朝から雨がポチポチと。

今週末は愛書会展。今日から関連仕事が始動する。朝一番で運送屋さんが荷物をピックアップしにきてくれた。お世話になっております。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は雨なのに点数が多め。ありがたいっす。そろそろ置き場所がやばいな、と思っていたところ。

娘は学年末テストが今日まで。娘の表情はあまり冴えないが、そりゃ推薦で大学が決まるくらいの学力じゃないと学校のテスト成績とかあまり関係ないんだよね(^^;。ワタシの場合、娘と同じ高2の頃にはとっくの昔に数学系がダメだったので文系に進むことに決めていた(^^;。男子は圧倒的多数が理系へ進んでいたので、ワタシは女子の多いクラスに編入されていた。それで何か得することもなかったけどね。ああ、なんだか、子どもたちが成長して節目の年になると、自分のまだギリギリ記憶のあるそのころの経験を呼び起こす気がする。大学4年のこの時期はとにかくバイト三昧だったけど、高校2年のこの時期って何をやっていたかねぇ。そろそろ高校生の頃の記憶がかなり曖昧になってきたな・・・。

昼飯を食べながら、録画してもらった「漫勉」を見た。萩尾望都さん。女房は好きでよく読む作家さんだったようだ。もちろんお名前は知ってたけど、作品は読んだことなかったかも。まあ、そもそも少女漫画で読んだことあるのは、大和和紀さんの「あさきゆめみし」と、山岸凉子さんの「日出ずる処の天子」、美内すずえさんの「ガラスの仮面」くらいしかなかったか。
愛読していた手塚治虫漫画の印象的なコマ。作家になってそのコマにインスパイアされて作品を描く、という経験があるそうな。その時、そのコマを思い浮かべると自然とセリフが次々湧いてきてお話が滑りだすらしいのだけど、改めて読み直すとたった2行書いてあっただけだった、と。それって想像力がスゴイのか、作品を描いた手塚治虫がスゴイのか・・・。おそらくどちらもスゴイってことだが、そういう側面に漫画という表現の魅力が凝縮しているんだな、って思った。

日付がかわるころに雨は上がった。
838歩 0.50km 8分 38.2kcal 0.0g
SONY DSC

2016-03-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事