1日店


晴れている。少し寒い。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。大きめの箱でいくつか。

ツイートとニュースの編集。終えた頃に昼飯の時間。先週大市会があったため今日は交換会を断念。なんか、ず-っと断念している気がするよ(^^;。たしか月曜日は2月の大市会以来行っていない。行きたいんだけど、行けない。

午後は本の整理。わりと順調に進められたと思う。

先日来、ふと思い立って神山健治監督「東のエデン」を続けて観ていた。「この国を救うための資金100億円を渡されたら何をするのか」ってテーマで話が展開する。2009年のアニメ。ちょうどリーマンショックの頃でタイムリーだったこともあり、話題になっていた。DVDで借りて観始めたら一気に映画版2作まで全部観てしまった。ただだらだらと自分の為に金を使ってしまう人も居れば、病院を建てる人もいる。性犯罪者のジョニーをぶった切る人も居れば、首都にミサイルを打ち込んで旧世界を破壊してしまおうとする人も・・・。
ハナから諦めてしまうのが普通だろう。それでも、若者に奴隷労働させようと企む大人たちに対してストライキすればいい、と考える人も出た。それが主人公を取り巻くメンバー。
ただ、惜しいかな、お話の流れが主人公が首相の隠し子だったかどうかってところへ微妙にズレていってしまい、100億円をばらまいた首謀者がゲーム終了を宣言したところで終わってしまった。

主人公の彼は持てる者が持たざる者へと富の再分配をするよう国民に呼びかける。さもなくば、(貴重な労働力としての)若者を楽園に連れ去る、と警告した。

制作から10年ほど経って、状況はこの作品が予測した以上に深化しているような気がするね。

1710歩 1.1km 60kcal 4.5g

RolleiB35 TRIOTAR40mmF3.5

2018-04-16 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment