コンサート


今日は午前中まで仕事をして、午後はお出かけ。

渋谷の文化村オーチャードホールで開催のコンサートを女房と二人で聴きにいく。昨日の公演はオヤジと母親が行っている。
11時半頃に出て渋谷駅下車。あいにく雨が降っているが、炎天下よりはマシかな。渋谷で働く息子から教えてもらったパスタのお店に入って昼飯を食べる。ちょうど平日昼間ランチの時間だったが、席数が意外と多かったのですぐに座れた。生パスタを使っているらしくて、とてもおいしかった。
なんだかいろいろとすんなり行ってしまい、思ったよりも時間が余ってしまった(^^;。それじゃあ、と、ヒカリエに上がって渋谷の定点観測。エスカレーターでひとつづつ上がって行ったら食堂街のフロアも歩くことになる。なんと、どのお店も満席で外に行列ができている。すげえな。きっとこのビルのオフィスで働いている人達だろう。いや、これからミュージカルを観る予定の人たちかな?
11階まで上がると人が結構居る。やっぱり、これから「ウエストサイドストーリー」のミュージカルが予定されていた。窓の外を見ると、渋谷駅前の高層ビルがどんどんその高さを増していた。このあいだ見た時よりも随分高くなっている。もっともっと高くなるんだよね。なんだかいままでなんとなくあった渋谷のスケール感が崩れていくかんじ。隣の東急百貨店がものすごく小さくて古く見える。

雨なので、ちかみちを歩いて109前から地上。思ったよりも雨の勢いが強い。東急本店の前にあったドンキはすぐ近くに移転していた。看板にはもう「ドンキ」って書いてあるのね。

さて、オーチャードホール到着。初めて入る。なかなか立派なホールだった。座席はちょっと狭いかな。もう最低でもシネコンくらい足元に余裕がないと狭く感じちゃうよね。出入りで苦労する。

今日の演目。A.ドヴォルザーク : スラヴ舞曲 Op. 46-1
E.グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
M.ムソルグスキー/M.ラヴェル:組曲「展覧会の絵」(ナレーション:小村 知帆)
指揮:小林 研一郎 ピアノ:奥井 紫麻 管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
グリーグの超有名曲。ソリストは13歳のピアニスト。国内での演奏はこれが初めてなんだそうだ。プロデュースの三枝成彰さんはこの方を「YOUTUBEで発見しました」と言っていた。堂々とした見事な演奏。入場してきたとき、とても華奢なかんじで、鍵盤をしっかり叩けるのかな、と思ったものだけど、そんなことは全然なし。力強くて素晴らしかった。
演奏後に三枝成彰さんからいろいろとインタビューされていたけど、練習は1日6時間。休日は1日8時間行うんだそうだ。すごいね。
この曲はよくCDで聴くのだけど、演奏会で聴くのは初めて。ピアノの演奏部分とオケの演奏部分がわかって面白かった。
「展覧会の絵」では、ナレーションの方が演奏前に曲の解説を付けてくれた。こういう演出もあるんだね。

店に戻って仕事の続き。夕食時に昨日息子が買った「君の名は。」のBDを鑑賞。
7071歩 4.24km 68分 344.2kcal 8.9g

KONICA HEXAR35mmF2

2017-07-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事