今日も交換会へ


快晴の空。ただし、湿気多め。

いよいよ夏の陽気。今年も来ましたね。まだ気温は低いが、これで30度を超えたらタイヘンだ。

午前中いっぱい荷造り作業を鋭意。点数多め。ありがとうございます。
昼過ぎの電車に乗って今日も神保町へ向かう。車中では「世に棲む日日」の続きを読む。二度目のペリー来航。下田に停泊中だった黒船7隻。松陰と金子重之助は小舟で乗り付けて黒船に乗った。そして、アメリカへつれて行ってくれるように懇願した。ところが、ペリーは幕府から開港するかわりに日本の法を守るように言われていた。ペリーは松陰らが約束を守るかどうかの目付役として来ているのかもしれない、とまで用心していた。短艇に乗せて二人を追い返した。
武士としてそのまま逃亡するわけにもいかない、と松陰は下田の庄屋の家に行き自首する。下田奉行所は当初面倒がって逃亡するよう仕向けたが、松陰の態度があまりに明白だったので対応することにした。伝馬町の牢に入ることとなった。
その後、伝馬町の牢名主に講義したり、萩の野山獄で勉強会を開いたり、松陰の講義は聞く者の興味をひくものだったらしい。杉家に蟄居を命じられた際に松下村塾を開いた。そこへ藩校の明倫館に退屈した久坂玄瑞と高杉晋作が出入りするようになっていく。

神保町。刺すような太陽光。暑い。古書会館。入札会。終えて昼飯。少し雲が出てきたかな。アキバから地下鉄に乗る。

店に戻って荷造り作業の続き。今日は本当に大量だった。ほとんど本の整理ができなかった。

夕食後はオークション落札品のメール書き。あれほど発送したのにもう売れた本の置き場がない・・・(!)。
12547歩 7.52km 106分673.8kcal 22.2g

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2

ILCE-7II SUMMICRON35mmF2

2016-06-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事