臨時営業


快晴。布団干し。

娘は今日から中間テスト。始まれば終わるものさ。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日はオヤジが組合の総会へ出席するということで、お店を開けることになった。話がちょいとややこしいが、要は今日は出勤日扱いになるということ。
ツイートとニュースの編集。午後になってオヤジが帰ってきた。思ったよりも早かったね。

昼飯を挟んで、午後は本の整理を。

仕事を終えてから「重版出来!」を観た。初回から欠かさず観ているドラマ。出版界のいろいろなことが描かれている。作家と編集者のことだけじゃなくて、販売に関することもエピソードとしてあったから、かなり重層的。今回はムロツヨシさん演じる20年漫画家のアシスタントをしている人が主人公だった。なんかね、他人事と思えないキャラ設定なんだよね・・・。
自分の進路を決めなきゃいけない時がいつか来る。自分の好きなことを仕事にする、ってことの怖さは、それを決めた時にはふつう意識しない。好きなら続けていけるはずだ、くらいにしか考えない。ドラマの中で彼は「いつか、いつか」と繰り返す。続けていればいつかは自分の漫画を「発掘」してくれる編集者に出会えるはず、と。でも、時は過ぎた。あとから入ってきた後輩たちに次々先を越された。気がつけば新人賞をもらってから20年経っていた。まだデビューできていない。
才能を持つ新人が入ってきて、その実力をまざまざと見せつけられる。天才肌の新人に自分の過去のネームをふとしたきっかけで読まれた。その新人くんだけが書いた真意を読み取って泣いてくれた・・・。
20年。たぶん、あっという間だっただろう。でも、好きな漫画に関わることができて、現場のどまんなかに居て過ごしてきた時間だった。最後に自分の真意を理解する才能ある新人に出会って、彼はこの道を諦めることを決意する。
あー。つらいねぇ。
人はどこかで何者かにならなければいけない。自分を押し出して勝負しなければならない瞬間が来る。

・・・寝よ。
426歩 0.25km 4分 20.3kcal 0.0g

ILCE-7II Vario TEssar16-35mmF4

ILCE-7II Vario TEssar16-35mmF4

2016-05-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事