金沢旅行


朝は早起き。

軽く朝飯を食べて出発。今日は金沢への家族旅行の日。
ずいぶん前から計画していた。ようやく当日になった。

息子とも小杉駅で合流し横須賀線で東京駅へ。まだ朝早いというのに大勢の人でごった返していた。まずは北陸新幹線の改札口を確認。それから軽めの駅弁を買って新幹線ホームへ移動する。
今まで日暮里駅の上から眺めるだけだった新幹線にこれから乗車すると思うと、やはりそれなりに上がるもんだね。

車両の清掃が終わって乗り込む。途端に錯覚が起きた模様。発車時間になり、ゆっくりと走り出すと、それが品川方面に走っていると身体が錯覚していた。まあ、初めての経験だからなぁ。

途中、上野、大宮、長野、富山くらいしか停まらない。4人であれこれと喋っているうちに外の風景はどんどん流れていく。感覚的にはずいぶんと早く金沢駅に到着した。

ごった返すホーム。改札を出ると、駅前広場には話題の鼓門がそびえ立っていた。
金沢での移動手段はだんぜんバスだ。1日乗車券を人数分購入。まずは今日の宿に移動して荷物を降ろせるだけ降ろしておきたい。宿は近江町市場と香林坊のちょうど中間あたり。結構便利な場所だった。記帳して荷物を預けたら、昼飯を食べるためにそのまま歩いて近江町市場へ直行。ここもまたものすごく人が多い!
ちょうど築地場外のような雰囲気。並んでいる海産物は高級品が多くて手が出ないものが多かったが、よく見るとハタハタとか関東の常識からするととても安い値段で並んでいたりする。
行列に並んでお店に入って海鮮丼を食べるより、店頭で直接焼いて売ってる店で買って食べることにした。
ツブ貝、モンゴウイカ、うなぎキモ、のどぐろ、ハタハタなど。やっぱりハタハタは美味しいなぁ。
せっかくだから昼ビールも添えた。いいねぇ。

食べ終わってからバスでひがし茶屋街へ移動。お茶屋さんが集まっている場所。なかなか風情があるが、人気のスポットだけあってたいへんな人出。浴衣姿の女子たちがインスタ映えのいい写真を狙って自撮り棒を駆使している姿がそこかしこに。
女房はここで早速お土産を買っていた。決断が早いな!

その後、バスで金沢城公園へ。とうとうここまで来たかぁ。ここは何と言っても石垣が見事。質もさることながら量もすごい。例の番組でも紹介された短冊形石垣は石垣としての機能よりも美的感覚を優先させていた。作られた時がそういう時代に入っていた、ということなんだろう。

その後、兼六園へ。灯籠はあっけなかった。それよりもここの松が見事。巨大な松から枝ぶりが横に大きく広がった松。すごかった。松だらけ。

坂を下りて出口。再びバスに乗って今日泊まる宿まで。娘は疲労困ぱいの様子だった。
各々の部屋に入り、1時間ほどしてから、再びバスで金沢駅前へ今日の夕食を食べに出た。金沢地元の料理と地酒を揃えてあるお店に入って1時間半ほど。いい日本酒にかなり満足した。娘もあと1年足らずで飲めるようになるねぇ。

明日の朝飯を買い、宿のそばでお酒とおつまみなどを買い、部屋で2時間くらい食べて飲んで過ごした。なかなか楽しい夜になった。

この日記は息子が持参してくれたPCで書いている。
17122歩 10.27km 177分 794.3kcal 20.5g

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2

2017-08-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事