田町から晴海

Pocket

まずまずの天気。

午前中いっぱい仕事をしてから二人で出かけた。GW恒例(?)のレインボーブリッジ渡り。横須賀線から山手線で田町駅下車。何度来ただろうか。駅前通りの蕎麦屋さんで昼飯を済ませてレインボーブリッジ方面へ歩く。いつも前を通過するスーパーの裏は船着き場になっていた。クルーズ船が停泊中。これから東京湾に出るのかな。運河って今はこんな使い方するんだなぁ。カフェで優雅なランチの皆さん。

レインボーブリッジはいつもより人が多いかな程度の混雑。走るクルマは多め。橋の上から見る風景は面白くてついつい見入ってしまう。竹芝桟橋から大島行のジェットフォイルが通り過ぎる。晴海客船ターミナルに巨大な客船が停泊している。双眼鏡で見ると「飛鳥II」とあった。女房が俄然やる気になった。「今日はあそこまで行こう!」ってことになった。直線なら1kmくらいの距離だけど、その間に東京湾がどーんと挟まっている(^^;。歩いたら早足でも1時間以上かかるかな・・・。
橋を渡りきっていつものようにお台場方面とは逆方向へ曲がる。クロネコの角を左に曲がって富士見橋方面に。護岸が整備されて公園に仕上がっていたが、歩いている道から公園には直接行けないようになっていた。そういう細かい所がまだ未完成状態。ま、いずれ豊洲市場が開場すれば整備されるかな。
それにしても、完成したまま放置のこの新市場はいったいいつ頃開場するんだろうか。どんな根拠で開場できないの?ゼーキンのムダ遣いだな(^^;。

豊洲大橋もそんなわけで完成しているのに渡れない(^^;。仕方なく晴海大橋まで大回り。晴海に渡ったらすぐに左折。いまは閉鎖されて放置の倉庫群を横目に郵便局前を曲がる。すると、あたりは広大なオリンピック選手村が建設中だった。ものすごく広い!ここかぁ。今はクレーンが林立するだけの場所だが、あと1年もすれば高層マンションが林立する場所に変貌ってことだね。

工事現場が広大すぎて、その奥にある晴海客船ターミナルへはなかなかたどり着けない。まさに陸の孤島状態。すぐ眼の前に見えながらそこへ進むには大回りさせられる。片道一車線しかないほっそい道を抜けるとようやく客船ターミナル。ドーンとマンションのように大きい飛鳥IIがそびえ立っている。出港時間が近づいているようで煙突からは煙があがっている。すでに汽罐には火が入っているようだ。
ここへ来たのは初めて。とりあえず建物の中に入ってみると意外にもガランとしていた。売店やレストランもすでにないみたい。竹芝桟橋とはエライ違いだ。そりゃ駅から遠いこんな”陸の孤島”にはなかなか人はこないだろう。
テラスに出てから1階の広場へ移動。眼の前にはドーンとさっき歩いて渡ったレインボーブリッジ。良いロケーションだな。
さっきから間歇的に汽笛を上げている飛鳥II。出港は17時の予定らしい。あと15分ほどなので、展望デッキに移動する。徐々に人が集まり始めていた。お見送り用にスポンジでできた大きい手のひらのおもちゃや紙の振旗が配布されている。船内ではすでに入場が締め切られ、デッキに人が集まって配られたドリンクで乾杯している。バンドの演奏が始まり、船員さんがドラを叩きながらデッキを何度も往復する。豪華客船って感じだなぁ。皆さんたのしそうだ。
出港時間。例のテープが船内で配られて、ぱあーっとデッキから色とりどりのラインが宙を舞う。そんな時間もつかの間。飛鳥IIは最初ゆっくりと離岸し始めたと思ったらあっというまに遠ざかり始めた。楽しそうな笑い声もバンドの演奏もどんどん小さくなっていく。あんまり大きい船が視野いっぱいに動くと遠近感の感覚がおかしい。こういう経験ってほかではできないよね。やー、盛り上がるねぇ。

まだ展望デッキが興奮さめやらぬうちにサッサと階段を降りてバスのりばへ急ぐ。すると、約8分という電車なみの間隔で東京駅南口へバスが出ている。こりゃ便利。いつも歩いている晴海通りをまっすぐ進み、築地、銀座を過ぎて有楽町駅のガード下をくぐって東京駅丸ノ内南側・KITTE前に到着。やー、なかなか楽しかった。女房とはまた選手村の工事進捗を確認しに行きたいね、と話し合った。

夕食後は今日撮影したフィルムの自家現像。ローライ35を使ったよ。何年ぶりだろう。
20230歩 12.13km 186分 1011.6kcal 27.2g

sdQuattro10-20mmF3.5

2017-05-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事