花見


晴れ。

昼過ぎに出て今日は二人で花見へ行くつもり。
今年は開花宣言が出てから気温が上がらず、花見は話ばかりでどこが咲いてるとかそういう具体的な話は聞こえてこない。ここ数日は冷たい雨も降っていた。
まだ咲いていないのは東横線で移動中にもわかった。目黒川の桜もまだ咲き始め。人出はものすごかったが。
渋谷で乗り換えて半蔵門線で九段下駅下車。ラジオが「東京の桜は満開になりました」と言っていたので、靖国神社の桜は咲いているはず、との推測から決めた。
駅前で昼飯を食べてから九段の坂道を上っていく。昭和館から九段会館と桜越しに武道館を眺める。もちろん桜はまだ咲き始めの段階。ここは風が通って寒いからねぇ。
駅の出口付近は大混雑していたが、桜がまだそれほど咲いていないのでそこ以外はスムーズに歩けた。田安門のあたりは数少ない咲いている木のまわりで写真を撮影している人がいたけど、主に観光で訪れた外国人が中心のよう。まだあまり咲いていないのでただ眺めている人が多かった。雰囲気もどこかゆったり穏やかで、満開時のちょっと殺気立ったかんじはまったくない。
靖国神社へ移動。いままでこの時期になるとズラリとならんでいた屋台のお店はさくらまつりとして一箇所に集められていた。様変わり。境内に入ると門をくぐってすぐの桜がかなり咲いていたので人だかり。能舞台の横の桜にも人だかり。実はこれが気象庁の「標本木」。「東京の桜が満開」と発表された根拠はこの木の咲き具合にある。皆さんスマホを向けていた。
今日は天気がよくて気持ちに余裕があったため、奥の庭園まで行き池をぐるりとまわった。その後、千鳥ヶ淵へ移動。果たして大混雑。いくつかよく咲いている枝はあったけど、全体の印象はやはりまだ咲き始め。ボート乗り場は大行列。どれくらい待てば乗れるのかな。ここに来ると、まだ小さかった頃の娘がボートに乗りたいと泣いていたことを思い出して懐かしい気持ちになる。そんな娘も明日から大学生。時間は確実に過ぎているわけで。こうして毎年桜の季節を迎えることで時間の経過を意識することができている。
英国大使館前、半蔵門のあたりの公園スペースは花見のできる穴場的な場所になっていて、グループで敷物を敷いて静かに宴会をしている人が多数。ゴミ捨て場も数カ所完備しているから片付けも楽だろう。近くに店がないから食材の補充がきかないんで小規模なのかもね。

半蔵門駅から地下鉄。途中渋谷で下車してBカメラへ。2週間前にビッグミニFとヘキサーで撮影したフィルムを回収してから帰宅した。
10085歩 6.04km 102分 475.7kcal 12.2g

sdQuattro10-20mmF3.5

2017-04-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事