雪のなかを交換会へ


なんと、雪。

ラジオからは「11月に降る雪は54年ぶりです」と喋る声。興奮気味だ。生まれて初めて、ってことか。寒いね。今シーズン初のカイロ稼働。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイートをしてるうちに出かける時間。今日は2週間ぶりに交換会へ向かう。

車中では司馬遼太郎「尻啖え孫市」の続き。朝倉攻めの件。浅井が信長を裏切り、金ヶ崎城で絶体絶命になる場面。秀吉が殿となり、孫市も秀吉に付き合って殿軍に加わった。ここでの雑賀衆の奮闘ぶりが面白い。やはり銃を扱うのは技術が必要で、信長の抱える鉄砲隊では敵軍に対して的確な射撃が難しい。雑賀衆は百発百中、という描写。城から脱出するタイミングも孫市の見計らいで一気に、ってことになっている。大活躍だな。同じ著者でこの場面を描いた物語はあるが、雑賀衆の活躍についての詳細はない。
京都まで無事に脱出したが、孫市はここで秀吉と別れることになっている。

神保町。雪。つもりそうにはない。古書会館。入札を終えて昼飯。先月からずっとうどんばかり食べていたので、今日はカレーにした。

雪が降ってて寒いので、すぐに帰路。千代田線はダイヤが乱れていた。日比谷線と東急は通常通り。やはりJRは雪に弱いね。

店に戻って荷造り作業の続きと本の整理。休み明けってことと、雪の影響か、郵便の配達は17時を過ぎてからだった。入金確認がこの時間では明日に回さざるをえない荷物が2つほど。雪はいろいろと狂わせるね。
4382歩 2.62km 39分 226.1kcal 5.5g

sdQuattro 10-20mmF3.5

sdQuattro 10-20mmF3.5

2016-11-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事