今日も交換会へ


曇空。降りそう。

今日も交換会へ向かう。車中では今日も「世に棲む日日」の続きを読んだ。松陰が舞台から去って高杉晋作の巻、になっている。文庫本で第二巻まで読了。実はあと第四巻は持っているんだけど、第三巻を買い逃していた。交換会で入札を終えてから昼飯を済ませ、アキバまで歩いて「ブ」の文庫棚を探すことにした。
ところが、1,2,4巻はあるのに3がない(^^;。まいったな。仕方ない。「花神」の上巻があったからこれを買ってしのぐか・・・(^^;。というわけで、帰りの電車では「花神」を読むことになった。
店に戻って調べたら、「花神」も中、下巻があるらしい。これまた散歩の時に探してみるかな。

店に戻って荷造り作業をいくつか。あとは本の整理。

ニコンから出ているスライドコピーのためのアタッチメント。ES-1という型番なのだけど、過去にフィルムカメラを使っていた人のあいだでは有名な機材。マクロレンズの先にこれを装着してフィルムを通すと、フィルムをデジカメで撮影することができるシロモノ。つまり、この機材とマクロレンズでスキャナーの代わりになるわけ。
ワタシの持っていたペンタックスのマクロレンズは50mmF4だけど撮影倍率は1:2だった。これだと中間リングを噛ませる必要が出てくるんだが、等倍マクロレンズだとそれが要らないことになっていた。で、適当な等倍レンズがないかと探していたら、なんと灯台もと暗し、同じSONYから30mmF3.5マクロレンズが発売されていた。これがまた等倍マクロレンズだった(!)。
息子がNEX使いで、たしか以前マクロレンズを持っているって言ってたはず。聞いてみると確かにもっていた。早速借りてILCE-7に装着。等倍マクロレンズなので中間リングも必要なし。ES-1を付けてフィルムを通したら、なんとドンピシャリのサイズでファイダー内に画像が現れた。おまけにピント合わせも自動だ。これはいい。
取り込んだ画像はネガだと明暗逆転しているので、画像のプログラムで反転処理すればちゃんとうまくいった。よかった。これで過去撮影した膨大なフィルムを高品質でスキャン(とほぼ同じ効果で)できる。
5663歩 3.39km 51分 291.5kcal 7.6g

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

2016-06-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事