御嶽渓谷


朝は少し早起きして二人で出かけた。昨日仕事をしたので、今日はその代休。

南武線・青梅線・奥多摩線を乗り継いで軍畑駅下車。無人駅で、スイカタッチで出る。ざっと1時間40分ほど電車に乗っていた。山あいの風景が眼前に広がると別世界に来た気分になる。いい。
事前に調べたところ、多摩川の川沿いを歩ける遊歩道が整備されているらしい。軍畑大橋の前から上流に向かって歩いていくと、500mくらい行ったところで下り階段が現れる。そこを降りていくとそのまま遊歩道。多摩川の川幅はおもったよりも広くて流れは早い。そして水はきれいに透き通っている。ああ、いきなり釣りがしたくなってきた(^^;。さっき釣具屋さんがあったなぁ。

紅葉は部分的に始まっている。渓流沿いを歩く。この川がそのままウチのそばにある多摩川へ直接繋がっている、というのもなんだか不思議。途中何度も数え切れないくらい小さな橋を渡るのだが、下が透けて見えるような橋の時にはこれがなかなかゾッとする感覚が味わえる。けつまずいたらどうしよう、とか、張ってある床板をぶち抜いたらどうしよう、など(^^;。実際はしっかりしたものなのだけど。

距離にしておよそ1.5kmほどで澤井地区に到着。吊橋が目印。ここには澤乃井で有名な酒蔵がある。川沿いの一角にレストランや料理店があるのだが、一斉に月曜定休だった(^^;。あわよくば日本酒を少し飲んでいっちゃおうか、なんて思っていたんだが。出発する前にコンビニで買っておいたおにぎりを食べて昼飯終了。・・・吊橋からの景色を楽しんで先へ進んだ。

このあたりから対岸にも遊歩道があることがわかる。と、向こう岸に人が数人いて、岩にのぼっている。最初カヌーかなにかかとおもったが、そうか、これがフリークライミングなのか。人が岩に張り付いて横に移動している。のぼろうとしてかなわず、ぱっと後ろに飛んで落ちる人も。下にはクッションが敷き詰めてある。それ背負ってここまで来るんですか(!)。

でも、そこから5分くらい歩くと広い場所に出て「御嶽渓谷」と看板が出ていた。もう御嶽駅の下らしい。御嶽大橋が見えている。観光用の吊橋を渡ると、玉堂美術館があったが、ここも月曜定休。急坂を登って大橋のたもとに出た。あとは橋を渡れば御嶽駅。立派な駅だけど4月から無人駅になったようだ。ここもスイカタッチで入場。なんと偶然にもすぐに青梅行が来た。おおよそ30分に1本のダイヤ。

立川駅のエキナカ。パン屋さんのイートインを見つけて一休み。バターチキンカレーパンがおいしかった。
平日昼間の南武線はすいていた。各駅停車でゆっくりゆられながら「箱根の坂」を読み進めた。帰宅は16時すぎ。お疲れ様でした。
10878歩 6.52km 110分 512.3kcal 13.4g

DP2M

DP2M

2016-10-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事