交換会へ


快晴。ひさしぶり感あり。

今日は交換会へ向かう。車中では「国盗り物語」の続き。読了。やはり物語は信長と光秀の対決で終わっていた。二人は斎藤道三という点でも実は繋がっていた。著者である司馬遼太郎の見方は、光秀の感情の爆発によって本能寺の変は起こった、となっている。まあ、このあたりは諸説あって何が本当なのか、はわからないことだけどねぇ。
ただし、光秀にはその後の天下を統べる才はなかった、とはっきり書いてある。斎藤道三も信長もいわゆる中世的な”縛り”を破壊して新しい世の中を作ろうとしていたが、それに対して光秀は王政復古とまではいかないが足利将軍家再興が悲願だった。足利体制は時代に合わなかったために瓦解していたのだが、彼にはそれがわからなかった。
戦国時代ものを読んだり、ドラマを見たりすると、本能寺の変は途中の見せ場くらいの軽い扱いを受けがちだが、今回はさすがに「信長が死ななかったらどんな世の中になっていただろう」と思ったなぁ。・・・大坂城の構想はもともと信長のものらしいので、案外秀吉が信長のその後を体現しているのかもしれないけどね・・・。

神保町。震災から5年経って暗かった駅構内がLEDで明るくなった。古書会館。交換会。入札を終えて昼飯。新御茶ノ水駅から地下鉄で帰路。

店に戻って荷造り作業の続きと、ニュースの編集。今日はギリギリ間に合った感じ(^^;。いつもお買い上げありがとうございます。
あとは本の整理。

昨夜は遅くまでテリー・ギリアム監督「ブラジル」を観てたんだけど、以前観た時はとてもおもしろかったんだが、今回はあまりピンとこなかった。ちょっと作り込みすぎに見えたかな。以前はその作り込みすぎなくらいのフィクション感がよかったはずなんだけど、変だな。

仕事を終えてから、今年初となるランニングに出た。スッキリした。
11040歩 6.62km 95分 586.3kcal 21.5g
SONY DSC

2016-03-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事