定休日


晴れてきた。

連休明け。思ったほどの量を発送できなかった。

録画しておいてもらった荒木経惟さんのTVを観た。お姿は久しぶりに見た気がするけど、TVから伝わってくるご様子は以前とあまり変わらずお元気そうに見える。でも、大病されて、右目は見えなくなってしまったのだとか。
現在の活動と、デビュー以来の活動が紹介されていた。相変わらずのハイペース。写場にTVカメラを入れての撮影風景。ペンタックス67は健在。お仕事の写真はずっとこのカメラを使っておられる。ワタシも一時67に憧れたが、三脚必須のプロ仕様なのであきらめた(^^;。10枚撮りブローニーフィルムを3時間の撮影で50本使用したんだとか。すげえな。
インタビューで日々のアタシをたんたんと記録していく作業、と写真について写狂人氏は仰った。それはもう、デビュー作の「センチメンタルな旅」から変わってない。一方で、スタジオでファッション誌のモデル撮影している時も、文芸誌のモデル撮影している時も、実はいろいろと繊細なテクニックを駆使されていた。モデルとカメラを介して向き合う一瞬の”間”を見極める。ご本人はもういろいろと超越してしまい、あらゆる写真行為がごく自然に行える境地にまで達してしまっているみたいだった。大病についても、むしろ生を意識してエネルギーが湧いたと仰った。さすがだ。
デジカメは使ってない。クルマドのカメラはペンタックスMZ-Sだし、街角スナップはライカM6にエルマー50mmが付いていた。きっとこれからもこのままのペースで写真を続けていかれるんだろう。続けることが大事。ワタシもそう思う。

仕事をしながら、録音しておいたラジオを聴く。深夜の馬鹿力、日天、デイジーホリディなど。あ、きらクラ!を聴き忘れたな・・・。

つべで検索していたら、アポロ捏造関連の動画がずらずらと出てきた。ああ、ひさしぶりだな、って画面は見ずに音声だけ聴きながら仕事を続けた。この動画を最初に見たのはもう10年くらい前になるんだろうか。でも、ようやく当時の関係者の証言とかがでてきて、アポロが月に行った事実はない、って話が公なものになりつつある気がする。TVでもバラエティ番組で取り上げられたりしてるようだし。昨日のラジオで007の特集をやってたけど、アポロの月面活動を撮影しているスタジオにジェームズ・ボンドが闖入する場面が出てくるって話をしていたね。
その映像を撮影したのはスタンリー・キューブリック監督って”うわさ話”をコメディー映画にした作品が今日本で公開されているそうだ。ウソから出たなんとか、を地で行く国ってやっぱ怖いな。
520歩 0.31km 5分 25.0kcal 0.6g
SONY DSC

2015-11-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事