『スター・ウォーズ フォースの覚醒』


曇り。

今日は川崎まで『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を観に行くつもり。年末につづいて2回目だ。昼飯も食べずに映画館へ直行する。

もうそろそろ2Dバージョンはメインでの上映が終了しそうな雰囲気。3DとかIMAXとか4Dはまだまだ続けるかもしれないが、3Dは観ると疲れるので観なくてもいいか(^^;。古い人間だからかなんとなく長編映画はゆっくり観たい気がしている。
で、今回は2回目なので、前回気が付かなかったことや忘れていたことなども思い出せてよかった。より楽しめた気がする。
ep4-6を繰り返し観ている人を想定して物語が作られているので、ミレニアム・ファルコンが出てきた時点でワッと物語世界に引きこまれる。「ポンコツ」キャラもそのまんま。ハン・ソロとチューバッカの登場の仕方もいい。二人はずっと30年一緒だったって感じがよく出てる。カネ貸しに追いかけられているのもep4から引き続き。
それにしても、「ルーク探し」が映画のテーマになっているとは。ジェダイもフォースも作中で伝説の存在になっているのね。でも、ep1-3でジェダイは絶滅一歩手前まで追い詰められたほどに強すぎないキャラクターだったはず。ジェダイが居ればなんでも解決ってわけにはいかないよね。
ep4-6の帝国に相当するファーストオーダーは二度も接近戦で爆破されたデススターのデカイのを作って攻撃してくるが、このあたりの設定繰り返しはむしろ映画的には親切なのかもな、って思った。観ていて”お馴染みの”って感覚はたしかにあった。まったく新しい話にしてしまうとおそらく楽しめずに脱落する人が大量に出る。今回は十分マーケティングをして観客が面白いと思えるよう意図的にep4を”焼き直し”したのかもしれないな、って思った。”歴史は繰り返す”わけだし。
その辺りの是非について原作者は口を極めて批判しているみたい。言いたい気持ちはわかるが、正直ep1-3は今回のep7より楽しめる映画になってなかった気がする。実験的・新しい手法で映画を創りたいって言葉はわざわざ自ら公言しなくてもいいです。観客に「実験的でイイ(!)」って言わせればそれでいいじゃない。映画は娯楽よ。仮に彼が今SWの新作を創っても観客が楽しめるものになるかどうかわからないと思う。

見終わってからビヤホールで食事。食べながら映画の感想をしゃべるしゃべる。カイロ・レンが弱すぎって女房は言ったが、主人公と同年代って設定だからあまりに強すぎるのも不自然かな、って思う。不必要に思えるあの黒マスクは弱さを隠しているもの。レイとカイロ・レンの戦いは今三部作で今後も繰り返されるだろうし、多分次回作では成長したカイロ・レンが登場してレジスタンスをコテンパンに倒す話になるんじゃないの?
あとは、うまくぼかしていたけど、レイの両親が誰なのか、がまだ描かれてない。たぶんルークが関わってくるはずだけど。

それにしても、夫婦だと映画一人1100円で観られると、行く回数が増えるねぇ。
5539歩 3.32km 53分 271.1kcal 7.2g
SONY DSC

2016-01-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事