根津と亀戸


晴れた。日曜日に晴れたのはおよそ1ヶ月ぶり。

仕事をしてから今日も二人ででかけた。地下鉄で根津神社へ向かう。その前に根津駅前のお店で昼飯。ワタシはカレーのスパゲッティー。女房はバジルの効いたアスパラのスパゲッティ。どちらもあっさりした味つけで美味しかった。結構量があったのでお腹いっぱい。

根津界隈を歩いて根津神社へ。ものすごい人出だったが、肝心なツツジはほぼ終わっていた(^^;。
ここへ立ち寄るようになってもう20年以上になる。その間に街の様子は随分と変化した。古い建物が結構残っていたものだけど、ほとんどが高級マンションに建て替わっている。まあ、こんな都心の一等地が手付かずで残されるとも思えないけどね。根津教会は当時のまま。保存するのも大変だろうね・・・。
ワタシがカメラを持って街を歩き始めた頃には月島も浅草も根津・谷中もガラガラだったもんだけど、月島はもんじゃの街となり、浅草は国際的な観光地化され、今や谷中銀座は原宿並の混雑で、ヘタすると人が多すぎて身動きが取れなくなってしまう。観光地として消費されるとこうなるんだよね・・・。日暮里駅前の陸橋もここから電車を眺めている人なんてかつては一人も居なかったものだけど、今や大変な人だかりができている。変われば変わるもんだ。

アキバから総武線に乗り換えて亀戸天神へ。亀戸駅に降りるのは何年ぶりだろうか。駅前の大通りはホコ天開催中。大道芸の人が何組も出ていた。亀戸天神もフジはほぼ終了。一部残っている株に人が集中してスマホを向けて写真を撮っている図。太鼓橋はただ昇って降りての純粋階段っぽいが、横から見れば池を渡ってるからやっぱり橋か。スカイツリーが大きく見えて以前来た時とは印象がかなり変わっている。
帰りに船橋屋のくず餅と、角の豆屋でおみやげを買ってから駅へ向かった。

錦糸町から横須賀線に乗り換えたら武蔵小杉駅まで一本で直通。たった30分ほどで帰ってきてしまった。なるほど武蔵小杉が人気になるわけだわ。横須賀線に乗るといろんな場所との距離感が一気に変わる。

店に戻ったら仕事が待っていた。ちょっと近所まで買い取りに出た。戻ってから買ってきたばかりのくず餅を食べた。先週の川崎大師に続き二週連続。材料は同じなのに味が違った(!)。明らかに船橋屋はやわらかくてくせがない。上品な味だった。女房も娘もこちらの方が好みのようだった。やー。どれも同じじゃないか、と思っていたけど違うんだね。それにしても、この黒蜜ときなこの組み合わせを最初に考えた人はスゴいねぇ。

夕食後、息子が借りてきたDVDで「アントマン」を観た。
12939歩 7.76km 125分 621.2kcal 16.5g

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

ILCE-7II Vario Tessar16-35mmF4

2016-05-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事