宮ヶ瀬ダム


グッと秋も深まった。

よく晴れた。娘も行けるというので、3人で少し早起きして宮ヶ瀬ダムへ行こうと思う。朝8時頃に出発して、多摩沿線道路から府中入り口→中央道経由・圏央道相模原IC。山あいの道のアップダウンを経て、あいかわ公園に到着は9時。早いね。

今日のお目当ては宮ヶ瀬ダムの観光放流。開始時間の11時まではまだ2時間もあるのでのんびりと移動を開始する。公園はまだガランとしていた。入り口入ってすぐの噴水広場。すでに噴水が稼働中。こまかく吹き出す霧状の水に朝日が当たってうっすらと虹色が浮かび上がる。
花の斜面を上がっていくと、赤く色づいた紅葉が点在。透過光がとてもキレイ。階段に設置された手すりを見て娘が「カマキリ」というので、近づいてみると、たしかにカマキリがゆっくり動いていた。こんなに寒くなってきてもまだ動けるんだな。

「風の丘」まで登ると、急に風が吹き抜ける。ちょっと寒い。向こうには宮ヶ瀬ダムがドーンと。反対側には河岸段丘状になった地形の先に横浜市街まで見える風景が広がる。そんな中ベンチに座ってコンビニで買ってきたおにぎりを頬張った。寒かったので、食べたら早々に立ち上がってダム方面に歩きだす。

結構急傾斜な坂道を登りきるとダムサイトに到着。団体さんとおぼしき人達が大勢訪れていた。ダムの高さは156mというから、見える景色は圧巻。ダム下を覗くと寒気がする(^^;。宮ヶ瀬湖はほぼ満水状態。エメラルドグリーン色だったが、透明度は低かった。魚は棲んでいるんだろうか。

展望塔でしばらく過ごしてからエレベーターでダム下へ移動。10時半から30分ほど観光放流開始時間を待つことにした。最初はそれほどでもなかった混雑も開始時間が近づくにつれて増大。今日で3回目の見学だが、見た目最高の混雑っぷりになった。

で、時間。ダムの中腹にある二つの穴からサーッと音をたてて水が落ち始める。すぐに轟音となり、空気を含んで真っ白な水は滝壺に叩きつけられて水煙となる。太陽を背にした状態だったので、見事な虹がかかった。
放水は6分で不意に終わる。大勢の見学者は花火大会が終わったあとのような感じで一斉に移動開始。このタイミングでダムの上に上がろうとすると大行列に巻き込まれることになる。今回はダム上を先に攻めたので回避できた。

駐車場に戻りすぐ出発。隣の服部牧場へ。駐車場はまだすいていた。ここの名物は自家製ソーセージを使ったホットドック。昼飯のかわりだったので、ひとり一個つづ食べた。おいしいねぇ。シャインマスカットのジェラート(これも自家製らしい)を食後に食べたら、すこしゆっくりと牧場見学。牛がいっぱいいたなぁ。羊が放牧場で牧羊犬に追い回されていたり、妙にカメラ慣れした馬がカメラを構えるとポーズを決めたり。なかなか楽しかった。

混雑しないうちに次々と移動。次はオギノパン。駐車場は混雑していたもののすぐに停められた。「給食で食べたことのあるパン」を売ってる、ってことだけど、出来たての揚げパンとカレードーナツは絶品だった。今回で二度目。娘は初めてきたけど、揚げパンもカレードーナツも気に入ったようだった。

で、帰路。まだ13時半くらい。東名方向は避けて来た道を逆になぞったが、渋滞はまったくなくて14時半には帰ってきた。それから仕事ができたので、早出早帰りは一日を有効に使えるなぁ、と思った。

夕食は娘の希望で近所で外食。どうやらシンゴジラが地上波放送あったらしく、Twitterが沸いていた。

11108歩 7.2km 405kcal 31.0g

ILCE-7II RICOH GR28mmF2.8

2017-11-12 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment