今日も交換会へ


今日も交換会へ向かう。

車中では「国盗り物語」の続き。義竜が実は道三と血がつながっていないことを知り、まして、自分が美濃から追い出した土岐頼芸が実の父親だったことを知るに及んで、ついに道三と対決することとなった。天下の名城・稲葉山城は義竜が居城としている。道三もまた義竜と決戦することを決意。兵を募った、が、およそ二千ほどしか集まらなかった。義竜は1万を越えている。稲葉山城のことを考えると道三にとても勝ち目はなかった。

神保町。古書会館。入札会。おえて昼飯。アキバまで散歩した。別に買うものなし。
それにしても、アキバは来るたびに様子が少しずつ変わっていく気がするなぁ。石丸電気本店の建物は更地になっていた。ネットでたいていのモノは買える昨今。店に足を運んでもらって、まして、買ってもらうのは並大抵のことではない、って思うようになった。休日ならまだしも、平日は近所が勤務地だから、とかそういう理由でもないと立ち寄ることさえ難しいのではないか。

店に戻って荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。今日は比較的たくさん発送できた。

シャッターを閉めてからは今日も落語の時間。つべで検索して古今亭志ん朝の「大山詣り」「四段目」「酢豆腐」「幾代餅」「黄金餅」を聴く。面白いねぇ。

昨日はお借りしたBD(!)で「サイレント・ランニング」を観た。1972年・ダグラス・トランブル監督作品。地球に植物がなくなった未来世界。土星の軌道上に達した宇宙船に巨大なドームを積んで植物を育てるというプロジェクト。それも地球にある司令部の一方的都合で”中止”を言い渡され、ドームを爆破して地球に帰還するよう命令が出る。乗組員4人のうち3人はようやくこの退屈な任務から開放される、と喜んだが、植物が”根絶”してしまうことに危機感を覚えた1人は意を決してドームを守ろうとする行動に出た・・・。
船外に出て宇宙船のメンテナンスを担当するロボット3体。ドローンと呼ばれていたが、何もしゃべらないものの、意志のようなものを持っている。これってスター・ウォーズのR2D2の原型のような気がした。中に人の入っている動き。
「2001年宇宙の旅」の後だけど、特撮はウルトラセブン的な模型感バリバリ。このあとに「スター・ウォーズ」が出て宇宙船の描き方が一変して不可逆になったのかな・・・。
ラストは残念ながら物語的にも科学的にも納得できないものだった(^^;。
5134歩 3.07km 46分 264.1kcal 6.5g
SONY DSC

2016-01-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事