今日も交換会へ


未明から大雨。朝なのに真っ暗(^^;。

朝飯を食べて仕事開始。ありゃ?晴れてるね・・・。しかも雲ひとつない。どーなってんだ?
冬とも思えないようなバカ陽気。荷造り作業を終えて交換会へ向かう。電車は大雨の影響で今日も遅れがでていた。
大事をとって中目黒から日比谷線へ。今日も地下要塞・霞ヶ関で千代田線に乗り換える。二週連続だ。
車中では今日も「トラウマ恋愛映画入門」の続きを読む。

新お茶の水。古書会館。交換会。入札。昼飯。そして、今日は友愛書房さんへ時候のご挨拶。

帰路。スムーズに帰り着いた。荷造り作業の続きを鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

先日来、息子が借りてきたDVDで007シリーズを観ている。「慰めの報酬」は前作「カジノ・ロワイヤル」の直接の続編だった。続編な感じが強かったので、「カジノ・ロワイヤル」をよく観てないと話はわからない。ま、わからないながらもアクションを楽しめばそれでいいのかもしれないけどね。おんぼろなモーターボートがあんなにキビキビ動くのかなぁ。
「スカイ・フォール」は話は独立していたものの、MI6内部での愛憎が発端になった爆破テロ事件の話で、話のスケール感はそれほど広がらない。これだけ見るとMI6ってどんな組織なのかよくわからなくなる(^^;。
冒頭のカーアクションはあいかわらずすごいね。Mへの憎しみを募らせる親分さんが作った組織がどんな規模で何を目的に活動しているものなのか、があまり明確に描かれないのは不気味といえば不気味。いいかげんといえばいいかげん(^^;。最終的にMへの復讐を果たすためだけに活動しているふうに話は動いていく。そんな目的のために作られた組織じゃ部下は付いてこないんじゃないかしら、って思いがアタマを占めた。
「これでおしまい」「空が落ちる」とアデルは情感たっぷりに歌い上げていたが、映画のクライマックスシーンの家に掲げられていた表札に「スカイフォール」と書いてあった。
10540歩 6.32km 87分 583.8kcal 20.6g
SONY DSC

2015-12-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事