日陰はサラっとしていたけども。

タイサンボクの花を見にマグノリア園へ。近くでヤマボウシも咲いていた。タイサンボクは見頃の花が低い位置で咲いていたので堪能できた。新宿御苑にもあるんだけど、枝がちゃんと剪定されているので大抵は高い場所で咲いているから花をしっかり見ることができない。

一旦門を出てお蕎麦を食べに。おろしそばと山菜そばを注文。あと五目すりみ揚げを追加した。揚げたてがでてきてうまかった。しばらくしてそばが出てきた。オニオロシののった蕎麦はうまい。大根と蕎麦はよく合う。山菜そばもおいしい。

水生植物園で花菖蒲を見てからぐるりと木道を歩いて一回り。メダカのような小さな魚とアメンボが水面にたくさん。カメが数匹居たけど、ミシシッピの耳が赤いやつだった。向こうからグワグワいいながら水面を泳いできた鴨が、目の前で助走もなしにいきなり水面からバシャッと飛び上がった様子に思わずオオッと声がでた。

再び神代植物公園に戻り、木陰でしばし休憩してからアジサイ園を見る。ちょうど見頃で、カメラを持った人が多かった。アメリカからきた園芸種は白くて繊細な美しさ。スノーフレークとかアナベルとか。日本の在来の野生種に近いものは花も葉も小さくて結構地味。でも、この地味な花も野で偶然出会えばキレイに品種改良してやりたくなるくらい嬉しいんだろうな。

バラ園横の売店でバラジャム入のお菓子を買ってから帰路。高速道路は渋滞だけど、ウチまでのルートはガラガラのスイスイだった。ありがたい。

12968歩 8.4km 474kcal 36.2g

ILCE-7II ELMAR50mmF3.5

2018-06-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事