神代植物公園


よく晴れている。

今日は二人で神代植物公園へ出かけようと思う。少しだけ早起きしてクルマででた。電車でも行けないことはないんだが、バスへの乗り継ぎやらいろいろあって距離の割りに面倒なのが難点だった。
10時頃には到着。駐車場はガラガラ。入り口もガラガラ。園内もガラガラだった。こういう静かな雰囲気に浸りたくて来ている。
すでに日向は暑い。今日一番のお目当ては温室。真っ先に向かった。中に入ると暑い暑い。そりゃ温室だからね(^^;。長いこと改装工事をしていて、今日は改装後初訪問となる。温室は適度な広さ。新宿御苑のと同じくらいの規模かなぁ。どこかで見たような植物が多かったが、ここは見せ方がうまい気がした。それは、あまりキッチリと分けずにワチャっと展示してある感じが出ている、こと。ワタシの理想の温室だった旧新宿御苑温室がそんな感じだったからそう言っているんだけど。温室の中が全体で一つの展示っぽく見えるのが理想。天井を覆わんばかりに見えるシダに似た葉を持つ木とかシビレた。
温室は真ん中に空調の効いた休憩室があり、ここがとにかく居心地がいい。飲み物とおつまみの自販機が設置されていて、ここで1日本を読みながら過ごすのもいいか、なんて思わせる。すぐとなりにはこれまた空調の効いた蘭室とベコニア室があってよく咲いた株だけが並んでいる。細かいミストがファーっと落ちてきてちょっと外に出たくなくなるくらい。

ただし、今日の見どころはすぐとなりの熱帯スイレン室の先に控えていた。乾燥地域の植物、サボテンや多肉植物たちのコーナー。一見地味だけど、一つ一つをじっくりみるとその造型がなんとも言えず複雑怪奇。ここは、よかった。食虫植物よりも数段よかった。見ればわかる。「え?これが植物なの?」って思うような造形物ばかり。オススメ。

腹へったので、深大寺門から一度外に出て深大寺そばを食べることにした。門を出てすぐの木立の中にお店が二つ並んでいる。前回は向かって右側のお店に入ったので、今日は左側のお店を選んだ。せいろを胡麻だれで二つ注文。それに天ぷら(二人前)を付けた。クルマで来ているので昼ビールはしない。「ノンアルビールあるけどいいの?」と女房に聞かれたが、そこまでして飲まないよ、と。ウチに帰ってから飲みまする。
胡麻だれもいいねぇ、と二人の意見が完全一致。キレイに食べ終わって深大寺参道を通り過ぎて水生植物園へ向かう。

やはりこの季節は植物園を訪れる人はほとんど居ない。花菖蒲などが終わって今はミソハギと半夏生が盛りだったが、ほとんど誰も見に来てない。こういう雰囲気はいい。吹き抜ける風になびくミソハギを接写する。

観光客で賑わう深大寺をサラッと見学してから本園に再入場。途端に静謐な空間が戻ってきた。バラ園そばにある売店でバラソフトクリームを買って食べる。そろそろ13時で午後一番暑い時間帯。終わりかけのあじさいが集まっている横のベンチ。食べ終わってあじさいの向こう側に見えた広場の花壇へ向かう。
なんと、花壇の横に蓮の植わっている一角があり、ごく近くで蓮の花を見ることができた。こんなに近く見えることは珍しい。「いままで気が付かなかったね」と女房。そうね、暑い時期に植物園へ来ようって発想がなかったからね・・・(^^;。
暑さでそろそろスタミナ切れが近づいた。売店でお茶を買って木陰のベンチに座っていろいろ喋りながら広場を眺めた。この暑いのにバトミントンしている人が居る。若いなぁ・・・(^^;。
さて、そろそろ帰るとしますか。14時過ぎに駐車場を出て甲州街道から狛江通り・ニコタマから多摩沿線道路で帰ってきた。

植物園はいろいろと新しい発見があって楽しかった。仕事をひとわたり済ませてからビールを開けた。
8030歩 4.81km 82分 374.8kcal 9.8g

2017-07-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事