葛西臨海水族園


晴れた。暑くなりそうだ。

午前中一杯仕事。一区切りしてから昼過ぎに二人ででかけた。今日は葛西臨海水族園へ。もはやお馴染みとなった武蔵小杉新駅から東京駅。延々歩いて京葉線に乗り換える。わりと次々発車するダイヤ。日曜日だもんねぇ。潮見駅の前で地上から出る瞬間がいつもすげえって思う。運河を渡ってまた運河。しまいにゃ荒川放水路を渡るんだからたまらない。海のある風景が好きなんだろうね、きっと。

およそ一年ぶりの葛西。わりとちょくちょく来ているような気でいる。水族園に入る前にスタンドでアメリカンドッグとコロッケを買い食い。入園料は安いなぁ。ショーがないから、というよりも東京都の運営する”水族園”だからかも。
入ってすぐのシュモクザメ水槽。ちょうどエサ時間ということで人だかり。同じ水槽にサバとイワシも入っていたけど、サメのエサにはならないの?どうやらならないらしい。上から投げ入れられるざく切りされた魚やイカには食らいつくが、生きてるイワシには目もくれない。動くものを捕食するのは難しいんだろうね、きっと。
クロマグロの群れが復活していて、たくさんの魚が居た。去年たった1匹でがんばっていたマグロも健在。他のよりも1年分”成長”して一回り大きい身体をしているからすぐに判別可能。なんとなく他とは違う動き(概してゆっくり動く)をしているところも特徴的かな。ここでもタイミングよくエサ時間がはじまった。
ペンギンのコーナー。ゴツゴツした岩山を模したセット。これは展示・飼育されているフンボルトペンギンの生息地・ペルー海岸の風景だそうな。ここでもエサ時間。アナウンスが場内に流れると、それを合図に巣で卵を温めていたペンギンたちもヨチヨチと歩いて出てきた。まるで「ごはんですよー」て呼ばれたみたい(^^;。

小笠原・東京湾の展示が終わったあと、食堂でまぐろカツカレーとビール。あと、アオサとあさりのスパゲッティ。おいしかった。昼時をはずしていたのですぐ座れたけど、それでも結構賑わってたなぁ。

外に出たら太陽が少し西に傾いている。風が強くて案外涼しい。もう閉園時間間際だったから、淡水魚コーナーを駆け足で観て外に出た。そうか、この時期が一番昼が長いんだったっけ。

帰り道、せっかくだからと、東京駅グランスタを少しだけ逍遥。大変な混雑。やっぱり売ってるものは高級品が多いねぇ。目を引いたのは、日本酒とかお酒を売ってる場所のすぐ横に1杯飲めるカウンターが用意されている店。ああいうところで日本酒をちょっと1杯だけ飲んで帰る、とかしてみたいなぁ・・・。満席だったが。
飲み始めちゃったら1杯じゃ済まなくなるか(^^;。
10860歩 6.51km 104分 534.3kcal 14.1g
20160703

2016-07-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事