根岸


晴れているなぁ。しかも涼しい。

今日は、旅行の疲れを癒そうという意味で映画でも行こうか、と思っていたのだが、この天気を理由に撤回(^^;。散歩に出かけることにした。・・・で、どこへ?

特に決まらないまま、昼少し前に二人で出かけた。とりあえず東横線を横浜方面へ。そういやひさしぶりか。
横浜駅へ到着する前に、そういえば根岸に競馬場跡があったよね、とワタシが言うと、「あ、アタシも行きたいと思っていたんだよー」と女房。じゃ、行ってみますか、と早速ぐぐってみた。
どうやら京浜東北線の根岸駅が最寄り。横浜駅でとりあえず下車。昼飯はどうする?東口のPORTAにあるパン屋さんを見つけたので、そこで適当に買ってから電車に乗った。桜木町、関内、石川町、山手ときて根岸。下車するとホームの向かい側に石油専用の貨車がズラズラっと並んでいる。
駅前の地図を頼りに「根岸森林公園」へ向かう。小学校の裏山に細い道があり、えっちらおっちらと崖の斜面を登った。ここは愛宕山と同じでかつての海岸線だった場所だねぇ。山の上は住宅街。暫く歩くと公園が見えてきた。ところが、どこから入ったらいいかわからない。手前の草っぱらには米軍の看板がある。あ、察し。まだ未返還の土地があるんだね。

ようやく公園の入り口へ。看板の案内を読んで事情が飲み込めた。このあたりは戦後に接収された土地で、主にゴルフ場として使われていたんだそうだ。昭和40年代になって返還されたので公園に整備した、とある。駐車場は満車。広っぱは高低差があって芝生が気持ちよさそうだ。簡易テントがあちこちにポンポンと置かれている。なるほどゴルフ場の面影もあるな。ただし、その前はこの場所そのものが横浜競馬場だったわけで。
緑地の向こう側に「第一馬見所」と呼ばれている競馬場遺構が見えている。公園のレストハウスでさっき買ったパン(とてもおいしかった)を食べてから歩き出した。整備されている歩道を歩いていくと池があって、その向こう側に第一馬見所がある。地図で見たら橋かなにかでつながっているのか、と思っていたら、実際は地続きだった。米軍の土地がぐいっと間に挟まって公園を二分していたので橋でもあるのかな?って見ていただけだった。

で、第一馬見所。高台のいい場所に建っているなぁ。ただし、造られたのは1929年というから、もうコンクリートの対応年数を過ぎようとしているのではないか。まだまだしっかりしているけど、ところどころで壊れている箇所も目につく。見る場所によっては廃墟感もかなり出ている。
基本直方体の三つの塔の四方に丸窓が目玉のように2つづつ配置されていて、馬見所そのものが四方を見ているように見えるデザイン。重厚だね。2009年に近代化産業遺産に指定されたそうだが、もう少し整備したらいかがだろうか。

帰りは住宅街を歩いて山手駅を目指す。アップダウンの激しい斜面に住宅街が拡がるすげえ場所。足が鍛えられそうだなぁ。横浜って感じがする。
横浜駅で横須賀線に乗り換えて帰路。早かった。夕食後は昨日の続きでフィルム現像作業。
10004歩 5.99km 99分 471.1kcal 11.4g

KONISHIROKU PEARL HEXAR75mmF4.5

2017-09-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事