土曜日


晴れている。布団干し。こんなに晴れる週末は一ヶ月ぶりくらい?

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。まだ本はある。

店でも本が売れていく。ありがとうございます。

昼飯の時間。娘のたっての希望でDVDを借りた「人形劇シャーロック・ホームズ」を観ている。三谷幸喜のもの。一回が20分なので、ちょいちょい観るにはちょうどいい長さ。でもその短さがいいテンポになっている。多分子供向けということで学園寮を舞台にアレンジされているのだけど、娘も女房もコナン・ドイルの原作を読んでいるので、面白く観ることができるらしい。
人形の造形が凝っていて楽しめる。声を当てているのが有名な声優さんと俳優さんなので、そういう興味もある。

午後は本の整理。

店のシャッターをおろしてからは、仕事をしながら昨日に引き続き岡田斗司夫さんのつべ動画を聴く。庵野秀明監督の作家性について語っている回。印象に残っているのは、庵野監督の描く「爆発」について語った部分。アニメで宇宙船が爆発するシーンを描写する際、その外壁が崩れながら部分的に少しづつ爆発していくようにすることで、内側の構造が描かれる。その”内側”まで描くところがキモで、その瞬間たんなる絵だった宇宙船にリアリティが生じて、現実にはないものが実在するものに転じる、と岡田さん。
破壊するのはメカだけではなくて、人間関係もそうだ、と続ける。いままであったものが壊れることで、あったものの存在感(重要性)に気がつくという描写が多い、と。庵野監督の「破壊」や「爆発」にはなくなることで関係性をむしろ際立たせることという意味があったのか。

1579歩 1.0km 56kcal 4.2g

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2

2017-11-04 | Posted in 甘露日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment