交換会へ


曇空。今日は午後から雨の予定。

荷造り作業を終えて、ツイート、ニュースの編集を終えてから電車に乗った。今日は交換会へ行くことにした。
車中では司馬遼太郎「英雄児」を読む。幕末の長岡藩にこつ然と現れた河井継之助について書かれている。長編の「峠」が有名だが、これは短編であらすじのような感じだ。「鬼謀の人」と「花神」の関係みたいだな。
借金まみれだった譜代藩の財政を建て直し、その財産で洋式武器をしこたま購入した河井継之助は、戊辰戦争が始まった時には中立の立場を表明。攻め込んできた官軍を一度は撃退した。ただし、著者は河井継之助の思考が強力な武器を持ったことによってむしろ傾いた、と書く。結果的に武器は長岡藩を守ることができず、山県狂介率いる官軍によって蹂躙されることになった。河井継之助も戦死する。その墓を鞭打つ人はなくならず、最後には破却される。読了。

神保町。古書会館。交換会。入札を済ませて昼飯。地下鉄の駅に向かう交差点で信号待ちをしていたところ、「LONDON SPORTS」と声をかけられた。なんだ?と思って振り向くと外人さん。プリントアウトした紙を指差した。そこには「LONDON SPORTS」とあった。どうやらそのお店を探しているようだった。が、紙には番地もなにも書いてない。たぶんスポーツ店がまとまってるあの界隈のはず、と思ったが、番地とかわからないとどうしようもない。結局はわからないってことでワタシはそのまま立ち去った。ま、番地がわかってればいまどきはスマホがあるから人に尋ねることもないのよね・・・。

店に戻って荷造り作業の続きと本の整理。

仕事を終えてから「重版出来」を観た。本屋さんと出版社の関係性や現場の様子が描いてあって面白かった。ロケ地が神保町や水道橋だったりするんで、ワタシの中ではかなりリアルな作りなんだろうって想像してる。今回は営業部長役の生瀬勝久さんの抑えた演技がとても新鮮に見えた。気持ちを前向きにしてくれるいいドラマ。
4643歩 2.78km 41分 241.6kcal 5.7g

ILCE-7II HELIAR40mmF2.8

ILCE-7II HELIAR40mmF2.8

2016-04-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事