1日店


晴れ。土曜が晴れで日曜が雨で月曜が晴れ。わざとやってんのか?

まあ、映画を観にいくにはいい天気だった、と思うしかないかな(^^;。

朝飯を食べて仕事開始。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。終えてツイートとニュースの編集をしているうちに昼飯の時間。

昨日観た「レヴェナント」がアタマの中でまわり気味。アレハンドロ・イニャリトゥ監督作品は他に「バードマン」を観ていた。そういえば「人が生きる意味」について描いている映画ってことが両作品には共通していたなぁ。主人公が本当にやらなければ、って思っていたことをやりきった瞬間、つまり、主人公が人生の目的を達成した瞬間に映画がパタリと終わっていた。その後どうしたのか、については観客の判断に委ねる、ってことだった。この場合、レヴェナント的に言うと観客は「神」と言い換えられるかな。
空を火球が飛んでいく映像を挿入するのは、この作品がイニャリトゥ監督作品であることの「シルシ」みたいなものなのかな。どちらの作品にも映像が入っている。本広克行監督がそういうものを意識して入れるって話をどこかでしていた。ちなみに本広監督の「シルシ」はクマのぬいぐるみ。
鼻息でレンズが曇ってるよ!って言いたくなるほどにどこまでも寄っていくカメラワークは本当に独特。これは「バードマン」もそうだった。得られる効果は臨場感って言葉には収まらない。まるでその現場に自分が立っているかのように思えるほど。
映像がリアルすぎて時間もまたリアルに流れているんじゃないか、って錯覚する。それでだろうか。ディカプリオ演じる主人公が熊に襲われてボロゾーキンのように振り回されて瀕死の重傷を負いながら随分と回復が早いんじゃない?って思ってしまうのは(^^;。

夕食後はオークション落札品のメール書き。
923歩 0.55km 9分 44.9kcal 0.4g

ILCE-7II HELIAR40mmF2.8

ILCE-7II HELIAR40mmF2.8

2016-04-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事