1日店


晴れ。布団干し。

先週はあまり買えなかった。今週は買えるだろうか・・・。とか思いながら仕事をしていた所、お客様が本を一口お持ち込みになられた。評価の上買い取らせていただいた。ありがとうございます。

昨夜、電話会社の代理店から電話があり、光電話への切り替えをお願いします、と言われた。現行料金よりも安くなります、と押された。切り替えの工事料金はいただきません、と畳み掛けられた。これはもしや、電話会社に現在のアナログ回線から光回線に切り替える大きな方針でもあるのかな、と勝手に思い込み、今よりも「安くなる」といわれて明確に断る理由も思いつかず、それなら、と工事をお願いする旨を伝えた。
で、今日になって切り替え工事の日程を調整しましょう、って話で別の人から電話がかかってきた。サササッと日程調整して電話を切りそうだったので、思い切って疑問をぶつけてみた。それはもちろん、電話会社は光回線への切り替えを進めてメタル回線を廃止しようとしているのか、ってこと。すると、そのようなことは発表されていません、という答えだった。たまたま昼間に今月分の電話料金請求金額の明細を見ていたところ、昨日「安くなる」といわれて聞いた基本料金(税抜額)よりも安く上がっていた。しかも税込みで(^^;。これもぶつけてみると、やはり「それだと税込みで今より高くなりますねー」との答えが返ってきた。
電話会社が光回線への切り替えを特に急いでいない、ということと、電話料金が今よりも高くなることになるので、申し込みをキャンセルさせてもらうことにした。「それでは失礼します」とあっさり電話は切れた。

電話会社のウェブサイトを見てもメタル回線を廃止したいとかそういうことは確かに書いてない。今回の切り替え話もあくまで「任意」のものだ、と代理店の人も話していた。もうそろそろ固定電話自体が使われなくなるような予感がビンビンしている世の中で光回線への切り替えって過剰な設備投資になるんじゃないだろーか。
ちなみに提示された工事は、屋内に光ファイバーを引き、コンセントから電源を取ってお弁当箱大の終端装置が置かれることになるらしい。これってインターネット回線を新たに引く工事と全く同じだよね・・・。んー。なんなんだろうね。
おそらくこれからも「別の代理店」から同じような電話がかかってくるんじゃないか、って思う。ゾッとする。光電話をセールスしてくる電話を遮断する機能をつけてくんないのかなー。
685歩 0.41km 7分 32.3kcal 0.8g
SONY DSC

2016-01-27 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事