交換会へ


くもり空。寒いやね。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

今日は久しぶりに交換会へ向かう。先週は諸般の都合により行けなかった。車中では今日も「箱根の坂」の続き。そろそろ大詰め。伊豆の早雲は小田原に進出する。小田原に居た大森氏は代々支配していたからアタリマエにそこで暮らしている存在だった、と著者は書く。
読んでいると室町体制というのは、とても古代的な構造をしていた、と思う。確かに将軍が守護・地頭を現地に任官させているのだけど、領民の”上がり”を年貢として取るだけで、領民になんらかの義務を負うようなことはなかった。時代を経て農業技術が向上して、必ずしも守護・地頭を必要としない場所も出るような時代になっていた。早雲はそういう時代の到来を見据えていたらしい。四公六民の安い税で他国とは違う関係を領民と結び、勢力は自然と拡大していった。小田原の大森氏はそういう流れに結局は飲み込まれた形になったのかもしれない。
鹿狩りをするため、勢子が小田原まで鹿を追って迷惑をかけるかもしれない、と予め大森氏には箱根別当を通じて了解を取っておき、一気に夜討ちをかけた。大森氏は為す術もなく城から落ちた。三浦半島に古くから版図を持っていた三浦氏も小田原進出の後に滅ぼしている。
早雲は中世的な支配を廃して領民と直接つながることで戦国大名へと成長した。後の天下統一を果たす秀吉に先駆けて領国の検地を行っている。

神保町。古書会館。曇ってて寒い。入札を終えて昼飯。あとはすぐに帰ってきた。荷造り作業と本の整理。
3318歩 1.98km 29分 174.4kcal 4.0g

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

2016-11-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事