晴海・東京みなと祭


よく晴れている。

今日は晴海まで二人で出かけるつもり。数日前に東京みなと祭が開催されることを知った。

横須賀線で品川乗り換えの山手線。浜松町・大門駅から大江戸線で勝どき下車。昼飯にパンを買ってあとは晴海まで歩いた。
オリンピック選手村は基礎工事がだいぶ進んでいる様子。中にはビルのおおよそが建ち上がっているところも。その向こう側に護衛艦がチラリと見えた。
普段はガラガラの道だが、今日はさすがにみなと祭開催中のため、人が大勢歩いている。どん詰まりの車道曲がり角には警備員が配置されていて、一般観光客の車乗り入れは禁止されていた。まあ、小さい駐車場しかないからね。今日は関係者だけでいっぱいになるだろうし。

到着。うあ、思ったよりもたくさんの人人人。お目当てはさっきの護衛艦。「はたかぜ」と書かれていた。手荷物検査を済ませてから乗船する。甲板の上にはカメラを持った人がいっぱいいる、と思ったら、「一日艦長」のタスキをかけている女性を発見。この人の撮影目的だったか・・・。
ぐるりと一回りして下船する。前回は「おおなみ」に乗せてもらったが、艦の形は若干違うのね。

下船してしばらくしてから、主砲旋回装置を稼働させる実演が始まった。大きさのわりにすばやく、しかも音もほとんどせずにグルグルと回転する。同時に砲身も上下動した。すごい技術だなぁ。

ターミナルビルに移動して昼飯。食べ終えてから広場に設置されたステージで演奏している東京消防庁音楽隊による吹奏楽の演奏を聴いた。小さい編成だったが、よく音が出ていたなぁ。最後の2曲は「カラーガーズ隊」による演技も加わって華やかだった。

あとは、定点観測。屋上に上がってそこから見えるオリンピック選手村の建設状況を写真に撮った。ちょうどモデル撮影会が開催中で、ポーズを取るお姉さんにカメラマンのみなさんがワッと、な様子。

さすがにこれだけの人出だとバスに乗れそうもない、と思い、晴海通りまで歩くか、と思ったが、次々バスが来るようだったので途中のバス停から乗車。満員だったバスも月島のあたりで急にお客が降りて席にも座れた。やれやれ。有楽町駅前で下車し、Bカメラで女房が使うドライヤーを買ったり、モノクロフィルムを買ったり。

あとは横須賀線で帰ってきた。案外歩いたね。

13648歩 8.8km 523kcal 40.0g

ILCE-7II ELMAR50mmF3.5

2018-05-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事