交換会へ


くもり空。

今日は交換会へ行くつもり。昼過ぎに出て東横線。車中では筒井康隆全集の2巻。「48億の妄想」を読み始める。「東海道戦争」で描いた世界観を思いっきり拡張している。マスコミが権力となり記者が大臣を叱責する。なんだかつい最近もどっかで見た気がするな(^^;。
書かれたのが50年前。基本そうは思えない。それが既視感にもつながっているような気がする。
家族団らんの夜、一家6人が揃ってTVを観ながらあれこれと文句を言っている場面から始まる。ドラマが面白くない、とか、わからなかったからそんなことを言ってるんだろう、とか、わかりやすくしてないのが悪い、とか、投書すればいい、とかなんとか。言いたい放題。TVは常に面白い内容であることが要求されていた。ニュースもおもしろくショー化するべきだ、という空気。そんな”団らん”の部屋に酒酔い運転のトラックが突っ込んでくる・・・。
翌朝、モーニングショーのスタジオでは事故現場がセットで再現されていた。トラックが用意され、事故で唯一生き残った家族の次男が右腕を切断する手術を終えてすぐにスタジオへと駆けつける。TV局が出演を無理強いしたわけではなく、彼がTVに出演したいためにスタジオへ来ていた。セットの現場でトラックが爆走して衝突。その衝撃の大きさでセットはガラガラと崩れ落ちる。放送では予め用意された”効果音”がプラスされて劇的に盛り上げる。インタビューされた彼は大泣きしながら悲劇の主人公を”演じて”いた。涙が足りなければ右腕の傷口を触って激痛を誘った。この再現のためにTVカメラが数台壊れ、スタッフや出演者数名にけが人が出る。出演を終えた直後に次男は痛みで気を失った。
とまあ、こんな感じ(^^;。
前回読んだのは10年くらい前だろうか。あれから世の中もまた変わったので、ワタシのなかで少し違った響き方をしている。話はこれから擬似イベントとしての日韓戦へと進んでいく。

神保町。古書会館。入札を終えて昼飯。食べ終わったらすぐに帰路。途中Bカメラに寄って現像にだしていたモノクロフィルムを回収する。これが最後になるかな。今後は自家現像でやるからねぇ。

店に戻って荷造り作業の続きと本の整理。夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買上げありがとうございます。

ランニングに出る。今年はなかなか気温が上がらない気がするね。
10305歩 6.18km 90分 540.7kcal 16.6g

KONICA HEXAR35mmF2

2017-04-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事