1日店


晴れ。布団干し。GWの谷間。

朝飯を食べて仕事開始。今日は平日なので、子どもたちはそれぞれ会社、学校へでかけた。
荷造り作業を鋭意。いつもお買上げありがとうございます。昼頃になって雷とともに雨が(!)。なんちゅー天気の変化か。

昨夜はとうとうモノクロフィルムの現像をやってみた。あらかじめ富士の現像液をつくっておいた。過去には希釈用原液みたいなものがあったようだけど、すでに生産中止。時代だねぇ。
たまたまあった白黒写真入門の本を読んで手順は把握していたけど、実際の処理は現像タンクのリールにフィルムを巻き込む作業がうまくいくかどうか、にかかっている。その後の手順は、かつて印画紙現像をやったことのあるワタシにはなんとなくわかっていた。
結局、解説書を読むだけではリールにフィルムを巻き込むことは不可能(^^;。タンクの説明書を読んでもよくわからない。つべに入っている解説動画のお世話になった。あのリールの爪に引っ掛けるのがキモなんだけど、フィルムを若干たわませてフィルムとフィルムの間をあけることとか、(あの)解説を読んだだけでは絶対にわからない。解説書には「タンクのリールにフィルムを巻き込む」しか書いてないんだから(^^;。
まだダークバックに入れる前にリールの爪の位置を確認し、フィルムのパーフォレーションがちゃんと引っかかることを確認。それからダークバックに諸々を入れてリールにフィルムを巻き始めた。ところが、やっぱり最初はうまくいかないよねぇ・・・。かなり焦ったけど、ダークバック内ならあわてる必要なし。アタマの中でリールの形状を思い出しつつフィルムの先端を引っ掛けて巻き込みをはじめた。いちど回りだすとあとは惰性でくるくる巻ける。

あとは、希釈した現像液(20度)に7分、酢酸を希釈した停止液に30秒、希釈した停止液に7分ほど時間をかけてから水洗。これまた富士QWという薬品につけると水洗時間を大幅に短縮できる。最後にドライウェルという薬品につけてからそのまま吊るした。これで完了。

リールから引っ張ると、ちゃんとネガに現像されていた(!)。おーって声が出た。同じ要領で3本現像しているうちに深夜になった。当初はわからなかったけど、乾いてきたら最初に処理したフィルムは巻き始めの部分で端に折り目が付いてしまっていて、そこに見事な現像ムラができていた(^^;。やはりリールにちゃんと巻けるかどうか、に成否がかかっている。でも、これは数をこなして慣れるしかない。

ん。楽しい楽しい。小学生の頃に学研の科学で日光写真を現像したことを思い出した。

午後は本の整理。夕食後はオークション落札品のメール書き。
1611歩 0.96km 15分 80.6kcal 1.1g

sdQuattro17-50mmF2.8

2017-05-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事