1日店


晴れている。

大市会を控えているので、通常市会は休会。というわけで、しばらくは店で仕事をするしかない。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。

しばらくして郵便局の方がゆうパックの新料金が書かれた紙を持ってきてくれた。郵送でも済むことだけど、わざわざ来てくれた。なぜかとても申し訳なさそうな様子だった。いろいろ変化する、と思うと軽いめまい(^^;。

荷造り作業を終えて、ツイートとニュースの編集。

午後。申し込んでおいた運送屋さんからTELあり。登録の手続きを進める。

・・・昨夜は仕事を終えてから、借りてきたDVDでリュック・ベッソン監督「フィフス・エレメント」を観た。このあいだ「レオン」を観たいきおいで。
ところが、これがね(^^;。なんていうか、とても時代がかった映画に見えた。はっきり言えば、古いってこと(^^;。エイリアンとダイハードとスターウォーズとインディージョーンズを混ぜたような全体像。まあ、エイリアンってのはイアン・ホルムが出てるからで、ダイハードはブルース・ウィリスが出てて印象が繋がっちゃうだけなんだけどね。

お話はわかったようなわかんないような。要は「愛って大事だよね」ってことを言いたいためにこれだけ大掛かりな美術を施している(ように見えちまう)。いや、リールー役のミラ・ジョボビッチが魅力的に描かれているからそれだけでいいのかも。ゲイリー・オールドマンが今作でも悪役で、今作でも爆死していたなぁ・・・。
過去に何度か観てるんだけど、最初観たときは結構鮮烈な印象があった。今回は率直に古いと思ったってことは、特撮やら全体の絵作りが古くみえてしまったってことだと思う。やはりその時々の”最新”は20年も経つと古く見えてしまう宿命なのかもね。
でも、「2001年宇宙の旅」は50年前に作られているのにほとんど古さを感じない。キューブリックの眼はすごかったんだね。

1666歩 1.0km 59kcal 4.5g

KONICA C35FD HEXANON38mmF1.8

2018-02-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事