引っ越し


小雨のぱらつく朝。

息子の引越し日。少し早めに起きて朝飯。そーか、こんな感じで4人揃ってウチで朝飯もこれが最後か。

引っ越し荷物の荷造りはまだ終わっていないようだった(^^;。思った以上に多かったんだろう。出来ている荷物を運ぶの手伝った。
まだ結婚じゃないのでなんてお呼びしたらいいのかわからない。お相手のご家族が二人の引越しを手伝ってくださることになっていて、大型ワンボックスカーで息子の大量荷物と息子たちをバッと新居へ送っていただいた。もちろんご家族とはこれが初対面。息子がお世話になります、とご挨拶したら、なんだか息子を婿に出す親の気持ちになってしまった。なにを勝手に(^^;。

息子がお世話になります。どうかよろしくお願いします。

そんなわけで、バタバタしつつも、短時間であっさりと息子は引っ越していった。

中3から9年間、息子が使っていた部屋は、大方荷物がなくなってガランとしていた。あっという間だったなぁ。今後は娘がここを使うことになるはずだけど、まだ私物が残っているから使えない、と言っている。そんなの適当に箱かなにかにまとめておけばいいよ、と言っておいた。

昼過ぎに出て交換会へ向かう。いろいろと去来する想いもあってどこか上の空。今日から世間はお盆休みという街の雰囲気もなんとなくよそよそしい。入札も思うようにできなかった。

店に戻って本の整理。なんとなくはかどらないまま過ごしていた。
12210歩 7.32km 107分 634.5kcal 21.4g

Rollei35 Tessar40mmF3.5

2017-08-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事