坂巡り


晴れ。

朝飯を食べて仕事。荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。
仕事をしながら、昨日バス旅行に行ったオヤジと母親のみやげ話を浴びる。ワイナリーへ行ったらしくて、山梨で採れた巨峰を使ったロゼワインを呉れた。ありがたい。

午後は昨日の代休をもらった。女房と二人で久しぶりにお散歩へ行こうとなった。雑司が谷駅下車。最近この近辺へよく訪れるね。今日は南口から地上へ上がる。千登世橋のたもとにある洋食屋さんで昼ランチ。サザンがかかっていることが売りのお店だけど、料理が美味しかった。女房の頼んだ牛肉ときのこのスパゲッティは基本和風の味付けなんだけど、もう一味加えてある感じ。オイスターソースかなぁ・・・。ワタシが頼んだのはハンバーグとクリームコロッケの盛り合わせ。箸を入れた時に肉汁がほとばしるようにあふれるハンバーグは初めて食べたなぁ・・・。つい食後のコーヒーまで頼んでしまった。女房の飲んでたゆず茶はハチレモのゆず版。懐かしい味だった。

今日は台地の際の坂巡り。お目当ては日無坂と富士見坂だけど、神田川が作った崖線に沿ってその手前にも坂が連なってある。落差というか、かつて新宿・戸山まで台地だった場所が神田川に削られておおきく谷になっている。随分頑張って溝を掘ったんだねぇ。鳳山酒店(営業中ははじめて)の横の富士見坂上に立つと眼前に広がる風景に感慨する。
日無坂を降りてすぐに銭湯。目の前に道路予定地の空き地。早稲田通りから大通りを引っ張ってきて神田川を渡り、大きな橋脚を立ち上げて台地の上まで乗り越えて不忍通りに繋げるつもりらしい。大工事だね。このあたりの景観も変わる。

神田川際を歩いていたら、新江戸川公園に入ってみよう、ということになった。ぐるっと園内を回る。ここは肥後・細川家の下屋敷跡。山の上に永青文庫があるのはそういうわけ。今読んでる「国盗り物語」に出てくる細川藤孝。
胸突坂を上って再び目白通り。カテドラル大聖堂を歩道橋の上から見て、目白坂を下っていく。今日は江戸川橋駅でゴール。ワタシ一人ならこれから神楽坂を上って飯田橋駅から帰るところだけど、ね。

夕食の時、さっきおみやげにもらったロゼワインをあける。ベリーの香りがした。おいしかった。
9014歩 5.40km 89分 430.0kcal 11.0g
SONY DSC

2016-02-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事