田端~日暮里


曇りがちながらも晴れ。今日から娘は受験が始まる。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。終えたころに出かける。娘からはラインで試験会場へ無事に到着した旨連絡があった。

横須賀線と山手線・京浜東北線で田端駅下車。つい最近来て歩いた場所だが、今日は女房も一緒だ。まずは駅ビルの3階にある食堂で定食の昼飯を食べる。カキフライを頼んだらちゃんと揚げたてでおいしかった。
よかったのは飯だけじゃなくて、窓際の席に座ったらそこから電車が見えたこと。新幹線はもちろん、さっき乗ってきた京浜東北線と山手線がトンネルを併用した立体交差になっているところまで見えた。地上からはどうやっても見えないので「いい席見つけたねぇ」と女房もうれしそう。

江戸坂から田端高台通りに入り、切り通しを跨ぐ橋を渡る。あとは台地の尾根を歩いて行く。先々週も歩いた道。公園を過ぎた先で右折して道灌山坂を降りてから思い出して細道を少し北進すると古めの塀に突き当たる。与楽寺と看板。たしか与楽寺坂ってのがあったはずだがな。右手には上り坂。これのことだろうか。
上がってみる。なかなかの急坂で、コンクリ地にすべり止めの線が入っている。なるほど。上りきった先は細道でくねっと曲がっている。歩いていくと、さきほど通過した公園の角に出た。こりゃ知ってないとわからないわな。(あとで調べたら「幽霊坂」とあった)

開成高校グラウンドの先はひぐらしの坂。ゆるゆる降りていくと西日暮里駅前の切り通し。歩道橋を渡って道灌山公園じゃなかった西日暮里公園へと上がる。諏方神社から眼下を走る新幹線をしばらく見てから富士見坂を下る。夕焼けだんだんは混んでいるので、今日はちょっと先の七面坂を上ってみた。とうぜん、だんだん坂よりもこっちのほうが歴史が古いんだろうなぁ。

佃煮屋さんで初めて買い物をしてから日暮里駅前。日暮里(にっぽり)って新堀(にいほり)って人の名前から転じて付いた地名って説が西日暮里公園の案内板に書いてあったな。
今日も橋の上には通過していく電車を見物する親子連れがたくさん。子どもたちは電車にとてもくわしくて、走ってくる電車が視界に入るやいなや「常磐線!」とか「はやて!」とかすぐに教えてくれる。

日暮里駅から山手線で東京駅。横須賀線でささっと帰ってきた。以前なら目黒駅乗り換えの目黒線でって感じだったろうか。なんせ東京駅からたった4駅目なので。断然所要時間が短くなっていて驚くね。

娘は18時前には帰ってきた。
11296歩 6.77km 108分 547.2kcal 14.6g

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

2017-01-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事